スイッチ コントローラー 安い。 ニンテンドースイッチ「コントローラー」特集【選択肢が意外と多い!】

ニンテンドースイッチ「コントローラー」特集【選択肢が意外と多い!】

スイッチ コントローラー 安い

【スイッチコントローラー】ANS-SW071の外観と操作性 まずは開封していきましょう。 内容物は超シンプル。 コントローラー本体と充電ケーブル。 そして、取扱説明書(保証書)。 この三点のみ。 色は今回黒ベースに赤ボタンの男心をくすぐるカラーを選びました。 青ベースカラーもあるのですが、何故かこちらは500円ばかし安い。 何故…やはり黒と赤色は不動の人気色なのでしょうか? こちらは裏面。 うーんシンプル。 このコントローラーの売りはなんといってもその軽さ。 重量が200gしかありません。 純正プロコンが260gだったかな?なので長時間になるほど疲れにくいのは嬉しいですね。 手に持った感じは、私の大人の手では少し小さくすっぽり収まる感じです。 しかし、スイッチの純正ジョイコンよりは100倍良いw スイッチのジョイコンの利点はスティックとボタンが小さいので、気持ち速く入力出来ること。 ただ、大人の指ではABボタンが被ってしまったり、Rボタンの繊細な入力が難しかったりと、致命的。 その点、この「アンサーANS-SW071」はジョイコンとプロコンの中間サイズで、コンパクトでありながら操作性も両立しているのですね。 実際スマブラをやってみましたが、プロコンと遜色ないレベルで操作出来ました。 入力の遅延も全くないですね。 【スイッチコントローラー】ANS-SW071の接続方法と注意点 接続方法も簡単。 ・ニンテンドースイッチのホーム画面から、設定を選択。 スイッチから「ピロッ」と音がすれば設定登録オッケー。 うまく繋がらない時は、裏面にある「リセットボタン」を押してリセット(つまようじなど細いもので押す)してから再登録して下さい。 自分の場合は、3秒長押し後、一瞬うまく繋がらなかったのですが、スイッチの画面に「LボタンとRボタンを同時に押しして下さい」とあったので、その通りにしたら問題なく繋がりました。 【スイッチコントローラー】ANS-SW071の充電方法 本体にはケーブルしか同梱されていないので、充電タップが必要になります。 アイフォン用の純正タップで問題なく充電出来ました。 充電時間は2時間。 フル充電でなんと20時間も使えます。 コンパクトなのに長時間使用できるのは嬉しいですね! 【スイッチコントローラー】ANS-SW071の耐久性は?スティックが弱いって本当? 1週間ほど酷使した感じ、目立った欠陥は今のところありません。 他の人のレビューなどを見ると、作りが安っぽい(それはちょっとあるかも。 その分軽いのは確か)とか、スティックの耐久性が弱く折れてしまったとかありましたが… 左スティックは酷使する部分なので、ちょうどこすれる部分(スティックの高さの中心くらい)が少し削れ跡が気になったくらいですね。 昔使ってたプレステ2のコントローラーを思い出しましたw 使いすぎて入力の邪魔になるくらい削れてたっけなあ… 今は昔ほど時間もないし、命かけてゲームもやってないので、この耐久性で十分でしょうw もちろん不具合あった時の為に、保証書とレシートは保管です! 【スイッチコントローラー】ANS-SW071 まとめ ・スマブラやってみたけど、大人の手でも十分快適に操作出来るよ! ・コントローラーの中でも最軽量で疲れにくい! ・問題の耐久性は今のところ大丈夫。 初期不良なし。 が、絶対に製品のムラはあるので問題があったら即交換してもらおう。 いかがでしたでしょうか? 個人的には操作も楽になって言うことなしです。 これで子供の 「お父さんザッコww」 の汚名を挽回出来る事でしょうw それではまた!.

