お盆 のし袋 表書き。 お盆で渡すお供えの表書きの書き方とは?のしの選び方についても解説|終活ねっとのお坊さん

お盆の時の、のしの表書きの書き方と言葉の意味

お盆 のし袋 表書き

盆供とは? 盆供(ぼんく)とは、お盆に行う供養という意味のほかに、お供えしたものに対してもそう呼びます。 仏壇に品物をお供えする場合もありますが、お金をお供えすることもありますので、そういったものも含め盆供と呼んでいます。 盆供に使う袋はどんなもの? 盆供に使う袋は、渡す相手が誰なのかということによって異なります。 お盆の法要に招待された場合 初盆の法事などに招待された場合、お香典を持参します。 その際には不祝儀袋にお香典を入れて渡します。 不祝儀袋は、右上の飾りや花などの模様がないものを選びましょう。 水引の色は、関東では相銀、関西では黄色と白のものを使用します。 僧侶へ渡すお布施の場合 初盆の場合、棚経(たなぎょう)と言って自宅に僧侶を呼んでお経をあげてもらうという風習があります。 そうしたお礼として渡すお金をお布施と呼びますが、お布施の場合には、先ほどのような不祝儀袋は使用しません。 お盆にお布施を渡す場合は白の無地の封筒を使います。 そこにお布施と書いて渡すようにしましょう。 自宅にお参りしてもらったときのお礼には「御盆礼」と書く場合もあります。 御盆礼とはお盆のお経のお礼という意味があります。 お布施に不祝儀袋をつかわないのはなぜ? 不祝儀袋というのは、弔事や仏事の時にお金を入れる袋のことを言います。 お通夜やお葬式の時に使うことでなじみがあるかもしれませんが、お布施として使うことは一般的ではありません。 そもそも不祝儀袋とは、不幸があった人に対して金銭を渡すときに使うものです。 僧侶へは、お経をあげてもらったお礼としてお布施を渡すので、不祝儀袋を使うことは誤りです。 スポンサーリンク 盆供の表書きの書き方 初盆でお香典を包むときの、表書きの書き方ですが、「御仏前」と書きます。 亡くなった方は、四十九日を過ぎると仏様になるので、四十九日以降の法事は「御仏前」と書きます。 他にも、「御供物料」などがあり、ちょうちん代としてお包みする場合は「御提灯代」となります。 ちなみに、お通夜やお葬式は四十九日の前なので「御霊前」とかきます。 提灯代ってなに? お盆は故人の霊が迷わずに来ることができるよう、目印の役目として提灯を飾ります。 地域によっては故人と近しい親族が盆提灯を贈るという風習があります。 初盆では白のちょうちんを用意するのが一般的で、翌年からは絵柄入りや色付きになります。 習わしとしては提灯を飾るということなのですが、近年の住宅事情などから提灯を飾らないおうちもあるため、不祝儀袋に「御提灯代」としてお金を包むことも増えています。 品物をお供えする場合の表書き 品物をお供えする際の、のし紙の表書きは「御供物(おくもつ)」または、「御供」と書くのが一般的です。 水引は弔事用の白黒か黄白の結びきりのものを使います。 名前がわかるように外のしにしましょう。 盆供のお香典の相場 初盆のお供えの場合、現金、品物ともに3000円から5000円が相場となっています。 特に親しい間柄の場合は10000円程度の御仏前を包むという方もおられます。 初盆の法要の後に食事の用意をしてもらっている場合は、その分を考慮して香典を1~2万円と多めに包むことが多いです。 また、香典とお供えの品物と両方渡す場合は、香典の金額を少なめに包むということもあります。 初盆のしきたりは地域によって様々なので、地域のしきたりに合わせたり、故人との関係性とも考慮する必要があります。 通夜などとは違い黒墨で書く 通夜や告別式の時は、急な知らせを聞いて急いで準備した、悲しみで墨が薄まるといったような意味合いから、薄墨で香典の文字を書きますが、盆供の際の表書きには黒墨で問題ありません。 また、お布施についてはどのタイミングにおいても黒墨を使用します。 これは前項でもお伝えした通り、僧侶側に不幸があったわけではないので薄墨を使用する必要はありません。 むしろ失礼に当たることにもなるので、間違えないようにしましょう。 まとめ 盆供とはお盆の時期の供養やその供養の品物を意味します。 特に初盆は、自宅に僧侶を招きお経を読んでもらったり、初盆の法要で香典を用意する機会があると思います。 通夜や告別式の香典は、薄墨で用意するのがマナーとされていますが、盆供の際は黒ずみで書くのがマナーです。 また、僧侶に対してのお布施は、不祝儀袋は使わず無地の封筒にお布施と書いて渡すようにしましょう。 盆供の際の表書きは香典に対しては「御仏前」、僧侶に対しては「お布施」や「御盆礼」と書きます。 品物の場合には「御供物」と書き外のしを付け、送った相手の名前がわかるようにします。 通夜や葬式とは違った盆供のマナーを理解し、失礼のない対応をするようにしましょう。

