精霊馬 地域。 お盆に用意する精霊棚とは?作り方や飾り方・片付け方をご紹介します|終活ねっとのお坊さん

精霊馬の意味と読み方!作り方や置き方は?処分の仕方は?

精霊馬 地域

お盆のなすときゅうりにまつわる話 お盆になすときゅうりに割り箸や爪楊枝を刺して、馬や牛と見立てた飾りがあります。 様々な説がありますが、このお盆のなすときゅうりには具体的にどういった意味が込められているのかや、飾り方について今回は解説いたします。 お盆のナスときゅうりの置く向きや飾り方は様々 お盆のなすときゅうりを飾る伝統は、地域やご家庭によっても様々あります。 今回は、なるべく様々な飾り方についてご紹介しますが、あなたの家で行っていた方法が違っても問題はありませんので、ご心配なさらないでください。 お盆にナスときゅうりを飾らない地域や宗派も また、そもそもお盆になすときゅうりを飾ることがない地域や、仏教の宗派もあります。 お盆という行事の捉え方が違う宗派についてなど豆知識的な話も含め解説していきます。 お盆になすときゅうりをなぜお供えするのか お盆になすときゅうりを飾る意味は、一般的に、 お盆の時期に帰ってこられるご先祖様を迎える、お送りする乗り物にしていただくためとされます。 お盆飾りとしてのなすときゅうりはそれぞれ、牛と馬を意味するのですが、牛と馬という動物にしているのも意味があります。 ご先祖様の霊 精霊 の乗り物としての馬と牛で、それぞれ名前が付けられていますが、馬と牛という2匹の動物にしている意味は次のような願いが込められているのです。 お盆のきゅうりと馬の意味 お盆のきゅうり 馬 の飾りは、 ご先祖様の霊を家にお迎えする乗り物を表現しています。 馬は足が速い動物ですので、ご先祖様の霊を一刻も早くお家にお迎えするという意味を込めて、きゅうりで精霊馬を作っているのです。 お盆のなすと牛の意味 一方、お盆のなす 牛 の飾り物は、 ご先祖様の霊をあの世までお送りする乗り物を表現しています。 牛は足が遅い動物ですので、ご先祖様の霊が、少しでも長く私たちと一緒に居られるようにという意味を込めて、牛で精霊牛を作っています。 ここまでは一般的に知られるお盆のなすときゅうりが意味するところでしたが、地域によっては、全く逆に捉えるところもあるそうです。 お盆のなす 牛 は、ご先祖様にゆったりとした道中で家まで帰ってきていただきたいという意味を込めて、 逆にきゅうり 馬 はご先祖様に急いで帰ってもらうためと考える場合、 また、お盆のなすは、お送りするための牛を意味するが、込められた意味はゆっくりと帰っていただくためではなく、たくさんのお供え物をお土産として持って帰ってもらう際の荷物をたくさん運べる牛を意味するなどと言われます。 また、地域よっては精霊船という船でこの世とあの世を行き来する乗り物を表現するということが行われたり、本当に地域によって様々に違っています。 お盆のある夏の時期に、旬を迎え簡単に手に入ったことからなすときゅうりを使ったと言われますが、お盆のなすときゅうりを飾るようになった由来ははっきりしていないとされます。 それゆえ、地域によって様々な解釈や飾り方が生まれたのでしょう。 お盆飾りのなすときゅうり作り方 お盆のなす・きゅうりの飾りものはとても簡単に作れます。 準備するものは、• きゅうり そりあがっていると綺麗な馬に見えます• 割り箸 もしくは爪楊枝やマッチ これだけです。 割り箸や爪楊枝が精霊馬の足になるのですが、それぞれ野菜に刺すだけです。 割り箸で作る際は、2膳用意して、6:4ほどの割合で2膳とも切り、長い方をきゅうりに、短い方をなすに刺すと馬と牛に見えます。 また地域によっては、なすときゅうりのお盆飾りにそうめんで手綱をつけるところもあります。 乗り物なのだから手綱をつけるという考え方です。 お盆のなすときゅうりは厳格なルールがあるわけではないので、最近では刻んで独特なデザインを作成する人もいます。 この一般的な飾りをさらに進化させ、なすときゅうりだけで芸術作品のようなものを作る方々もいらっしゃいます。 一部すごいものを引用させていただきました。 初盆です。 今からコレで爺サマ迎えに行きます笑 まぁ歩みが遅い牛の代わりにハーレーダビッドソン作っちゃったのはご愛嬌 — Captain's Salt CaptainsSalt1 作った。 キュウリのザクも考えたけど、厳しそうなのでやめた。 お盆のなすときゅうりの飾り方 一例 お盆のなすときゅうりの飾り方は、その込められた意味と同じように地域によって大きく変わってきます。 ここでご紹介するのはあくまで一般的とされる一例であり、地域やお家の伝統を守っていただければと思います。 