遺族年金 いつまで。 会社員・公務員の遺族年金 誰がいつまで受給できるの?|会社員・公務員の年金【保険市場】

遺族年金は誰がいつから受け取れる?いつまでもらえるのか?【年金】

遺族年金 いつまで

遺族厚生年金とは、会社の厚生年金に加入していた方が亡くなってしまったときに、遺された家族が受け取れる公的年金のことです。 国民年金から支給される遺族基礎年金とは別に、上乗せとして受け取ることができます。 受給するための条件や給付額の計算方法などは、遺族基礎年金と比べると多少難しく感じる部分もあるかと思いますが、いざという時には家族の大きな支えとなる、非常に重要な制度です。 ここでは、受給に関する被保険者の要件から、遺族の範囲や年齢要件、順位などを、分かりやすく解説していきたいと思います。 さらには受給額の計算方法や期間、支給停止となる事由までご紹介しますので、遺族厚生年金の概要をしっかりと整理していきましょう。 スポンサーリンク 遺族厚生年金の受給要件とは まずは、亡くなった被保険者に関する受給要件を見ていきましょう。 遺族厚生年金では保険料納付要件と死亡日要件が定められており、さらに死亡日要件には短期要件と長期要件の2種類があります。 それぞれの詳細は以下の通りです。 保険料納付要件• 死亡日要件 【短期要件】• 厚生年金に加入している人が死亡した• 厚生年金加入中に初診日がある傷病により5年以内に死亡した• 1級または2級の障害厚生年金の受給権者が死亡した の、いずれかを満たす方 【長期要件】• 短期要件と長期要件で大きく異なる点は、年金額の計算方法です。 短期要件では被保険者が加入していた期間は問わず、1月しか加入していなくても支給の対象となります。 さらには最低保証として300月は加入していた、とみなして計算してもらえるのです。 しかし長期要件では300月のみなし期間がありませんので、実際の加入期間を基に計算されます。 期間が短い場合には、年金額がごく少額しかないケースも起こりえるのです。 300月のみなし期間については、後ほどさらに詳しくご紹介します。 ちなみに、働きながら老齢厚生年金を受給しており、短期・長期どちらの要件も満たしている人が亡くなったときは、いずれか有利な方を選ぶことが可能です。 誰が受給できるの?遺族の範囲と順位を解説 遺族厚生年金は、原則として「厚生年金に加入していた方に生計を維持されていた遺族」が受給対象です。 子供のいない妻や夫または父母や祖父母なども受け取ることができるなど、遺族基礎年金よりも対象範囲が広がっており、その中で優先順位が設けられています。 以下の表は順位ごとの対象者と諸要件をまとめたものです。 妻以外の遺族には、年齢要件がある点もチェックしておきましょう。 子どもがいて、遺族基礎年金を受給している場合でも、遺族厚生年金の支給対象は夫ではなく子どもになります。 また、55歳以上60歳未満の夫では、子どもがおり遺族基礎年金を受給している場合のみ、60歳前であっても遺族厚生年金が支給されます。 夫の受給に関しては、妻とは異なり細かな要件が多くなりますので、しっかりと認識しておきましょう。 遺族厚生年金はいくら貰えるのか 次に、遺族厚生年金で貰える年金額は、どのような計算に基づいて決定するのでしょうか。 そこに、職種や家族構成による加算額が上乗せされて、最終的な支給額が決定されます。 報酬比例部分の年金額の算出は、以下の計算式を使用します。 これにより、実際の厚生年金への加入期間にかかわらず、遺された家族がある程度まとまった年金を受け取れるように考慮されているのです。 629円 今回のモデルケースでは、約43万円が遺族厚生年金の額になります。 もし長期要件の場合には300月のみなし期間ではなく、120月で計算することで求められます。 300月に満たない場合は300月加入していたとみなして計算するため、一定額以上の給付を受けられる 遺族厚生年金は、実際に加入していた月数と報酬額に応じて算出されますが、短期要件に該当する方が25年未満の期間中に亡くなった場合には、300月とみなして計算する、という決め事があります。 その理由としては、まだ比較的若い世代の方が加入期間の短いうちに亡くなってしまうと、年金とは言い難いほどの少ない支給額となってしまいます。 そこで、一定額以上の年金を最低保証するために、300月に繰り上げて計算して給付しましょう、という制度なのです。 先ほど受給例として挙げた給付額の計算ですが、300月のみなし期間がなかったとして計算してみましょう。 300月みなし期間で算出したときの約43万円と比べてみると歴然とした差となり、みなし期間は遺族への保障が大きく底上げされていることがわかりますね。 遺族厚生年金はいつまで貰えるのか それぞれの遺族厚生年金の支給期間について、以下の表にまとめてみました。 対象者 受給できる期間 子供 死亡した日の翌月から18歳到達年度末まで (障害等級1・2級の場合は20歳年度末まで) 妻 30歳未満の子のない妻は死亡した日の翌月から5年間のみ 30歳以上または子のある妻は死亡した日の翌月から一生涯支給 夫 60歳から開始、一生涯支給 父母 60歳から開始、一生涯支給 孫 死亡した日の翌月から18歳到達年度末まで (障害等級1・2級の場合は20歳年度末まで) 祖父母 60歳から開始、一生涯支給 子どもや孫は定められた年齢に到達するまでの支給となりますが、夫・父母・祖父母では60歳から支給が開始され、要件から外れない限りは一生涯年金を受け取ることができます。 妻は年齢による要件もありませんが、要件が緩くまだ働ける若いうちから年金を受給し続けることが問題視されたこともあり、30歳未満で子どもがいない妻に関しては5年間だけの有期支給となっています。 本当に困った状況を救済するための年金、という本来の目的に沿ったルールということなのでしょう。 続いて、受給している遺族厚生年金が支給停止となる共通事由は、以下の通りです。 受給者が死亡したとき• 婚姻(事実婚を含む)したとき• 直系血族及び直系姻族以外の養子になったとき• 離縁によって、死亡した被保険者との親族関係が終了したとき また、遺族年金を受給しながら65歳を過ぎると、老齢年金を受給する権利が発生します。 しかし基本的に「1人1年金」と決められていますので、同時に受け取ることはできません。 どちらの金額が多いかを比較して、有利な方を選択受給することとなります。