次の

【のし袋・ご祝儀袋と表書き印刷】無料テンプレート集と印刷方法~出産祝い・結婚祝い | 子育て19(子育て塾)

お盆 のし袋 表書き

のしの名前は薄墨で書くべき? お盆に持参する手土産には 必ずのしを付けなくてはいけません。 のし紙の水引の色は地域によって 異なるようですが、 関東では黒白で関西では黄白の 結び切りの水引を用いるのが 一般的なようです。 のしの表書きは「御供」と自分の 氏名をフルネームで記入します。 薄墨は故人を思っての悲しみの涙の為に 墨が薄くなってしまったという 意味が込められており、 お葬式などで使用されますが、 お盆の手土産ののしの表書きは 薄墨で書かなければいけないと 決まっていませんので、 薄墨でない普通の黒い墨の 筆ペンで記入しても問題ありません。 表書きは御供で大丈夫? お盆に手土産を持参するときには 誰からの御供かわかるように のしは 外のしにしましょう。 表書きは上記でご紹介しましたように 上部に 「御供」、下部に 自分の名前を フルネームで記入します。 文字は薄墨である必要はなく、 普通の黒い墨の筆ペンで記入しても 大丈夫です。 ちなみに お盆のお供え物にかけるのしは のし紙とは言わず 懸(か)け紙と言います。 お盆のお供え物を購入したお店で のしをかけてほしいときは、 懸け紙をかけてくださいとお店の人に お願いするようにしましょうね。 お盆の手土産選びのコツは? お盆の手土産の選ぶときは、 やはり、 故人やご先祖様の好物など 亡くなられた方が喜んでくれるような 品を選ぶのが良いようです。 ただし、殺生を止めている お盆にお肉やお魚を手土産として 持っていくのはやめておきましょう。 あと、お盆にはたくさんの親戚が お参りに訪れると思いますので、 その際、 手土産をお盆に来た 親戚のお子さんたちに分ける場合が あると思いますので、 できれば、 小分けに包装されている 日持ちのする焼き菓子やゼリー、 缶ジュースなどを持っていくと 喜ばれると思いますよ。 手土産はお菓子以外にどんなものがある? お盆の手土産として一般的な品は なんといってもお菓子ですよね。 小分けに包装してあったら 日持ちもしますし、お盆にお参りに 来られた親戚のお子さんに 分ける時にも便利です。 そのほかにもお盆の手土産として おすすめなのが 海苔です。 お弁当を作ったり、おかずとして食べたり、 お寿司に使用したりなど食卓に 欠かせないうえに日持ちする海苔を 持参したら喜んでもらえること 間違いなしです。 さらに、 砂糖も日持ちする上にこちらも 料理に欠かせない調味料なので おすすめです。 お茶を飲む習慣のあるご家庭であれば、 スティックコーヒーや ティーバッグを 持参するのもいいですね。 youtubeで人気のお盆のお土産を 紹介している動画を見つけましたので、 お盆のお土産選びの参考に、ぜひ、 ご覧になっておいてくださいね。 まとめ お盆に帰省するときに持参する 手土産に かけるのし紙は懸け紙と言い、 この懸け紙の上部には 「御供」と記入し、 下部には 自分の名前をフルネームで 記入します。 表書きは薄墨で書く必要はないので、 普通の黒い墨の筆ペンで表書きを 記入してもまったく問題ありません。 お盆の手土産選びのコツは、 お亡くなりになられた方の好物を チョイスして持参するのがおすすめです。 あと、お盆にたくさんの親戚が訪れる お家の場合は、小さなお子さんに手土産を 分ける場合もあると思いますので、 小分け包装されている焼き菓子や、 ゼリー、缶ジュースなどを手土産として 持っていくのもおすすめです。 そのほかにも、 食卓で使用する頻度が高い 海苔や砂糖を持参するのもおすすめですよ。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の

