時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前。 7月上旬の時期に挨拶は盛夏の候!ビジネスや梅雨明け前の例文

7月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶の例・結び|ビジネス/お礼状

時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前

主な季語としては、 ・梅雨明け ・向暑 ・仲夏 ・盛夏 ・炎暑 ・猛暑 ・大暑 ・酷暑 ・極暑 などがあります。 基本的には、どれも夏の暑さを表現するもので、 同じ7月でも時期やその年の暑さの具合によって使い分けるのが理想です。 たとえば。。。 とにかく猛烈な暑さだというなら猛暑や酷暑、極暑などが適しています。 梅雨が明けたばかりなら梅雨明けという言葉が適当ですよね。 しかし未だ季節は梅雨の真っ只中である場合ですと、 ・梅雨 ・長雨 ・梅雨晴れ ・空梅雨 といった季語が使われるのが一般的です。 ただ、梅雨を表現する季語は 梅雨明けという言葉以外は正式には6月の季語に該当します。 その意味では7月の時候の挨拶としては不向き。。。 となります。 基本的に7月は7月の時候の挨拶を書くもの。 そこで暑い夏に向かう頃という意味である「向暑」という季語を使います。 「向暑」ですが、 このあたりは6月に季語としても挙げられてもいます。 向暑の候、向暑の折、向暑のみぎり、といった感じです。 季語の後には時候の挨拶が入り、 「向暑の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」 と続きます。 ビジネスメールなどでよく見る文章だと思います。 時候の挨拶は文字通り季節感を出すことがとても重要で、 その後に相手を気遣う言葉が続きます。 季節を表すフレーズによって、 相手が風景を思いい浮かべ季節感を共感することができます。 そのため季語はしっかりと把握しておかなければなりません。 時候の挨拶が終わったら本題に入りましょう。 「梅雨時期なら長雨の折、くれぐれもご自愛下さい」 「梅雨冷えの折、 皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 」 といった感じの挨拶が最適です。 基本的には時候の挨拶と一緒で、 季語を入れつつ相手を気遣うことがポイントです。 ですが、こちらも季節的にきごが使いにくい場合は、 「時節柄、ご自愛専一にご精励ください」 などという感じでも構いません。 逆にこれらが書けていないと マナーのなっていない手紙になってしまうので注意しましょう。 これは手紙だけではなく、 メールでも使える挨拶ですからビジネスシーンでもよく使います。 7月は暑中見舞いを送る時期ということもあって いつも以上に取引先や上司、お世話になった人などへ手紙を送る機会が増えます。 7月の時候の挨拶だけでも 書けるようになっておくと社会人としてなにかと便利です。

次の

お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧|終活ねっと

時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前

この記事の目次• 7月上旬の時候の挨拶を選ぶポイントは? ・梅雨明け ・七夕 ・天の川 ・小暑 ・向暑 ・猛暑 ・盛夏 7月上旬と言えば待ちに待った梅雨明けです。 「 梅雨明け」というのはそのまま時候の挨拶に使うことができ。 7月上旬では最も一般的な言葉です。 その他にもイベントとして7月7日の「 七夕」やそれにちなんだ「 天の川」といった言葉も季節感が現れていますね。 また二十四節気の「 小暑」というのも7月7日ごろをさします。 その年や地域によって違いますが、 気候や気温の 体感を言葉にすることもできます。 7月上旬ですと日ごとに暑くなる意味の「 向暑」は6月に引き続き使いやすいです。 梅雨明けが早かった場合は7月中旬以降によく使われる「 猛暑」「 盛夏」も使えますね。 本来はお中元を持って挨拶に行くのですが、近年では百貨店やインターネットで相手先に直送する場合が増えています。 郵送する場合は手紙を添えたいですね。 同封出来ない場合でも別送で手紙または葉書を送るのが丁寧です。 親しい親戚や友人などに宛てた手紙と、ご家族の 仕事先関連の方や目上の方に送る場合を分けて例文を紹介します。 親戚や友人宛てに送る場合 まずは、親戚や友人に送る場合の例文です。 親しみをこめて丁寧な言葉を選ぶとよいですね。 書き出しの例文 まとめ 7初旬から上旬(7月1日~10日)にかけて、梅雨が明けると本格的な夏の到来ですね! 日差しもキツくなり、夏バテ対策も意識し始めるころですね。 そして、7日には七夕があり、夜空にロマンを感じる季節でもあります。 また、お中元は季節毎の挨拶を親しい人やお世話になった人に送る、日本の 大切な風習のひとつです。 直接お会いできない相手へは、ぜひ季節感あふれる手紙を添えて、日頃の感謝を伝えたいものですね。 時候の挨拶は、季節の言葉の選び方を知っていれば、 簡単にアレンジすることができます。 今回ご紹介した言葉を参考にして、あなたらしい挨拶で手紙を書いてみてくださいね。

