ラプラス フリーズ ドライ。 【ポケモン剣盾】ラプラス育成論・対策【キョダイマックス】

【ダブル】ラプラスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ラプラス フリーズ ドライ

キョダイラプラスの育成論 ラプラスの攻撃技 「うたかたのアリア」 みず技 タイプ一致 威力90 命中100 音技 みがわりを貫通する。 相手のやけど状態を治す。 他に様々水技を覚えるが、「みがわり」を貫通するためこちらを採用。 タイプ相性で不利な「ローブシン」のやけどを治して「こんじょう」での火力アップを切ることもできる。 「フリーズドライ」 こおり技 タイプ一致 威力70 命中100 こおりタイプの技だが、みずタイプにもばつぐんで通る。 「水技」と「フリーズドライ」の通りはとても良い。 また「ヌオー」「トリトドン」などの草技しか弱点がないポケモンにも4倍弱点で倒すことができる為、かなりの有用。 みずタイプ ひこうタイプ共に通る「フリーズドライ」だが、アーマーガアには等倍のためあったら便利。 また「フリーズドライ」はダイマックスしたらただのこおり技になるため、ダイマックス中にギャラドス対面で4倍で打てる「10まんボルト」はあると役に立つ。 「大雨」状態では必中になる。 威力は高いが、命中が超不安定。 ダイマックスしてダイストリームを打つ前提だったら有り。 ラプラスの少し足りない火力を補う。 この技のおかげで積み技の起点にされにくく強い。 アーマーガアやサニーゴといった受けポケモンに強く出れる。 ダイマックス中の相手には効かないため、ダイマックスが読める場面では絶対に打ってはいけない。 「つのドリル」 いちげきひっさつ技。 この技のおかげで積み技の起点にされにくい。 「アーマーガア」や「ドヒドイデ」「ニンフィア」といった受けポケモンに強く出れる。 ダイマックス中の相手には効かないため、ダイマックスが読める場面では絶対に打ってはいけない。 「こおりのつぶて」 こおりタイプ 物理技 威力40 命中100 必ず先制で攻撃できる。 優先度プラス1 貴重な先制技。 少し足りない火力を補う。 すばやさの遅いラプラスに相性が良い。 ラプラスの先制技は有名なので持っていなくても警戒させるという意味で働いてくれることもある。 通常ラプラスの育成論です。 ラプラスの特性は「ちょすい」が殆ど とくせい:ちょすい みず技を受けると最大HPの4分の1回復する。 ねっとうワンウエポンの受けサイクルで採用されることが多い、「ドヒドイデ」「ヌオー」の並びに強くなり、炎タイプ、地面タイプや岩タイプに飛んでくる水タイプ技の受け先として役に立つ。 「シェルアーマー」「うるおいボディ」 この2つのとくせいは意外性の選択肢 ラプラスの「ちょすい」は有名なため、もともとラプラスに水技なんて飛んでこない。 と仮定した場合、他のとくせいも選択肢に入ります。 あくまで基本形は「ちょすい」ということを覚えておこう。 「シェルアーマー」 相手の技が急所に当たらない 「うるおいボディ」 天候が「大雨」の時に、状態異常が回復する。 性格は「ひかえめ」「れいせい」 じゃくてんほけん以外で火力を上げる事ができないため、性格補正も「とくこう」にかかる場合が多い。 しかし、「いちげきひっさつ」技を採用するなら耐久寄りの性格もあり。 フルアタ構成になる事がほとんど。 じゃくてんほけん発動がの技範囲を出来るだけ広くとっておきたいので、「みず」「こおり」「でんき」タイプの技が採用される。 「フリーズドライ」と「ぜったいれいど」 ラプラスは技範囲を広げるための氷技打点として「フリーズドライ」を持っています。 またダイマックスすると「ぜったいれいど」も、こおりタイプの攻撃技として認識されるため、「キョダイセンリツ」になります。 そのため「ぜったいれいど」のみ採用してフリーズドライを採用しない型も見られます。 「こおりのつぶて」と「ぜったいれいど」 「こおりのつぶて」は物理打点ながら鈍足のラプラスが持てる唯一の先制技。 「じゃくてんほけん」が発動すれば物理の火力も上がるため、努力値を振っていなくてもそこそこの火力が出る。 「ぜったいれいど」は、特殊防御が高い「ニンフィア」や「カビゴン」を一撃で屠る事ができるポテンシャルがあるので、止まるポケモンで止まらない理論上最強のラプラスを作る事ができる。 果たして電気技が本当に必要なのか 「フリーズドライ」を採用すれば水タイプへの抜群がとれるため、果たして電気技が必要なのか疑問です。 電気技は、「はがね」「ひこう」や「みず」「はがね」など、こおりタイプの技を等倍で受けるポケモンに対して持っておくと便利です。 「ダイサンダー」も打てるため「あくび」で流される心配がなくなります。 耐久に性格補正と努力値を極振り! 技の威力で攻めるわけではないので、努力値と性格補正は耐久に極振りします。 「のんき」HB型がオススメ もともとラプラスは特殊耐久が高く、なおかつ物理ポケモンの方が環境に多いので、防御に上昇補正をかけた「のんき」HB型がオススメです。 持ち物は「たべのこし」推奨 できるだけ「一撃必殺技」の施行回数を増やすために持ち物は食べ残しを推奨しています。 一撃必殺技を2回打てば5割の確率で当たり、4回打てばもうほぼ確実に1匹は落としています。 ダイマックスのポケモン相手には一撃必殺技は効果がないので、相手のダイマックスをうまく消費させた後に、通していきたいポケモンです。 キョダイラプラス対策.