次の

ニンテンドースイッチ「コントローラー」特集【選択肢が意外と多い!】

スイッチ コントローラー 安い

エアークッション入りでかなり丁寧。 公式プロコンにはUSBケーブルと本体のみ入っています。 説明書は入っておらず、簡単な説明が箱の裏側に記載されています。 取扱説明書の代わりにを見てくださいというような案内が書いてあります。 参考: サポートサイトを見なくても、簡単に使い始められます。 新たなコントローラーを使うには登録が必要ですが、任天堂の純正品はUSBケーブルを本体と接続するだけで自動的に登録されました。 TVモードで遊んでいるときに本体と接続するだけですぐに使えます。 機械音痴のママでも簡単でした。 USBケーブルをつないだままコントローラーを充電しながらゲームをプレイできます。 充電後にケーブルを抜けば無線コントローラーです。 肝心のジャイロセンサーの精度をパパがゼル伝 ゼルダの伝説 で試してみました。 精度いいね。 さすが純正品!握りやすいし、ジョイコンよりも使いやすいね。 どっしりしてるね。 やっぱり純正品です。 ジャイロセンサーの鈍さはまったくありません。 ジョイコンと比べると握りやすく、操作性も良いようです。 9歳の長男も使いやすいと言っていますし、息子のお友達も任天堂公式プロコンを持っていて「使いやすいよ」と言っていました。 私も持ってみましたが、ジョイコンよりも持ちやすく、しっかり手にフィットします。 長時間持っていても疲れず、じっくりゲームができそう。 ジョイコンと比べるとボタンも大きめで押しやすいし、スティックとボタンの配置がジョイコンと少し違い、私はプロコンの方が指の運びがスムーズだと感じました。 LRボタン・ZL、ZRボタンもプロコンの方が押しやすい。 ジョイコンとどっちが使いやすいかといったら、断然プロコンだと思いました。 とても使いやすいです。 ただ、どっしりとしていて ジョイコンに慣れていると少し重いかな?と感じますが、握りやすいしボタンも押しやすく、4歳半の子供 三男 でも難なく普通に遊べます。 しかも、純正プロコンのフル充電後のバッテリー持続時間は40時間なんです。 充電時間は約6時間。 Joy-Conは約20時間。 充電時間は約3時間半。 持続時間が長いので、充電の手間も少なくなりそうですね。 任天堂純正のプロコンは特に言うことなしの使いやすさでした。 なにか分からないことや、気になることがあった場合も 純正品はネットでの情報量も多いのですぐに調べることができて助かりますね。 比較的安い非純正品 サードパーティ プロコンレビュー 非純正のプロコン サードパーティ が届きました。 19日の夜に注文して22日に届きました。 このプロコンの赤色は人気で在庫切れしていたので、入荷次第の発送でしたが、早く届きました。 お店からの連絡もスムーズでした。 緩衝材などは入っていませんが、箱が小さめなのでそれほどガタガタすることもないし、「こわれものシール」が貼ってあったので、丁寧に扱ってくれたと思います。 デザイン良しでおすすめです。 小さな袋に入っているのは2種類の十字キーで、取り外して取り換えができます。 説明書は入っていますが、中国語と英語なので読めませんでした。 QRコードが入っていて日本語の説明書をダウンロードできます。 日本語の説明書が入っていたらなお良いですね。 ぜんぜん問題無し。 精度良いね。 純正と変わらないんじゃない?ボタンの押し具合も問題無し。 こっちも使いやすいね。 あと、こっちの方が軽いね。 純正品にも劣ることが無いジャイロセンサーの精度でした。 ボタンの押し具合もスティックの具合も、公式品に劣るという感じはありませんでした。 ゲームをやり込んでいる人は、センサーにタイムラグがあったり感じる場合もあるのかも知れませんが、子供やちょっと楽しんでいるパパにはなんの違いも感じないようです。 ・この非純正プロコン サードパーティ :210g ・任天堂公式プロコン:246g なのですが、公式プロコンに比べるとかなり軽く感じます。 ボタンの配置は公式品と若干違いますが、問題無し。 むしろこちらの方が配置がよいのでは? 十字キーとスティックの配置の違いはありますが、問題無しです。 私は 持ち具合は、任天堂公式プロコンよりもこちらのサードパーティのプロコンのほうがしっくり感じました。 ハンドル部分が柔らかいゴム製みたいで、すごく手になじんで持ちやすいです。 ホントに持ちやすい。 これはいいです。 ちょっと残念なのは 充電しながらコントローラが使えないことでした。 本体にコードをつなげるとプレイできなかったので、無線コントローラー専用みたいですね。 あと、 「NFC機能は非搭載」と書いてあるので、 amiibo アミーボ などをタッチしてデータを認識することはできないみたいですね。 アミーボは持っていないので試していませんが。 このサードパーティプロコンのフル充電後のバッテリー持続時間は約 5~7時間。 充電時間は約2時間。 任天堂公式プロコンと比べると少し持続時間は短めですが、ジョイコンよりは長いですね。 任天堂公式プロコンより3000円安くて、このデザインと性能ならばかなりコスパ良しです。 買ってよかったです。 さいごに 公式プロコンと非純正プロコン2台を使ってみました。 任天堂公式プロコンはやっぱり純正品という安心感がありますね。 どちらも使いやすくてよいのですが、 コスパからすると非純正 サードパーティ のこのプロコンはかなり良いと思います。 この非純正プロコン サードパーティ は、.

次の

【2020年版】Switch(スイッチ)用コントローラーのおすすめ10選を紹介!

