グーグル マップ 現在地 ずれる。 グーグルマップの現在地が違う時の対処法は?ズレる理由と修正する方法について!

Windows10 マップでの現在位置表示不能

グーグル マップ 現在地 ずれる

GPSは利用できるの? Amazonが販売するFireシリーズは「Fireタブレット」、「Fire HD 8」、「Fire HD 10」の3機種がありますが、どの端末の仕様を見てもセンサーにはアクセロメーターとジャイロスコープしかなく、「GPS」は搭載されていませんでした。 FireタブレットにはGPSが搭載されていないので、現在地を利用する「Googleマップ」や「Yahoo! 地図」などのアプリは利用できません。 他にもGPSを利用したゲームの「ポケモンGO」や「Ingress(イングレス)」などもできないのは残念です。 他のタブレット端末を調べてみたところ、2万円代のASUS ZenPad 7やHuawei Media Pad T2 7. 0 proにはGPSが搭載されているみたいです。 1万円代のFireタブレットシリーズがGPSを搭載していないのは、価格を下げるためなのかもしれません(Fire HD 10は3万円しますが…)。 Wi-Fiに接続することで現在地がわかる Fireタブレット、Fire HD 8、Fire HD 10は「GPS」が利用できないことがわかりましたが、GPSがなくてもWi-Fi(無線LAN)に接続することで、現在地がわかります。 Wi-Fiから現在地を取得するには設定アプリを開いて、端末の項目にある「ワイヤレス」をタップします。 ワイヤレスの中から「位置情報サービス」をタップします。 一番上にある「位置情報サービス」をオンにして、ニュース、天気、カメラ、キャンペーン情報、Amazon Kindle、Amazonでお買い物、アプリストア、Silkブラウザの中から現在地と関連情報の使用を許可する項目だけをオンにします。 位置情報サービスを許可したアプリとゲームは現在地と関連情報を使用することで、例えば近くの映画館や飲食店を探したり、現在地の天気を確認することができます。 位置情報サービスはどれぐらい正確なの? Wi-Fiに利用した位置情報サービスで現在地がわかりますが、どれぐらい正確なのでしょうか? 確かめるためには先ほど紹介した設定アプリから「位置情報サービス」をオンにして、「Silkブラウザ」の現在地と関連情報の使用をオンにします。 その後にSilkブラウザでGoogleマップを開いて、現在地情報を「許可」して、右下にあるアイコンをタップして下さい。 そうすると、Fireタブレットの現在地が表示されるので、Wi-Fiを利用した位置情報サービスがどれぐらい正確なのかわかるはずです。 私は自宅で試してみましたが、だいたいの位置は当たっていますが、正確とはいえません。 Wi-Fiを利用した位置情報サービスはGPSと比較すると正確ではありません。 あくまで、端末のおおよその位置がわかる程度などで、正確な位置が求められる地図アプリやカーナビアプリの使用には向きません。 現在地の天気や周辺のお店を探すのには使えるかもしれません。

次の

【Googleマップ】現在地をリアルタイムで相手の地図に表示する方法

グーグル マップ 現在地 ずれる

Google マップは初めていく場所であったり、行き方があいまいな場所に行くときに、一度は使ったことがあるツールなのではないでしょうか。 一昔前には考えられないくらい便利なツールですよね。 Googleマップは今の現代人には欠かせないツールの一つといえます。 行きたい場所を入力するだけで、現在地から自動的にルートを検索して行き先を表示し導いてくれるのですから、Googleマップは方向音痴の人にとってはほんとに強い味方です。 さて、そんな便利なGoogleマップツールですが、たま~に起こる不具合に頭を悩ませた経験があるって方も多いのではないでしょうか。 フリーズ、正しい現在地の表示が出ないといった場合の対処方法について、ここではご紹介していきたいと思います。 Wi-fi がないとGoogleマップが使えないという意味ではなく、 Wi-fi 設定をオンにすることで近くの Wi-fi スポットを把握して、大体の現在地をつかむことができるようになります。 わかりやすくイメージしてもらうと、 GPS の機能に Wi-fi を組み合わせて、より早く正確な位置情報をつかむことができるようになるといった感じです。 なので、 GPS がオフになっていて、その設定を変えるだけで済むのならいいですが、そのような場合でなかった時には Wi-fi の設定も一度確認してみることを勧めます。 Googleマップを開いてみたけど位置情報が違う・正しい現在地が出ないといったバグが生じた場合にはこの設定を変更するだけで、案外すんなり解決してしまうといったパターンが多いようです。

次の

Windows10 マップでの現在位置表示不能

グーグル マップ 現在地 ずれる

- もくじ -• 多くの場合、ナビは正しく作動しますが、現在地の情報を取得する際に誤差が発生することも。 とはいえ、その差は補正され大きな影響が出ることはないのですが、その少しのずれが徒歩移動のルートを調べているときには、要注意です。 たった数十㎝ずれたことで、間違ったルートが表示されてしまう可能性があるからです。 特に電波を障害する高い建物が多い地域などでは、ナビの精度が落ちやすい傾向にあるようです。 それには、取得する情報の精度を上げる方法とコンパスを調整するという、2通りの方法があります。 まずはAndroidの場合から見ていきます。 【Androidスマホで位置情報の精度を上げる方法】 (1)位置情報を「高精度」モードに&Wi-Fiをオン スマホの位置情報にはモードが3つあり、それぞれ ・端末のみ:GPSで現在地を特定 ・バッテリー節約:Wi-Fi、Bluetooth、モバイルネットワークで現在地を特定 ・高精度:GPS、Wi-Fi、Bluetooth、モバイルネットワークで現在地を特定 という仕様になっています。 端末のみやバッテリー節約モードでは、Wi-Fiがオフの状態でモバイルネットワークだけで位置情報を探すと、現在地の情報がずれて取得する可能性が高まります。 特に障害物が多い場所では電波が届きにくく、現在地がグレーで表示されることも。 これを解消するには、まずWi-Fiをオンに。 これだけでも取得する情報が増えて精度が増します。 さらに高精度モードに切り替えれば、バッテリー消費量が少し増えてしまいますが、GPS、Wi-Fi、Bluetooth、モバイルネットワークと、あらゆる電波を利用して位置情報をより正確に取得できるようになります。 (2)ナビに従ってコンパスを調整 現在地は青い点で表示されていますが、指し示す方向がおかしい場合は、コンパスの調整で対処しましょう。 そう聞くと難しいと感じるかもしれませんが、手順はいたって簡単です。 モードに分かれてはいませんが、基本的に同じ原理なので、対処方法も似通っています。 【iPhoneで位置情報の精度を上げる方法】 (A)Wi-Fiをオンにする Androidと同じく、モバイルネットワーク以外にも情報取得できるチャンネルが増えれば、より位置情報の精度の向上に期待できます。 準備ができたらコンパスアプリを立ち上げ、ナビに従って現在の方位を把握しましょう。 作業が完了したら、もう一度位置情報を確認してみてください。 困ったときの再起動のイメージですね。 ナビを確認しながら歩いていると、その都度、方向が変わってしまい、どっちを向いているのやら……と困ってしまうこともあります。 最新版のGoogleマップでは、現在の青い点から放射状に色が出ている方が、自分が今向いている方向を表しますが、それでも難しい……という人は、Googleマップの「音声ガイド」を活用してみてください。 実際の方向と画面表示の向きに迷っても、音声で指示してくれるだけでなく、スマホの向きも進んでいく方向に固定され、止まってしまうことも減るでしょう。 Googleマップをより快適に、より簡単に使うための方法として、覚えておいてみてください。

次の