ソフトバンク ギガノーカウント使用量とは。 動画SNS放題の「ウルトラギガモンスター+」完全図解ガイド!料金はどうなる?

「メリハリプラン」「ウルトラギガモンスター+」ご利用上の注意

ソフトバンク ギガノーカウント使用量とは

YouTube、Abema TV、TVer、GYAO! 、Hulu、LINE、Instagram、Facebook 対応アプリは今後も 拡大する予定。 なおLINEでも音声通話などの利用はギガノーカウントにならなかったりするので、細かな注意点はよりどうぞ。 Image: プレスリリースより。 詳しくはから 料金は 3,480円(1年目)から。 ただしこの3,480円というのは、家族4人以上の「みんな家族割+」や、自宅のインターネットと携帯をセットした「おうち割 光セット」などの割引が適用された価格。 1人かつ割引なしで加入した場合は、 1年目6,480円(おうち割 光セットなし)、 2年目7,480円(おうち割 光セット、1年お得割なし)になります(通話プランは従量課金)。 は9月6日から受付開始。 なお、このプランに加入した方は、すべてのアプリでデータプランがデータ消費なしで通信できる「ギガ使い放題キャンペーン」の特典もあり。 こちらは2018年9月6日から2019年4月7日まで。 半年間は無双や! Source: ソフトバンク(, )• Tags :•

次の

ソフトバンクの新プラン「メリハリプラン」と「ギガノーカウント」の解説│イーブロ

ソフトバンク ギガノーカウント使用量とは

新製品 1 ソニー、WI-C600N ソニーは26日にBluetooth対応イヤホンの新製品「WI-C600N」を発売します。 ソニーのオーディオ機器では、デジタルノイズキャンセリング機能が標準的ですが、使ったことがある方はご存知だと思いますが、周囲の環境音に合わせてモード設定を切り替えられるようになっています。 例えば電車の中と雑踏では環境音が全く違いますよね。 従来であればユーザー自身で切り替えを行いますが、WI-C600Nでは、AIが自動的にその時々の状況に適したモードに変えてくれます。 そのため、デジタルノイズキャンセリングのモードをこれまで自分でちょくちょく切り替えていたような方の場合、かなり楽になるかもしれません。 一方で筆者のように好みのモードのままあまり変えない、という方だと、AIノイズキャンセリング機能自体はそれほど意味を持たないかもしれません。 しかし、それはそれでネックバンド型のイヤホン自体に魅力が色々とあるので要チェックです。 ネックバンド型なのでケーブルが絡みづらいということが魅力的ですし、WI-C600Nはコントロール部、イヤホン部、どちらもマグネットでくっつくので、カバン等にしまう時に便利です。 バッテリーは連続で最大7. 5時間くらい持ちます。 ノイズキャンセリングがオンだと約6. 5時間とのこと。 詳しくはを参照ください。 2 ソフトバンク、AQUOS R2 Compact ソフトバンクからシャープ製のスマートフォン「AQUOS R2 Compact」が登場です! (発売日:18日) AQUOS R2 Compactは、手頃なサイズのハイスペックスマートフォンです。 最近はこの手の機種が減ってきたので貴重な存在です。 さすがに小型機というわけではないですが、最近のハイエンド機の多くよりも手頃なサイズです。 ディスプレイは5. 2インチのハイスピードIGZO液晶で、解像度は2,280 x 1,080ドットです。 Snapdragon 845、4GBメモリ、64GBストレージと、基本スペックの高さが魅力です。 また、面白いデザインというか、上側と下側、どちらにも切り欠きのあるディスプレイを採用しています。 上側はインカメラ、下側は指紋認証センサーのところをくり抜いた感じです。 通信サービス 1 ソフトバンク、ウルトラギガモンスター+にカウント対象外サービス追加 ソフトバンクの料金プラン「ウルトラギガモンスター+」のデータ量カウント対象外サービスに「Twitter」と「TikTok」が追加されました。 ソフトバンクでは、データ量をカウントしないことを「ギガノーカウント」と名付けていますが、その対象サービスに入ると、そのサービスの通信量がカウントされなくなります。 料金プランで定められた月間データ量が減らない、ということです。 サービスごとに一部対象外の通信がある点には注意が必要ですが、基本的には使い放題になるわけです。 そのギガノーカウントに新たにTwitterとTikTokが追加されましたので、動画視聴などを気楽にできるようになります。 Twitterでの動画視聴機会も増えてきましたのでありがたいですね。 ちなみに現在のところ下記のサービスがギガノーカウントの対象となっています。 ・YouTube ・AbemaTV ・TVer ・GYAO! ・Hulu ・LINE ・Instagram ・Facebook ・Twitter ・TikTok コンテンツサービス 1 ニフティが有料コンテンツを一般開放 ニフティが「 nifty」の会員向けに提供してきた有料コンテンツを一般開放開始しています。 まずは占いサービスからですが、今後、順次一部サービスが開放されていきます。 ここでいう一般開放というのは、 niftyの会員でなくても構わない、ということです。 従来は niftyの会員、すなわち基本的にはニフティの通信サービス利用者しか使えなかったわけですが、今後は通信サービスを利用していなくても構わないということになります。 もちろん全てのサービスというわけはないようですが、順次増えていく見込みです。 しかも、Facebook、LINE、Yahoo! IDでのログインおよび登録が可能となりました。 あとがき AQUOS R2 Compactが登場ですね! 今冬オススメの機種の一つなので、関心がある方はソフトバンクショップや家電量販店などでぜひチェックしてみましょう! 今週も編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!.

