千 と 千尋 ハク その後。 千と千尋の神隠し「ハク」は千尋が人間界に帰った後、どうなった??予想も!

千と千尋の神隠しのハクの本当の最後は?その後や結末はどうなった?

千 と 千尋 ハク その後

千と千尋の神隠し大好きなんだけど、ハクは最後約束通り八つ裂きになったってのが公式ホームページ出てたって噂に真っ向から噛み付きたい派。 ハクが八つ裂きにされたのはこの瞬間と言われています。 髪ゴムが光ったのはハクの涙だそうです。 もう一度最後の別れのシーンまでを振り返ってみましょう。 千と千尋の神隠しの終盤、千尋の両親を人間に戻す方法と湯婆婆の姉の銭婆から盗み出した「契約印」の魔法で体を食い荒らされたハクを助けるために銭婆に「契約印」を返し、ハクのしたことを千尋が謝ります。 しかし、銭婆は助ける事ができないと告げ、自分たちの力でなんとかするしかないと言います。 その頃、ハクも正気を取り戻しており、ハク自身も千尋とその両親を元に戻してもらうために、ねずみとなった坊を連れ帰ると交渉します。 ここで、湯婆婆もすんなりとは応じてくれず、 「それでお前はどうなるんだい?その後あたしに八つ裂きにされてもいいんかい?」 この言葉にハクが解答するシーンはありません。 「それはちょっと・・・」とは言わないのは明白です。 ハクは決意を決めた顔をしています。 その後、ハクも約束通り、坊ネズミがいる銭婆の所へ。 そして、千尋のおかげでハクは自分の名前「コハク川」を取り戻します。 そして、油屋に戻り、何匹もの豚の中から自分の両親を当てろ。 と湯婆婆に最後の試練を与えます。 結果、その中に両親はいないことを当て、湯婆婆との契約は解消し、最初にくぐったトンネルへハクと共に向かいます。 しかし、冒頭部分で海となっていた場所の手前で、立ち止まります。 ハクは千尋に語りかけます。 「私はこの先には行けない。 千尋は元来た道をたどればいいんだ。 でも決して振り向いちゃいけないよ、トンネルを出るまではね」 千尋にハクはどうするの?と聞かれ、 「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、ほんとの名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ」 と言います。 そして、千尋は「またどこかで会える?」と聞き、 「うん、きっと」「きっと」 と答え2人は別れます。 そうなんです。 「必ず!」とはハクは言っていません。 よって、自分が八つ裂きにされる運命を悟っている発言なんです。 よって、ハクは最後、湯婆婆との約束通り八つ裂きにされてしまった事が濃厚になります。 ハクは嘘はついていない。 (輪廻転生説) 八つ裂きにされてしまうというのは人間としての例えであり、実際ハクは千尋と違い「コハク川」という川という自然の産物となります。 「もう会えない!」とは言わないのは、千尋に対する優しさだけではなく、「もしかしたら会えるかもしれもしれないという意味も込められています。 八つ裂きにされてしまっても、自然の中で輪廻転生することが考えられます。 輪廻転生(りんねてんせい、りんねてんしょう)• 輪廻のこと。 転生のこと。 1と2をあわせた言い方。 