ファスティング プロテイン おすすめ。 ファスティング中や回復食中に筋トレしたいけどプロテイン飲んで良いの?!

これはOK?ファスティング中に食べていいものは?

ファスティング プロテイン おすすめ

トレーニー(筋トレをする人)が減量をするときの基本は「食べて、動いて、痩せる」です。 そのため「どんなものをどれだけ食べるべきか?」「どんな運動がカッコいい体づくりに効果的なのか?」が議論になります。 この方法ではどうしても体重の減少スピードはゆっくりになってしまいます。 もちろん食べる量を減らして運動量を増やせば減少スピードも上がりますが、それでは筋肉が栄養不足を起こして、せっかくつけた筋肉が落ちてしまうからです。 数ヶ月の減量期を設けている人ならなおさら筋肉の減少幅も大きくなるでしょう。 しかし「そんな悠長に減量する気はない!とにかく痩せたい!」という人も多いはず。 今回はそんな人のために、筆者が 実際に実践したことのあるファスティング(断食)ダイエットのやり方と、経験した結果筆者が実感したファスティングダイエットの効果を解説します。 筋肉を守るファスティングダイエットのやり方 ファスティングダイエットをやる前に知っておくべきこと まずはファスティングダイエットを始める前に、頭で理解しておくべきことがあります。 それはファスティングダイエットには「筋肉が落ちるリスク」があるということです。 後述するようにこのリスクはほとんど気にしなくてもよい小さなものではあります。 しかし「絶対に筋肉を落としたくない!」という強迫観念を持っている人にとっては、精神衛生上あまりおすすめできないダイエット方法に違いありません。 また健康面のリスクにも十分注意が必要です。 断食道場やファスティングセミナーなどの多くが「なぜ高級ディナーを出すわけでもないのに、そんなにお金がかかるんだ?」というほど高額な参加料を提示しているのかといえば、専門家の知識やアドバイスをもとにそうした健康面のリスクを抑えてくれるからです。 健康面に不安のある人は、くれぐれも我流で挑戦しないようにしましょう。 もし挑戦するとしても、ストイックになりすぎないようにするべきです。 以下で紹介するのは、筆者が我流で行なった 「筋肉を守るファスティングダイエット」のやり方を3つのステップに分けたものです。 コンセプトは「無理をしない」「筋肉をなるべく落とさない」の2つ。 我流なのでエビデンスとしては弱いですが、 ファスティングダイエット後は劇的に減量が進みました。 「ファスティングダイエットに興味はあるけど、高い参加料は払いたくない」という人は参考にしてみてください。 ステップ1:やる前は体調を万全に! まずはファスティングダイエット期間前に、しっかりと体調を整えます。 ポイントは以下の2つです。 暴飲暴食は控える。 初めてファスティングダイエットに挑戦したとき、筆者は「食いだめしておかないと危ないかも」と考えて、やる前にたくさん飲み食いをしました。 しかしこれが大失敗。 空腹に対する耐性を弱めてしまい、1日も断食できずにファスティングダイエットを終了せざるを得ませんでした。 したがって ファスティングダイエット前は食べ過ぎず、かといって節制しすぎず、自分にとっての健康的な食事量にとどめておくべきです。 睡眠時間はしっかり確保する。 社会人がファスティングダイエットをするとなると、たいていは週末になるでしょう。 しかし「金曜日に夜遅くまで飲み歩いて、土日でファスティングダイエット」というのは避けるほうが賢明です。 ファスティングダイエットは精神的にも肉体的にもかなり過酷なので、平日の疲れた体を引きずって乗り切るのは至難の技。 専門家がサポートしてくれる環境ならともかく、我流で挑戦する場合はファスティングダイエットの前後のスケジュールは心身ともに穏やかに過ごせるように調整しておきましょう。 