挨拶 メール。 定年退職する人の挨拶メールの文例と受け手の返信マナー

【コピペOK】プロジェクト離任の挨拶メールテンプレート

挨拶 メール

開封してもらう鍵となる「件名」は、要件と差出人を必ず入れる• 本文では5W2Hを意識しながら、忙しいビジネスパーソンでも短時間で理解できる内容を• 挨拶文では「初めまして」「お世話になっております」は使わず、結びでは相手のアクションを促す1文を 初めての相手へビジネスメールを送るときに注意するべき3つのポイント 仕事関係者に紹介を受けた際や、新規顧客の開拓など、初めての相手にビジネスメールを送る場面も多いのではないでしょうか。 件名はどうすればいいのか、どのように始めればよいのか、必須で入れておくべきことは何か……。 慣れないうちは、色々と悩むことも多いと思います。 まずは、大前提として押さえておくべき3つのポイントをご紹介します。 「内容」と「送信者」を件名に記す• 冒頭に「初めまして」を使わない• 一目で要件が伝わるよう、分かりやすい文面にする 件名次第では挨拶メールを開封してもらえないことがある 顧客からのメール、社内の連絡メール、仕事に関連するメールマガジンなど、ビジネスパーソンの多くは1日に何十通、多い人だと1日に100通以上のメールに目を通します。 そんなビジネスパーソンたちは、メール開封するか否かを 「件名」で判断することも。 送信者の所属が分からなかったり、どういった要件かがわからない件名では、取引先が挨拶メールを見落としてしまう可能性があります。 取引先に初めて送る挨拶メールを読んでもらうためにも、件名には「送信者とメールの内容」を記載しましょう。 そのため、 スパムメールでよく使われる「初めまして」を冒頭に書くことはおすすめできません。 スパムメールと間違われないよう、後ほどご紹介する挨拶文を参考にメールを作成しましょう。 短時間でメールチェックできるシンプルな文面を心がける 忙しいビジネスパーソンにとって読みやすいメールとは、 短時間で要件が理解できるメールのこと。 ぱっと見たときに「読みづらそう」と感じたビジネスメールに目を通すのは、取引先からのメールといえどもかなり億劫です。 段落をつけて画面が文字だらけにならないようにしたり、伝えたい要点を箇条書きにしたり、1文が長すぎないようにしたりと、メール文が読みやすくなる工夫をしたいところです。 シンプルな文面を心がけて、取引先の相手にメールチェックの負担をかけないようにするのがビジネスマナーと心に留めておきましょう。 初めての相手にメールをするときの挨拶の方法は? 「内容」と「送信者」を件名に記載する、冒頭に「初めまして」を使わない、一目で要件が伝わるようシンプルな文面にするという、初めての挨拶メールを送る上で守りたい3つのポイントご紹介しました。 全体の要点がつかめたところで、挨拶メールの中でも早い段階で送り先の目に触れる「冒頭の挨拶」と、最後の印象を決める「結びの挨拶」の2つについて解説します。 冒頭の挨拶 先程、冒頭の挨拶で「初めまして」を使うことは避けた方が良いとお伝えしました。 では、具体的にはどのような挨拶が適しているのでしょうか。 初めてメールを送らせていただきました。 〇〇様のご紹介でメールをさせていただきました。 突然メールを差し上げるご無礼をお許しください。 突然のメール失礼いたします。 初めてメールさせていただきます。 また、ビジネスメールの挨拶文で多用される「お世話になっております。 」は、面識のある方に使う挨拶文のため、初めましての方には使いません。 一度お会いしたことがある方、もしくは以前やり取りをしたことがある方に使うのはOKですが、初めての方についいつもの癖で使ってしまわないよう、注意しましょう。 文末・結びの挨拶 冒頭の挨拶と同じくらい大切なのが、文末・結びの挨拶です。 どのようにメールを締めるかによって、好印象になるのか、残念な印象になるのかが決まります。 ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 お手数ではございますが、ご確認いただけますと幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 ご多用の折恐縮ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 寒い日が続きますが、どうぞご自愛下さいませ。 打ち合わせのスケジュール確認や、商材の導入有無の検討など、相手にとってほしいアクションがある場合は、 相手を気遣いながらアクションを促す一言が入れられるといいでしょう。 また、特に取ってほしいアクションがない場合でも、要件だけで終わるのではなく、時候に合わせた相手の体調を気遣う一言が入れられると、印象がよくなるでしょう。 始めて送るビジネスメールは3つの構成で文章を作成しよう 冒頭と結びの挨拶文の要点を確認したところで、いよいよ具体的な本文の構成に入ります。 「宛名」「挨拶文/自己紹介」「本文/結び」の3つの要素に分けて本文の構成について説明します。 初めて送るビジネスメールの書き方1:「宛名」 まず、初めて送る挨拶メールの宛名には、 相手の社名と名前を最初に明記するのが基本です。 メール相手の所属や役職についてはわかる範囲で書き、会社名は正式名称をしっかり調べておきましょう。 メールを送る相手がわからない場合とわかっている場合、2パターンでの宛名の書き方を見てみましょう。 【取引相手の個人名を特定していない場合】 社名または部署名に敬称の「御中」を付けます。 例:〇〇株式会社 御中/〇〇株式会社 人事部 御中 【取引相手の個人名を特定している場合】 「会社名+部署名+名前+様」を明記します。 「御中」「様」の併用は宛名を二重に付けることになるので気をつけましょう。 しっかりと使い分けられるように確認しておきましょう。 