風 を 感じ よう 風 を 感じる ん だ。 爽やかな風のように感じる曲 探しています ! !

風速の体感的な目安はこうだ!風を感じる程度を強さごとに大紹介 • やきいもやの学校・教育 情報発信ブログ

風 を 感じ よう 風 を 感じる ん だ

今年で 3回目となる JIA埼玉 空間デザインワークショップ。 今年は、心配された台風の影響もほとんどなく、晴天に恵まれました。 ワーキンググループを 4回行い、試作を重ねましたが、今年は少しばかり難しい工程となりました。 今年の新アイテムは「ヒートガン」と「カーテン」「ヘリウム風船」です。 紙管に差し込んだペットボトルを、ヒートガンで熱します。 すると不思議なことにどんどん縮んでピッタリと引っ付いて固定されます。 昨年のイベントで夜になると足元から紙管が朝露でぬれて崩壊してしまったという反省から、足元は、ペットボトルの口で固定し、土に紙管が接することがないような仕口にしました。 「カーテン」は縫製前の幅 3mのロール布を使用しています。 強い日差しを遮るために反射性のあるカーテンを使い、大きい日よけ屋根をかける計画。 大人 5人がかりで約 2時間かけて高さ 3. 6mの紙管の柱 4本、スパン 7mのシェードが見事に完成しました。 ところが、この日は風が強く、割りばしとペットボトルで継いでいる紙管が折れてしまいます。 すぐに 3本の紙管を巻いて補強をし、何とか留まっている状態。 しかし、強い風が吹くと大きな布はヨットのように風を受けて柱を揺らします。 様々な形を変えていく雲のような布を眺めながら昼食タイム。 午後からは、隣で行われていた保育園の運動会も終わり、風船目当てにお客さんがやってきました。 小さいお子さんには、風を表現するアイテムとして「モビール」や「風車」や「ヘリウム風船」をつくりました。 ヘリウム風船は人気でしたが、何度も空に飛ばしてしまう子もいて、しっかりおもりをつけて渡してあげました。 途中、強風が吹き、屋根が飛ばされ、いよいよ修復不可能となり、この日は屋根撤収。 2日目に向けて対策を練ります。 お父さんと一緒に来た子供たちは、小型のテントを作ってもらい親子でものづくりをしてもらっていました。 そして出来上がった白い空間で過ごしてもらっています。 1日目はバタバタとしている間に、あっという間に過ぎてしまい、夜の反省会へ突入しました。 2日目。 この日も快晴。 夜の風にも耐えて子供たちが作ったテントが並んでいます。 この日は、ヒアシンスハウスの立原道造さんのフラッグポールを拝借して大屋根をかけました。 これで柱が折れることもなく、ダイナミックな屋根がかけられます。 汗をかきながらも子供たちと、次々にテントを作っていきました。 ワンちゃんも楽しんでいます。 小学生の女の子たちは薄暗くなるまでずっとテントの中でおしゃべりをしていました。 ほどよく外と中が仕切られた空間はいこごちが良いのでしょうか。 今回のイベントとしては、風や雲を表現できていたのではないでしょうか。 天候にも恵まれ、青と緑をバックに白い布が良く映えていました。 ヘリウム風船も楽しさの演出になっていました。 反省点は、諸都合で当日スタッフが少なく、お客さんの対応が間に合わない場面があり、スタッフたちも暑さのなか、へとへとになっていました。 子供たちだけでも空間を作っていけるシンプルな仕組みができれば、もっと楽しめるのではないでしょうか。 とても難しい課題がまたできました。 これからも市民へ、子供たちへ、空間づくりの楽しさを伝えていきたいと思っています。

