東京 海上 日動 京都。 京都支店

東京海上日動システムズ

東京 海上 日動 京都

生産物賠償責任保険 PL保険 は、 1. 製造・販売した製品や商品 生産物 2. 仕事の終了後、行った仕事の結果 が原因となり、他人にケガをさせたり 対人事故 、他人の物を壊したり 対物事故 したために、被保険者 保険の補償を受けることができる方 が法律上の損害賠償責任を負担された場合に被る損害を補償する保険です。 日本国内において、保険期間中に発生した事故が対象です。 【想定される事故例】• 製造または販売した自転車が安全性を欠いていて、利用者がケガをした。 設置ミスにより看板が落下し、通りかかった自動車を損壊させた。 保険金のお支払い対象となる損害 この保険では、次の損害に対して、保険金をお支払いします。 法律上の損害賠償金• 賠償責任に関する訴訟費用・弁護士費用等の争訟費用• 求償権の保全・行使等の損害防止軽減費用• 事故発生時の応急手当等の緊急措置費用• 弊社の要求に伴う協力費用• ただし、2については、損害賠償金の額が支払限度額を超えるときには、支払限度額の損害賠償金に対する割合によってお支払いします。 保険金をお支払いできない主な場合 次の事由により生じた損害については、保険金をお支払いできません。 保険金をお支払いできない場合の詳細については、約款の「保険金を支払わない場合」等の項目をご参照ください。 故意または重大な過失により法令に違反して製造、販売・提供した生産物または行った仕事の結果• 生産物・仕事の目的物の効能・性能に関する不当表示または虚偽表示• 仕事が行われた場所に放置または遺棄された機械、装置または資材• 次の財物の損壊または使用不能についての賠償責任• 生産物• 仕事の目的物のうち、事故の原因となった作業が加えられた財物• 完成品 生産物を原材料・部品等として使用して製造・加工された財物• 製造品・加工品 生産物または完成品が機械・工具等として使用されている場合にその機械・工具によって製造・加工された財物• 仕事の終了または放棄の前に発生した事故• 正当な理由なく回収等の措置 リコール等 を行わなかった場合に生じた事故等• 回収等の措置を講じるために要した費用を負担したことによる損害• 次の生産物・仕事の結果• 航空機またはロケット、人工衛星、宇宙船その他これらに類するもの• aの胴体、翼、安定板、エンジン、操縦翼面、運航機器、着陸装置、電子機器、油圧機器もしくは専用機器またはこれらの部品とする目的で、記名被保険者が製造・販売・提供した財物• aの保守、点検または修理の結果• 石綿 アスベスト 、石綿の代替物質 それらを含む製品を含みます。 の発がん性その他の有害な特性• 汚染物質の排出・流出・いっ出・漏出・放出 ただし、突発的な事故を原因として不測かつ急激に発生したもので、所定の期間内に発見され、弊社に通知されたものは、お支払いの対象となります。 または廃棄物の不法投棄・不適正な処理等• 排水または排気 煙を含みます。 医療行為等、法令により特定の有資格者以外の者が行うことを禁じられている行為• 核燃料物質・核原料物質・放射性元素・放射性同位元素等による有害な特性またはその作用 放射能汚染、放射線障害を含みます。 ただし、医学・産業用の放射性同位元素の使用・貯蔵・運搬による損害であり、法令違反がなかった場合は、お支払いの対象となります。 ご契約者、被保険者の故意• 戦争、変乱、暴動、騒じょう、労働争議および地震、噴火、洪水、津波または高潮• 他人との特別の約定によって加重された賠償責任• 被保険者の使用人が被保険者の業務に従事中に被った身体の障害 死亡を含みます。 に起因する賠償責任• 等 補償プラン・保険料 1. 保険料 保険の対象とする生産物や仕事の種類、支払限度額等によって保険料は異なります。 保険料は、売上高・仕事の領収金等を基準に算出します。 保険期間 保険期間は1年間です。 保険料例 下記例は各種割引適用前の標準的なケースであり、実際の保険料とは異なる場合があります。 玩具製造業者 売上高10億円 の場合 対人・対物賠償共通 CSL 支払限度額 1名につき 5,000万円 1事故につき 1億円 保険期間中 1億円 免責金額 1事故につき 1万円 保険料 約59万円 b. 自動車修理工場 領収金1億円 の場合 対人・対物賠償共通 CSL 支払限度額 1名につき 1億円 1事故につき 1億円 保険期間中 1億円 免責金額 なし 保険料 約28万円.