次の

【ポケモン剣盾】キョダイラプラスの育成論①じゃくてんほけん基本系②「ねむねご」一撃必殺型の二つの紹介!【ラプラス育成論】

ラプラス フリーズ ドライ

の解説はこちらです。 基本データ No. 5m 重さ 220. こおりタイプにより無効• 守る身代わりを貫通するほろびのうた• くらいなら何発か受かる耐久 以上の点からを流すことができる。 麻痺を入れられようと、ムラっけで回避率を上げられようとあまり関係ないのも魅力的。 に強い 面倒なに対して、Z技を使うことで何もさせずに一撃で処理できる。 が逃げた際にも、水+の優秀な技範囲によって後続のに大きな負荷をかけられる。 対ペリラグ性能 でペリラグに一方的に4倍弱点をつける。 対バトンパ と同じように、滅びの歌で流せる。 せっかく使ったZも水の泡になる。 対耐久 ラッキーやを、連打により圧力をかけることが可能。 身代わりを貼ってくるやに対しても広い技範囲で身代わりを残すことを許さず、起点にされない。 そこそこのタイマン性能 上に挙げた相手以外にも優秀な技範囲と高めの耐久により腐りにくい。 水技+を両方半減以下にできるのは 、 、 、の4体のみである。 運用方法 対 相手のパーティにがいたら2番目以降に選出。 他のでの取り巻き達と適当に戦って、が出てきたらを後出しする。 そして滅びの歌で流す。 取り巻きを2体とも倒したらラス1になったに滅びの歌を打って終了である。 取り巻きに削られないようにのHPは守りきる必要がある。 対 相手のパーティにがいたら先発で出す。 水Zでを倒したら2体目にもできるだけ負荷をかけて仕事終了。 が逃げていったら、引き先がZ技を受けるので有利に戦える。 対ペリラグ 雨パにはいつ出しても活躍する。 ただし、ちょすいでない場合は先発か死に出しが無難だ。 ぺリラグと対面したらが安定する。 その他草枠と対面したら逃げる。 採用の場合でもペリラグへの役割が残っているうちは大切にした方が良い。 コケコその他電気枠と対面した場合も逃げるべき。 後ろに地面タイプか電気無効特性持ちがいると心強い。 対バトンパ 対策の時と同じように2番目以降に選出する。 やフワライドなどのバトン要員が出てきたら後出しして滅びの歌を打つ。 滅びの歌はバトンタッチで引き継がれるのでこれで終了。 対リサイクル、、ピクシー 対策の時と同じく2番目以降に選出。 これらのが出てきたら後出しして滅びの歌で流すか、零度がある場合は零度連打。 対受けループ 受けループの場合は先発に出して零度を連打し崩しにいく。 やなどには、には水Z、2vs1になったら滅びの歌など。 技構成 確定技 ほろびのうた 対。 この型のコンセプトなので確定。 こちらもこの型のコンセプトなので確定。 命中不安のでは毒or宿り木+身代わりを使ってくる、、の起点にされる恐れがある。 Z技化でD特化 100. 4~118. Z技化で無振りカプコケコ 105. 5~124. Z技化で無振り 94. 1~111. Z技化で無振りメガ前* 110. 3~131. Z技化でH振り 86. 8~102. 1~113. H振り 30. 8~36. H振り 26. 9~32. 無振り 100. 5~120. 無振り 127. 0~150. 無振り 85. 1~101. H振りカプレ 45. 1~54. H振り 45. 8~54. 霊獣 75. 3~90. 無振りメガ 47. 0~56. H振りチョッキ 81. 6~97. と選択になる。 無振り 11. 3~13. 無振り 24. 3~29. 無振り霊獣 35. 0~42. H振り霊獣 威嚇込み 32. 6~38. どうしようもない時の最後の賭けとしても使用可能。 には相手を拘束する追加効果があります。 調整 特性はシェルアーマー、持ち物は水Zで確定。 ステータスだが、を一撃で落とす火力を確保。 Zでを落とすにはCに補正有り+228振りが必要である。 耐久面は砂ダメや毒ダメを考慮してHPを16n-1調整。 D振りは意識。 素早さについて 実数値 控えめで31【80】 最速 S-2 【72】 冷静で28or29【71】 無振り50属 アローラ 【70】 冷静で24or25【69】 無振り 【67】 実数値71でS2段階ダウン抜かれ調整と無振り50属抜き。 実数値69でトリル下無振り50属抜き。 に抜かれるメリットは、滅びの歌で倒れる順番があちらが先になることだ。 