浜田 まり。 浜田 麻里

浜田麻里 「Return To Myself」

浜田 まり

Golden Best Mari Hamada 2015年06月24日リリース アルバム・16曲• 1 Memory In Vain• 2 Blue Revolution• 3 Time Again• 4 Nostalgia• 5 Runaway From Yesterday• 6 Return to Myself• 7 Don't Change Your Mind• 8 FREE WAY• 9 FOREVER• 10 Heart and Soul• 11 LOVE, LOVE, LOVE• 12 Heart Line• 13 Paradise• 14 Misty Lady• 15 Tokio Makin' Love• 16 Love Trial•

次の

浜田麻里記憶に残る人気曲TOP8 │ 音楽&芸能界ランキング〜歌やドラマの記憶〜

浜田 まり

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2014年8月)• が含まれているおそれがあります。 略称は「あしたま」。 テレビ朝日ではからまで放送された。 概要 [ ] その名の通り、放送日翌日に発売されるや、翌日に封切りされるや、その他の様々な新製品を紹介していたである。 ナレーターはで、彼女は番組が紹介する商品などについて気ままに感想を述べていた。 1999年頃 [ ]に濱田が産休を取っていた時、当時テレビ朝日のアナウンサーだったが濱田に似た声色でナレーションを代行していたことがある。 番組テーマ曲はの「sweet strawberry toast」。 当初はの一社提供だったが、後にほかが曜日ごとに提供する形式へ移行。 時期によってはスポンサー無しの曜日もあった。 ダイハツがスポンサーを降りた後も、オープニングのアニメーションにはに似たオープンカーが登場していた。 放送時間 [ ] 火曜 - 金曜 0:10 - 0:16(月曜 - 木曜深夜)、土曜 0:10 - 0:15(金曜深夜)。 金曜のみが5分間なのは、の有る・無しと [ ]、2000年3月27日から2001年9月まで編成していた『』以前の20時台、21時台の番組がに失敗したためである [ ]。 当初は23:20からの放送で、「あしたの情報をお届けする」という謳い文句通りだった。 後に上記の、午前0時を回ってからの放送となったため、厳密には「今日の情報」を伝えていた。 変遷 [ ] 期間 放送時間() 月曜 - 木曜 金曜 1998. 10 2000. 03 23:20 - 23:25(5分) 2000. 04 2001. 09 23:54 - 23:59(5分) 翌0:04 - 0:09(5分) 2001. 10 2002. 03 翌0:00 - 0:06(6分) 翌0:10 - 0:15(5分) 2002. 04 2005. 09 翌0:10 - 0:16(6分) タイトル [ ] タイトルは、で「また明日逢いましょう」を意味する「アスタ マニャーナ」 との「明日に間に合うのは」の語呂合わせである。 オープニング直後の読みで「明日に間に合うのは…」と前置していた。 放送局 [ ] 番組をネットしていたのは、でもごく一部の系列局のみだった。 また、山形テレビではローカルスポンサーの提供で放送され、愛媛朝日テレビではノンスポンサーで放送されていた。• (制作局)• パロディ [ ] 本番組のパロディとして、『』の1コーナー「あたしまにあやな」がある。 放送日の「明日」に由来するマニアックな歴史クイズを出題する雑学コーナーで、濱田マリによるナレーションやロゴなど、本番組の意匠を忠実に再現していた。 タイトルは「私やな」の意で、略称は「あたしま」。 その他 [ ] ミニ番組であるため、当初は直前番組『』からのでの告知は無かった。 だが後期(時期不明)になると、『ネオバラエティ』終了後に『』(金曜日のみ『』)の告知を行った直後に、「あしたま! 」(番組内でのブリッジ声)の声と共に、本番組の内容の一部を紹介するようになった。 月曜 - 金曜版 [ ] 月曜 - 金曜23:20 - 23:25枠 前番組 番組名 次番組.