次の

ふと、感じる

風 を 感じ よう 風 を 感じる ん だ

風速をわかりやすく説明すると 風速という言葉は、ニュースや天気予報などでよく使われる言葉ですが、意外とちゃんと意味を理解している人は少ないかもしれません。 風速とは「1秒で何m進むのか」ということを表しています。 つまり、「風速1m」という言葉には、「毎秒」という言葉が省略されているということなのです。 風速1mであれば、1秒間に1m、空気が流れた(進んだ)ということです。 風速5mであれば、1秒間に5m空気が進む速さということです。 風速の年間平均はどれくらい? 「1年間を通して、風速の平均ってどれくらいなんだろう?」と疑問に思ったので、調べてみました。 気象庁が発表しているデータによると、年間平均風速(東京)は、おおむね風速3mのようです。 風速3m ~年間平均風速・そよ風程度の体感~ 風速3mは、先ほどお伝えしたとおり、年間平均程度ということになります。 具体的にいうと、そよ風を感じる程度です。 3mの風速になると、顔や体に風を感じ、草や花、木が揺れます。 この程度であれば、 多くの人が心地よいと感じる風速となり、散歩日和とも言える日になるでしょう。 また、川や海なども水面が若干揺れます。 風速5m ~洗濯物が飛ぶ可能性が出てくる~ 風速5mになると、旗が揺れます。 体感的には、そよ風を若干強くした程度です。 また、草や花、木が揺れるだけでなく、枝も揺れるようになります。 枝も揺れるほどなので、風速5mあたりから洗濯物が飛んでしまう危険性が出始めます。 個人的にはこのあたりから、外干しは控えた方がいいかなと感じますが、洗濯物が飛ばない工夫ができるのであれば大丈夫かもしれません。 また海では、白波が現れることもあり、小型ヨットが風の力で動くことができます。 私が「外出したくないなぁ」と思うと、だいたい風速7mぐらいです また、海上では、波が高くなり、白波が多くなります。 この動画をみても、かなりのうねりもあります。。。 そして、自転車の場合、風速7mくらいなら乗れないことはないです。 ですが、 相当力を入れて漕がないといけないので、足の疲労がヤバイ感じになるのが、この風速7mくらいです。 風速10mから15m ~傘が反対にひっくり返る~ 雨が降っていて、風が強い場合、傘を差しても反対の方向に曲がってしまったり、安定しなかったりする場合がありますよね。 そのような場合、大体10mから15m程の風が吹いています。 天気予報やニュースでも、やや強い風というアナウンスになり、注意を促されることもあります。 また 、風が吹いてくる方向に向かって歩くことが難しくなり、若干力を入れないと前に進めない状態になります。 花や草は当然揺れますが、木の全体が揺れ、電線が音を立てて揺れるようになります。 かなり古い建物や、老朽化が目立つ屋根やトタンなどが飛ぶ場合もあり、事故が起きてしまうことも考えられます。 そのため、ニュースなどで風速10mから15mと発表された場合、できるだけ外出は控えるようにすることがおすすめです。 また、建物や屋根、トタンに不安を感じるのであれば、あらかじめニュースを確認して、対策をしておく必要があります。 風速15mから20m ~転倒する人が出てくる~ 風速が15mから20mになると、明らかに強い風が吹きます。 基本的に外出は控えるべきです。 風が吹いてくる方向に歩くことがかなり難しくなり、バランスを崩して転んでしまうということも考えられます。 また、小さく細い枝が折れる可能性もあります。 当然、老朽化している屋根やトタンは飛ぶようになり、ビニールハウスが壊れてしまうこともあります。 ニュースでも、「強い風」となり、外出をする際の警戒が必要だと発表されるでしょう。 風速20mから25m ~車の運転も困難に~ 風速20mから25mになると、危険度がかなり上がります。 非常に強い風として、天気予報などでも話題になります。 そして、当然、不要不急の外出は安全のためにやめるべきレベルです。 なぜなら、健康な大人でもしっかりと体に力を入れていないと、転ぶ危険性があるからです。 お年寄りなどの外出はかなり危険となります。 更に、車の運転も危険が伴います。 風や雨の影響で視界不良となるだけでなく、風で車が煽られることが多いからです。 特に高速道路などを走行することはおすすめできません。 軽自動車など、重量が軽い車であれば、横転してしまう危険性も十分にあります。 建物の場合だと、シャッターが風の力に負けて壊れてしまう可能性があります。 また、 道路などに落ちている物が風で舞い上がり、それらが飛んできて家のガラスを割ってしまうという可能性もあります。 風速25mから30m ~樹木が折れる~ 風速が25mから30mになると、もはや災害レベルです。 台風などの場合に、このような風速になることがありますが、基本的に外出はしてはいけません。 なぜなら、まともに立っていることができないからです。 傘などもってのほかです。 木は根元から倒れることがあり、ブロック塀が倒れてしまう可能性もあります。 また、比較的大きな看板でも飛ばされることがあり、外出するだけで身の危険を感じる場合もあるのです。 気象庁が定めている「風の強さの予報用語」 最後に、気象庁が定めている、天気予報などで用いる風の強さを表現する言葉(予報用語)を、以下に簡単にまとめました。

次の

夢占い 風を感じる夢の意味とは?11例の夢を解説!

風 を 感じ よう 風 を 感じる ん だ

こんばんわ! くりです! 今日は、自宅からコンビニまでの通りを歩いて来ました。 今日のカードは 「風を感じてみよう」 です! 注目して観る・感じるものを決める事でそれをよりよく感じることができます。 風を集中して感じてみました。 【今日の発見】 車が通ると、車道と歩道の間にあるこの植物の葉が揺れることで風を感じさせてくれます。 さらに、車の大きさやスピードの違いで、葉の揺れの程度も違うので、肌で感じるよりも細かい違いを目で観て確認することができます。 【今日の1枚】 右側の大きな葉が揺れるのですが、この範囲でもある葉だけが揺れていたりします。 それだけ風は小さい範囲を通り抜けていたりするんですね。 この葉の揺れがかわいくて好きでした! 感覚開きカードを使った感覚開き散歩の詳細を知りたい方はもご覧ください。 感覚開きカードを使ってみたい方、詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。 ありがとうございます。 ご希望の方は、良かったらこちらへ登録ください。

次の