次の

ソフトバンク「ウルトラギガモンスター+」のギガノーカウントにおける注意点

ソフトバンク ギガノーカウント使用量とは

ウルトラギガモンスター+は動画・SNSサービスのデータ通信容量をカウントしないこと、ミニモンスターは利用した容量に応じて料金が4段階で変わることが特徴だ。 ただし、 これらのプランでは、端末購入に伴う「月月割」を原則として適用できない。 また、本文も一部変更しました 【追記・訂正:14時30分】ウルトラギガモンスター+の「ギガノーカウント」対象外通信について追記しました。 また「通話基本プラン(フリーコース)」の説明を訂正しました 【訂正:16時40分】ソフトバンクからニュースリリースを訂正する予定との連絡を受けたため、その内容を記事に反映しました (記事中の価格は全て税別) ウルトラギガモンスター+。 1人で利用する場合、割り引きを最大限適用すると新規契約から1年間は月額5480円で使える データ定額 50GBプラスは月額5980円。 月間50GBの高速通信容量が付与される他、 動画・SNSサービスに関するデータ通信量をカウントしない「ギガノーカウント」を利用できる。 サービス開始時は、以下のサービスがギガノーカウントの対象となる。 YouTube• AbemaTV(お知らせページ・FAQ・公式サイトの閲覧は除く)• TVer(広告やトピックスの閲覧などは除く)• GYAO! (広告の視聴・閲覧、画像・テキストの閲覧などを除く)• Hulu(動画の視聴・ダウンロード以外の通信を除く)• LINE(LINE通話を除く)• Instagram(Music Storiesの再生を除く)• Facebook(Music Storiesの再生とMessengerの通信を除く) ただし、VPNを介して通信した場合は対象サービスであってもデータ通信量をカウントされる場合がある。 また、一定期間に著しく大量の通信をすると速度制限がかかる場合がある。 ギガノーカウントの対象外通信 通話基本プランは「2年契約」「2年契約(フリープラン)」「2年契約なし」を選択できる。 2年契約は月額1200円で、契約期間中の解約には9500円の契約解除料が必要となる。 フリープランは月額1500円で、 初回の2年契約満了時以降の契約解除料が不要となる。 2年契約なしは月額料金は3900円で、いつ解約しても契約解除料がかからない上、 月月割を適用できる。 いずれの契約も通話は30秒あたり20円の従量課金となるが、国内宛通話が1回あたり5分間無料となる「準定額オプション」(月額500円加算)と、国内宛通話が無制限で無料となる「定額オプション」)(月額1500円加算)も用意している。 ギガ使い放題キャンペーン(2019年4月7日まで) 2019年4月7日までにウルトラギガモンスター+を契約すると、2019年4月7日を含む請求月まで 全ての国内におけるデータ通信を使い放題とする。 このキャンペーンは「iPhone(iPhone 3G)発売から10周年を記念」(ソフトバンクの榛葉淳副社長)したものでもある。 ミニモンスター。 4段階のデータ定額だ(画像の料金は割り引きを最大限適用した場合) データ定額ミニモンスターは、データ通信量によって月額料金が以下の通り変動する。 