直ちに 類語。 「ただちに」の類義語や言い換え

早速のご対応の意味や例文・使い方。言い換えのできる類語も紹介|MINE(マイン)

直ちに 類語

>>soon, immediately, at once soon, immediately, at once「すぐに」使い分け 「すぐに、間もなく」という意味の表現は、会話のあちこちでよく使われています。 まずはその意味をもつ単語ですが、次の通り8つもあります。 1. soon 2. immediately 3. at onece 4. right away 5. right now 6. instantly 7. presently 8. shortly その意味の微妙な違いを理解して、使い分けていますか? わたしは普段の会話では、この半分くらいの単語しか使っていないので、それ以外の単語は少しあやふやでした。 確認問題 それではまずはその違いを確認をするために、次の問題を見てください。 そして正しい単語を選択してみて下さい。 わたしは先頭走者の真後ろを走っている。 運転手と乗客は即死した。 すぐに行きます。 みんな同時に出ていかないこと。 いかがでしたでしょうか? 解説 1)soon : すぐに、もうすぐ、間もなく、そのうちに 「あまり時間がたたないうちに」、「何かあって間もなくしたら」というような、漠然とした意味を表しています。 例文: I will be 30 soon. 私はもうすぐ30歳になる。 2)immediately : すぐに、直ちに、速やかに、間髪を入れずに 「間をおかずに」がもともとの意味。 soon, presently, shortly よりも、時間の早さを感じさせる言葉となっています。 他の類義語とは違っていて、問題1のように場所的な近さを表すこともできます。 例文: I will fax you all the details immediately. すぐに詳細を ファクスでお知らせ致します。 3)at once : すぐに、瞬時に、直ちに 4)right away : すぐに、直ちに 5)right now : すぐに、直ちに、今すぐに 「即座に」という意味で、口語で使われます。 それぞれは同義の単語となります。 right away と right now は特に区別しなくても良いようです。 right away はアメリカ英語、 right now はイギリス英語。 また、 at once には「同時に」という意味もあります。 例文: I can't do two things at once. 一度に二つのことはできない。 I need it right away. すぐにそれが必要なんだ。 I'm going to do it right now. 今すぐやります。 6)instantly : 直ちに、すぐに、一瞬のうちに immediatly とほぼ同じですが、少しの時間差もなくほぼ同時に「即刻に」というニュアンスで、 immediately よりも時間的には短い(ほぼ同時に)ことを暗示させる言葉です。 例文: I fired him instantly. 私は即座に彼を解雇しました。 7)presently : 間もなく、やがて、近い将来に soon が改まった語で、通常は文頭か文尾に置かれます。 「現在は,目下のところ」という意味でも使われるようになってきているようです。 例文: John will be here presently. ジョンはまもなくここへ来るだろう。 8)shortly : すぐに、間もなく presently と同じように soon の改まった語で、 soon や presently よりも時間的な早さを暗示させます。 例文: I'm leaving for London shortly. もうすぐロンドンに出発する。