スイッチ コントローラー 安い

Contents• 正規品のスイッチのコントローラーは高い スイッチのコントローラーを買おうと思って、最初から付いているコントローラーと同じjoy-conコントローラーを調べると約8000円という値段で出てきます。 違うタイプはどうなのかとproコントローラーを見ても7000円~8000円ということで、どれもニンテンドー製のスイッチ用コントローラーは結構な値段ですよね。 ソフトを買うのに8000円もかからないのに、コントローラー一つに8000円ってのはどうにも高くて買うのに躊躇してしまう値段ですよね。 故障が多い純製品コントローラー 前にネットニュースにもなったようにスイッチのコントローラーは故障しやすいことで残念ながら有名です。 アメリカでは集団訴訟としてJoy-Conドリフト問題として取り上げられており、Switch Liteもその対象に加わったという記事がありました。 実はうちもフォートナイトをやってる最中にスティックを動かしてないのに勝手に画面が動いてしまうという故障を経験していました。 その際は補正等しても全く直らなかったので修理に出そうと考えてたところ、子供が友達から聞いてきた方法であっさり直してしまったので、症状が出たときはストローで直すということを今も繰り返しています。 詳しい方法を知りたい方は以前に書いたこちらの記事を参照ください。 高いお金出してまた故障したら嫌だなということもあり、更に調べたところ非正規品であるサードパーティー製のSwitch用コントローラーが値段も半額近くだし、壊れにくいという書き込みが多かったのです。 ちなみに上の記事は「スイッチ コントローラー 故障」とかで検索すると現在1ページ目の5番目くらいに表示されるようになっているのですが、平日で100~200人、土日で300~500人が見に来ている状態が続いているので、かなりの人がコントローラーの故障で困っているのだと思います。 非純正品コントローラーの方が安くて故障しにくい 非純正品のコントローラーはサードパーティー製品とも呼ばれています。 サードパーティ製品とは何かというと、 サードパーティ製品とは、特定の製品に対応する(互換性のある)、その製品の開発元・販売元ではない企業が提供する製品のことである。 対象製品の開発元・販売元ではない第三者(サードパーティ)による関連製品といった意味で用いられる。 ということで、今回は任天堂とは異なる会社が作ったSwitch用コントローラーのことを指します。 まず、Amazonや楽天で検索するとニンテンドー製の口コミがやや低く、サードパーティー製の口コミの評価の方が高い傾向にああります。 口コミの中身を見ると、純製品の評価を下げている理由としてはやはり故障が多いという書き込みでした。 対してサードパーティー製は安い上に故障もしにくいという書き込みが多かったです。 そこで買ったのが下のコントローラーです。 下のコントローラーを買ってから半年近くがたつのですが、毎日のように子供たちがSwitchで遊んでいても全く不調になることもなく、問題なく使えています。 むしろ、追加で買った下のコントローラーの方が使いやすいと言ってそちらを積極的に使っています。 下のコントローラーはスティックの位置が左右対象なのが純製品とは違っているのですが、子供たちは気にならないと言って使っています。 もちろんスティック位置が純正品と同じ非対称のタイプも売っているので好みに応じて買い足しておいても良いですね。 あつまれどうぶつのもり あつもり もやるのに最初からついてたコントローラーがストロー対策してもすぐ傾きの症状が発生してしまうということで、追加のコントローラーを買うならどれを買うかなと少し調べたところ、最近は振動レベル調整や、連射機能調整が付いている値段も安いコントローラーが出ていました。 下のコントローラーを追加で買ったのですが2ヶ月近く経ちますが不具合も発生せず今では一番使うメインのコントローラーとなっています。 今までは左右のスティックの付いている位置が純製品と違うからといって、上の青いコントローラーをあまり使っていなかった長男もこのコントローラーは抵抗もなかったようで完全にこちらに移行しています。 もちろんジャイロセンサー搭載でモーションコントロールもできます。 ・確実に無料とは言えない ・二週間くらいの修理期間がかかる ・コントローラー一つしか持ってなければその間スイッチは出来ない といったことがネックになりますよね。 うちはジョイコンのスティック不良が発生した時は保証期間内ではあったのてすが、コントローラーが最初の1セットしか無い状態だったので、ゲームがやりたい時期にしばらく出来ないってのを子供が嫌がりました。 結果としては上の記事で書いたように子供が直してしまったのですぐに買うことは無かったのですが、ホントに直らないならサードパーティー製を買ってしまえば約半額の値段でコントローラーをすぐ入手できるので、それがオススメの方法な気がします。 また、コントローラーが最初の一対のみでは足りない場面もあると思うので、修理に出した場合の修理期間中の代替用としてもサードパーティ製品を準備しておきたいところですね。 まとめ コントローラーが故障してしまったとか、追加でコントローラーが欲しいというときは、 サードパーティ製の安くて壊れにくいコントローラーを追加で買うのが ベストチョイスではないでしょうか。 ソフトや本体に値段がかかるっていうのはまだ納得いくのですがコントローラーが高すぎるってのはなんか釈然としないところがありますよね。 そんなときは安い上に連射機能が付いてたりもするサードパーティー製品で安く済ませつつ満足できるチョイスをしてしまうのがオススメです。

次の