お盆飾りのなすときゅうりの置く場所 お盆のなすときゅうりは、お仏壇の前に作る盆棚 精霊棚 に飾ります。 地域によっては、迎え盆という、ご先祖様が返ってくる日に玄関先にお迎えのきゅうり 精霊馬 を出しておくという風習があったりするそうです。 ちなみに迎え盆はでも8月でも各月13日です。 もし15日盆でない場合は、迎え盆もずれます。 お盆のなすときゅうりの向き 方角等 お盆のなすときゅうりを盆棚に飾ることを前提に話をつづけますと、盆棚の飾る場所は特に決まってはいません。 ただし、なす 牛 ときゅうり 馬 の頭の向きはでそれぞれ次のようになっています。 地域によって違うお盆のなすときゅうりの飾り方 他にも、地域によって、• 迎え盆 お迎えする動物を玄関の方向に頭を向ける• 送り盆 お送りする動物の頭を玄関に向ける という、入り口出口を意識した置き方、• 迎え盆 ご先祖様が東から来ると考えきゅうりを西向きに• 送り盆 その反対になすは東向きに という方角を意識した置き方もあります。 西日本ではお盆になすときゅうりを飾らないとか、関東は飾るとか様々な説がありますが、関西でも飾る地域もありますし、一概に地域でまとめられないようです。 お盆のなすときゅうりはいつ飾るか お盆のなすときゅうりをいつ飾るかも地域によって変わります。 一般的には、8月13日から8月16日です。 お盆が7月の地域は7月の同じ時期 今回は一般的とされる、ご先祖様の霊が返ってくる日 迎え盆 までになすときゅうりを準備しておくことを前提に解説しましたが、地域によって迎え盆にはきゅうりだけ、送り盆になすを飾る場合や、送り盆になすときゅうりの両方を飾るなどの伝統もあるようです。 迎え盆と送り盆の伝統は、地域によって大きく変わりますが、それらについてはこちらで詳しく解説しています。 また、沖縄など旧暦に合わせてお盆 旧盆 を行う場所もあります。 詳しくはこちらで解説しています。 お盆の期間についてはこちらでも解説しています。 お盆のなすびときゅうりの処分法 お盆の間飾ったなすときゅうりを処分する方法は、大きく4つあります。 精霊流しで川や海に流す• 土に還す• 焼く 自宅でもお寺等でも• 塩でお清めし半紙で包み、燃えるごみとして処分する 最も伝統的な処分法は「 精霊流し」です。 精霊流しは現代では自治体、寺院などが行ってくださるものです。 昔は各家庭で川や海に行って、他のお盆飾りと共になすときゅうりを流していたそうですが、最近ではできないようになった場所も多く、代わりに家庭から出るお盆飾りをまとめて流してくださる団体があります。 なすときゅうりは生ものですので、家に庭がある場合埋めて土に還すという方法もあります。 また別の処理法はと似ていますが、先祖の霊が使われたものと考え、ただ捨てるのではなく、焼くや塩でのお清めによって処分するという方法もあります。 また、精霊流しではなくても寺院で、お焚き上げという方法などで処分をして下さるところもあります。 お盆になすときゅうりを飾らない宗派 浄土真宗という日本で最も信徒が多いとされる宗派では、お盆のなすときゅうりを飾らないと言います。 浄土真宗 親鸞 の教えに「お盆に亡くなったご先祖様などの霊が帰ってくることはない」というものがあります。 それゆえ、お迎えやお送りする茄子も胡瓜もそもそも飾ることはないと考えるそうです。 浄土真宗の家でも飾るところもあると思います ちなみに、お盆に亡くなったご先祖様などの霊が帰ってくることはないというのは、浄土真宗に限られた教えではありません。 そもそもの仏教の教えでは死んだ人が仏となって、霊となって、という考えはないのです。 先祖の霊と言った考えは、仏教に由来するのではなく、日本に古来の信仰に由来します。 少し複雑になるのですが、お盆という行事は今では仏教的行事となっていますが、日本の信仰がルーツにあって、それが仏教の要素を含めたものとなったのです。 お盆の由来について説明すると長くなりますので、詳しくは別の記事にてご紹介いたします。 お盆のなすときゅうりを使ったもう一つの飾り「水の子」 お盆になすときゅうりを使った飾りは精霊馬・精霊牛が有名ですが、なすときゅうりをさいの目切りし 立方体に刻む 、蓮の葉か里芋の葉の上に盛り付けた料理をお供えします。 このは水の子と言い、精霊牛や精霊馬とは別の意味を持ちます。 水の子は、お盆の由来となった仏教行事の「 うらぼんえ 」で、餓鬼道に堕ちた衆生を供養するという意味を持ったものです。 寺院ではお盆の時期に施餓鬼会という法要をしていますが、水の子はこの施餓鬼会の考えに由来するお供え物です。 料理を含むお盆のお供えについてはこちらで詳しく解説しています。

次の

精霊馬の意味や由来と作り方!飾る時期はいつ?