次の

東京海上日動火災保険

東京 海上 日動 京都

生産物賠償責任保険 PL保険 は、 1. 製造・販売した製品や商品 生産物 2. 仕事の終了後、行った仕事の結果 が原因となり、他人にケガをさせたり 対人事故 、他人の物を壊したり 対物事故 したために、被保険者 保険の補償を受けることができる方 が法律上の損害賠償責任を負担された場合に被る損害を補償する保険です。 日本国内において、保険期間中に発生した事故が対象です。 【想定される事故例】• 製造または販売した自転車が安全性を欠いていて、利用者がケガをした。 設置ミスにより看板が落下し、通りかかった自動車を損壊させた。 保険金のお支払い対象となる損害 この保険では、次の損害に対して、保険金をお支払いします。 法律上の損害賠償金• 賠償責任に関する訴訟費用・弁護士費用等の争訟費用• 求償権の保全・行使等の損害防止軽減費用• 事故発生時の応急手当等の緊急措置費用• 弊社の要求に伴う協力費用• ただし、2については、損害賠償金の額が支払限度額を超えるときには、支払限度額の損害賠償金に対する割合によってお支払いします。 保険金をお支払いできない主な場合 次の事由により生じた損害については、保険金をお支払いできません。 保険金をお支払いできない場合の詳細については、約款の「保険金を支払わない場合」等の項目をご参照ください。 故意または重大な過失により法令に違反して製造、販売・提供した生産物または行った仕事の結果• 生産物・仕事の目的物の効能・性能に関する不当表示または虚偽表示• 仕事が行われた場所に放置または遺棄された機械、装置または資材• 次の財物の損壊または使用不能についての賠償責任• 生産物• 仕事の目的物のうち、事故の原因となった作業が加えられた財物• 完成品 生産物を原材料・部品等として使用して製造・加工された財物• 製造品・加工品 生産物または完成品が機械・工具等として使用されている場合にその機械・工具によって製造・加工された財物• 仕事の終了または放棄の前に発生した事故• 正当な理由なく回収等の措置 リコール等 を行わなかった場合に生じた事故等• 回収等の措置を講じるために要した費用を負担したことによる損害• 次の生産物・仕事の結果• 航空機またはロケット、人工衛星、宇宙船その他これらに類するもの• aの胴体、翼、安定板、エンジン、操縦翼面、運航機器、着陸装置、電子機器、油圧機器もしくは専用機器またはこれらの部品とする目的で、記名被保険者が製造・販売・提供した財物• aの保守、点検または修理の結果• 石綿 アスベスト 、石綿の代替物質 それらを含む製品を含みます。 の発がん性その他の有害な特性• 汚染物質の排出・流出・いっ出・漏出・放出 ただし、突発的な事故を原因として不測かつ急激に発生したもので、所定の期間内に発見され、弊社に通知されたものは、お支払いの対象となります。 または廃棄物の不法投棄・不適正な処理等• 排水または排気 煙を含みます。 医療行為等、法令により特定の有資格者以外の者が行うことを禁じられている行為• 核燃料物質・核原料物質・放射性元素・放射性同位元素等による有害な特性またはその作用 放射能汚染、放射線障害を含みます。 ただし、医学・産業用の放射性同位元素の使用・貯蔵・運搬による損害であり、法令違反がなかった場合は、お支払いの対象となります。 ご契約者、被保険者の故意• 戦争、変乱、暴動、騒じょう、労働争議および地震、噴火、洪水、津波または高潮• 他人との特別の約定によって加重された賠償責任• 被保険者の使用人が被保険者の業務に従事中に被った身体の障害 死亡を含みます。 に起因する賠償責任• 等 補償プラン・保険料 1. 保険料 保険の対象とする生産物や仕事の種類、支払限度額等によって保険料は異なります。 保険料は、売上高・仕事の領収金等を基準に算出します。 保険期間 保険期間は1年間です。 保険料例 下記例は各種割引適用前の標準的なケースであり、実際の保険料とは異なる場合があります。 玩具製造業者 売上高10億円 の場合 対人・対物賠償共通 CSL 支払限度額 1名につき 5,000万円 1事故につき 1億円 保険期間中 1億円 免責金額 1事故につき 1万円 保険料 約59万円 b. 自動車修理工場 領収金1億円 の場合 対人・対物賠償共通 CSL 支払限度額 1名につき 1億円 1事故につき 1億円 保険期間中 1億円 免責金額 なし 保険料 約28万円.