転生輪廻(てんしょうりんね)とも言い、死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくることを言う。 ヒンドゥー教や仏教などインド哲学・東洋思想において顕著だが、古代ギリシアの宗教思想(オルペウス教、ピタゴラス教団、プラトン)など世界の各地に見られる。 輪廻転生観が存在しないイスラム教においても、アラウィー派やドゥルーズ派等は輪廻転生の考え方を持つ。 引用元: コハク川としての魂は次のものへと継承されていくと考察します。 植物 など如何なるものへと転生し、再び千尋と再会できる可能性はあると考えたハクは、 「きっと」と伝えています。 また、自分の名前をすでに思い出しているハクは、より次の「自分」へと転生できるのだと思います。 もし、千尋がハクの正体に気付かなければ、本当に八つ裂きにされ、自分をわからないまま、暗い闇の中へ葬られていたかもしれませんね。 公式(ブログ・宮崎駿監督)のその後について 千と千尋の神隠しで、ハクと千尋が最後に分かれた後、ハクが八つ裂きにされるっち「デマ」が流れとるね。 ジブリやったらそんな断定はせずに、視聴者にいろいろな解釈をさせたかったんやないかな。 一個人の解釈を「ジブリの解釈」のように流すのはおかしいやろ。 ジブリは公式に発表しとらんけ。 油屋の世界観やルール• 宮崎駿監督のコメント この2つが、ハクが八つ裂きにされたことの信憑性を高めています。 公式のブログでは、 「すべてのことはルールに従わなければならない」という世界観により湯婆婆の言葉通り八つ裂きにされる運命をハクは受け入れている。 宮崎駿監督の公開当時のコメントでは、 千尋と最後に別れるシーンで、手を繋いでいた千尋の手が離れ、ハクの手だけが名残惜しく画面に残っています。 これは2人の永遠の別れを表現している。 この2つのコメントにより、ハクの行く末の「八つ裂き説」はかなり有力になりますね。 千尋とハクの5年後 近所の小川。 元々きらきら笑っていたはずの小川をこんな姿にしたのは人間。 私も無関係じゃない、どこかで繋がっている。 「千と千尋の神隠し」の「ハク」のその後を想像した。 5年後の設定があるとすれば、千尋はすでに14歳になっています。 もちろん、油屋での出来事も覚えており、ハクとの再会を夢見て日々の生活を過ごしていました。 しかし、ハクとの思われる人物との再会は果たせずにいます。 冒頭部分で紹介した、輪廻転生説が正しければ、 ハクは別の自然界の転生しているとします。 流れている川や自然の全てに、ハクを感じるようになります。 5年の歳月を経て、また少し大人となった千尋は、すでにハクと実は再会していたことに気付く千尋。 常に共にあることを感じ、油屋でのことを胸に刻み日々を過ごしていきます。 「千と千尋の神隠し」では千尋の成長を描くキッカケに過ぎません。 結局、自分の力で成長していくことがわかるのも、5年後になるということ意味しています。 まとめ 今回は千と千尋の神隠しハクの最後の結末・公式の情報や5年後のその後について紹介・考察していきました。 宮崎駿監督の作品は視聴者自身が考えるような結末やメッセージが込められた作品が多いです。 各々でそれを読み解いていくのが、ジブリ作品の醍醐味でもあります。 他の意見や考えがあれば、ぜひコメントいただけると嬉しいです! 「千と千尋の神隠し」関連記事•