〜1GB:月額2480円• 〜2GB:月額4480円• 〜5GB:月額5980円• 〜50GB:月額6980円 容量が50GBを超過した場合は通信速度が上下最大128kbpsに制限されるが、従来のデータ定額と同様に追加容量を購入すれば速度を回復できる。 通話基本プランやウェブ使用料は、ウルトラギガモンスター+と同様の設定となっている。 割り引きを最大限適用すると、月額料金が0円から利用できる。 ソフトバンクの既存契約者の他、MNPや純粋な新規契約で他社から移行するケータイユーザー(Y! mobileからの番号移行も含む)も対象となる。 「みんな家族割+」 大容量データプランの契約者を対象とする「みんな家族割」は、9月6日からウルトラギガモンスター+とミニモンスターもカウント対象回線に加わる。 これに伴い、プログラム名も「みんな家族割+」に改める。 ただし、 ミニモンスターは割り引きの適用対象外となる(回線カウントのみ)。 みんな家族割+では、比較的小容量なミニモンスターも回線数に組み入れられる プラン・サービス・オプションの提供終了 今回の新料金パックの提供開始に伴い、9月5日をもって新規契約時のプラン・サービスの加入受け付けを終了する。 通話定額プラン• 通話定額ライトプラン• データ定額ミニ 1GB/2GB• データ定額 5GB• データ定額 20GB(ギガモンスター)• データ定額 50GB(ウルトラギガモンスター)• おてがるプラン また、10月31日をもって既存契約者の以下のプランへの変更の受け付けも終了する。 おてがるプラン(機種変更時)• 通話定額プラン(ホワイトプランからの変更時)• 通話定額ライトプラン(ホワイトプランからの変更時) さらに、以下のプランの契約者が2019年2月1日以降に機種変更する場合、月月割が適用されなくなる。 ホワイトプラン• 通話定額プラン• 通話定額ライトプラン 関連記事• ソフトバンクの「ギガモンスター」向けテザリングオプションが6月から有料化された。 同じ大容量プラン向けテザリングオプションの有料化で大騒ぎとなったauとは異なり、炎上は回避できたようだ。 ソフトバンクは、「SoftBank 光」など固定通信サービスとのセット契約を対象とした割引サービス「おうち割 光セット」を1月17日に改定。 改訂前は2年間と3年目以降で割引率が異なる場合があったが、これを統一する。 2017年はiPhone 8/8 Plusの発売に合わせ、「半額サポート for iPhone」や50GBの「ウルトラギガモンスター」を発表。 同社のモバイル戦略を、iPhoneを中心に榛葉淳副社長に聞いた。 ソフトバンクは、ソフトバンク銀座にて「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「Apple Watch Series 3」の発売セレモニーを開催。 宮内謙社長が、ソフトバンクの料金プランや買い替えプログラム、家族割をアピールした。 また、上戸彩さんと古田新太さんが駆け付けてセレモニーを盛り上げた。 ソフトバンクが、月額7000円で50GBまで通信できる「ウルトラギガモンスター」を提供する。 従来のデータ定額 30GBより1000円安い。 家族で入ると月額料金を割り引く施策も行う。 関連リンク•

次の