初めて送るビジネスメールの書き方2:「挨拶文/自己紹介」 初めてビジネスメールを送る場合、自分が何者なのか、なぜ連絡をしているのかを知らせるため、簡単な挨拶文と自己紹介を入れる決まりがあります。 挨拶文には、先程紹介した「初めてメールを送らせていただきました」「〇〇様のご紹介でメールをさせていただきました。 」などのフレーズを使いましょう。 自己紹介の文章は、挨拶文の後に入れます。 ビジネスメールで自己紹介をするのは「挨拶文の後」 自分がどういう者なのか、という自己紹介は紹介文の後にしましょう。 初めてビジネスメールを送信する相手には、「会社名、所属部署、担当している仕事内容」など、簡単に自分についての情報を伝えます。 素性の分からない人物から送られたメールは気味が悪いですよね。 また、自己紹介文の後にこのメールで一体何について伝えたいのか、要件を端的に加えるとよいです。 挨拶文の後、メール相手に自己紹介する• <メールの経緯を伝える例文>• 〇〇事業での協業の可能性についてご検討いただきたく、メールいたしました。 貴社が提供されている〇〇について詳細をお伺いしたく、ご連絡いたしました。 弊社の新サービス〇〇の導入の件でご連絡しました。 初めて送るビジネスメールの書き方3:「本文/結び」 挨拶メールの要ともいえる本文では、最初に書いた用件の内容を、より具体的に記載しましょう。 書き方に迷う場合は、5W2Hを意識すると分かりやすい文章が書けます。 【本文で活用したい5W2H】• What(何を)• Who(誰が)• Where(どこで)• When(いつ)• Why(なぜ)• How(どのように)• 感覚がつかめないうちは、声に出して読んでみて「長すぎるな」と感じたら、文章を別の句で区切るといいでしょう。 本文を書く際は、メールを書くときの注意点にならって「一目でメール文を理解できる」ものを心がけることを忘れないようにします。 結びの文章は先程紹介した例文を活用し、相手を気遣いながら、相手に取ってほしいアクションを明確に記載しましょう。 5W2Hを意識し、分かりやすい文章を書く• 1文を読みやすい長さにする• 結びの文章は相手への気遣いと、ネクストアクションを明確にする ビジネスメールの本文には、箇条書きを活用して具体的な用件を書き記す ビジネスメールに不慣れな場合、箇条書きにできるポイントを考えながらメール文を書くのがおすすめです。 項目を列挙したり、順序を説明したりと、情報を整理するのに役立ちます。 もちろん、箇条書きのみで送信するのはNGですが、情報を端的に伝えるためには箇条書きを上手に活用することがポイントです。 初めてのビジネスメールの例文 初めて挨拶メールを送る際の3つのポイント、挨拶/結びの例文、本文の構成について確認したところで、シーンに合わせた例文をご紹介します。 初めましての相手だからこそ、メールの最後には「署名」と呼ばれる、自分の所在を明らかにする情報を入れることを忘れないようにしてください。 初めて連絡する相手に営業メールをするときの例文 株式会社〇〇 〇〇部 〇〇様 突然のメール失礼いたします。 本日は、弊社の新サービス「〇〇」のご紹介の件でご連絡いたしました。 弊社は〜〜のようなツールを提供しております。 貴社のWebサイトを拝見したところ〇〇事業の業務改善にお役立ちできるのではと思い、ご連絡させていただきました。 もしご興味をお持ちいただけるようでしたら、30分程度ご説明に上がれればと存じますので、 下記日程よりご都合の良い日時をご教示いただけますと幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 --------------------------------------- 株式会社〇〇 TEL:123-4567-8910 メール:abcde xxx. 本日は、貴社サービス〇〇のお見積りをいただきたく、ご連絡いたしました。 --------------------------------------- 商品名:〇〇 数量:〇〇 仕様:〇〇 納期:〇〇 〜その他見積もりの要件があれば追加〜 --------------------------------------- お手数ではございますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。 --------------------------------------- 株式会社〇〇 TEL:123-4567-8910 メール:abcde xxx. 弊社は、〜〜のようなツールを提供しております。 貴社の〇〇事業できっとお役立ちするかと思います。 もし「〇〇(自社サービス名)」にご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ貴社へ伺わせていただきたいと考えております。 大変お手数ではございますが、下記までご連絡いただけますと幸いです。 何卒宜しくお願いいたします。 --------------------------------------- 株式会社〇〇 TEL:123-4567-8910 メール:abcde xxx. 前任者同様にご指導賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。 できるだけご迷惑をおかけしないよう、しばらくは弊社(担当者)がフォローに入りますのでご了承くださいませ。 後日、改めてご挨拶にお伺いしたく存じますが、取り急ぎメールにてご連絡差し上げます。 今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。 --------------------------------------- 株式会社〇〇 TEL:123-4567-8910 メール:abcde xxx.