【新盆・初盆】香典の相場。表書きの書き方は?会社や友人の場合は?

お盆 のし袋 表書き

お盆については私たちの多くがよく耳にしますが、いったいどのような時期なのでしょうか? まず、 お盆という時期について簡潔に解説します。 お盆はいつからいつまで? お盆とは、ご先祖様の例があの世からこの世に戻ってきて、子孫である私たちと共に過ごすとされている期間のことです。 このため、1年でも指折りの先祖供養のための期間とされています。 そして、お盆と聞くと多くの方は8月中旬をイメージするでしょう。 実はお盆の時期は全国のほとんどの地域では 8月の13日から16日とされている一方、東京など一部地域では7月13日から16日とされています。 特に13日のことを迎え盆、16日のことを送り盆と呼んで、ご先祖様の例をお迎えしたりお見送りしたりするために火を焚く(迎え火と送り火)のが慣習です。 また、14日と15日にはお墓参りや法要を行って、ご先祖様を供養する時間を持ちます。 お盆と初盆の違いとは? お盆といえば「初盆」という言葉もありますが、初盆は普通のお盆と少し違いがあります。 初盆(新盆)とは、お盆でも故人の四十九日法要が終わって最初に迎えるお盆のことです。 このため、普通のお盆と違い、 初めてあの世から戻ってくる故人の霊を供養するための期間とされています。 初盆の期間中には、故人ゆかりの方が集って盛大に初盆法要が行われるのが慣習です。 その際、参列者は香典と初盆見舞いを持参します。 お盆のお供えののしの表書き お盆という時期について見たところで、ここではお盆の時期のお供えに掛けるのしにまつわる作法について見ていきましょう。 主に 表書きの書き方や水引きの選び方についてご紹介します。 表書きの書き方 お盆のお供えに掛けるのしの表書きは、 現金を贈る場合と品物を贈る場合とで異なってきます。 場合ごとにしっかり区別して、うまく使い分けるようにしましょう。 現金を贈る場合 最近ではお盆用のお供えに現金を包む方も増えてきています。 だからこそ、お供えとして現金を贈る際の表書きを知っておくことは、なおさら大切といえるでしょう。 現金を贈る場合の表書きは、 「御供物料」や「御仏前(御佛前、ご仏前)」を用いるのが一般的です。 また、新たに盆提灯を購入するためのお金を贈る場合は「御提灯代」も使われます。 なお、「御仏前」については似たものに「御霊前(ご霊前)」もありますが、お盆は基本的にご先祖様が成仏した後に迎えるため使われることはありません。 また、神道では「御神前」と使うように、相手先の宗教によって適切な表書きが異なりますので注意しましょう。 品物を贈る場合 一方、お供えに品物を贈る場合の表書きは、現金を贈る場合とは若干異なります。 最も無難な表書きとして 「御供」や「御供物」が挙げられます。 こちらは仏式・神式に関係なく使うことができます。 ほかにも仏式であれば「御仏前(御佛前、ご仏前)」、神式であれば「御神前」「奉献」「奉納」といった表書きも使われます。 水引の選び方 表書きと同様にのし関係の作法で大切となるのが水引の選び方です。 ここでは、 適切な色と結い方から水引の選び方について見ていきましょう。 水引の色 お盆は先祖供養の意味が強く、ご先祖様に対する法事を行ったり、冥福を祈ったりします。 このため、お盆のお供えで使うのしは不祝儀用のもので、水引は 基本的に黒白のものを選びましょう。 ただし、関西や北陸など一部地域では黒白の代わりに黄白の水引を使うのが一般的です。 加えて、現金を贈る場合は包んだ金額によって水引の色を使い分ける必要があります。 