次の

「直ちに」の類義語や言い換え

直ちに 類語

「直ちに」と「すみやかに」は、法令にもよく使われる用語です。 法令用語としての「直ちに」と「すみやかに」は、「どれくらいのスピードを要するのか」という部分で意味合いが異なります。 国会答弁は、立法府である国会で行われますし、役所は、法令を運用する行政府ですから、それぞれにおいて用いられる「直ちに」「すみやかに」という言葉は、この法令用語と同じであると言ってもいいでしょう。 さて、「直ちに」と「すみやかに」の違いですが、手元にある有斐閣「法律学小辞典」という本では、 「直ちに」は、もっとも時間的即時性が強く、一切の遅滞が許されない。 用例としては、「被告人を勾留したときは、直ちに弁護人にその旨を通知しなければならない。 」(刑訴79)などがある。 「すみやかに」は、「直ちに」よりは急迫の程度が低い。 (「直ちに」「すみやかに」「遅滞なく」という3つの用語を説明した箇所より、一部抜粋) のように説明されています。 「最近の国会答弁や役所の仕事など「速やか」とは、けして「ただちに」っといういみはないようなきがします」というご理解は、正しいと言うことになります。 「直ちに」は「直ぐに」と漢字が同じですから、語感としては、「早く」という意味合いがありそうですね。 その事柄を、「時間をおかずに直ぐに実行する」という意味のように感じます。 それに対して、「速やかに」の場合は、「速く」と同じ漢字を使いますから、その事柄を「実行する速度が速い」という語感になりませんか。 「速やかに」のように「実行する速度が速い」場合は、その感覚に個人差が生じますから、国会答弁などでは、「速やかに実行するように鋭意努力いたします。 」などといった形で、直ぐにできなかった場合でも逃げられるような曖昧さを残すのではないでしょうか。 国会答弁で「直ちに」と言ってしまうと、努力の余地もなく、本当に「直ぐに」実行しないといけない感じですよね。 言ってしまって「直ぐに」実行できなかったりするとマスコミなどからたたかれますから「直ちに」は使わないのでしょう。 「直ちに」と「速やかに」とは、微妙にニュアンスの違いがあって、使い分けられているように思います。 A ベストアンサー かなり厳密に回答をさせていただきます。 』について。 最も正しくは『迅速にご返答をさせていただきます。 』となります。 名詞「返答」名詞と、動詞「する」(ここでは「させる」)の間に 助詞「を」が入ります。 「を」を抜いて「返答する」を一つの動詞扱いにしてしまうと、 一つの動詞に対し美化語「ご」と謙譲語「させていただく」の 二つを重複して使用していることになり、 二重敬語となって、誤った敬語の用法となります。 また、「返答する」「掃除する」「食事する」のように、近年は 動詞の後の「を」を省略する傾向がありますが、本来は「を」を入れるのが 正しいのです。 「を」を入れた場合ですが、 名詞に対する美化語「ご」と、動詞に対する謙譲語「させていただく」 の 使用ということで、二重敬語にはならず、正しい敬語の用法となります。 なお、美化語「ご」については、あくまでも名詞を美しく飾るものですので、 尊敬の場合も謙譲の場合も使用できます。 尊敬や謙譲の意は、動詞の変化によって表しますので、 「ご」はあってもなくても間違いではありません。 こちらは近年問題となっている「ファミコン語」 (ファミレスやコンビニで多用される間違った言葉遣い)の代表的なものです。 あなたの例文では、まさに不要です。 「~のほう」という言葉は、二つ以上の選択肢があり、 それぞれの説明等をする場合に使う言葉です。 【例】 「大きいほうは1000円、小さいほうは500円です。 」 「こちらのカウンターでお会計とご返却をしていただきます。 お会計のほうは手前側で出来ますが、 ご返却のほうは向こう側でございます。 」 かなり厳密に回答をさせていただきます。 』について。 最も正しくは『迅速にご返答をさせていただきます。 』となります。 名詞「返答」名詞と、動詞「する」(ここでは「させる」)の間に 助詞「を」が入ります。 「を」を抜いて「返答する」を一つの動詞扱いにしてしまうと、 一つの動詞に対し美化語「ご」と謙譲語「させていただく」の 二つを重複して使用していることになり、 二重敬語となって、誤った敬語の用法となります。 また、「返答する」「掃除する... Q アルバイト先で、現在契約中のお客様でないかたから製品情報について問い合わせがあり、 相手の方の都合により緊急で回答がほしいとのことで「可及的速やかに連絡下さい」 と書かれていました。 お客様の表現なのでかまわないのですが、自分がこの表現を使う場合を考えると疑問に持ちました。 問い合わせも含めて、面識や契約関係などがまだない人にこの表現を使用するのは 正しいのでしょうか。 皆様はどう思われますか。 A ベストアンサー それほど変な表現ではありません。 ご存じの通りですが、 「できるだけ」「なるべく」という意味の漢語表現が「可及的」であって、なんら相手に威圧感を与えるような、または相手を見下したようなものではありません。 ただ「漢語表現」からそのような威圧感だとか見下された感覚を受けられたのかもしれません。 そうなら「可及的速やかに」という言葉よりも、漢語表現から受ける印象の方を考えるべきかもしれないのです。 「下さい」は、相手に懇願する意があるわけですから、敬語がないわけでもない。 「できるだけ速く連絡下さい」を漢語表現「可及的速やかに連絡下さい」としただけですから、何の問題もありません。 馴染みのある表現か、馴染みのない表現かの問題かもしれません。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー はじめまして。 <そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?> 正しくないとは言えないと思います。 「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、 「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞 「に」:時を示す格助詞 という働きをしています。 このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。 例: 「にて」「とも」「ども」「ば」など ご質問文は述部が省略された口語表現です。 本来は 「ご参考までに(目を通して下さい)」 といった、動詞句が省略されています。 口語(話言葉)では、リズムやテンポ、語呂を整えるために、わかりきった動詞、長い述部を省略して明確に要件が伝わるようにすることがあります。 例: 「また明日(会いましょう)」 「それではまた(お会いしましょう)」 「お陰様で(元気です)」 また文語(書き言葉)でも、こうした省略が起こることはあります。 例: 「友情のしるしに」 「感謝の気持ちを込めて」 「に」「て」はそれぞれ格助詞・接続助詞ですが、この場合は、テンポというよりは、「粋」な締めくくりを意図しての省略用法になると思います。 以上のように、こうした省略用法は、素早く要件を伝えるため、粋な表現のために工夫された、言葉の便宜上の用途ですから、正しくないとは言えません。 