次の

浜田麻里の歌詞一覧リスト

浜田 まり

経歴 [ ] 小学生の時に地元のに参加、中学生の頃からテレビのの収録に参加していた。 入学後はバンド『麻里バンド』を結成。 文学部に進学し『Misty Cats』のヴォーカルとして活動。 、による『麻里ちゃんは、。 』というとともに、ラウドネスの樋口宗孝プロデュースによるアルバム『』でメジャーデビュー。 に女性ロックヴォーカリストの旗手として注目を集め、当時のジャンルとしては異例とも言えるアルバム売り上げを誇っていた。 には初のシングル「Blue Revolution」を発表、この頃からすでにセルフ・をするようになり、全国ライブツアーも精力的に行うようになった。 発表の『』からでレコーディングするようになり、著名なプロデューサー、ミュージシャンを起用してアルバムを製作するようになる。 この頃から、初期に見られたハードロック色の強い曲調からポップさも取り入れた幅広い音楽性を表現し、ファン層をさらに広げていった。 にはのNHK中継テーマソング(NHKはこの時から中継の自局テーマソングを設けるようになった)「Heart and Soul」を担当し初のチャートトップ10入りのヒットとなる。 同年、への出演打診があったが辞退した。 デビュー時からCMやドラマなどへの出演はしない方針を打ち出している。 ファンクラブ誌などによると、本人は本業のミュージシャン以外の仕事は不器用で出来ないと語っている。 の「」がオリコンチャート初登場5位を記録し、その後、の「」やの「」などと熾烈な1位争いの末、登場6週目にして1位を獲得する大ヒットとなった。 同タイトルのアルバムも1位を記録した。 この年は公演を含む約70本の大規模なライブツアーを行った。 に入り、シングル「Heaven Knows」、「Paradox」、「Cry For The Moon」などがヒットし、アルバムも『』(オリコン初登場2位)、『』(同2位)、『』(同1位)と立て続けにヒットを飛ばした。 この時期も90年のアリーナーツアー「Superior」、アルバムを引っ提げた大規模なライブツアーを精力的に行った。 にはチャリティーグループ『』に参加し、さらには音楽活動の場所を、翌にはへと海外にも広げていった。 にはこれまでのハードやポップなノリとは違う、ウイスパー歌唱を取り入れたアルバム『』(同2位)を発表するが、以後ライブ活動をしばらく休止することとなった。 この時期はアルバム製作を続けながら、精神分析学を参考にした作詞やレコーディングエンジニアリングなどのノウハウも学ぶことになる。 、再びロック色の強いアルバム『』を発売し、日本では9年ぶりとなるライブツアーを再開した。 以降、ほぼ隔年ペースでオリジナル・アルバムを発表、それを掲げたライブツアーを行った。 、アルバム『』のライブツアーの模様は、BS番組で放送されると話題を呼び、での千秋楽を収録した『Mari Hamada Live in Tokyo "Aestetica"』は9月9日付けオリコンDVD音楽デイリーチャートで1位(週間2位)、総合チャートでも3位(週間8位)にランクインした。 2月にリリースのアルバム『』、同作の時のライブツアーを収録したDVDはともに前作を上回るセールスを記録するなど再び評価が高まってきた。 、デビュー30周年を迎える。 本人プロデュースのベストアルバムシリーズの第3弾『』(オリコン初登場11位)、『』をはじめ30周年記念作品を続々とリリース。 メディア出演や30周年記念ライブツアーも行い、ライブツアーは翌年4月27日の『ホールA』公演にて大盛況のうち幕を閉じた。 東京国際フォーラムでのライブの模様はWOWOWで2014年7月20日に放送された。 ライブの模様はDVDとBlu-rayで発売され、2000年以降発売された映像作品で最高のセールスを記録した。 また同年8月16日に初の大型野外フェス『 2014』に出演。 さらに同9月には東京と大阪で初のフルオーケストラとの共演でライブを開催した。 年頭から、オリジナルアルバムの自作曲・曲依頼等に始まり、春頃よりアメリカ、夏頃から日本国内での録音を開始した。 その後アルバム製作を一時中断し、10月11日に2015 の第2日目に初出演を果たし、入場規制が出るほどの大盛況だった。 LOUD PARKの出演後に再度渡米し、アルバムのミックスをビル・ドレッシャーと共に行い、次いでマスタリングを国内にて終了後、最新オリジナルアルバム『』を1月13日に発表した。 本作はオリコン初登場11位にランクインした(1月25日付け)。 2016年3月からは、本作を携えたコンサートツアーを開催している。 、デビュー35周年を機にへの移籍(復帰)と、移籍後初となるアルバム『』のリリースを発表。 2018年8月1日、ビクター復帰後初、通算28作目のオリジナルアルバム『Gracia』発売。 また、2018年内最後となるZepp Tokyo公演にて、2019年4月19日に25年ぶりとなる日本武道館公演を行うこと と、自身初となるファン投票形式のベストアルバムのリリースを発表した。 なおこのベストアルバムは2019年1月23日にリリースされた。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] (収録曲の詳細は『』を参照)• Blue Revolution(1985年10月21日)• Crime of Love(1986年5月21日)• LOVE AND FREE(1986年12月16日)• Magic -Adventurous Heart-(1987年6月21日)(ANB)「」エンディングテーマ• 999〜One More Reason〜(1987年8月21日)• FOREVER(1988年3月21日)イメージソング• CALL MY LUCK(1988年6月8日)• (1988年9月7日) NHKテーマソング• (1989年4月19日)夏のイメージソング• Open Your Heart(1989年11月8日)(TX)「」テーマソング• Heaven