鶏胸肉 しっとり。 人気の常備菜レシピ。ポリ袋で簡単。しっとりやわらか蒸し鶏の作り方

あの「サラダチキン」を手作りしたい! 鶏胸肉をしっとり柔らかく茹でる方法

鶏胸肉 しっとり

鶏胸肉を柔らかくする方法 ヘルシーでお値段も手頃な鶏胸肉を、簡単にしっとりおいしく料理できたら嬉しいですよね。 マヨネーズを揉み込む、塩麴に漬けるなど巷にはいろいろな方法が出回っていますが、果たしてどの方法がベストなのでしょうか? 今回は料理の前のちょっとした下処理で、どのくらい鶏胸肉を柔らかくすることができるか、6つの方法で試してみました。 柔らかくするための材料 肉を柔らかくする効果があるといわれている、以下の6種類の食材に鶏胸肉をそれぞれ漬け込み、同じように照り焼きを作ります。 試したもの• マヨネーズ• 砂糖水• ヨーグルト• 塩麹 比較方法 肉の切り方や焼き方など、できるだけ条件を同じにして比較をします。 鶏胸肉を同じ大きさ(ひとくち大)に切る• ポリ袋に入れ、1〜6の材料をそれぞれ揉み込む• 1時間程度、冷蔵庫におく• 肉のまわりに付いた液などを軽くぬぐって片栗粉をまぶす• フライパンで焼き、最後に味付けする(100gの鶏胸肉に対し、醤油小さじ1、みりん小さじ1、酒小さじ1) 方法:鶏胸肉100gに、砂糖1g、塩1g、水大さじ1を揉み込む 判定!• 鶏胸肉のパサつきが苦手という場合はこの方法もおすすめ。 砂糖は常温で保存でき、日持ちもしてあまり切らすことのない調味料なので、覚えておくと便利ですね。 しっとりとした食感になったのは、砂糖水に漬け込むことで、肉が水分を吸い水分量が上がったためと考えられます。 砂糖には水分を保つ効果があること、またたんぱく質が固まるのを遅らせる効果があることから、パサつきやすい鶏胸肉もしっとり調理できるのでしょう。 「ファストフード店のチキンナゲットみたい!」とみんなが納得した、そんな柔らかさです。 あまり身近でない重曹を使うため、お手軽度は少し低くつけました。 重曹の炭酸水素ナトリウムという成分は、水に溶けるとアルカリ性を示します。 このアルカリ性の液体が繊維を柔らかくする効果を発揮することで、柔らかく調理ができたのだと考えられます。 ただし、重曹の量が多過ぎると味が悪くなるので加え過ぎには注意が必要です。 方法:鶏胸肉100gに、舞茸みじん切り10g、塩1gを揉み込む 判定!• 舞茸の香りが肉に移って、うま味も増している印象です。 刻む手間がかかることが少しお手軽度の低い理由ですが、単純に柔らかさという面ではこの方法が一番人気でした。 柔らかい食感になったのは、舞茸に多く含まれる「プロアテーゼ」といわれる酵素が肉を柔らかくするのに働いたからだと思われます。 今回は漬け込んだ時に使用した舞茸は拭き取りましたが、漬け込んだ舞茸を加熱してソースなどにするのもおすすめです。