「平日の疲れが残っている」とか「すでに飲み会の予定が入っている」といった場合は、ファスティングダイエットの日程を変更しましょう。 とにもかくにも無理をしない。 これが我流でファスティングダイエットをする場合の鉄則です。 ステップ2:日に2回の「栄養補給」と軽い筋トレで筋肉を守る! 無事ステップ1をクリアできたら、次はいよいよ実践編です。 筆者が実践していたファスティングダイエットの日程は以下の通りです。 たんぱく質30g:プロテインから摂取する。 炭水化物30g:カーボドリンクから摂取する。 重要なのはあくまで胃腸が吸収しやすい、粉末で栄養を補給している点です。 ファスティングダイエットの最大の目的は「食べ物を体に入れずに、胃腸を休ませること」です。 そのためファスティングダイエット中の固形物の摂取はNG。 したがって同じたんぱく質30gでも、鶏胸肉を150g程度食べていてはファスティングダイエットにならないのです。 0gのたんぱく質量に近かったからです。 炭水化物30gという数字に正直根拠はなく、「同じくらい摂取すればいいかな」という目算で設定しました。 ただ筋肉のたんぱく質が優先的に分解される「カタボリック」を防ぐためには炭水化物が必要なので、炭水化物の摂取は必須だとえいます。 また、 たんぱく質による筋肉の合成は炭水化物との同時摂取によって促進されるので、その効果も狙っていました。 いつ栄養補給するべきか? 次の問題は 栄養補給のタイミングですが、1回目は体が飢餓状態になっていて栄養吸収力が高まっている起床直後です。 2回目は後述する軽い筋トレの後です。 筋肉に負荷をかけると筋肉の合成が促進されるため、そのタイミングで栄養を補給してやることで吸収効率を高める狙いがあります。 実践期の「軽い筋トレ」は自重種目で2〜3セット 栄養補給と合わせて行う筋トレですが、これはトレーニーが普段やっているような筋トレではありません。 あくまで筋肉に刺激を与えて筋肉の合成を促進してやる程度の軽い強度で行います。 筆者が取り入れていたのはプッシュアップとスクワットです。 これをそれぞれ2〜3セットずつ行なって終わりです。 だいたい1日目は3セットできますが、2日目は2セットないし1セットで力尽きていました。 ただこの後に念願の栄養補給があるので、意外と頑張ることができます。 なお、当時はまだ筋力的に難しかったのですが、も上半身の種目として効果が期待できるでしょう。 ステップ3:ファスティング後は「やさしい食べ物」で胃腸を慣らす ツラい実践期を乗り越えたら、回復期に入ります。 実践期を終えたからといったいきなり揚げ物やナマモノを食べていいわけではありません。 正確には食べてもいいのですが、食べると体調を崩す可能性があるのです。 そのため体温に近い温かい食べ物で、かつ消化に良いものを食べるのがおすすめです。 筆者は玄米のお粥や、とろとろになるまで煮込んだ野菜の味噌汁などを食べていました。 筆者は回復期を1日間に設定していましたが、回復期に必要な期間は人それぞれです。 自分の体と相談しながら、自分にあった食事をとるようにしましょう。 ただ 経験上言えるのは「一度目は食べたいものを食べて、思い切り体調を崩しておくことも必要」ということです。 実践期にはあんなに食べたかった揚げ物やナマモノだったはずなのに、いざ食べてみると体が拒絶する。 この事実を体感すると、いかにそうした食べ物が「頭は食べたいけれど、体は食べたくない食べ物」であるかが理解できるからです。 すると回復期を終えてからでも自然と揚げ物やナマモノを避けるようになります。 ナマモノは別としても揚げ物を避けるようになれば、体づくりのための減量は一気に加速します。 ファスティングダイエット実践のまとめ ステップ 名称/期間 概要 ポイント 1 準備期/1日間 体調を万全にする。 ・暴飲暴食しない。 ・睡眠時間の確保。 2 実践期/2日間 ファスティングダイエット本番! ・1日2回の栄養補給。 ・軽い筋トレ。 3 回復期/1日間 徐々に胃腸を慣らす。 ・優しい食べ物を食べる。 ファスティングダイエットの「本当の効果」 ファスティングダイエットの「ウソ」 ファスティングダイエットは心身ともツラいダイエット方法ですが、確かな効果があります。 しかし残念ながらネットやテレビではファスティングダイエットの効果に関する「ウソ」や誇張表現が出回っています。 ファスティングダイエットは筋肉が落ちるからダメ。 ファスティングダイエットは急激に体脂肪が落ちる。 それらのうち、少なくともこの2つはウソ、もしくは誇張表現です。 「筋肉が落ちるからダメ」は誇張表現 ひとつめの 「筋肉が落ちるからダメ」は誇張表現です。 確かに適切な栄養補給をしないと、私たちの体は炭水化物や脂肪由来のエネルギーだけでは健康を維持できなくなり、筋肉を優先的に分解してエネルギーにし始めます。 しかしファスティングダイエットのように極めて短期間の間だけ栄養補給が減少したからといって、それまで一生懸命筋トレをして作り上げてきた筋肉が大幅に減少することはありません。 もちろんいつも通り栄養を補給している場合と比較すれば減少幅も大きくなりますが、「誤差の範囲」といえるレベルの話です。 実際、筆者はファスティングダイエットによる筋肉量の減少を実感したことはありません。 「急激に体脂肪が落ちる」というのはウソ ふたつめの 「急激に体脂肪が落ちる」というのはウソです。 そもそも人間の1日の基礎代謝(何もせずに消費されるエネルギー)は1200kcal〜2000kcal程度。 これに対して体脂肪は1kgあたり7200kcalとされています。 完全に断食して、かつ全てのエネルギーを体脂肪から使っていたとしても、2日間でせいぜい550g程度しか減りません。 実際には筋肉や内臓に蓄えたグリコーゲン(糖)や筋肉そのもの(たんぱく質)からもエネルギーは送られます。 したがって数日程度のファスティングダイエットで「急激に体脂肪が落ちる」なんてことはあり得ないのです。 数日間のファスティングダイエットで減ったのは排泄物や汗 「でも『劇的に体重が落ちた!』ってみんな言ってるじゃないか」と思う人もいるでしょう。 確かにファスティングダイエットをすれば体重は落ちます。 しかしそれはファスティングダイエット中に体から出ていった排泄物や汗が原因です。 人間の腸に溜め込める便の重量は、最大で7kgともいわれています。 また食事からの塩分摂取量が減るのでむくみが取れ、むくみの原因であった水分は尿に変わります。 さらに筋肉の中にあるグリコーゲンは水とくっつきやすいため、グリコーゲンが消費されるとそれだけ筋肉中の水分も不要になり、尿として排泄されます。 これらが全て同時に起これば、劇的に体重が落ちて当たり前です。 したがってファスティングダイエットそのものに減量効果を期待してはいけません。 「なんだよ!痩せないのかよ!」と期待はずれに思うかもしれませんが、 ファスティングダイエットの「本当の効果」はファスティングダイエットを終え、回復期以降になってから現れるのです。 以下では筆者が実際に体感した3つの効果を解説します。 胃腸が休まり、体調が良くなる 第一の本当の効果は、ファスティングダイエットの本来の目的である「胃腸が休まり、体調が良くなる」です。 普通に生活していると「胃腸が疲れている」という感覚はなかなか持ちにくいですが、一度ファスティングダイエットをすると「胃腸が疲れていたんだ」ということが身をもって理解できます。 体が軽くなり、パフォーマンスも上がるので、筋トレへの集中力も高まります。 「なんだか疲れがとれない」「集中力がない」という人には、一度ファスティングダイエットを試す価値があるでしょう。 