次の

遺族年金は「誰が」「いつまでに」「いくら」もらえるかを徹底解説

遺族年金 いつまで

遺族年金とは? 遺族年金とは、国民年金や厚生年金保険の被保険者等が死亡して一定の要件を満たす場合に、その人によって生計を維持されていた一定の要件を満たす遺族が受けることができる年金のことです。 死亡した人の年金の加入状況などによって、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」のいずれか、または両方が給付されます。 遺族年金の受給資格 遺族年金の受給資格は、 遺 族基礎年金と遺族厚生年金とで異なるため、以下、それぞれ説明します。 遺族基礎年金の受給資格 遺族基礎年金の受給資格について、死亡した人に関する要件と、遺族に関する要件と、それぞれ説明します。 死亡した人に関する要件 遺族基礎年金を遺族が受け取るためには、死亡した人について、次のいずれかの要件に当てはまる場合でなければ、遺族が遺族基礎年金を受け取ることはできません。 国民年金の被保険者である間に死亡したとき• 国民年金の被保険者であった 60歳以上 65歳未満の人で、日本国内に住所を有していた人が死亡したとき• 老齢基礎年金の受給権者であった人(保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人に限られます。 )が死亡したとき• 保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人が死亡したとき 上記の 1または 2の場合は、死亡日が含まれている月の前々月までの被保険者期間に、国民年金の保険料納付済期間および免除期間、厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間の合計が 3分の 2以上あることが必要です。 なお、死亡日が 2026年 3月末日までのときは、死亡した人が 65歳未満であれば、死亡日が含まれる月の前々月までの直近 1年間に保険料の未納がなければよいことになっています。 遺族に関する要件 遺族基礎年金は、「死亡した人によって生計を維持された人」でなければ受け取ることができません。 「死亡した人によって生計を維持された人」とは、死亡当時、死亡した人と生計を同一にしていた人で、原則として、年収 850万円未満の人が該当します。 そのうえで、遺族基礎年金を受け取ることができる遺族に該当するかどうかは、簡易的に、下のフローチャートに沿って確かめることができます。 (出典:日本年金機構「遺族年金ガイド 平成 30年度版」) このフローチャートで「該当しません」になった場合は、遺族基礎年金を受給資格はありません。 しかし、「該当します」になってからといって、確実に受給資格があるとはいえません。 受給資格があるかどうかは、詳細な要件を満たさなければなりません。 以下、その要件について説明します。 遺族基礎年金は、死亡した方によって生計を維持されていた「子のある配偶者」または「子」が受け取ることができる可能性があります。 「子」が受け取る場合は、次の 1と 2のいずれかを満たし、かつ、 3も同時に満たしていなければなりません。 20歳未満で障害等級 1級または 2級の障害の状態にあること• 婚姻していないこと 「子のある配偶者」が受け取る場合も、「子」について上の要件を満たしていなければなりません。 遺族厚生年金の受給資格 遺族厚生年金の受給資格について、死亡した人に関する要件と、遺族に関する要件と、それぞれ説明します。 死亡した人に関する要件 まず、 厚生年金保険の被保険者または被保険者であった人が、次のいずれかの要件を満たしていなければなりません。 厚生年金保険の被保険者である間に死亡したとき• 1級・ 2級の障害厚生(共済)年金を受け取っている人が死亡したとき• 老齢厚生年金の受給権者であった人(保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人に限られます。 )が死亡したとき• 保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人が死亡したとき 共済組合等に加入したことのある人の年金は、上記の 4の場合は、日本年金機構と共済組合等のそれぞれから遺族厚生年金が支払われます。 上記の 1~ 3の場合は、日本年金機構または共済組合等のいずれか一か所からまとめて支払われます。 上記の 1、 2の場合は、死亡日が含まれる月の前々月までの被保険者期間に、国民年金の保険料納付済期間および免除期間、厚生年金保険の非保険者期間、共済組合の組合員期間の合計が 3分の 2以上であることが必要です。 なお、死亡日が 2026年 3月末日までのときは、死亡した人が 65歳未満であれば、死亡日が含まれる月の前々月までの直近 1年間に保険料の未納がなければよいことになっています。 