精霊馬 地域

Table of Contents• お盆に飾る精霊馬や精霊牛の意味は? 「お盆」について まずはお盆について簡単に説明します。 お盆とは浄土から地上に戻ってくる先祖や亡くなった人たちの魂「精霊」をお迎えし、供養する期間のことを言います だいたいの地域で8月の13日~16日に行うことが多いですが、東京など7月の13日~16日を中心にお盆の行事をするところもあります。 月の違いは「旧暦」と「新暦」の違いで、どちらを採用しているのかが地域によって異なるからです。 お盆の期間にはお墓参りに行ったりしてご先祖様の霊をお迎えし、感謝の気持ちを伝えたりします。 お盆に飾る馬や牛の名前は? お盆の時期に飾るなすやきゅうりで作った「馬」や「牛」。 飾ったことはなくてもテレビやニュースなどで見たことがあるかと思います。 これらの「馬」や「牛」には名前があり、それぞれ 『精霊馬(しょうりょううま)』『精霊牛(しょうりょううし)』と言います。 しかし、実際のところ『精霊牛』とはあまり言わず、2つ合せて 『精霊馬』と呼びます。 お盆に飾る馬や牛の意味は? 精霊馬や精霊牛を飾る意味には昔の人たちが考えた素敵な願いが込められていたのです。 お盆の時期に ご先祖様の霊が家に戻ってくる際に行き来するための乗り物として「馬」や「牛」に見立てたキュウリやナスを飾るのです。 ご先祖様の霊が戻って来られる際には 「一刻も早く戻って来て欲しい」という思いから、 足の速い「馬」を。 また 「少しでも長くこの世にいて欲しい」という思いから、ご先祖様が帰られる時には 足の遅い「牛」に乗ってもらい、ゆっくり帰ってもらうという意味があるのです。 他にも帰られるときに たくさんのお供え物を楽に持ち帰ることが出来るように力のある牛が選ばれたとも考えられています。 こんな素敵な願いが込められていたんですね。 精霊馬のルーツは七夕? 東日本などの一部の地域では7月6日か8月6日に 『七夕馬』を作って飾る習慣があります。 『七夕馬』とは 藁 わら や真菰 まこも で作られる馬の形をした人形です。 七夕の竹飾りの下にお供え物と一緒に置かれて七夕が終わったら川に流したり屋根に乗せたりします。 『七夕馬』には 牛や馬の安全祈願や豊作、子育て祈願の意味があります。 この 『七夕馬』の習慣って 『精霊馬』と似てますよね? 実は地域によっては 「キュウリ」や「ナス」の『七夕馬』も存在します。 また 『七夕馬』のことを『精霊馬』と言うところもあります。 日本では『七夕馬』が飾られる「七夕」は旧暦の7月7日で「お盆」 旧暦の7月15日 の約1週間前です。 「七夕」が「お盆」に入る前の前盆行事としての意味合いが強かったのです。 お盆に連なる行事として供えられて、さらに『精霊馬』に変化したのだとも言われています。 ・穀物や農作物の豊作祈願 ・「棚機 たなばた という神聖な着物を織る神事 ・先祖を迎える祖霊信仰 これらの行事が「お盆」の行事と習合したとも考えられています。 お盆の精霊馬が「キュウリ」や「ナス」なのはどうして? 「キュウリ」も「ナス」も夏野菜です。 理由としては昔からどの地域でも栽培される身近な野菜であったことやお盆の時期に収穫されて手に入れやすく、また旬な野菜ということでお供え物にも適しているからと考えられています。 他にも足となる麻幹(おがら)や割り箸などを挿して飾るのに大きさや固さがちょうど良かったことなども挙げられます。 また昔はナスが高価な野菜であったため、農作物への感謝の気持ちも表されていたのだと考えられてもいます。 だから僕も実際には見たことがなかったのですね。 精霊馬・精霊牛を飾る時期 精霊馬や精霊牛はお盆の間飾っておき、送り盆になると川や海へと流すのが基本となっていますが、その時期なども地域によって異なります。 また精霊馬を飾る時期も地域によって異なります。 そしてその日に川や海に流します。 「送り盆」の16日に川や海へ流します。 ちなみに最近では川や海を汚さないようにと精霊馬を流すことができなくなくなった地区もあり、土に埋めたり、塩で清めたりして処分することがほとんどになってきています。 また精霊馬や精霊牛を作る意味も地方によっては全く違う場合があります。 先ほども触れましたが、一般的にはこの世に長くいてもらうために、迎えを「馬」で、そして送る時に「牛」でとされています。 しかし地域によっては、 ・ご先祖様の霊を迎える際にゆっくりと丁寧にお迎えをしたいから「牛」で迎える。 ・早くあの世に帰ることができるように「馬」で送る。 と、地方によっては一般的な意味と真逆の意味になることもあります。 また他にも、 行きも帰りも「馬」に乗って、帰りの際には供養したお供え物などを荷物に乗せて帰られるように「牛」を使う。 といった意味合いがある場合もあります。 いずれにせよ、ご先祖様を大切に思う意味が込められているのですね! ナスやキュウリなどのお供えものに関しても、食べ物が貴重な時代において「新鮮で美味しい物をたくさんお供えして迎えよう」というご先祖様の霊を大切に思う気持ちから、夏の旬な野菜が選ばれたという素敵な意味が込められていたのです。 浄土真宗では飾らない 浄土真宗では「お盆」というものがご先祖様を救う日ではなく自分自身の精進のための日とされています。 「ご先祖様が帰ってくる」という考え方はないのです。 なのでお盆の時期に精霊馬を飾ったりはしません。 お盆の精霊馬や精霊牛の置き方 精霊馬は基本的に「精霊棚」に飾ります。 「精霊棚」というのはお盆の時にご先祖様の霊にくつろいで頂くためのスペースの事で、お供え物を飾る棚のことです。 そしてこの精霊棚への置き方にも色々あります。 馬と牛が向かい合う置き方 お迎えをする「迎え盆」では精霊馬と精霊牛の頭同士が向かい合うように内向きに置きます。 お送りする「送り盆」では外向きに飾る置き方です。 馬と牛を仏壇に向けて飾る置き方 「迎え盆」で精霊棚の上にお供え物と一緒に仏壇に向けて精霊馬を置きます。 そして「送り盆」になると仏壇の外に向けて飾る置き方です。 精霊馬を玄関に向ける置き方 ご先祖様の霊が入り口から来られるとする考え方から、精霊馬を玄関に向けて飾る置き方になります。 「お盆の馬や牛の意味は?地域ごとの違いや置き方について」のまとめ お盆に飾るキュウリやナスで作る『精霊馬』や『精霊牛』について紹介しました。 昔の人たちから伝わるこれらの風習にはご先祖様の霊を大切に思う願いが込められていたのです。 時代が変わり、今では「馬」や「牛」などではなく「電車」「飛行機」「自動車」と比べものにならないくらい早く移動できる乗り物が当たり前になっています。 しかし、古くから伝わるナスやキュウリでつくる「馬」や「牛」は変わることなく飾られてきました。 いつかもしかしたら、飛行機や自動車に見立てたものに変わることがあるのかもしれませんが(…たぶんないと思いますが 笑 )、それもご先祖様に長くいてもらいたいという気持ちからうまれるものだと思います。 いつの時代もご先祖様を敬い大切に思う気持ちは尊いものだと思います。 お盆に飾る馬や牛について調べておられる方の参考になれば幸いです。

