ラピッド ブラスター ギア。 スプラトゥーン2

【スプラトゥーン2】ラピッドブラスターベッチューの立ち回りとおすすめのギア|ゲームエイト

ラピッド ブラスター ギア

スポンサードリンク 新・ラピッドブラスターの特徴を知ろう! ラピッドブラスターはその名の通りブラスター系のブキ。 ブラスターの特徴として弾がまっすぐ進んで インクが爆発した先に攻撃判定があることを知っておこう。 逆に言うとブラスターは弾を直撃させるか、爆発意外では攻撃判定がない。 ラピッドブラスターは射程が長い分、弾が爆発する場所も遠くなるのでその距離感を把握しておこう。 ちなみに、対シューター系では ジェットスイーパー以外のシューターには射程で勝つことができる。 プライムシューターや. 96ガロンよりも長いので、できるだけ相手と距離を取るようにするのがラピッドブラスターの基本だ。 また、ラピッドブラスターは ブラスターの中でもインク消費量が抑えられており、また射程も長いので ブラスターの中ではトップクラスに塗りやすい武器だ。 …といってもあくまでブラスターの中ではという話なので、インク消費量も塗り効率もほとんどのシューター系の方が上ということは覚えておこう。 ブラスター系の中では一発当たりの攻撃力も少ない。 その代わりの連射力だ。 爆発1回で35ダメージなので、 基本的には相手に3回当てないと倒すことができない。 (直撃でも2回当てなければならない) 相手に攻撃が当たると「バシッ!」という音がするが、この「バシッ!」という音が1回しただけでは倒せないので注意だ。 実際のステージをさんぽして弾の距離感を掴もう ラピッドブラスターは 弾を発射して爆発するその距離感を掴むのがとても大切だ。 試し打ちや実戦で鍛えるのももちろんだが、時にはさんぽモードでどこから撃てばどの位置に弾が届くのか、実際のステージを歩きながら確かめよう。 例えば下の写真のようにコンブトラックを例に出すと、ステージの盛り上がった所から中央に向かって撃ったら、どこまで届くのか。 逆に中央から攻撃したらどこを攻撃できるのか。 これを実際のステージで試しておけば、いざバトル本番になった時に役に立つ。 ぜひさんぽしながら試していこう。 ラピッドブラスターの戦い方 ラピッドブラスターは射程が長い分、一旦近づかれると撃ち合いには勝ちにくいので 前線の少し後ろから攻撃していくようにして戦おう。 最前線は他のシューターやローラー、バケツなどに任せて自分はその後ろから攻撃をしていくようにしよう。 射程が長いので、直線で1vs1になればラピッドブラスターの勝ちパターン。 相手と距離を取りつつ3回攻撃を当てて仕留めていこう。 特にブラスター系のブキは 物陰に隠れた相手や位置的に上にいる相手でもインクの爆発を利用して倒すことができる。 敵が隠れてそうな物陰はラピッドブラスターの射程を活かして攻撃していこう。 「バシッ!」という音がしたら敵の姿が見えなくても敵が潜んでいたということ。 後2回攻撃を当てれば倒せる。 ラピッドブラスターの任務は物陰の敵と高台の敵を倒すこと! ラピッドブラスターは他の武器ではできないことができる。 それは先ほど紹介した物陰の敵への攻撃や高台にいる敵を倒すことだ。 特にラピッドブラスターは他のブラスターと比べても射程が長い方なので、味方がなかなか狙えない物陰の敵や高台の敵を攻撃することができる。 こうした敵を倒して味方が前線で動きやすくするのがラピッドブラスターの任務だ。 スポンサードリンク ラピッドブラスターのサブとスペシャルウェポンは立ち回りにどう活かす? ラピッドブラスターのサブウェポンはトラップだ。 2つまで設置することができ、その上を相手のイカが通るか、相手のインクが塗られると爆発してダメージを与える。 ダメージは35なので、ラピッドブラスターの攻撃1発分だ。 相手のイカが通って爆発に巻き込んだ時はダメージの他にマーキングがつく。 トラップそのものは攻撃力があまりないので、 それほど強力なサブウェポンにはならない。 使いどころとしては相手の裏取りルートや激しく戦いそうな中央エリアなどに余裕のある時に設置しておくくらいだろう。 あまりトラップメインで使うことはないだろう。 一方で、スペシャルウェポンのスプラッシュボムピッチャーはスプラッシュボムを一定時間投げ続けられるというスペシャルウェポンでとても使いやすい。 相手の陣地を塗り返す目的で使ってもいいし、自分の近くにばらまくようにすればラピッドブラスターが苦手である 近距離系の攻撃にもなる。 ブラスター系の弱点である塗りの弱さもカバーできるので、とても使い勝手のいいスペシャルウェポンと言えるだろう。 積極的に使って状況を有利に運んでいこう。 新・ラピッドブラスターのおすすめのギアは? ラピッドブラスターの時に使う候補のギアを紹介しよう。 候補としては、 イカダッシュ速度アップ、相手インク影響軽減、爆風ダメージ軽減、インク回復力アップ、サーマルインク。 この辺りが候補になってくるだろう。 イカダッシュ速度アップは相手に近づかれた時に距離を取るため。 相手インク影響軽減はダメージ量と動きやすくするため。 爆風ダメージはラピッドブラスターのような射程の長い武器に対してボムを使ってくる相手が多いため。 インク回復力アップは相手と距離を取りイカセンプクしている間にインク量をより多く回復し攻撃回数を増やすため。 サーマルインクはラピッドブラスターが1発目の攻撃を当ててから相手が逃げる時に相手の移動先を把握するためだ。 この辺りのギアを中心に装備を整えてみよう。 ラピッドブラスターの戦い方まとめ 長い射程を活かして高台や物陰に隠れた相手を攻撃する快感はラピッドブラスターならでは。 最前線に出るよりも一歩下がりながら味方が戦いやすいように援護したり、味方が倒せない敵を倒したりするような戦い方を心がけるとチームの勝利に近づくだろう。 ナワバリバトルよりも ガチマッチの方が活躍しやすい武器だ。 なかなかガチマッチで勝てない時はぜひラピッドブラスターを使ってみてはイカがだろうか?.