食事の「ありがたみ」がわかる 第二の本当の効果は、食事の「ありがたみ」を実感できることです。 2日間ほとんど固形物を口にせずに生活すると、回復期の最初の食事で「あれ、お粥ってこんなに美味しかったか?」「野菜ってこんなに香り豊かで、甘かったか?」と驚くはず。 味覚や嗅覚が敏感になるので、一口一口で感じる満足感がファスティングダイエット前の何倍何十倍にもなるのです。 おおげさかもしれませんが、この効果は人生全体のクオリティすら引き上げてくれます。 しかもこの効果はトレーニーの体づくりに直結します。 例えばいわゆる「美味しいもの」である揚げ物や、脂質たっぷりの霜降りステーキをわざわざ高いお金を払って食べたいと思わなくなるのです。 なぜならそうした贅沢品でなくても「温かい白米」「優しい味の味噌汁」で十分満足できるようになっているからです。 そうなると淡白な味の鶏胸肉やフィレ肉でも、コスト以上の価値を感じながら食べられるようになります。 結果減量が進み、健康的でカッコいい体になっていくというわけです。 食べる「量」が減る 食事の「ありがたみ」がわかり、一口あたりの満足感が激増すると、第三の本当の効果が現れます。 すなわち食べる「量」が減るのです。 以前はどんぶりいっぱいの白米を食べなければ気が済まなかった人も、小さなお茶碗一杯で十分満腹感が得られるようになりますし、たとえ脂身たっぷりの肉を食べるにしても1〜2切れで満足できるようになります。 食べる量が減れば必然的に総摂取カロリーも減りますから、痩せていきます。 ファスティングダイエットは「ファスティングの最中」には痩せませんが、「後」に痩せるのです。 実際筆者は劇的に食べる量が減り、ファスティングダイエット後はものすごい勢いで減量が進むようになりました。 トレーニーが注意するべきファスティングダイエットのデメリット トレーニーの減量にとっての加速装置ともいえるファスティングダイエットですが、 逆にトレーニーだからこそのデメリットもあります。 これは「本当の効果」の裏返しになってしまいますが、「食べられる量が減る」ということです。 ファスティングダイエットを経験すると、たくさん食べなくても満足できる反面、たくさん食べる前に満足してしまうようになります。 すると「1日のたんぱく質摂取量165g、脂質摂取量50g、炭水化物摂取量275g」などと食べなければならない量を考え始めたとき、「こんなに食べれないぞ……」と途方に暮れてしまいます。 筆者はこのデメリットを乗り越えるためにかなり時間がかかりました。 一時期は食事の代わりにプロテインやカーボドリンクの量を増やして対応していたこともありましたが、なんとか徐々に食事量の増量に成功。 今では栄養のほとんどを自然な食事から摂取できるようになりました。 このことから、 ファスティングダイエットは「いずれはガンガン食べて増量したい!」という人にはおすすめできません。 あくまで諸刃の剣であることを理解しておきましょう。 まとめ:ファスティングダイエットの効果は「後」からやってくる ファスティングダイエットには、ネットやテレビでいわれるような即効性はありません。 確かに実践中に体重は激減しますが、それはいわばまやかしの数字で本当の意味での減量にはなっていないのです。 しかしだからといってファスティングダイエットに効果がない、というわけでは決してありません。 体のパフォーマンスは確実に向上し、さらには食への価値観が変わることで減量食への抵抗もなくなります。 その結果、理想とする体づくりを加速してくれるというわけです。 ファスティングダイエットの効果は「後」からやってくる。 減量を急ぐ人は、この言葉を合言葉にファスティングダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。 関連おすすめ記事.