次の

【都市伝説】千と千尋の神隠しのその後でハクと千尋は再会するかを調査

千 と 千尋 ハク その後

千と千尋の神隠し大好きなんだけど、ハクは最後約束通り八つ裂きになったってのが公式ホームページ出てたって噂に真っ向から噛み付きたい派。 ハクが八つ裂きにされたのはこの瞬間と言われています。 髪ゴムが光ったのはハクの涙だそうです。 もう一度最後の別れのシーンまでを振り返ってみましょう。 千と千尋の神隠しの終盤、千尋の両親を人間に戻す方法と湯婆婆の姉の銭婆から盗み出した「契約印」の魔法で体を食い荒らされたハクを助けるために銭婆に「契約印」を返し、ハクのしたことを千尋が謝ります。 しかし、銭婆は助ける事ができないと告げ、自分たちの力でなんとかするしかないと言います。 その頃、ハクも正気を取り戻しており、ハク自身も千尋とその両親を元に戻してもらうために、ねずみとなった坊を連れ帰ると交渉します。 ここで、湯婆婆もすんなりとは応じてくれず、 「それでお前はどうなるんだい?その後あたしに八つ裂きにされてもいいんかい?」 この言葉にハクが解答するシーンはありません。 「それはちょっと・・・」とは言わないのは明白です。 ハクは決意を決めた顔をしています。 その後、ハクも約束通り、坊ネズミがいる銭婆の所へ。 そして、千尋のおかげでハクは自分の名前「コハク川」を取り戻します。 そして、油屋に戻り、何匹もの豚の中から自分の両親を当てろ。 と湯婆婆に最後の試練を与えます。 結果、その中に両親はいないことを当て、湯婆婆との契約は解消し、最初にくぐったトンネルへハクと共に向かいます。 しかし、冒頭部分で海となっていた場所の手前で、立ち止まります。 ハクは千尋に語りかけます。 「私はこの先には行けない。 千尋は元来た道をたどればいいんだ。 でも決して振り向いちゃいけないよ、トンネルを出るまではね」 千尋にハクはどうするの?と聞かれ、 「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、ほんとの名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ」 と言います。 そして、千尋は「またどこかで会える?」と聞き、 「うん、きっと」「きっと」 と答え2人は別れます。 そうなんです。 「必ず!」とはハクは言っていません。 よって、自分が八つ裂きにされる運命を悟っている発言なんです。 よって、ハクは最後、湯婆婆との約束通り八つ裂きにされてしまった事が濃厚になります。 ハクは嘘はついていない。 (輪廻転生説) 八つ裂きにされてしまうというのは人間としての例えであり、実際ハクは千尋と違い「コハク川」という川という自然の産物となります。 「もう会えない!」とは言わないのは、千尋に対する優しさだけではなく、「もしかしたら会えるかもしれもしれないという意味も込められています。 八つ裂きにされてしまっても、自然の中で輪廻転生することが考えられます。 輪廻転生(りんねてんせい、りんねてんしょう)• 輪廻のこと。 転生のこと。 1と2をあわせた言い方。 転生輪廻(てんしょうりんね)とも言い、死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくることを言う。 ヒンドゥー教や仏教などインド哲学・東洋思想において顕著だが、古代ギリシアの宗教思想(オルペウス教、ピタゴラス教団、プラトン)など世界の各地に見られる。 輪廻転生観が存在しないイスラム教においても、アラウィー派やドゥルーズ派等は輪廻転生の考え方を持つ。 引用元: コハク川としての魂は次のものへと継承されていくと考察します。 植物 など如何なるものへと転生し、再び千尋と再会できる可能性はあると考えたハクは、 「きっと」と伝えています。 また、自分の名前をすでに思い出しているハクは、より次の「自分」へと転生できるのだと思います。 もし、千尋がハクの正体に気付かなければ、本当に八つ裂きにされ、自分をわからないまま、暗い闇の中へ葬られていたかもしれませんね。 公式(ブログ・宮崎駿監督)のその後について 千と千尋の神隠しで、ハクと千尋が最後に分かれた後、ハクが八つ裂きにされるっち「デマ」が流れとるね。 ジブリやったらそんな断定はせずに、視聴者にいろいろな解釈をさせたかったんやないかな。 一個人の解釈を「ジブリの解釈」のように流すのはおかしいやろ。 ジブリは公式に発表しとらんけ。 油屋の世界観やルール• 宮崎駿監督のコメント この2つが、ハクが八つ裂きにされたことの信憑性を高めています。 公式のブログでは、 「すべてのことはルールに従わなければならない」という世界観により湯婆婆の言葉通り八つ裂きにされる運命をハクは受け入れている。 宮崎駿監督の公開当時のコメントでは、 千尋と最後に別れるシーンで、手を繋いでいた千尋の手が離れ、ハクの手だけが名残惜しく画面に残っています。 これは2人の永遠の別れを表現している。 この2つのコメントにより、ハクの行く末の「八つ裂き説」はかなり有力になりますね。 千尋とハクの5年後 近所の小川。 元々きらきら笑っていたはずの小川をこんな姿にしたのは人間。 私も無関係じゃない、どこかで繋がっている。 「千と千尋の神隠し」の「ハク」のその後を想像した。 5年後の設定があるとすれば、千尋はすでに14歳になっています。 もちろん、油屋での出来事も覚えており、ハクとの再会を夢見て日々の生活を過ごしていました。 しかし、ハクとの思われる人物との再会は果たせずにいます。 冒頭部分で紹介した、輪廻転生説が正しければ、 ハクは別の自然界の転生しているとします。 流れている川や自然の全てに、ハクを感じるようになります。 5年の歳月を経て、また少し大人となった千尋は、すでにハクと実は再会していたことに気付く千尋。 常に共にあることを感じ、油屋でのことを胸に刻み日々を過ごしていきます。 「千と千尋の神隠し」では千尋の成長を描くキッカケに過ぎません。 結局、自分の力で成長していくことがわかるのも、5年後になるということ意味しています。 まとめ 今回は千と千尋の神隠しハクの最後の結末・公式の情報や5年後のその後について紹介・考察していきました。 宮崎駿監督の作品は視聴者自身が考えるような結末やメッセージが込められた作品が多いです。 各々でそれを読み解いていくのが、ジブリ作品の醍醐味でもあります。 他の意見や考えがあれば、ぜひコメントいただけると嬉しいです! 「千と千尋の神隠し」関連記事•

次の

千と千尋の神隠しを借りて見てたんですが、ハクが千尋と別れた後、...

