小説 を 読 もう。 あの頃のワクワクが止まらない。ダレン・シャンシリーズの話。

小説を読もう!

小説 を 読 もう

第12回 4月になりました🌸 新社会人の皆様、新入生の皆様 新しい生活が始まる皆様おめでとうございます。 新しい生活が始まると、ドキドキワクワクと不安でいっぱいになりますよね。 私はワクワクが止まらなくなるタイプですけど不安で環境が変わることが嫌になる方もいると思います。 でも、私は環境を変えられたり、新しいスタートを切れることは凄く恵まれたことだと思ってます。 今のお仕事を始めてもう8年目になりますが、自分の環境を変えることに今は四苦八苦してます。 なかなか、難しいです。 上に進むことは。 確立した立ち位置があって、上は果てしなくて、どう頑張っても何をしても変えられない現実があって。 新しく入ってくる子たちを見ていると、未来があって羨ましく思うこともあります。 不安だったり色々な気持ちがあると思うけど、皆さんの素敵な未来を私は応援しています📣 何か辛いことがあったりどうしても耐えられなくなった時には自分から変える勇気も必要です。 頑張ることをやめていい時もある。 でも自分の人生を諦めないで。 やめないでください。 なんだって道はある。 どうにかできる。 自分がいる世界だけ見てると、もう無理だって思っちゃうかもしれないけれど、あなたがいる世界はちっぽけなんです。 世界は広い。 生きていればなんでもできます。 一番大切なことを見失わないでほしいな。 みんなの幸せを願ってます。 さて、冒頭が少しばかり長くなってしまいましたが… 今日の紹介する本は乃木坂46の 高山一実さん作『 トラペジウム』です。 アイドルがアイドルの話を書く。 作品を作る側に同じアイドルさんがいるって 凄いことだなと思います。 乃木坂46さんはお忙しいから時間のない中で仕上がった作品には魂を感じました。 アイドルだからこそ書けるリアルさに私も共感しながら読み進めていきました。 アイドルが好きで、アイドルになるための計画を実行する主人公の女の子東ゆうちゃん。 アイドルになるための4箇条まで作って、そんな夢に向かって全力で突き進む姿に勇気をもらいました。 トラペジウムというタイトルは印象的で、どんな意味が込められてるのだろうとワクワクしながら読み進めていくと、なるほどこういうことかと納得させられました。 4つの星が集まって光り輝き一つとなる。 この本にぴったりなタイトルです。 夢を叶えるためだけに全力を注いでまっすぐ進んでいく姿に刺激を受けながらも、夢を叶えることは1人ではできないことなのだとも感じました。 自分のことばかり考えて、周りも見ずに突っ走っても夢は遠ざかっていくだけなのだ。 夢を叶えるために、支えてくれる人たちがいて周りのおかげで夢を追いかけることができて、叶えることができる。 そんな当たり前のことを教えてもらいました。 キラキラして輝いて見える職業だとは思うけど、並大抵のことでは務まらない。 強い精神力、何にも負けないメンタルが必要。 正直、アイドルは大変なことばっかりです。 でも、支えてくれる人が沢山いて 愛を伝えてくれるファンの方がいて そんな皆さんの笑顔を見られる時が一番幸せなのです。 辛いことも忘れられる。 半分こにしてくれる。 皆さんも是非読んでみてください! それでは良い本の旅を…田島芽瑠でした。

次の

センセイ。(お知らせ必読)

小説 を 読 もう

続きを表示 か におけるはの発生と同じくらい古く、にはすでに的要素のあるがありました。 には数多くのが生、このがの源流と言ってもいいでしょうね。 それがのでは昔に比べてのもかなり変わって来ました。 そのけはにされたでした。 におけるとは? のを変えた本。 それがにされた家氏の傑作のです。 それ以前のが通り海や山に、そしてまでの譚を描いたでした。 それを氏はそのを広げやまで、のとしてというを使ったんですね。 にはこれが!一躍のが起こりました。 いやぁもう夢中で読.

次の

小説講座第三回:読前感、読中感、読後感について考える

小説 を 読 もう

現在、ひらどーはTwitterの利用をやめています。 そのため、このときのアンケート結果が見られない状態になっています。 こちらからより詳しいアンケートで再調査していますので、ご協力お願いします。 「たまに書く」という人も、全体の4%しかいません。 それよりも、 書かない派の人の方が遥かに多いです。 このアンケートを見ていると、書く派と書かない派が同じくらいいるように見えますが、大きく分けると違います。 書く派と 書かない派の二つで分けると、実際はこんな感じです。 書かない派の方が多いですね。 読者のほとんどが書かない派なのだから、感想を書かれない方が多いのは必然といえます。 感想を書かない理由 読者が感想を書かないのには、いくつかの理由があります。 このアンケートを取った際に、一緒に「書かない理由」についても聞きました。 好き過ぎて語彙力消失• 誤字脱字や内容の指摘はしたくない• 公開された場で書きたくない• 争いになりたくない 多くの人が共通して感じているのは「 争いになりたくない」という気持ちのようです。 感想を書いても、作者によって、感想が指摘として誤解されたり、誤字脱字の報告だけでも嫌がられたり、と 嫌な経験をされている方が多いです。 その経験を経て、読者は「感想は書かない」あるいは「感想は書かないけど評価・ブクマはする」という方向へとシフトしています。 評価や ブクマは「 争いはしたくないけど、小説のことは応援したい」という気持ちの表れです。 感想を書いてもらうためにはどうしたらいいの? 感想を書かない派の人に感想を書いてもらうのは 至難の業です。 ですから、元から感想を書くつもりのある、 感想を書く派を狙います。 感想を書く派の人に小説を読んでもらう• 感想をたまに書く派の人に、感想を書いてもらえるだけの小説を書く の二つが、主な手段です。 閲覧数が増えれば、その読者の中に感想を書く派の人が混じってきます。 そして、感想を書かれるだけの小説を書ければ、その小説にも感想が書かれるようになります。

次の