ラス1でゴーリのSがたまたま2段階下がっていた時にはこの調整が勝敗を分ける。 被ダメ 物理方面• 砂ダメ+A特化の 78. 4~92. 砂ダメ+A特化のZ 83. 4~98. 2+5. A特化のじしん 51. 1~60. 霊獣 A特化霊獣のじしん 55. 1~65. メガA振りメガの 41. 7~49. の 17. 9~21. 霊獣 C特化霊獣の10万ボルト 75. 3~88. C振りのZ流星群 66. 3~78. カプ・コケコC振りカプコケコのフィールド下10万ボルト 75. 3~89. C特化カプレの 29. 5~34. 耐性こそ微妙だがタイマン性能に優れる。 技構成 確定技 より威力は低いが、水タイプに有利な攻撃。 H4:168(91. H252:150(74. H4:(44. H188:99(56. H252水、草:69(43. H252:75(38. 1%)〜90(45. H252火:84 53. H252:129(69. H4(ひでりX):84(54. H4:117(72. H4:135(72. 耐久や倒せないを強制的に突破できる。 がんじょうには効かない。 被ダメ 物理耐久• 8%)〜118(49. A252の: 96 40. A252のおんがえし:118(49. 上記の:56(23. これにより、、等の水、耐久型、小さくなる持ちに役割を持てる。 チョッキ型と比較すると、物理相手で2度耐えられる相手が多くなり、補助技を扱えるようになる。 特性 水タイプ、特にを意識して貯水で確定。 ダメージを無効化するだけではなく、滝登りで怯まない、熱湯で火傷しないといった利点もある。 シェルアーマーはドラゴンに対する安定性が高まるが、を意識する場合は候補外。 オボンの効率が良い4n• 特化ガブの逆鱗2耐え、意地っ張り・陽気メガの龍舞高確率2耐え• メガ、意識の全振り H振り確1• 臆病の眼鏡流星確定耐え、無振りFCの10万V2耐え• 4振り抜き抜き 技構成 威力は高くないものの、水相手に抜群となる氷技。 H4メガ ダメージ: 80~96 割合: 46. H228D12 ダメージ: 116~140 割合: 56. 20%• H252 ダメージ: 220~264 割合: 106. H252 ダメージ: 90~108 割合: 43. H252 ダメージ: 158~188 割合: 92. 無振り ダメージ: 232~276 割合: 126. 無振り ダメージ: 67~79 割合: 43. 耐久型にとっては脅威となる技。 ほろびのうた 守る、身代わり貫通の必中で、耐久型やちいさくなる害悪型に打つ技。 しかし撃った後の立ち回りが難しく、そう気楽に撃てる技ではない。 ほえる 滅びより低リスクで身代わりや小さくなる持ちを流せ、起点回避に役立つ。 ラス1には効かないため、小さくなる持ちへの対策としては不十分。 炎、鋼相手を意識する場合は欲しい技。 無振りアロー ダメージ: 170~204 割合: 111. 無振り ダメージ: 74~90 割合: 42. 無振りリザX ダメージ: 73~87 割合: 47. H252シールド ダメージ: 45~54 割合: 26. H252ブレード ダメージ: 109~129 割合: 65. H252 ダメージ: 82~97 割合: 49. 無振り ダメージ: 90~108 割合: 51. 同条件噛み砕く ダメージ: 115~136 割合: 54. 同条件噛み砕く ダメージ: 127~150 割合: 59. 補正無しの逆鱗 ダメージ: 102~120 割合: 48. 補正有りの逆鱗 ダメージ: 111~132 割合: 52. 補正無しの ダメージ: 93~109 割合: 43. 補正有りの ダメージ: 100~118 割合: 47. 補正無しの珠叩き落とす持ち物有り ダメージ: 135~161 割合: 63. 力持ちの馬鹿力 ダメージ: 166~196 割合: 78. 補正無し眼鏡の龍星群 ダメージ: 172~204 割合: 81. 補正有り眼鏡の龍星群 ダメージ: 184~217 割合: 86. 無振りFCの10万V ダメージ: 110~132 割合: 51. 補正有りスキンの ダメージ: 102~120 割合: 48. 補正無しA252振りの聖剣 ダメージ: 112~134 割合: 52. お読みいただきありがとうございました。 KOKUBANLEMON.