遺族に関する要件 遺族厚生年金も「死亡した人によって生計を維持された人」でなければ受け取ることができない点は同じですが、その定義は遺族基礎年金よりも少し緩やかです。 「死亡した人によって生計を維持された人」とは、死亡当時、死亡した人と生計を同一にしていた人で、原則として、年収 850万円未満の人が該当する点については同じですが、死亡当時に年収 850万円以上であっても、概ね 5年以内に年収が 850万円未満となると認められる事由(退職・廃業など)がある人は、遺族厚生年金を受け取ることができます。 そのうえで、遺族基礎年金を受け取ることができる遺族に該当するかどうかは、簡易的に、下のフローチャートに沿って確かめることができます。 (出典:日本年金機構「遺族年金ガイド 平成 30年度版」) このフローチャートで「該当しません」になった場合は、遺族厚生年金を受給資格はありません。 しかし、「該当します」になってからといって、確実に受給資格があるとはいえません。 受給資格があるかどうかは、詳細な要件を満たさなければなりません。 以下、その要件について説明します。 遺族厚生年金を受け取ることができる遺族は、死亡当時、死亡した方によって生計を維持されていた以下の人が対象で、最も優先順位の高い人が受け取ることができます。 (出典:日本年金機構「遺族年金ガイド 平成 30年度版」) 夫、父母、祖父母が遺族厚生年金を受給するためには、死亡当時 55歳以上でなければなりません。 なお、受給開始は 60歳です。 ただし、夫は遺族基礎年金を受給中の場合に限って、 60歳以前でも遺族厚生年金を併せて受け取ることができます。 子と孫が遺族厚生年金を受け取るためには、次の 1と 2のいずれかを満たし、かつ、 3も同時に満たしていなければなりません。 20歳未満で障害等級 1級または 2級の障害の状態にあること• 婚姻していないこと 「子のある妻」「子のある 55歳以上の夫」「子のない妻」「子のない 55歳以上の夫」の「子」についても、上の要件を満たしている「子」を指します(つまり、婚姻している子のある妻は「子のない妻」になります)。 また、 30歳未満の子のない妻は 5年間の有期給付となります。 遺族年金の金額の計算方法 遺族年金の金額の計算方法は、遺族基礎年金と遺族厚生年金とで異なるため、それぞれに分けて説明します。 遺族基礎年金の金額の計算方法 遺族基礎年金の金額の計算方法について説明します。 子のある配偶者が受け取る場合 子のある配偶者が受け取る遺族基礎年金の金額(年額)は、「 779,300円+子の加算額」で計算することができます。 子の加算額は、 1人目と 2人目が 1人につき 224,300円、 3人目以降が 1人につき 74,800円です。 子が受け取る場合 子が受け取る遺族基礎年金の金額(年額)は、「 779,300円+ 2人目以降の子の加算額」で計算することができます。 加算額は、配偶者が受け取る場合と同じです。 この金額を子の数で割った額が、 1人あたりの支給額となります。 遺族厚生年金の金額 報酬比例部分の年金額は、 1の式によって算出した額となります。 なお、 1の式によって算出した額が 2の式によって算出した額を下回る場合には、 2の式によって算出した額が報酬比例部分の年金額になります。 1 報酬比例部分の年金額(本来水準) 2 報酬比例部分の年金額(従前額保障) 従前額保障とは、平成 6年の水準で標準報酬を再評価し、年金額を計算したものです。 平均標準報酬月額とは、平成 15年 3月までの被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額の総額を、平成 15年 3月までの被保険者期間の月数で除して得た額です。 平均標準報酬額とは、平成 15年 4月以後の被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額を、平成 15年 4月以後の被保険者期間の月数で除して得た額(賞与を含めた平均月収)です。 これらの計算にあたり、過去の標準報酬月額と標準賞与額には、最近の賃金水準や物価水準で再評価するために「再評価率」を乗じます。 125及び 1000分の 5. 481については、死亡した方の生年月日に応じて経過措置があります。 遺族厚生年金の金額の計算方法は複雑なので、不明な点は、日本年金機構の「ねんきんダイヤル」( )で確認するとよいでしょう。 ねんきんダイヤルは、金額の計算方法だけでなく、年金に関する様々なことを相談することができます。 まとめ 以上、遺族年金について説明しました。 不明な点は、上述の「ねんきんダイヤル」に問い合わせるとよいでしょう。 また、家族が亡くなった際には、遺族年金だけでなく、相続に関する様々な手続きが必要となります。 相続に関する相談は、以下のリンク先ページに掲載されている専門家にお問い合わせいただくのも一案です。

