デカ ちり ラッシュ パチンコ。 PAでかちりラッシュ【パチンコ新台】|スペック ボーダー 保留 信頼度 予告 評価 演出 セグ 感想 導入日 打ち方 解析 攻略 タイプ 型式名 継続率 出玉 止め打ち

PAでかちりラッシュ

デカ ちり ラッシュ パチンコ

1 ボーダーライン回転数 設定付甘デジ(AE型) 等価交換 4. 00円 |24. 3回転 設定6 28玉交換 3. 57円 |25. 9回転 設定6 30玉交換 3. 33円 |25. 2回転 設定6 33玉交換 3. 03円 |26. 6回転 設定6 40玉交換 2. 50円 |27. プロモーション動画 PV.

次の

PAでかちりラッシュ

デカ ちり ラッシュ パチンコ

機種情報 小当りRUSHを搭載した甘デジタイプの確変ループ機で、小役で増やしながらBONUSを目指すCT機のパチスロ初代『アステカ』の興奮を再現している。 2段階の設定付きで、通常時は大当たりの5%、電サポ中は50%の確率で小当りRUSHに直行する。 通常時大当たりの45%では、20回転消化後に小当りRUSHに突入。 通常大当たり後は通常時は20回、電サポ時は50回の時短が付く。 時短引き戻し率は約18. 2%(設定1)or約22. 3%(設定6)…20回、約39. 5%(設定1)or約46. 7%(設定6)…50回。 19)を搭載。 大当たりになれば必ず出玉がある。 通常時の演出の多くはでかちりギミック(7セグによる変動)によるもので、その上部には下降することがあるロゴギミックを搭載。 7セグ表示装置下部にはでかちりJUDGEルーレットがある。 でかちりギミックの裏には液晶あり。 大当たり中、電サポ中、小当りRUSH中は右打ちする。 盤面右下に出玉を稼ぐアタッカーを配置。 中央最下部のアタッカーは小当り時に開放する。 ともにスライドタイプで10個賞球。 『アステカ』や『デルソル2』などのユニバーサル歴代CT機サウンドを全14曲搭載している。 予告演出 保留変化予告 7セグ表示部サイドにある保留ランプが変化したらチャンス。 先読みチャンス目予告 「255」や「577」といったチャンス目が停止する先読み予告で、停止出目によって期待度が変わる。 チャンス目予告 「234」といった順目停止や語呂合わせ目など、チャンス目は多彩。 7セグ回転予告 変動開始時に7セグの色が変化する。 青や緑、赤などがある。 顔セリフ予告 変動中、7セグに顔文字が表示される。 一発告知 サンライズランプが点灯すると一発告知!? 7セグ系リーチ。 心音煽りSPリーチ 心音による煽りでドキドキ。 PウェーブSPリーチ 7セグ系リーチの中では最も期待できる。 これら7セグ系リーチ中にP図柄が停止すると盤面爆発のチャンスとなり、爆発後は液晶SPリーチに発展する。 でかちリールリーチ 液晶SPリーチで、見た目のインパクトも抜群。 でかちりトレジャーリーチ 宝箱の配置パターンに注目しよう。 でかちりルーレットリーチ 図柄配置パターンによって信頼度が変化する。 重要演出 でかちりBONUS 通常時の大当たりで、10R確変か、5R確変or5R通常。 10R確変ならラウンド終了後は本機最上位モードのでかちりRUSH(小当りRUSH)に突入する。 5R確変の場合はでかちりカウントダウンへ、5R通常では時短20回のチャンスタイムへ移行する。 右打ちする(以下、大当たり中、電サポ中、小当りRUSH中は右打ち)。 この20回転の演出がでかちりカウントダウンだ。 20回転で当たらなければでかちりRUSHに突入して持ち玉を増やしながら次回大当たりを目指し、20回転以内に大当たりになってもそのうちの50%ででかちりRUSHに突入する。 20回転で当たらずにでかちりRUSHに突入する確率は約44. 3%(設定1)or約36. 0%(設定6)。 でかちりRUSH 次回大当たりまで小当りRUSHが続く。 その大当たりがEXTRA RUSHならラウンド終了後にでかちりRUSHが継続する。 CHALLENGE BONUSだったらでかちりRUSH終了!? でかちりRUSH中演出として、サウンドストップやでかちりZONEなどがある。 CHALLENGE BONUS 電サポ中の大当たりで、5R確変or5R通常。 ラウンド終了後、でかちりJUDGEルーレットでランプによる抽選が行なわれ、確変であればでかちりRUSHに突入、通常ならチャンスタイムへ移行する。 チャンスタイム 通常時の通常大当たり後は20回、電サポ中の通常大当たり後は50回の電サポが働く時短中のモード。