次の

ラプラス対策ポケモン3選

ラプラス フリーズ ドライ

説明文 たたかうわざ• ・:あいてを きゅうげきに ひやして こおり じょうたいに することが ある。 みずタイプにも こうかばつぐんに なる。 漢字 :相手を 急激に 冷やして こおり 状態に することが ある。 みずタイプにも 効果抜群になる。 漢字 :相手を 急激に 冷やして こおり 状態に することが ある。 みずタイプにも 効果バツグンになる。 コンテストわざ• :つづけて だしても かんきゃくに あきられずに アピール できる• と違ってがなく、習得できるポケモンが極めて少ないのが難点。 こおりタイプのポケモンがタイプ一致でみずタイプに抜群を取れる上、を始めとするみず・じめん複合タイプやのようなみず・ドラゴン複合タイプなど、元々弱点の少ないみずタイプ複合のポケモンに4倍で刺さるため使い勝手が良い。 特に雨パに対してはみずに加えて補完によく使われるくさ・ひこう・じめん・ドラゴン全ての弱点を突けるため4倍弱点になりやすく、無対策の雨パはこれ一つで壊滅してしまう事も。 基礎威力は微妙で、4倍で刺さらない相手には耐えられてしまうことがある。 などの持ち物を持たせて威力を補いたい。 におけるフリーズドライ 、 のワザとして本編より前に登場。 30ダメージを与え、コインを1回投げてそれがオモテなら、相手をマヒにする。 におけるフリーズドライ この節はに関連した書きかけです。 して下さる協力者を求めています。 アニメにおけるフリーズドライ ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 額の角からビームを発射し、相手を凍らせる。 わざの初出 備考• 唯一の初出のわざ。 本来の相性を変動させる珍しい技。 相性は次のようになる。 2倍:・・・・ みず• みずタイプを持っている(複合も含む)ポケモンへの相性は以下のとおりとなる。 4倍:みず・くさ、みず・じめん、みず・ひこう、みず・ドラゴン• 2倍:みず単体、みず・、みず・、みず・、みず・、みず・、みず・、みず・、みず・、みず・、みず・• 1倍:みず・こおり、みず・はがね、みず・ほのお• さかさバトルなどによりタイプ相性が書き換わっている場合でも、この技はみずタイプに効果抜群のままである。 故にさかさバトルではれいとうビームなどより威力が低いことがさらに欠点となる。 の下画面における予測では、みずタイプに抜群になる効果も考慮された相性が表示される。 みずタイプに抜群になる効果はの判定に影響しない。 この技に対してを使用しても通常のこおりタイプの技として扱われ、みずタイプに変化することがある。 によりタイプに変化しても、みずタイプに抜群になる効果は残る。 によりでんきタイプになったフリーズドライをみずタイプに使用しても2倍にしかならない。 さかさバトルにおいても2倍になる。

次の