次の

お盆の馬や牛の意味は?地域ごとの違いや置き方について

精霊馬 地域

とは、のお供え物のひとつで、精霊棚に飾り付けます。 きゅうりとなすを用いて作る、馬や牛型の人形のことをいいます。 割りばしや爪楊枝などを利用して、それぞれの野菜に足を刺して作ります。 それぞれの動物は、祖霊の乗る乗り物に見立てられています。 地方によって、16日の送り盆の際に、それまで飾っていた初物のを利用して作って、供物と一緒に川や海に流すところもありますが、関東地方では13日の迎え盆に作って、供物の一つとしています。 また、迎え盆に牛を作り、送り盆に馬を作るなど、地域ごとに作る順番もさまざまです。 馬は早く先祖の霊に帰ってきてほしい、牛はゆっくりあの世へ戻ってほしいとされているところもあれば、ゆっくり丁寧にお迎えしたいから牛で迎えて、急いで帰ってもらうために馬をお供えするという逆の地域もあります。 牛にはまた、たくさんの供物を乗せて持って帰ってもらうという意味もあるといいます。 2019. 27 2020. 2 2019. 3 2020. 17 2013. 11 2020. せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• 敬食ライター ライター・レポーター• 解体サポート 解体に関する記事の監修者• 株式会社HOWL ライター・ディレクター• クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家 あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の