ペルソナ 5 スクランブル 評価。 ペルソナ5 スクランブル クリア後評価や感想・本編のボリューム【P5S】

『ペルソナ5 スクランブル(P5S)』|評価 感想 レビューまとめ

ペルソナ 5 スクランブル 評価

続編かと思った。 3月にジョーカーが街を去って、4ヶ月後に再び四軒茶屋のルブランに怪盗一味が集結するのだ。 竜司や杏、真などおなじみのメンツが揃い、本編の続きのストーリーが語られる。 脚本は、スクランブルオリジナル。 ペルソナらしい新キャラクターが多数登場する。 セリフはフルボイス。 OPは、プロダクションI. Gが制作。 ゲームのボリュームは、50時間以上。 つまり「ペルソナ5」本編とほぼ同クオリティで作られていた。 あれ?って思った。 事前情報では、「ペルソナ5無双」と聞いていた。 だからペルソナ5スクランブルは、ファンゲームみたいな「ゼルダ無双」的な、まがい物かと思ってスルーしていたのに、実際プレイしてみると、ペルソナ5無双ではなかった。 「ペルソナ5-2」が正しい。 ペルソナ5ファンならプレイ必須だろう。 (公式動画より。 P52と表示されて、P5Sになる。 完全に続編) ペルソナ5スクランブル ていねいに作られてると思うが、うまくユーザーに伝わっていないと思う。 ペルソナ5ロイヤルが、ペルソナ5の「完全版」で、 ペルソナ5スクランブルは、オメガフォースが作った「ペルソナ5無双」だと聞いていた。 そう宣伝してたから、ペルソナ5ファンは皆「ペルソナ5ロイヤル」が本命だと思っていた。 しかし実際は、ペルソナ5ロイヤルが「完全版」で、 ペルソナ5スクランブルは、 「続編」だった。 無双ではなかったのだ。 どちらかと言えば、「続編」の方がユーザーは興味があるわけで。 これ2つに分ける必要あったかなと。 ペルソナ5ロイヤルとスクランブルを合わせて、PS4、スイッチ、PC、スマホで売れば良かったのでは?もっと売れたと思う。 だってスイッチユーザーは、"続編"の「ペルソナ5スクランブル」だけ遊んでどうなるの? こんな事ってある? すまん!スイッチ版買ったアホおりゅ?www.

次の

【感想等】ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(P5S)【トロコン済】

ペルソナ 5 スクランブル 評価

良かった点 1, しっかりとペルソナになっている 冒頭でも書きましたが、「ペルソナ無双」にはなっていません。 基本的に 戦闘はシンボルエンカウント方式 敵に接触して戦闘が始まる になっており、戦闘中にはペルソナスキルの使用や総攻撃といったシステムを入れることで体感的にはしっかりとペルソナになっています。 ジェイル ダンジョン 内をギミックを解きながら探索するのも過去作のような印象を受けます。 また戦闘以外では今までの作品のように訪れる街の探索やBANDイベント 絆イベントのようなもの もあります。 こちらでは仲間との会話やご当地の名産を買う等で楽しむことができます。 2, 戦略性を盛り込んだアクションが面白い 難易度が上がる程 敵の弱点とこちらのキャラやペルソナの相性を考えて効果的な手段を探す、無心で敵を殴るだけではないアクションが面白いです。 ペルソナスキルを使う際 上画像 は周りの動きが全て止まります。 このシステムのおかげで上手くアクションと戦略性を両立できているなと感じます。 またこのシステムは アクションな苦手な方にもおすすめできる理由になります。 歯ごたえのある戦闘をしたい方は2周目からになってしまいますが特定条件で解放される難易度でプレイすると強敵と戦うことも可能です。 3, とにかくかっこいい・スタイリッシュ これもペルソナシリーズ恒例ですが 本作もしっかりかっこいい・スタイリッシュです。 特にメニュー画面は何か選択する度にキャラが動いてかっこよく表示されるのでかなり手が込んでいるなと感じます。 実際は少なくはないのでしょうがこのシステムのせいで少なく感じてしまいます。 過去作では好感度によってキャラクターと特別な関係を築くことができましたが今作ではできません。 また前作で特別な関係になれたキャラでも今作では会話すらできないキャラもいてこれが残念に感じるプレイヤーも多いかと思います。

次の

PS4『ペルソナ5スクランブル』トロコン後感想レビュー|想像以上に続編らしい続編

ペルソナ 5 スクランブル 評価

続編かと思った。 3月にジョーカーが街を去って、4ヶ月後に再び四軒茶屋のルブランに怪盗一味が集結するのだ。 竜司や杏、真などおなじみのメンツが揃い、本編の続きのストーリーが語られる。 脚本は、スクランブルオリジナル。 ペルソナらしい新キャラクターが多数登場する。 セリフはフルボイス。 OPは、プロダクションI. Gが制作。 ゲームのボリュームは、50時間以上。 つまり「ペルソナ5」本編とほぼ同クオリティで作られていた。 あれ?って思った。 事前情報では、「ペルソナ5無双」と聞いていた。 だからペルソナ5スクランブルは、ファンゲームみたいな「ゼルダ無双」的な、まがい物かと思ってスルーしていたのに、実際プレイしてみると、ペルソナ5無双ではなかった。 「ペルソナ5-2」が正しい。 ペルソナ5ファンならプレイ必須だろう。 (公式動画より。 P52と表示されて、P5Sになる。 完全に続編) ペルソナ5スクランブル ていねいに作られてると思うが、うまくユーザーに伝わっていないと思う。 ペルソナ5ロイヤルが、ペルソナ5の「完全版」で、 ペルソナ5スクランブルは、オメガフォースが作った「ペルソナ5無双」だと聞いていた。 そう宣伝してたから、ペルソナ5ファンは皆「ペルソナ5ロイヤル」が本命だと思っていた。 しかし実際は、ペルソナ5ロイヤルが「完全版」で、 ペルソナ5スクランブルは、 「続編」だった。 無双ではなかったのだ。 どちらかと言えば、「続編」の方がユーザーは興味があるわけで。 これ2つに分ける必要あったかなと。 ペルソナ5ロイヤルとスクランブルを合わせて、PS4、スイッチ、PC、スマホで売れば良かったのでは?もっと売れたと思う。 だってスイッチユーザーは、"続編"の「ペルソナ5スクランブル」だけ遊んでどうなるの? こんな事ってある? すまん!スイッチ版買ったアホおりゅ?www.

次の