Knows(1990年7月11日) クラリスライトBOXイメージソング• Nostalgia(1990年12月16日) テーマソング• Paradox(1991年10月10日)・BSテレビCMソング• Tele-Control(1992年2月5日)フジテレビ「」テーマ曲、ブティックジョイCMソング• Cry For The Moon(1993年1月27日)フジテレビ「」テーマソング• Company(1993年7月28日)「」主題歌• Hey Mr. Broken Heart(1996年1月24日)• Antique Single version (1996年6月5日)• Until the Dawn(1998年8月26日)(NTV)「」エンディングテーマ• (2000年1月26日)日本テレビ「」オープニングテーマ• Frozen Flower(2002年2月27日)CMソング、「」エンディングテーマ• (2003年7月30日)• (2005年9月22日) 配信シングル [ ]• EAGLE(2008年4月30日)• (1988年11月21日) - シングル集• (1989年12月16日) - バラード集• (1994年3月24日) - 1983年〜1994年の曲を集めたベスト盤• (1993年5月30日、アジア盤発売/1994年1月24日、ヨーロッパ盤発売)• (1994年8月4日、地域のみ発売)• (2003年6月25日) - 1993年〜2003年の曲を集めたベスト盤• (2005年2月23日) - バラード集第2弾• (2008年7月23日)• (2013年8月7日) - 2003年〜2013年の曲を集めたベストCD&2002年〜2012年までのライブ映像を集めたベストDVD• (2014年1月8日) - 全シングル(配信含む)を集めたコンプリートシングル集(表題曲の映像を集めたDVDやブックレットが付属)• Light For The Ages -35th Anniversary Best~Fan's Selection-(2019年1月23日) - 自身初のファン投票によって選曲された3枚組ベストアルバム。 初回盤はフォトブック付き。 本人非監修 [ ]• FIRST PERIOD〜MARI'S BEST Vol. 1(1984年3月5日)• MARI'S COLLECTION(1986年5月21日)• ANTHOLOGY 1987 (1987年12月1日)• (1998年10月7日)• (2000年6月16日)• (2001年12月)• Guitar• ()(1987年 - )• (2018年 - )• Bass• (2018年 - )• Drums• Keyboards• (1985年 - 1992年、2002年 - )• (Sound Effectsも担当)(1991年 - )• Chorus• Guitar• 佐藤克也(1983年 - 1987年)• 金子文男(1983年 - 1986年)• 杉原尋(1983年頃)• ()(1984年頃)• ()(1986年、1988年)• 清水一雄(1988年 - 1991年)• (1993年)• 藤井陽一(2007年 - 2016年)• (2016年)• Bass• 盛山キンタ(5X)(1983年頃)• 永井敏巳(1993年)• (1994年)• 山田友則(1983年 - 1992年、2002年 - 2016年)• Drums• 原田ジュン(5X)(1983年頃)• 贄川治樹(1983年 - 1986年)• 岡田典之(1986年 - 1991年)• (元)(1991年 - 2007年)• トニー・トンプソン(1994年)• Keyboards• 小林高好(1984年頃 - 1986年)• (1988年 - 1990年)• ポール・ミルコヴィッチ(1994年)• Percussions• 山口とも(1991年 - 1992年)• Chorus• 舞(1983年 - 1984年)• A-mi(鎌田英子)(1991年 -1993年) レコーディング参加ミュージシャン [ ] 一覧については、 の各アルバム又はベストアルバムの項目を参照。 脚注 [ ] []• 「紅白歌合戦の舞台裏」 [ ]• 本人がインタビューに答えるオフショット場面も含まれた。 amass. 2018年7月26日閲覧。 2018年11月3日閲覧。 2018年11月3日閲覧。 参考文献 [ ]• - () 関連項目 [ ]• Greg Edward - 8thアルバム「Love Never Turns Against」から12thアルバム「Tomorrow」までをプロデュース。 - デビューアルバムから6th アルバム「Promise in the History」までは、ビーイングのプロデュース下でアルバムをリリースしていた。 また1989年発表の9thアルバム「Return to myself」までの全楽曲の音楽出版権を保有。 現在は、系列のに移管• (のドラム) - 1stアルバム「Lunatic Doll」および2ndアルバム「Romantic Night」をとプロデュースした。 らと作詞・作曲・編曲も担当。 - でのデビュー前にライブツアーサポートをしていた。 外部リンク [ ]• 浜田麻里オフィシャルサイト• オフィシャルファンクラブ• 株 JVCケンウッド・ビクターエンタテイメント• 徳間ジャパンコミュニケーションズ• Blue Revolution - 2. Crime of Love - 3. LOVE AND FREE - 4. Magic -Adventurous Heart- - 5. 999〜One More Reason〜 - 6. FOREVER - 7. CALL MY LUCK - 8. - 9. - 10. Open Your Heart - 11. Heaven Knows - 12. Nostalgia - 13. Paradox - 14. Tele-Control - 15. Cry For The Moon - 16. Company - 17. Hey Mr. Broken Heart - 18. Antique - 19. Until the Dawn - 20. - 21. Frozen Flower - 22. - 23.

次の