次の

デカ ちり ラッシュ パチンコ

概要 [ ] 『』で初めて搭載された(CT)を搭載。 をモチーフとした。 中間設定以上での破格のスペックもさることながら、CT中の目押しを極力簡素化した事で、従来のCT機ではほぼ成し得ていなかった「さほど目押しの得意でない一般層」をも取り込むことに成功した。 最終的に8万台以上のセールスを果たしてCT機として最大のヒット機種となったこと、また、パチスロ情報誌上の人気アンケートや年間ランキングにおいて軒並み支持を得たことも手伝い、CT機というカテゴリに限らず1999年度における代表機種のひとつとしてプレイヤーから高い評価を受けた機種として知られる。 特徴 [ ] ゲーム性• 基本的にはによってボーナス成立を察知するタイプの機種だが、不完全告知機能も搭載している。 アステカルーレットというチャンス演出が時折発生し、これが伴った場合のみ告知ランプ点灯の可能性がある(発生すればボーナスの当否は完全告知され、はずれれば非成立確定)。 左・右リールに「デカチリ」という1リール払い出し絵柄(払い出し対象は左リールのみ)が存在する。 絵柄配列の2枠分を使って太陽のような絵柄を表現しており、プレイヤーに非常に強いインパクトを与えた。 左リールのデカチリには透過部分があり、絵柄自体の視認性も相まって、CT機にはつきものの懸念であった目押し難度を下げることに成功した。 中の小役ゲームにおいても頻繁に下チリ(7枚役で必ず左上段に揃うので払い出しは14枚)が揃い、の目安の絵柄になるなどの役割も果たしている。 また、右リールのデカチリは強力絵柄として扱われており、出現して小役が揃っていなければ、数種の出目を除いたほぼ全てがリーチ目となる。 ビッグボーナスの期待獲得枚数は260枚程度。 はない。 チャレンジタイム• ビッグボーナス終了後はもれなくCT抽選(CTルーレット)が発動し、リール窓下部の8連LEDのうちの右半分(5~8)に停止すればCTに突入する。 突入率は50%。 スローパターンに移行するタイミングによって期待度が激変し、CT確定パターンも存在する(落選確定パターンもあり)。 なお、CTの当否についてはビッグボーナス成立時に同時抽選されている。 CTは純増201枚以上の獲得か150ゲーム消化、またはビッグボーナス成立で終了となる。 CT中はJACゲームなどに使われるゲーム数の表示ランプ1個が純増25枚を示している。 ランプの色が赤…デカチリ(15枚)、黄…帽子(7枚)、緑…サボテン(3枚)と狙うべき絵柄を指示してくれる。 ランプが黄色か緑色になるとBGMも変化する。 CT中は、BGMが変わるまでひたすらデカチリを狙い続け、その後はサボテンを揃え続けたり絵柄をはずしたりしながら現状維持を行う打ち方が基本となる。 また、上級者向けには、2枚掛けでデカチリと帽子の複合役を揃え続けるという方法もある。 帽子を揃えるために中・右リールのビタ押しが要求されるものの、2枚掛けの特性上ボーナス抽選確率が低下するため、わずか数ゲーム程度でのビッグボーナス成立(いわゆる即パン)を極力回避できるというメリットがある。 最初に止めるリールのみ引き込み制御が働く(残りリールは直ちに停止)。 変則打ちだと引き込む絵柄が変化するため、打ち方を使い分けることで現状維持時に絵柄の狙い分けをある程度簡略化できる。 例えば、中押しの場合はサボテンを中段に引き込む制御(引き込み範囲内の場合)となり、サボテン揃えがしやすくなる。 枚数調整としては有用ではないが、順押しでは下段寄りにしか停止しないデカチリを上段寄り(払い出しは9枚)に止めることも可能。 その他• リーチ目についても秀逸のものが多くあり、特に左リールのサボテン・白7・白7(通称サシシ)や中リール青7・チリ・白7(通称アチシ)は本機の代名詞ともされており、パチスロ漫画誌においても題材として度々取り上げられていた。 また、サシシ以外にも、左リールサボテン・サボテン・白7からのサボテン小V型(通称ササシサボコブ)等、エレクトロコインジャパンの血を濃く受け継ぐリーチ目を有している。 なお、1リール小役ハズレ型の白7・白7・帽子は2コマ滑りなら1リール確定。 リプレイ絵柄は鳥類の化石が描かれているが、設定上では「ルドンコー」と名付けられており、の先祖であることを示唆する解説がされていた(公式HPでの機種紹介より。 現在は削除されている)。 後継機• 後継機に『』がある。 また後継の『』『』とともにシリーズ化した。 アステカシリーズではないが『』 は本機とほぼ同じゲーム性である。 1 92. 1 97. 5 99. 4 101. 3 104. 0 107. パチスロ アルゼ王国2 (用 ソフト)• パチスロ アルゼ王国ポケット アステカ(用 ソフト) 外部リンク [ ]• (アルゼのインターネットアーカイブ).

次の