次の

7月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前

毎年7月7日の夜に天の川に隔てられた彦星と織姫が会うことができる という伝説にちなんだ行事のことを言います。 彦星と織姫の伝説の他に、日本の神事であった 「棚機(たなばた)」や、奈良時代に中国から伝わったとされている 「乞巧奠(きこうでん)」という行事が起源になっている説もあります。 7月7日頃の「小暑」とは? 小暑とは 二十四節気の1つで、 本格的な暑さが到来するとされている時期のことを言います。 小暑から大暑、または立秋までの期間が 「暑中」となるので、 「暑中見舞い」を送ることができるのはこの日からになります。 7月上旬を連想させる言葉まとめ 7月上旬を連想させる言葉としては、 次のようなたくさんの言葉があります。 七夕祭りを待ち遠しく思う頃 天の川が美しい季節となりました 七夕飾りが雨に濡れてさびしそうです ひまわりが日に日に背を伸ばすこの頃 七夕の飾りが風に揺れて嬉しそうです 七夕飾りが軒先に揺れております 今日は七夕というのにあいにくの雨です 久しぶりにのぞいた青空はまさに夏のものでした 今年も、早くも半ばを過ぎてしまいました じっとりと汗ばむ蒸し暑さに閉口する毎日が続きます 半そで姿の人も増え、快適な季節となってまいりました じっとりと汗ばむ蒸し暑さに木陰の恋しい季節となりました 子供たちも夏の装いとなり、一段と明るさを増した感じがいたします 夜空にかかる美しい天の川を仰いでは、よしない夢に思いをはせている今日この頃 七夕の短冊に願い事をしたのが懐かしく思い出される季節となりました 暦の上では暑中に入りましたが、本格的な暑さはまだ少し先のようです 海開き、山開きの時期を迎え、いよいよ本格的な夏の到来となりました 暦の上では暑中に入りましたが、本格的な暑さはまだ少し先のようです 【口語調】梅雨明けしていない場合の時候の挨拶 7月中旬になると 九州から徐々に梅雨明けしていくのですが、 7月上旬は梅雨明けしていない地域のほうが多いです。 ですから、 梅雨の時期をイメージさせる時候の挨拶や、 梅雨明け間近をイメージさせる時候の挨拶を使うことができます。 7月に入り、梅雨明けが待たれる昨今 梅雨明け前の天候不順の日が続いています 長かった梅雨もようやく明けようとしています 梅雨が長引き、憂鬱な気分になっております 梅雨明けが待ち遠しいこの頃です 梅雨寒が続くところから、今年は冷夏に終わりそうな様子です 梅雨が例年になく長引き、うっとうしい日が続きます 長引く梅雨にさわやかな夏空が待ち遠しい今日この頃 雨雲に覆われた空を仰ぎながら、梅雨明けの知らせを待ちわびる昨今 【口語調】梅雨明けをした場合の時候の挨拶 沖縄や奄美など、 7月上旬に梅雨明けしている地域もあります。 また、 その年によっては梅雨明けが早まることも考えられます。 そのような、7月上旬に梅雨明けをしている場合は、次のような時候の挨拶を使うことができます。 梅雨も明け、本格的な夏を迎えました 長かった梅雨が明け本格的な夏を迎えました 梅雨明けの暑さがひとしおでございますが 長かった梅雨もようやく明け、猛暑の季節となります 梅雨が明けた途端、日差しも強くなってまいりました 梅雨明けの日差しに日焼け止めが欠かせない季節になりましたね 青空がひときわまぶしく感じられる季節となりました 白南風が、ようやく梅雨明けの知らせを届けにやってまいりました 憂うつな梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃 梅雨明けの季節を前面に押し出して ここまで、梅雨明けの季節をイメージさせる言葉を含めた7月上旬らしい言葉と、梅雨明けの季節にぴったりな時候の挨拶の例文をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか? 梅雨明けという季節は、1年の中でも今しかありません。 だからこそ、 梅雨明けの季節にぴったりな時候の挨拶で、 文章に7月上旬らしさを出してあげる必要があるのではないかと思います。 例文をそのまま使っても良いですし、皆さんなりにアレンジしてみても良いので、是非7月上旬らしい時候の挨拶を添えてみて下さい。

次の