次の

「ラピッドブラスター」の立ち回りのコツと対策方法【スプラトゥーン2】

ラピッド ブラスター ギア

概要 の身を伸ばした外見で、その射程を更に引き延ばした性を持つ。 との違いよりは見分けがつきやすいだろう。 そこのー、開始時に身を隠すんじゃぁない! 相手にする時困るだろ! 最長の飛を持つで、の高い連射や取り回しをある程度保ちながら、更に遠でを起こすようになっている。 の牽制をより強化したブキであるが、連射や機動性、ク効率は犠牲になっているためとは言い切れない。 射程について 射程はとなっておりの中では最長射程となっている。 爆があるため実際の射程は以上となっておりやといった長射程や相手にに攻撃が可。 が、間合いを時にしてこちらを射抜いてくるのが徒。 では乞いの洗礼を受けながら倒していたも安全圏から倒せる。 ただ、に攻撃ができると言ってもやは少ない弾数で倒せるブキのため間合いをちょっとでも詰められるとあっという間に倒されてしまう。 近づかれてしまえばあっさり倒されてしまう。 やも接近戦では頼りないので立ち回りに気を付けよう。 その他 連射はとなってれはと同じである。 発射中の移動と燃費はとべて悪くなっている。 使いたら、その機動性はしていると感じるだろう。 咄嗟のもしにくくなっている。 の1発の燃費がと同じだったように、このブキもと同じとなっており、ク状態から11発でク切れとなってしまう。 更に高めの連射が災いし、ク切れまでのさはと並び全中ワーストである。 のク消費量も甚大なので、ク管理がより重要になってくる。 追加されて々のVer. 0で同様隙が軽減された他、Ver. 0では射撃移動も上がっている。 この上昇幅はほどではないがそれでも旧ラピよりは速く、Rは更に 撃ちのブレが他のの半分になるという長所も手に入れている。 サブ:チェイスボム チェの法はの記事に詳しく書かれているため、そちらを参考にしてほしい。 チェの後ろを泳いで素く移動! その射程とをして 死から意表をつくでし! -ブキチ- ブキチはこんな事を言ってるが、間合いが大切なブキなのでチェと一緒に相手地の懐へもぐりこむのはあまりオススメできない。 また直線を塗るのに長けているブキなので作りのために使うこともあまりく、あくまで牽制用の遠攻撃という趣の方が強い。 の射程よりも遠から接近したい場合は有用だが、そのような機会も少ないだろう。 牽制以外での法として、接近された時の一撃必殺のとして使える。 例ちらがやられてしまってもチェが当たりさえすれば連れにできるので、クさえ残っていれば最終手段として利用する余地はある。 そのためいざという時に使えない事が多い、どちらかのク効率がに1つあるだけでが1発多く撃てるようになる。 スペシャル:スーパーショット 守りが体のRブラスターエリートが攻めに転じれる。 硬直した戦線を打開したり、高台のチャーを倒したりと用途は様々。 Ver. 0以降発動から発射できるまでの時間が追加されたため、接近された時や射程負けした際の咄嗟のとしては使いにくくなった。 また高台チャーのの前で発動したらられてしまうため、物陰で発動して倒そう。 足元が不安定だと機動が下がるため、チェでを確保するなど工夫しよう。 やられない立ち回りを意識しよう。 非常手段に近いが、近から遠まで対応した一撃必倒攻撃としての運用もではない。 Rブラスターエリートデコ 概要 ブキチからの。 Rブラスターエリートのとを変えたである。 ・共に塗れないためとべて多少塗り性は低下したが、そこまで気になるものではないだろう。 で相手を逃がさず倒したり、爆の範囲より内側へ入られた時にやすくなりに貢献する。 は直接の打開は減ったが、やと組み合わせてを取ったり敵を退かしたりとできる事は多い。 なお、の・は近で理矢理当てる事も一応可ではあったが、このブキにはそういった要素もないので接近戦をする理由はと言っていい。 が舌を咬んでいたがあんまりである。 ちなみにブキの数は Rがラピッドの略なら 一部されたに一負けている。 サブ:ポイズンボール の直撃した場所から円形状に展開する。 範囲はより狭い。 またに当たると即座に展開、展開部分はも貫通するため密着状態の敵にも効果を与えられる。 やバ発動状態の敵には効果がいが状態からのバ発動では効果が残る。 使い方としてはやの索敵 状態になった時に音がする ・牽制になる他状態にしてから で確実に倒すといったのがである。 間合いを詰められた時にをして退散、を再度取ってから攻撃といったの時にも使えるためのチェよりは使いやすいだろう あちらはク消費量が致命的か。 スペシャル:メガホンレーザー 発動までのが低いためパより撃てる回数が増え使いやすいだろう。 な使用法としては高台やヤグラ上などの敵の排除、ホコ割りがある。 敵を一方に寄せてでといった使い方もできる。 いっそク回復のついでとして使うのもありだろう。 おすすめギアパワー 攻撃力アップ 攻撃はと同じなので攻撃のが有効。 どのくらい装備するかは他のと要相談だが、3、2以上積むとの直撃が防御しに対して99. 9になる。 また、チェの近爆がをえる。 インク効率アップ(メイン) はあまり燃費がよくないため、装備すると安心。 インク回復力アップ と(に)の燃費がいまいちなため。 インク効率アップ(サブ) チェは消ンクがためそれを軽くしたい場合に。 チェを使う機会は少ないが…。 のはよく使うのでオススメ。 ヒト移動速度アップ 移動がとべ遅くなっている。 引き撃ちをする際にあると率が上昇する。 ボム飛距離アップ に一つあると爆の場所くらいまでが届くようになる。 チェの移動は伸びないので注意。 スペシャル増加量アップ を少しでも多く使いたい人に。 は元々回転率のよいがウェだが、あえてこのを装備することでさらに連発することが可。 逆境強化 の塗り効率が悪いのを補うのに必要。 パは必要がより多いのであると便利。 スペシャル減少量ダウン ここぞという時に使うなのでをする場面もあるだろう。 よくやられてしまう人はこちらも考えてはがだろうか。 安全シューズ 足元が塗りにくいブキのため、装備すると安定した移動ができる。 関連動画 関連項目• (Rブラスターエリートと・共通ブキ)• / Rブラスターエリートデコと・共通ブキ.