例えば、1万円から3万円を包んだ場合は黒白もしくは黄白ではなく、双銀の水引を使うのが作法です。 水引の結い方 水引については結い方の使い分けも大切です。 不祝儀用の場合は、 結び切りかあわじ結びのものを選びます。 両方とも一度結ぶとほどきにくいことから、「もう二度と(知人の最期が)あってほしくない」という意味があるためです。 お盆のお供えにふさわしいもの お盆の時のお供えに何を選ぶかを悩む方も多いのではないでしょうか。 そこでここでは、渡す先別にお供えに おすすめの品物をご紹介します。 お寺にお供えする場合 お盆の時期に日頃お世話になっている菩提寺の僧侶の方に挨拶するという方も多いでしょう。 その際のお供えとしておすすめなのが 日持ちをするお菓子です。 代表的なものとしておせんべいやまんじゅう、クッキーなどが挙げられます。 特に個別包装してあるものならば、お寺の方でもお客さんのおもてなしの際に助かるでしょう。 知人の家を訪問する場合 お盆の期間中は知人の家を訪問するという方も多いでしょう。 その際におすすめの品物としては、 お菓子・旬の果物(すいかやメロン、桃など)・お線香・お花などです。 特に生前故人が好んでいたものであれば、ご遺族にも非常に喜ばれるでしょう。 なお、「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。 お盆のお供えについてもっと詳しく知りたい方は、下のリンクの記事をご覧ください。 お金をお供えしてもいいの? 先ほども触れましたが、最近ではお供えとして品物の代わりにお金を持参する方も増えてきています。 本来、初盆など以外は基本的にお金はお供えしませんが、 相場(3千円から5千円)の範囲内であれば大丈夫です(あまり多く包むと受け取った側が困惑しかねないため)。 お盆とは、7月もしくは8月13日から16日にかけてのご先祖様の霊がこの世に戻ってきて、子孫とともに過ごすとされている祖先供養の期間のことである。 初盆の場合は、故人の霊が初めてこの世に戻って来るものとされているため、故人のために初盆法要を盛大に営む。 お盆のお供えに使うのしの表書きは送るものや宗教によって異なる。 現金を贈る場合は「御供物料」や「御仏前(御佛前、ご仏前)」、「御神前」などがある。 品物の場合は「御供」や「御供物」、「御仏前」、「御神前」などが挙げられる。 水引の選び方は、色は基本的に黒白だが地域や金額によっては黄白や双銀のものを選ぶ。 また、結い方も結び切りやあわじ結びのものが一般的である。 お盆のお供えにふさわしいものは渡す先によって異なる。 お寺に渡す場合は日持ちのするお菓子が良い。 また、知人の家を訪問する場合は菓子折りや旬の果物、お線香などがあり、故人が生前好んでいたものであればなおさら良い。 最近ではお金をお供えする方も増えており、お金の場合は3千円から5千円の範囲内で包んでお供えする。 お盆の時期のお供えの表書きは現金を贈る場合は「御供物料」「御仏前」「御神前」などが挙げられ、特に宗教の違いに注意が必要といえます。 品物を贈る場合は、「御供」や「御供物」が無難ですが、宗教によって「御仏前」や「御神前」も使われることが多いです。 水引についても不祝儀用の色や結い方のものを選びますが、地域や金額も考慮しましょう。 お盆のお供えの作法はきちんと理解していたほうが、恥ずかしい思いをしなくて済むうえ、お互いに気持ち良くお渡しもできます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の