次の

ファスティングで体重はどれくらい減る?絶対やせられる2つの理由

ファスティング プロテイン おすすめ

ファスティングの基本ルール 美容と健康に気を使う人なら興味を持っている人も多いファスティング。 それでは、ファスティングとはそもそもどのようなものなのでしょうか。 ファスティング=断食のこと ファスティングとは、簡単に言えば断食のことです。 ある程度の期間、食物を取らないことで、胃腸をはじめとする内蔵に休息を与え、老廃物や不要な水分などの排出を促すのがファスティングです。 断食の場合、宗教的な修行を目的として、水分や食べ物の摂取を絶ちますが、ファスティングの場合、健康な身体づくりや体質改善、胃腸に休息を与えるといったことが大きな目的となります。 ファスティング中は基本的に水分以外口にしない ファスティングと断食には様々な違いがありますが、基本的には水分以外のものは口にしないというのが共通した特徴です。 ただし、ファスティングの場合にはスムージーや酵素ドリンクといった、カロリーや栄養素を含んだ飲み物を口にしていいというのがポイント。 また、水分を積極的に摂取することも非常に重要です。 緩く行うなら少しの飲食物をとりながら行うプチ断食がおすすめ ファスティングの場合、ある程度の栄養やカロリーを飲みものから補給することができますが、それでも最初はどうしても空腹を感じてしまうもの。 人によっては、この空腹感に勝てず、どうしても食べ物を口にしてしまうことも珍しくありません。 そういった場合、少しの飲食物を取りながら行うプチ断食がおすすめ。 プチ断食の場合、空腹を感じても食べ物を食べられるという安心感や、身体への負担も少ないため、これまでファスティングをやったことがないという方にも最適です。 ファスティング中に食べていい物とは? ファスティングを行っているときには身体が敏感になっているもの。 それでは、ファスティング中はどのようなものなら食べてもよいのでしょうか。 発酵食品 納豆やぬか漬けといった発酵食品は酵素がたっぷり含まれています。 また、発酵食品は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を抑える乳酸菌も豊富。 これらの食品を摂取することで、腸内環境を整えることができます。 乳酸菌には動物性のものと植物性のものがありますが、ファスティング中は植物性のものを選ぶとよいでしょう。 酵素の豊富な生野菜 ファスティング中の食べ物としては、酵素が豊富に含まれている生野菜や果物などもおすすめです。 酵素とは、人間の身体の活動を行う上で欠かせないもの。 特にファスティング中は酵素の摂取が重要になります。 短鎖脂肪酸 短鎖脂肪酸とは、腸の粘膜の栄養になるものです。 腸は消化した食べ物から栄養を吸収したり、老廃物の排出を行うだけでなく、脳に対しても大きな影響を与える器官。 そのため、短鎖脂肪酸を摂取することで、ファスティングをスムーズに進めるだけでなく、健康な心身の状態に導くことができます。 短鎖脂肪酸を作るためには、ワカメやヒジキといった海藻類が欠かせない存在となるため、これらについては積極的に摂取するとよいでしょう。 おすすめの食べ物 ファスティングを行っているときこそ、身体によいものを食べたいもの。 さらにファスティングは空腹感との戦いでもあります。 そんなとき、役に立つ食べ物をご紹介します。 味噌 味噌は日本人になじみの深い調味料ですが、大豆などを発酵させた味噌は優れた発酵食品でもあります。 また、味噌は塩分も含まれているため、ファスティング中の塩分補給としても役立ちます。 ファスティング中に摂取する場合、お湯などに溶かして飲むことで、空腹感を緩和するだけでなく、身体を温めて気持ちを落ち着かせるといった効果もあります。 梅干し 味噌と同様、梅干しも塩分補給に役立つ食材です。 さらにファスティング中には身体の調子が悪くなることもありますが、昔から梅は毒消しとも言われるように、梅干しを食べることで身体の不調を抑える効果もあるといわれています。 また、梅干しにはすでに紹介した短鎖脂肪酸も豊富。 そのまま食べても、お湯に溶かして飲み物として摂取してもよいという点も、ファスティング中の食材として便利な存在です。 無糖ヨーグルト 発酵食品の代表といえるのがヨーグルト。 ヨーグルトには豊富な乳酸菌が含まれているため、腸内環境を整えたい場合に便利です。 