次の

挨拶メールのポイントって?初めての相手に送るメール文例を徹底解説

挨拶 メール

田中です。 本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでの挨拶にて失礼いたします。 XXXX年X月に参画させていただき、X年Xヶ月ほどプロジェクトに携わって参りました。 在籍中はいたらぬ点もあったかと思いますが、皆様からご指導いただき、感謝しております。 業務を通じて壁に当たることもありましたが、多くのことを学ばせていただきました。 〇〇プロジェクトで培った経験を、次の現場でも活かしていきたいと思います。 また何かの縁で一緒に仕事をさせていただくことがありましたら、そのときはよろしくお願いいたします。 最後になりましたが、〇〇プロジェクトの成功と、皆様のさらなるご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 〇〇部の田中です。 本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでの挨拶にて失礼いたします。 XXXX年X月に入社させていただき、X年Xヶ月ほど業務に携わって参りました。 在籍中はいたらぬ点もあったかと思いますが、皆様からご指導いただき、感謝しております。 業務を通じて壁に当たることもありましたが、多くのことを学ばせていただきました。 また何かの縁で一緒に仕事をさせていただくことがありましたら、そのときはよろしくお願いいたします。 最後になりましたが、皆様のさらなるご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。

次の

ビジネスの挨拶メールの基本|初めての挨拶・締め文の例文付き

挨拶 メール

挨拶メールを作成する際におさえておきたい!基本的なポイント 毎日たくさんのビジネスメールをやりとりする場合、読み手は、内容の緊急性や重要度にしたがって、優先順位の高いほうから読み進めていくのが一般的です。 そのような環境の中で、自身の挨拶メールを必ず読んでもらえるようにするためには、分かりやすくシンプルな構成であることが求められます。 具体的には、以下のポイントを押さえておくことをおすすめします。 挨拶メールであることが分かる件名(タイトル)を付ける 例えば、「転勤のご挨拶」や「新任のご挨拶」のように、件名(タイトル)からどのような目的の挨拶か分かる表現を使いましょう。 ただし、タイトルが長くなりすぎないように注意しましょう。 本文の冒頭で名前を名乗り、内容は簡潔に 本文冒頭には、定型の書き出し文を一文入れ、すぐそのあとに改めて自身の会社名・所属・氏名を記載します。 そうすることで、誰からの挨拶か、速やかに読み手が理解することができます。 自分の名前を告げたあとには、何のための挨拶メールか、具体的な目的を簡潔に述べるようにしましょう。 相手に良い印象を与える挨拶メールにするための工夫 挨拶メールは、読みやすさも大切ですが、何より丁寧な印象の文面であることも重要です。 日頃お世話になっているビジネスパートナーへの感謝の気持ちが伝わるよう、以下の点に気を付けながら、本文を作成していきましょう。 最初に宛て名を記載する 相手に対して敬意を表するため、メールの本文を記入する前に、相手のあて名を記載しましょう。 「会社の正式名、所属部署名、役職名(ある場合のみ)、ご担当者名」の順番に記入するのがビジネスマナーです。 なお、くれぐれも失礼のないよう、氏名などの誤字には気を付けておきたいものです。 尊敬語、謙譲語、丁寧語を正しく使う 相手の役職などに応じて、尊敬語や謙譲語などの敬語を適切に使うことで、印象の良い挨拶メールを完成させることができます。 一方、相手が社内の人で、比較的親しい間柄の場合には、丁寧語を中心に使うのも有効な選択肢のひとつです。 結びの言葉も忘れずに 挨拶メールはシンプルである必要がありますが、だからといって、要件だけで済ませるのは得策ではありません。 本文の最後には、自分なりの気持ちを込めた相手への言葉や、今までのお礼などを結びの言葉として添えましょう。 挨拶メールで使える!定番のビジネス表現 例文集 挨拶メールの中で使いやすい定型の書き出し文や締めの言葉を具体的に紹介していきます。 メールを送る相手やシチュエーションに合わせて使い分けていきましょう。 ビジネスシーン別 挨拶メールの具体例 以下、具体的なビジネスシーンで使える挨拶メールの例をご紹介しましょう。 人事異動により、御社の担当が交代する運びとなりましたので、 お知らせ申し上げます。 在任中は、ひとかたならぬご指導とご鞭撻を賜り、深く御礼申し上げます。 近日中に、新旧2名の担当者にて、御社へのご挨拶に伺いたいと思っております。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。 2010年に入社以来、企画部にて業務に励んで参りました。 こちら業務推進部での業務は初めての経験となりますので、不慣れな点が多く、 ご迷惑をおかけすることがあるかもしれません。 何卒ご指導のほどよろしくお願いいたします。 まとめ 挨拶メールの書き方ひとつで、相手への印象が変わる場合もあります。 円滑に取引先や社内各部署との仕事を進められるよう、使用する文言や内容、送るタイミングについてもよく吟味した上で、挨拶メールを送信しましょう。 特に、人事異動が絡む場合には、その発令のタイミングにも注意が必要です。

次の