的確 適格 違い。 【組織再編】非適格合併も悪くない

適格組織再編とは?適格要件と適格組織再編の種類

的確 適格 違い

- 概要 - 的確とは弓矢で的を射たように、全く他の考えは視界に入らないほど確実な事を指す。 適切とはある物事に対して最適な対応をする事を指す。 - 詳しい解説 - 的確と適切の違いはある物事においてこれ以上ないほど正確性を持つ事か、ある物事においてその時に合った行動を行う事かである。 的確とは弓矢で的を射たように全く他の考えは視界に入らないほど確実な事を指す。 例えば的確なアドバイスによって、傾いた企業が立て直す事が出来る。 的確は世間一般のニーズに応える事でもある。 的確な受け答えならば、質問の意図を汲み取っている事である。 対して的外れな言葉や動きは全く視界に入らないほど取るに足らない事である。 適切とはある物事に対して最適な対応をする事を指す。 適や切という漢字はともにぴったりと合う事を表す。 例として怪我に対する適切な処置や公式の場における適切な服装などとし、その場その場に合った行動を行う事である。

次の

【組織再編】非適格合併も悪くない

的確 適格 違い

4です。 再び失礼します。 あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。 「適」と「的」の違いを考えてみます。 「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。 「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。 だから、意味がとても似ているのでしょう。 「適」は「かなう」。 資格に合っている、という意味。 反対語は「失格」(「不適格」もありますね)。 大事な点は押さえている(あるいは外していない)状態。 いずれにせよ、「的」には面積がありますので、「ぴったり」(的の中心)から一定の許容範囲があります。 法令用語としても、こう解釈すれば理解しやすいですね。 あるいは、No. 2様のご回答にある「適正確実」、「適切確実」と読み替えるのも一法。 ちなみに、このサイトでは、「適確」を「適正かつ効率的」、「的確」を「迅速・適正」の意味で使用しているようです。 もっとも、国語として吟味されたわけではないでしょうが・・・。 (さて、「適確」と「的確」はどこにあるでしょう?探してみてください。 笑) 「的確」は、的を外れず確かで間違いのないこと。 的確な判断を下す。 的確に表現する。 「適確」は、適正で確実なこと。 最もよい方法。 よく当てはまって間違いがないこと。 適確な措置を講ずる。 適確に遂行する。 意味としてはほとんど一緒ですね。 新聞では「的確」に統一してますし、かなり古いですが昭和36年の国語審議会でも一般用語としては「的確」だけでよいという扱いです。 要するに「的確」が一般的な表記です。 「適確」を用いているのは法令用語くらいかもしれません。 その法令ですが、「的確」を用いている法令は275本、「適確」を用いている法令は183本です。 う~ん、一緒ですね(笑)。 ちなみに、「適格」という語もあります。 これは定められた資格にかなっていることで、適格者、適格性、適格審査、税制適格、適格退職年金制度などがあります。

次の

組織再編における税制適格と税制非適格の税務上の違い|M&A・組織再編|会計・税務コラム|大阪の小野山公認会計士・税理士事務所

的確 適格 違い

会社分割における適格分割と非適格分割 会社分割と税金の話になると、 まず 「適格分割か?非適格か?」が論じられます。 専門家でもないかぎり、 この時点で話についていけなくなってしまってもおかしくありません。 細かい話まで理解する必要はないと思いますが、 分割コーディネーターや税理士との 共通言語は持っておきたいところです。 こんなケースをイメージしてみてください。 会社分割をすればたしかに会社は別々のものになります。 でも、 株主構成などの支配関係や、 保有していた資産等が従前と変わらないケースがあります。 いわば分割後にもう一回合併すれば、 前となにも変わっていないケースです。 こんなケースまで会社分割を原因として課税をされたら 不当だと思いませんか? そこで、このようなケースでは 「適格分割」として課税の対象から外されます。 一方、上記の枠組みから外れると、 「非適格分割」として課税がなされる時があります。 潜在的な利益が会社分割を機会に 顕在化してしまったと意味になるのでしょう。 「適格」と「非適格」の上記のような性質から、 前者では資産の引き継ぎが簿価となり、 後者では税務上時価で考えられることになります。 分かりやすくお伝えしたいため、 正確な解説ではないかもしれません。 しかし、これぐらいのイメージをつかんでおけば、 税理士等と話しをするには十分だと思います。 以下、細かい解説を掲載しておきます。 興味がある方だけお読みいただければ。

次の