ただし、ファスティング中は加糖のものではなく無糖のものを選ぶとよいでしょう。 野菜スープ どうしても空腹感を感じて我慢できないとき、野菜スープも便利な存在です。 野菜スープの中でもおすすめなのが細かく刻んだ根菜などをしっかり煮込んだもの。 このスープを摂取することで、身体が温まり空腹感も抑えられるだけでなく、しっかりと栄養も摂取できます。 特に根菜類には食物繊維も豊富なものも多いため、便秘解消などに効果が期待できます。 この野菜スープはファスティング中だけでなく、ファスティング前の準備期間や、ファスティングが終わったあとの回復期間にも役立ちます。 すりおろした野菜・果物 生の野菜や果物は、酵素がたっぷり含まれているため、ファスティング中の食べ物としてはもってこい。 その際におすすめしたいのが、野菜や果物をすりおろすこと。 野菜や果物はすりおろすことでより酵素の力を活性化させることができます。 ジューサーやミキサーを使うと、簡単に効果の高いジュースやスムージーを作ることができます。 ただし、酵素は時間が経つと減少するため、作りたてを摂取するのがよいでしょう。 摂ってしまいがちなNGフード ファスティング中の食べ物の中には「これなら食べても大丈夫」と思いがちでも、実は身体に悪い影響を与えてしまうものもあります。 ガム お腹が減っている場合、空腹感をごまかそうとガムを噛む人がいますが、実はこれはNG食品です。 確かに、ガムは噛んでいることで食欲が抑えられることもありますが、あごを動かすことで唾液や胃液が盛んに分泌されてしまいます。 もし胃の中に食べ物がある場合であれば、消化を助けることに役立ちますが、胃の中に食べ物が入っていない場合は、胃液によって胃に負担がかかってしまうことがあります。 うどん うどんというと、消化によい食べ物というイメージがあります。 そのため、ファスティング中に空腹を感じたときや、ファスティングからの回復期に食べてしまいがち。 もちろん、うどんは消化によい食品ですが、高GI値の食品でもあります。 高GI値の食品とは、食べた後に血糖値がアップしやすい食品のこと。 空腹の状態で高GI値の食品を摂取すると、血糖値が急上昇して身体にダメージを与えてしまいます。 コーヒー、緑茶 コーヒーや緑茶など、カフェインを含んだ飲み物もファスティング中には避けたほうがよいでしょう。 カフェインは胃腸を刺激し、身体を冷やすため、ファスティング中には不向きです。 どうしてもお茶を飲みたいという場合には、カフェインが含まれていない麦茶を選びましょう。 まとめ 上手に食材を選ぶと、ファスティングはとても楽にできるもの。 もし興味がある方は、まずはプチ断食からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

次の

ファスティングはプロテイン必須?!ダイエット効果の高いやり方を解析

ファスティング プロテイン おすすめ

ファスティング中または回復食でプロテインはOK?NG? 結果としては、 「OK」ですが場合によりけりです。 笑 この曖昧な言い方ではピンときませんよね? ですがプロテインをおすすめするのは、やはり 一定の条件があります。 まず、1日ファスティングではほとんど必要ありません。 運動もいつも通り、もしくは少し軽めにするくらいの調整でかまいません。 1日プロテインをとらないからといって大幅な筋肉の減少はないと言えます。 それよりも体をリラックスさせる、内臓を休ませる、といった ファスティングの元々の目的を大切にしてください。 またファスティング中に筋肉を維持したいだけであれば、3日ファスティングでも焦って飲む必要はありませんよ。 筋肉が小さくなってしまう理由として、ファスティング中に低血糖になったさい体は筋肉から糖を作り出そうとすることが上げられます。 その作用により筋肉が小さくなってしまうのですが、質のよい などで必要最低限の糖を摂っていれば3日で筋肉が落ちてしまうことはあまり無いといえます。 衰えたように感じるのは、トレーニングを軽めにしていることでの一時的な筋肉の張りの低下、脂肪が減ったことやむくみがとれたことでの全体的な痩身が考えられます。 もちろん飲んではいけないわけではないですが、飲むべき!というほどでもありません。 ちょっとでも大きくしていきたい、トレーニングはいつも通りハードにしたい!