次の

遺族年金の手続き|万が一の時にご遺族が知っておくべき基礎知識

遺族年金 いつまで

公的年金に加入されている方が死亡した時、遺族の方は遺族年金を受け取ることができます。 いつからいつまで支給され受給できる遺族の範囲はどこまでなのか、 遺族年金とはどのようなものなのでしょうか。 遺族年金を貰える遺族とは 年金制度は、全員に共通して支給される国民年金と、上乗せ部分として会社にお勤めの方で厚生年金に加入している方に支給される厚生年金があり、2階建ての制度となっています。 同じ支給事由に対する給付は、国民年金と厚生年金を併せて受け取る事ができます。 国民年金から支給される給付は遺族基礎年金と言い、受給できる人は被保険者の死亡当時に生計を維持されていた以下の方となります。 1、配偶者で、2の子と生計を同じくする者 2、18歳到達年度末 18歳以後最初の3月31日 までにあるか、20歳未満で障害等級1・2級に該当する障害があり 障害要件 、かつ婚姻していない子 遺族基礎年金を受給できるのは配偶者と子のみで、子供がいない場合は支給されません。 婚姻していないという要件もあり、国民年金は子供を育てる為の年金と考える事もできます。 遺族厚生年金を受給できる人は被保険者の死亡当時生計を維持していた以下の方です。 1、配偶者と子 2、父母 3、孫 4、祖父母 子と孫は18歳年度末までにあるか20歳未満で障害要件にあり、かつ婚姻してない者、夫、父母、祖父母は55歳以上である者となります 60歳まで支給停止。 兄弟姉妹は受け取ることができません。 以上の要件は被保険者の死亡当時に満たしている必要があるので、その後に要件を満たしても受給権者となることはできないので注意が必要です。 また、遺族厚生年金の遺族には順位があり、上記の順となっています。 遺族厚生年金は先順位者が失権した場合に後順位者に支給される転給はありませんので、後順位者は遺族厚生年金を受給することはできません。 いつからいつまで貰えるのか 年金給付は月単位で行われ、受給権取得の翌月分から消滅した月分まで支給されます。 給付を受けるには裁定請求を行う必要がありますが、給付は申請日や裁定の行われた日からでなく受給権取得日の翌月分から支給されます。 遺族年金の受給権は次の要件に該当したら消滅します。 1、死亡したとき 2、婚姻、直系血族・直系姻族以外の養子となったとき 3、離縁により死亡した被保険者と親族関係でなくなったとき 4、子、孫については18歳到達年度末が終了または障害要件に該当しなくなったとき 5-1、遺族厚生年金の受給権者が妻の場合、受給権取得時30歳未満で遺族基礎年金の受給権がない時は、遺族厚生年金の受給権取得日。 5-2、30歳未満で遺族基礎年金の受給権が消滅した時は、その消滅した日から5年を経過したとき。 例えば、遺族基礎年金と遺族厚生年金を受給している妻が再婚した場合には被保険者の死亡した翌月分から再婚した月分までの給付を受ける事ができます。 この場合、再び離婚しても受給権が復活することはありません。 なお、配偶者に支給される遺族基礎年金は、受給資格のある子がいないと貰えない年金となっています。 子の全てが失権事由に該当した場合は、子のいる配偶者とはなりませんので配偶者の受給権も消滅してしまいます。 余り知られていませんが、このように遺族年金にはいくつかの失権事由がありますのでいつまで貰えるのか確認をしておく必要があります。 遺族年金を貰うために必要な要件は 遺族年金を貰うには死亡日の被保険者の要件と保険料納付要件を満たしている必要があります。 