千 と 千尋 ハク その後

急いで元の世界に帰ろうとしましたが既に手遅れ。 「千と千尋の神隠し」の中で最も強烈なキャラクター、湯婆婆のところへ行き、この世界で働かせて欲しいと交渉しに行きました。 湯婆婆は人の本名を取ることで相手を支配する魔女。 千尋も本名を奪われて「千」という名になってしまいました。 千を助けてくれたハクも、その正体は 湯婆婆の弟子。 その後、千は何を信じたら良いのか分からなくなってしまいました。 お湯屋のボイラー室で働いている釜爺によると、ハクもある日突然、この世界に迷い込んできたといいます。 「千と千尋の神隠し」のキャラクターの中でも古株のように思われる釜爺でさえも、彼の正体を知らない様子でした。 「千と千尋の神隠し」の中で もう1人、龍のキャラクターが居たのはお気づきでしょうか? それは、ある雨の夜、強烈な臭いと物凄い量のヘドロを身につけてお湯屋にやってきた オクサレ様という神様。 千の初めてのお客様となり、千は苦戦しながらもオクサレ様を美しくすることができました。 その後オクサレ様は喜んだ様子で龍の姿となって帰っていき、その正体は名のある川の主であることがわかりました。 オクサレ様の正体が川の神様で、しかも龍の姿をしていたことから、ハクの正体もオクサレ様の正体と同様に川の神様であることが推測できます。 Sponsored Link 湯婆婆に本名を奪われてしまったその後は、時間が経つと本名を忘れてしまいます。 そして本名を忘れてしまったら最後、この先ずっと湯婆婆の支配から逃げられなくなります。 千尋も時間が経つにつれて自分の本名を忘れかけていましたが、ハクによって本名の記憶を戻すことができていました。 一方のハクは自分の本名を忘れ、自らの正体もわからなくなったと言いました。 しかし、千尋が龍の姿のハクの背中に乗った瞬間、ある記憶を思い出しました。 小さい頃、自分が落ちてしまった川の名前が小白川(コハクガワ)だと気づいた千尋は、ハクの本名が小白川だと告げました。 するとハクは自分の本名が 饒速水小白主(ニギハヤミコハクヌシ)であり、自分の正体は 川の神様だったとはっきり思い出したのです。 本名を取り戻したハク。 本名を取り戻した千尋は元の世界に帰れますが、「千と千尋の神隠し」の序盤で豚の姿に成り果てた両親は話が別。 湯婆婆は10頭の豚を揃え、 この中から両親を言い当てたら両親も解放するという最後の試練を用意していました。 千尋は全ての豚の正体が湯屋の従業員たちだと見抜き、その後、湯婆婆たちに別れを告げてハクと一緒に走って出口へ向かいました。 その後、千尋はそのまま両親にも再会し元の世界へ戻ることができましたが、正体が明らかになったハクの「その後」が気にかかりますね。 ちなみに「千と千尋の神隠し」の中ではその後は描かれておらず、様々な憶測があります。 実は、千尋の両親を解放するように掛け合ったのはハクでした。 湯婆婆からは「 八つ裂きにされてもいいのか?」と脅されますが、千尋たちを助けるという強い意志を持ったハクはその後も動じませんでした。 このセリフもあったことから、その後八つ裂きにされてしまったのでは…という推測もありますが、 有力なのはハクもその後は「元の世界に戻れた」という説です。 2人が別れる際、「 自分も本名を取り戻し正体を思い出したから大丈夫、元の世界で千尋に会いに行く」と約束をしました。 このことから、ハクはその後湯婆婆の弟子をやめ、本名である川の神様として元の世界に戻ったのではとされています。 ですがその後、何回か観ているうちにオクサレ様がハクの正体を表す伏線だったのかもと気づくことができました。 湯婆婆によると、「千と千尋の神隠し」に出てくる神様たちは疲れを癒しにお湯屋に来るということでした。 オクサレ様も川のゴミで汚れてしまい、ハクも都市開発によって川が埋められてしまったという説もあります。 キャラクターそれぞれの背景を探っていくと更に楽しめるかもしれませんね!.

次の