という方はトレーニング後に飲んでください。 その際は プロテインの種類をしっかり選ぶことが重要です。 それは、後程ご説明しますね。 3日以上のファスティングでのトレーニング、元々細身の方の体重維持には プロテインは有効的です! 長い期間のファスティングでは筋肉が落ちやすくなります。 トレーニングする事だけでも筋肉の維持に繋がりますが、プロテインを摂取することでサポート力がアップしますね。 トレーニングした後に記載の分量通りのプロテインを飲んでください。 また痩せすぎたくはない方には 回復食2日目以降から夕飯で飲むことをおすすめします。 寝るときに成長ホルモンが分泌され、体が修復・再生されていきますがその効果を高めてくれますよ。 プロテインには筋肉を作るだけではなく、体の組織そのものにも効果的ですのでその点からみるとファスティング中でも飲むとメリットのある飲み物と言えます。 では、プロテインをとることでどの様なメリットがあるのでしょうか? プロテインの効果は4つ!• 筋肉の合成が促進される• 肌などの再生も早い• 腹持ちが良い• 疲れにくい この様な効果が期待できます。 体のほとんどが水分とたんぱく質で出来ていることは、ご存知かと思います。 ファスティング中では消化器官を休めるためにも肉や魚などのたんぱく質を控えます。 また断食期間中には など飲み物だけになり、他の栄養素と比べるとたんぱく質は急激に摂取する機会が減ってしまうわけですね。 プロテインをファスティング中に摂取することは、 不足しがちなたんぱく質を補給することになるので、体組織の再生に一役かうことに! プロテインを取り入れてファスティングされていた方の口コミでは、意外にも 肌質の変化を実感する方が多くいらっしゃいました。 筋肉を落とさないだけではない、別の効果もあるのは嬉しいですよね。 ファスティング中のプロテインはソイプロテインで決まり! プロテインには主に ソイプロテイン 植物性たんぱく質 と、 ホエイプロテイン 動物性たんぱく質 の二種類があります。 物によってはミックスされたものもありますが、 ファスティング中にはソイプロテインを選んでください。 ファスティング中は内臓を休ませることが重要です。 ホエイは乳由来のたんぱく質ですので、ドリンクといえども多少の負担はかかります。 ホエイプロテインは吸収が早く速効性があるぶん、使いきれなかった時には脂肪として溜まりやすいといった面もあります。 ソイプロテインは植物性ですので比較的に 内臓にも負担が少な目です。 またホエイプロテインに比べると 吸収が遅い分、脂肪として蓄えるまでの時間も長いので量を守って飲むことで無駄なく使いきることが出来るのです。 カロリーも低めなのが嬉しいですよね。 最近は様々なフレーバーつきのプロテインが販売されていますが、 出来るだけプレーンのプロテインを探してください。 ドラッグストアなどに流通しているものには添加物や砂糖がかなりの確率で入っています。 出来る限り、まじりっけの無いプロテインを お水で割って飲んでください。 間違ってでも牛乳では割らないように!笑 ファスティング中の筋トレとプロテインのバランス 体がデトックス状態の時には無理に負荷はかけない方がいい、という方や筋トレは筋肉を落とさないためにもダイエットのためにも効果的だという意見まで…。 実はファスティング中の筋トレには賛否両論が。 調べてみた結果として私は3つのポイントをご提案します• 今までトレーニングをしていなかった人はファスティング中に始めない• トレーニングが習慣だった人は回数を減らす• 長期間のファスティングほど、トレーニングは軽めにする 今までトレーニングをしてこなかった人がファスティング中に運動する事は 危険です。 急激な負荷がかかることて、ふらつきや吐き気など 好転反応以外で 体調不良に陥る可能性が高くなります。 少しでもダイエット効果を高めたいのであれば、歩く距離を伸ばす、階段を使う、呼吸を意識する、ストレッチをするなど日常生活の運動量を上げるようにしてみて下さいね。 またもともとトレーニングをしていた方も、激しい筋トレなどは控えましょう。 食事からとるエネルギーが少ない分、代謝に使いたいエネルギーを残す気持ちで取り組んでみましょう。 長期間のファスティングでは、筋トレの負荷を調整し、毎日ではなく3日に1回など体を休めるスケジュールを組んでください。

次の