次の

スプラトゥーン2のラピッドブラスターのギアパワー・ギア構成を考察

ラピッド ブラスター ギア

射程 3. 5本 直撃威力 85. 0 爆発威力 35. 0 飛沫最大威力 17. 5 インク消費 8. 0 13発 射撃中移動速度 約0. ただし、ほかのブラスターと違い直撃1発で敵を倒せない。 前作からダメージの仕様が変更され、爆風のダメージが固定になった。 塗りではなく、ほかのブラスターと同じく戦闘特化のブキ。 遠距離から範囲攻撃できるので、ガチヤグラでは特に強力なブキだ。 サブウェポンのトラップはマーキング効果があるので、敵を逃さず倒せる。 スペシャルは劣勢時の前線維持、優勢時の敵へのプレッシャーなどに使おう。 サーマルインクは爆風では発動しないので注意。 5本分という長距離から攻撃できる。 遠距離や有利な高所から攻撃しよう。 敵を倒すまで爆風なら3発必要だが、敵の近くで爆発させれば足元も塗れるので倒しやすい。 試しうちで練習する場合は、どれくらいの距離で爆発するか把握できるようになろう。 もちろん直撃をできるほうが良いので、エイムの練習も怠らないように。 DPSが低いので近距離や正面からの撃ち合いは弱い。 ガチヤグラでは安全な距離から、一方的に攻撃できる。 積極的にヤグラの敵を攻撃しよう。 ただし、1発で長い直線距離を塗れるが、連射が効かないので塗りには向かない。 あくまで塗りは必要か時間が余っている時に塗る程度にとどめておこう。 インク消費が激しいので塗っている間にインクが切れ、敵に倒されるという事態は避けること。 スペシャルウェポンはガチエリアを塗って、取り返すのに向いている。 ガチエリアでスペシャルが溜まったら、不利になるまで取っておくのも1つの手段だ。 おすすめギアパワー• 相手インク影響軽減:足元を塗るのが苦手なので、いざという時のためにつけておこう。 サブ性能アップ:トラップのマーキング機能を活かすにはこれ。 インク回復力アップ:インク消費の激しさをカバーできる。

次の