ロック アップ スペイン。 【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】シーズン1第2話:カエルって何?のネタバレ・感想

【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】キャスト・あらすじ・全話ネタバレ感想

ロック アップ スペイン

正直「うわ〜!」と思わない話がないくらい、毎回痛いシーンだったり、不愉快なシーンが出てきます。 もしカップルで見よう〜とか、家族で見られるかな?と思っている人がいたらやめておくのが吉。 暴力・性・薬など、人間の汚い欲望にまみれています。 しかし、閉鎖された世界の中でさまざまな思惑が交錯するスリルさと主人公の奮闘する姿は見出すと止まりません。 ぜひ「ロック・アップ スペイン女子刑務所」を見るときはひとりで見てください。 「ゲーム・オブ・スローンズ」みたいに、首をハネたり内蔵を引きずり出したり・・・という わかりやすいグロは出てきません。 ただ、 暴力シーンは多いです。 それも殴る蹴るだけでなく、囚人同士、職員からのセクハラや暴行も多いため、えげつない描写が盛りだくさん。 たとえば、ハサミで胸を傷つけようとする、流産させようとするなど。 かなり精神的にくる痛さがあるので、上記シーンは薄目で見てしまいました。 ということで、グロテスクではないけど、生々しい暴力シーンは多いという感じです。 胸は全部丸出し、女性同士の恋愛描写があります。 そこまでなら、ただ露出が多くて女性同士のラブシーンがあるんだな〜くらいなもの。 ですが、「ロック・アップ スペイン女子刑務所」には性的な暴力シーンも多いです。 職員や刑務所の医師による立場を利用した暴行、それをなかなか告発できない女性囚人という状況にはとても腹立たしさを感じます。 もはやエロじゃなくてただの 後味の悪い犯罪。 あと描写ではないですが、下品な言葉遣いと表現が多いです。 ひとりでイヤホンで見るのがおすすめです。 それも笑えるレベルにまでぶっ飛んだ過激さではなくて、 生々しい過激さです。 なので、「ロック・アップ スペイン女子刑務所」を視聴するときはひとりで見るのが良いですよ。