「便利な語法」として、TPOや必要に応じて使い分ければいいと思います。 特に敬意を払う相手に対しては、口語での省略表現は失礼にあたることがあるので、語尾まで敬語で修辞した方がいいでしょう。 例: 「ご参考までにお目通し下さい」 「ご参考までにご拝読下さい」 ちなみに、私もこのサイトでの回答の末尾に「ご参考までに」「ご参考になれば」といった助詞止め表現をよく使います。 この省略には、一種の謙譲(献上?)の気持ちを込めて使っております。 この省略の背後には、「お役に立てるかわかりませんが、ご参考程度にしていただければ幸いです」という謙譲の意味が込められています。 ただこのような長い文章をだらだら書いて、余計な装飾文にするのを避けた、一種の配慮と思っております。 以上ご参考までに。 (笑) はじめまして。 <そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?> 正しくないとは言えないと思います。 「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、 「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞 「に」:時を示す格助詞 という働きをしています。 このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。 例: 「にて」「とも」「ども」「ば」など ご質問文は述部が省略された口語表現です。 本来は 「ご参考までに(目を通して下さい)」 といった、動詞句が... A ベストアンサー 法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。 長年内閣法制局の長官をつとめた方です。 もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。 図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。 「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出ている通りです。 少し憲法の条文から具体例をあげておきましょう。 ・国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。 (第17条) ・思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。 ・生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利(第13条)…3つが同格で並列。 ・配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては(第24条)…「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚(以上5件並列)」と「『婚姻及び家族』(以上2件並列)に関するその他の事項」が同格で並列。 (これを大小関係を逆に読むと,「配偶者の選択~婚姻」がひとまとまりで6つ並列になりますが,そうすると財産権と婚姻が並列になっておかしいですね。 ) (この場合,「、離婚」を「及び離婚」としても同じです。 ちょっとくどくなるので省いたのでしょうか。 ) ・強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。 (第38条)…「強制、拷問若しくは脅迫(以上3件並列)による自白」と「不当に長く『抑留若しくは拘禁』(以上2件並列)された後の自白」が同格で並列。 ・何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。 (第34条) 最後に,少し長いですが,よく出てくる例として地方自治法第152条から。 1 普通地方公共団体の長に事故があるとき、又は長が欠けたときは、副知事又は助役がその職務を代理する。 (以下略) 2 副知事若しくは助役にも事故があるとき若しくは副知事若しくは助役も欠けたとき又は副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において当該普通地方公共団体の長に事故があるとき若しくは当該普通地方公共団体の長が欠けたときは、当該普通地方公共団体の長の指定する吏員がその職務を代理する。 (以下略) 第1項は意味の流れをつかむために書いただけですが,普通の「又は」が使われています。 さて,一見複雑な第2項は次のように読みます。 「(副知事若しくは助役)にも事故があるとき 若しくは (副知事若しくは助役)も欠けたとき」 又は 「副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において (当該普通地方公共団体の長に事故があるとき 若しくは 当該普通地方公共団体の長が欠けたとき)」 は、… また,このことから,大小3段階ある場合は,「若しくは(小)」<「若しくは(大)」<「又は」となっていることがわかります。 条文を説明する場合など2つの「若しくは」を区別する時は,「大若し(おおもし)」「小若し(こもし)」と通称しています。 ちなみに,「及び」<「並びに(小)」<「並びに(大)」です。 「小並び」「大並び」といいます。 以上,ご参考まで。 法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。 長年内閣法制局の長官をつとめた方です。 もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。 図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。 「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出...

次の

直ちに(ただちに)の類語・言い換え

直ちに 類語

近い将来に の意• 近いうちに• 幾何も無く• 幾許も無く• 幾ばくもなく• いくばくも無く• 日成らず• もうすぐ• 遅れ、または躊躇なしで; 介入する時間なしで の意• 逸脱なしで の意• 真っ直• 真すぐ• 時間を厳守する態度で の意• ぱっぱと• 一も二も無く• さっさと• とっさに(通常、好ましくない出来事を修正する) の意• ほとんど遅れのない、あるいは全く遅れのないさま の意• 猶予なく• 素早く• じきに、あるいは間近に の意• 遅らせることなく の意• またたく間に• その場で• 瞬く間に• 一瞬にして• 瞬くまに• 其の場で• 遅れ、または躊躇なしで; 介入する時間なしで の意• 時間を厳守する態度で の意• ぱっぱと• 一も二も無く• さっさと• とっさに(通常、好ましくない出来事を修正する) の意• 遅れずに、あるいはただちに の意• その場で• 其の場で 介在している誰もあるいは何でもなしで の意• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の