遺族基礎年金の場合は死亡日において以下の者になります。 1、被保険者である者 2、被保険者であった者で国内居住の60歳から65歳の者 3、老齢基礎年金の受給権者か受給資格期間 25年 を満たしている者 1、2の者については、保険料納付要件も必要となります。 死亡日の前日の時点で、死亡月の前々月までの被保険者期間のうち3分の2以上の保険料納付期間があること、 もしくは65歳未満で死亡日の前々月までの1年間に保険料滞納がないことが必要です。 遺族厚生年金の場合は死亡日において以下の者となります。 1、被保険者である者 2、被保険者期間に初診日のある傷病により、初診日から5年以内に死亡した者 3、障害等級1・2級の障害厚生年金の受給権者である者 4、老齢厚生年金の受給権者、受給資格期間を満たしている者 同じく1、2の者については、保険料納付要件を満たしている必要があります。 障害厚生年金の受給権者はその受給権を取得する時点で同様の保険料納付要件を満たしており、 老齢年金の受給権者は受給に必要な、40年のうちの25年以上の保険料を納めている方なので保険料納付要件は不要となっています。 遺族年金を貰うには保険料の納付状況も問われる事になっています。 厚生年金は会社の給料からの徴収となっているので納め忘れはありませんが、国民年金の保険料は自分で納めるものなので、払い忘れにはご注意ください。 貰える年金額 遺族基礎年金の受給額は基本年金額 満額の老齢厚生年金額 に子の数に応じて加算額がつきます。 基本年金額と子の加算額は毎年4月に改訂されています。 遺族厚生年金の額は、死亡した被保険者が受ける老齢厚生年金の4分の3の額になります。 この時老齢厚生年金の受給資格を満たしている方は長期要件と言い、上記の給付乗率の7. 125と5. 481の部分が生年月日に応じて7. 125からそれぞれ9. 5、5. 481から7. 308に読替えがあります。 それ以外の方は短期要件と言い、給付乗率の読替えはなく、厚生年金加入後の被保険者期間が短い場合には、被保険者期間を300月とする最低保証があります。 また、遺族基礎年金は子のない配偶者には支給されませんので、これを補う為に子のない妻に対しては65歳まで遺族厚生年金に中高齢寡婦加算という加算が行われています。 対象となるのは受給権取得時に子がない場合は40歳以上65歳未満である妻、子がある場合は40歳当時に子と生計を同じくしている妻です。 加算額は584、500円で、遺族基礎年金の4分の3の額となっています。 中高齢寡婦加算は、妻が65歳になると自身の老齢基礎年金を受給できる為に終了しますが、妻の国民年金の加入状況によっては老齢基礎年金が中高齢寡婦加算より低額になってしまうこともあります。 そこで、昭和31年4月1日以前生まれの妻に対しては一定の年金額を確保する為に中高齢寡婦加算に代えて経過的寡婦加算という給付が支給されます。 受給要件といつまで貰えるかに注意 以上のように遺族年金にはいくつもの受給に必要な要件や、失権事由があります。 結婚して新たに生計関係が出来ると遺族年金は失権しますし、子や孫に関しては一般的に高校卒業までしか支給されませんので留意しておく必要があります。 特に年齢に関する部分は失念しやすいかと思いますので、いつまで受け取る事ができるのか、加算額の有無等も確認してみるとよいでしょう。 遺族年金は誰がいつから受け取れる?いつまでもらえるのか?【年金】 を見た人はこちらも見ています。 php on line 7•

次の