次の

京都あんしん保険のページ

東京 海上 日動 京都

生産物賠償責任保険 PL保険 は、 1. 製造・販売した製品や商品 生産物 2. 仕事の終了後、行った仕事の結果 が原因となり、他人にケガをさせたり 対人事故 、他人の物を壊したり 対物事故 したために、被保険者 保険の補償を受けることができる方 が法律上の損害賠償責任を負担された場合に被る損害を補償する保険です。 日本国内において、保険期間中に発生した事故が対象です。 【想定される事故例】• 製造または販売した自転車が安全性を欠いていて、利用者がケガをした。 設置ミスにより看板が落下し、通りかかった自動車を損壊させた。 保険金のお支払い対象となる損害 この保険では、次の損害に対して、保険金をお支払いします。 法律上の損害賠償金• 賠償責任に関する訴訟費用・弁護士費用等の争訟費用• 求償権の保全・行使等の損害防止軽減費用• 事故発生時の応急手当等の緊急措置費用• 弊社の要求に伴う協力費用• ただし、2については、損害賠償金の額が支払限度額を超えるときには、支払限度額の損害賠償金に対する割合によってお支払いします。 保険金をお支払いできない主な場合 次の事由により生じた損害については、保険金をお支払いできません。 保険金をお支払いできない場合の詳細については、約款の「保険金を支払わない場合」等の項目をご参照ください。 故意または重大な過失により法令に違反して製造、販売・提供した生産物または行った仕事の結果• 生産物・仕事の目的物の効能・性能に関する不当表示または虚偽表示• 仕事が行われた場所に放置または遺棄された機械、装置または資材• 次の財物の損壊または使用不能についての賠償責任• 生産物• 仕事の目的物のうち、事故の原因となった作業が加えられた財物• 完成品 生産物を原材料・部品等として使用して製造・加工された財物• 製造品・加工品 生産物または完成品が機械・工具等として使用されている場合にその機械・工具によって製造・加工された財物• 仕事の終了または放棄の前に発生した事故• 正当な理由なく回収等の措置 リコール等 を行わなかった場合に生じた事故等• 回収等の措置を講じるために要した費用を負担したことによる損害• 次の生産物・仕事の結果• 航空機またはロケット、人工衛星、宇宙船その他これらに類するもの• aの胴体、翼、安定板、エンジン、操縦翼面、運航機器、着陸装置、電子機器、油圧機器もしくは専用機器またはこれらの部品とする目的で、記名被保険者が製造・販売・提供した財物• aの保守、点検または修理の結果• 石綿 アスベスト 、石綿の代替物質 それらを含む製品を含みます。 の発がん性その他の有害な特性• 汚染物質の排出・流出・いっ出・漏出・放出 ただし、突発的な事故を原因として不測かつ急激に発生したもので、所定の期間内に発見され、弊社に通知されたものは、お支払いの対象となります。 または廃棄物の不法投棄・不適正な処理等• 排水または排気 煙を含みます。 医療行為等、法令により特定の有資格者以外の者が行うことを禁じられている行為• 核燃料物質・核原料物質・放射性元素・放射性同位元素等による有害な特性またはその作用 放射能汚染、放射線障害を含みます。 ただし、医学・産業用の放射性同位元素の使用・貯蔵・運搬による損害であり、法令違反がなかった場合は、お支払いの対象となります。 ご契約者、被保険者の故意• 戦争、変乱、暴動、騒じょう、労働争議および地震、噴火、洪水、津波または高潮• 他人との特別の約定によって加重された賠償責任• 被保険者の使用人が被保険者の業務に従事中に被った身体の障害 死亡を含みます。 に起因する賠償責任• 等 補償プラン・保険料 1. 保険料 保険の対象とする生産物や仕事の種類、支払限度額等によって保険料は異なります。 保険料は、売上高・仕事の領収金等を基準に算出します。 保険期間 保険期間は1年間です。 保険料例 下記例は各種割引適用前の標準的なケースであり、実際の保険料とは異なる場合があります。 玩具製造業者 売上高10億円 の場合 対人・対物賠償共通 CSL 支払限度額 1名につき 5,000万円 1事故につき 1億円 保険期間中 1億円 免責金額 1事故につき 1万円 保険料 約59万円 b. 自動車修理工場 領収金1億円 の場合 対人・対物賠償共通 CSL 支払限度額 1名につき 1億円 1事故につき 1億円 保険期間中 1億円 免責金額 なし 保険料 約28万円.

次の