次の

ロック・アップ(海外ドラマ)レビュー。ウェントワースとどちらが面白い?【Hulu】

ロック アップ スペイン

マカレナと同房の ソレは、以前から心臓病を患っており7年間もドナー待ちをしています。 そんなソレは、ある時サンドバル医師に呼び出され、移植の番が急遽回ってきたと知らされました。 薬を2錠のんだら、あとは病院からの迎えを待つだけ。 共に話を聞いていたマカレナやリソス、テレたちも移植の話を心から喜びます。 しかし、いつまで経っても病院からの迎えは来ません。 おそらく、ソレが収容者という理由で拒まれているのでしょう。 ソレの諦めた顔から察するに、このような中止は以前にも何度かあったようです。 しかし、所長が直々に病院に連絡して頼み込むと、何とか病院側が迎えにきてくれることに。 ファビオの行方は? 所内では、前日の夜から ファビオ看守が行方不明だと騒ぎになっていました。 退勤した記録がないため、所内のどこかにいるはずだと推測する所長たち。 監視カメラを入念にチェックすると、深夜にトイレで何かをしているファビオが映っていました。 同僚のバルブエナ看守の話では、トイレに 何かがつまっていたので共にトイレで作業をしていたとのこと。 この時は分かりませんでしたが、後に、トイレにつまっていたのが コンクリートだと判明します。 実は、スレマ一派が脱獄のために、洗濯室の壁を掘っていたのです。 つまり、つまっていたコンクリートは洗濯室の壁。 真相に辿りついたファビオ看守は、スレマに不意打ちで殴られ……!? マカレナの父がハマディを殺害!? 今までは、恋人ハマディのことを最優先に考えていたスレマですが、ついにハマディを裏切ってしまいます。 スレマは、マカレナの父に「お金と引き換えに、今後の安全を保障する。 その証拠としてハマディの身を引き渡す」と提案しました。 スレマが裏切った理由は、ハマディが罪のない少女をひき殺したから。 どうやら、アラブでは 子供は神聖なものと見なされており、ハマディがおこなった犯行は許しがたいことのようです。 マカレナの父・レオポルドはスレマの提案を飲み、スレマの弁護士にお金を渡しました。 代わりに ハマディの身柄を拘束したレオポルドは「このまま警察に引き渡す」とロマンに言いますが、ロマンは納得しません。 ロマンからしてみれば、娘のルキアをひき殺したハマディを許せるわけがなく、自らの手で始末したいのです。 土に穴を彫り、ハマディを生き埋めにしようとするロマン。 レオポルドは何度も止めようとしましたが、ロマンは聞き入れず……。 結局、レオポルドがロマンに代わって自らの手でハマディを殺害するのでした。 スレマとマカレナが脱獄!? マカレナが流産した胎児のDNAと、シモン(マカレナを騙した男)のDNAが一致しました。 マカレナが「これで釈放されると思う」とリソスに話すと、リソスは「おめでとう」と言いながらもどこか切なげな表情を見せます。 そして「マカレナが釈放されるのは嬉しいし幸せになってほしい。 でもつらい。 この関係が終わってしまうから」と言葉を続けるリソス。 * その後マカレナは、審理のためにスーツに着替えます。 すると 口紅をつけたリソスが待っていて、マカレナを抱きしめました。 ブラウスに口紅がついてしまったため、急いで洗濯室に行くよう促されるマカレナ。 そしてマカレナが洗濯室に着くと、そこにはちょうど 脱獄しようとしている スレマがいて……!? 実はスレマは、密かに洗濯室の壁に穴をあけていたのです。 シーズン1のラストでしっかりと伏線が回収されたのが素晴らしいですね。 それらが全部伏線だったとは気づきませんでした。 お見事。 無理やり脱獄に参加させられたマカレナですが、おそらく リソスが仕向けたのだと思われます。 と言うのも、審理直前にマカレナの前に現れ、マカレナのブラウスに口紅をつけたからです。 リソスは、これまで一度も 口紅をつけたことはありません。 それなのに口紅をつけたまま抱きしめ、ブラウスを汚し、そしてマカレナを洗濯室に向かわせました。 このことから、リソスが仕向けたことは間違いなさそうです。 仕向けた理由はおそらく、マカレナが普通に釈放されてしまったら恋人関係が終わってしまうから。 けれど脱獄をした場合、失敗してまた刑務所に戻ってくる可能性がある。 だから脱獄するよう仕向けたのではないでしょうか。 リソスと言えば、マカレナが「釈放されるかも」と話した時の反応が印象的でした。 「良かった。 本当に良かったね」と言いながらも、どこか切なそうなリソス。 きっとリソスは悟っていたのでしょう。 マカレナとの恋人関係は、あくまでも刑務所内だけのものだと。 もともとマカレナはノーマルで、「絶対に女性とは付き合わない」と言っていましたし。 だから釈放されれば2人の関係が終わってしまうと悟り、「良かったね」と言いながらも切ない表情を浮かべていたのでしょう。 リソスの複雑な感情は、これまでのストーリーの中で、一番人間らしい感情に見えました。 脱獄したスレマ、マカレナ、サライ、スレマの手下2人は果たして逃げ切れるのか。 また、レオポルドがハマディを殺してしまった件も気になります。

次の

ロック・アップ/スペイン女子刑務所シーズン1~2を無料視聴できる配信サイト

ロック アップ スペイン

スペイン人らしい顔立ちをした大きな目が特徴の美人女優。 プロフィール アルバ・フローレス Alba Flores 【 プロフィール】 生年月日 1986年10月27日 年齢 32歳 (2019年5月現在) 出身地 スペイン(マドリッド) 血液型 家族 アントニオ・ゴンザレス・フローレス(父) アナヴィラ(マザー)ローラフローレス(祖母) ロリータフローレス(おば) ロザリオフローレス(おば) エレナフリース(いとこ) 職業 女優 デビュー 2005年 主な出演作品• 揉捏のシーラ(2013年)• ペーパーハウス(2017年) 経歴 父は作曲家のアントニオ・フローレス。 母は演劇プロデューサーのアナ・ヴィラ。 女優エレナフリースの従姉妹でもあります。 家族親戚と代表する人物ばかり、彼女もまた13歳から劇やピアノを学びミュージシャンに、そして2005年から女優にと活躍。 【 公称サイズ】 身長・体重 非公開 スリーサイズ、カップ 非公開、推定D 靴のサイズ 非公開 現在は女優と歌手活動を続けるスペイン生まれの美人女優のアルバ・フローレス。 因みに若い頃のアルバ・フローレスの写真が此方です。 結婚や恋人彼氏は? 結婚について調べてみると!wikiでも紹介されていますが、彼女の恋愛対象は女性である事から正真正銘のレズビアンです。 女性ばかりのキャストなのでドラマ内に本当の彼女が居るかもしれませんね。

次の