次の

パサパサしない!鶏むね肉で超しっとり茹で鶏の作り方。

鶏胸肉 しっとり

ポリ袋を使えば一度も鳥肉にさわらずに、しっとりやわらかな蒸し鳥ができあがります。 鳥ムネ肉を直接袋に入れ弱火で3分煮て1時間放置するだけです。 袋の上から手でほぐせるので一度も鳥肉に触れることなくできあがり、衛生面からも作り置きに大変おススメです。 鳥ムネ肉がしっとり仕上がる秘訣は保温調理と砂糖と塩の保水効果です。 肉汁が逃げないので前日仕込み不要で、保温時間を含めても約1時間でできあがります。 調理時間:70分 冷蔵保存:5日 人数:3人分• 鳥ムネ肉 1枚(約300~330g)• 水 大さじ1• 砂糖 小さじ1• 鍋に2リットルの水を入れ沸騰させる。 沸騰したら弱火にする。 小鉢に水大さじ1と砂糖と塩を入れ、ふんわりラップをかぶせ600wの電子レンジで1分加熱し溶かす。 ポリ袋に鶏ムネ肉と2を入れ空気を抜きながら閉じる。 (ムネ肉はなるべく広げて入れてください)• 鍋に入れコンロでもっとも火が弱い状態で鍋のフタをしないで3分煮る。 (ポリ袋の入り口は湯に浸らないようにしてください。 3分後、火を止め鍋のフタをして約1時間放置する。 (放置している間は、ポリ袋の口が鍋から出るように鍋のフタをかぶせてください。 1時間後、湯から取り出し、ポリ袋の上にふきんをおいてほぐしてできあがり。 (肉汁は時間が経つと染み込んで美味しくなるので捨てないでください。 ) You Tubeもやってます! You Tubeもやってます。 冷蔵庫で5日間、冷凍庫で1カ月保存できます。 袋に入れるので水と調味料が逃げず前日仕込みは不要です。 ほぐしてしばらくすると赤っぽい肉汁がでて「火が通ってる!?」と不安になるかもしれませんが、鳥肉自体が白くなっていれば問題ありません。 砂糖、塩、片栗粉、酒の保水効果でムネ肉がみずみずしく仕上がります。 切り方を工夫し、保水効果のある調味料に漬けることで500wの電子レンジでもしっとりやわらかくなります。 漬ける時間を含めても30分以内にできあがるので、こちらも是非おためしください。 【つくりおき食堂】のしっとりやわらか蒸し鶏を使ったおすすめレシピ アレンジ自在です。 写真をタップしてご覧ください。 もやしとムネ肉の最強節約おかずです。 ごまだれは家にある調味料で簡単に作れます。 スイートチリソースはレンジで3分で簡単に作れるので買わずに済みます。 肉汁、皮、煮こごりは捨てなくていいの? ジップロックに入れたままで大丈夫です。 パサつき防止になります。 旨味たっぷりの肉汁はほぐしてしばらくすると鳥肉に戻っていきます。 皮は苦手な方はお召し上がりの前にはがして捨ててください。 赤っぽく見えるけど火は通ってるの? ほぐすと肉汁が赤っぽくなりますが、鳥肉自体が白くなっていれば問題ありません。 つくりおき食堂のサラダチキン(鶏ハム)のおすすめレシピ ポリ袋ひとつで作れるサラダチキンの再現レシピもおすすめです。 味のバリエーションがありますので写真をタップしてみてください。 バジル風味のハーブチキンの再現レシピもおすすめです。 バジルが鳥肉の旨味を引き立てます。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 2018年の人気レシピTOP50はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

トレーニー必見!鶏胸肉をしっとり柔らかく焼く5つのポイントをプロの料理人に教えてもらいました。

鶏胸肉 しっとり

こんにちは kurasitenです。 以前にも記事で書いたんですがということで只今ダイエット中です。 そして、ダイエットには欠かせないのが鶏むね肉!! タンパク質が多くて、糖質が少ない食べ物で、コストが安い「鶏むね肉」を毎日食べて5kg痩せまでもう少し・・・。 鶏むね肉はダイエットの強力な味方。 そしてダイエットのために鶏むね肉を美味しく食べようと思い最近ハマっているのが 「しっとり茹で鶏」。 鶏むね肉は熱を通すとパサパサになりがちで、しっとりした食感を残すにはコツが必要です。 作り方のポイントは「10数えて30分待つ」こと。 今回はパサパサになりがちな鶏むね肉を美味しく食べられる「茹で鶏」の作り方を紹介します。 鶏ムネ肉 1枚(200g前後)• 塩 小さじ1杯• 水 500cc まずは、鶏むね肉に塩を揉み込みます。 次に鍋に沸騰したお湯を用意。 水の量は鶏胸肉が浸かるぐらいで、あまり多すぎたり少なすぎるのは出来上がりに影響するので注意。 お湯が沸騰したら、鶏むね肉を鍋に入れ、すぐに蓋をして10数えます。 そして、10秒数えたらすぐに火を止めます。 15秒だと長過ぎるし、5秒だと短すぎるのでここは10秒を正確に測ります。 「いーち、にーい、さーん・・・・・・じゅーう!」という数え方だと少し長過ぎるかもしれません。 不安なら時計やタイマーを見ながら正確に10秒数えましょう。 そしてここからがしっとりさせるためのポイント。 「火を止めたら30分ほったらかします。 」 30分、他の料理を作ったり、テレビを見たりしてのんびり待ちましょう。 のんびり待っている間に鶏むね肉に少しずつ火が通っていきます。 30分経ったら、あとは鍋からお肉を取り出して薄切りに。 マヨネーズやドレッシングなどで味付けして完成! 写真では、キューピーのテイスティドレッシング「胡麻こく味(ピーナッツ入り)」をかけています。 ごまドレッシングの中にピーナッツが入っていてコクがあり、鶏肉との相性もピッタリで美味しいです。

次の