肌の老化 嫌なら。 年齢別お肌の変化と老化対策~20・30・40代に何が起こるの?

肌の老化はなぜ起こる?今すぐわかる老化のしくみ【サビとコゲ】

肌の老化 嫌なら

「肌にいいこと」続けて肌の老化を防ごう ニキビなどの吹き出物ができやすくなる食生活をしていたり、睡眠不足など乱れた生活サイクルを改善しないままでは、きれいな肌はいつまでたっても手に入りません。 「美しくなりたい」「しわやたるみなどの肌老化を防ぎたい」など、アンチエイジングな綺麗な肌になりたい女性は、今日からすぐに出来る 「簡単な6つの肌にいいこと」を参考にしてください! 1.肌がどんどん綺麗になる時間に眠る 肌をきれいにする方法として必ず登場するのが 「ゴールデンタイムの睡眠」。 知っての通り、ゴールデンタイムの睡眠には 肌をきれいにする根拠があります。 それは、体内で傷ついた細胞を修復する「成長ホルモン」の分泌されるのが22~深夜2時だということ。 やはり肌を綺麗にするためも美しい肌を保つためにも、この時間帯の睡眠は欠かせません。 成長ホルモンは ストレスが極力少ない状態で就寝することにより、分泌が活発になるといわれています。 3.肌にいい食べ物を積極的に摂る 綺麗な肌になるためには、食べ物にも気を配ることが大切です。 紫外線などの刺激を受けた肌は 酸化がすすみ、シミやしわが出来やすくなります。 肌の酸化を防ぐためにも、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、糖質、脂質の5大栄養素をバランスよく摂り、 抗酸化作用のある栄養素を含んだ、野菜、果実、ナッツなども積極的に食事にとり入れることで綺麗な肌を保つことができます。 糖質の摂りすぎは、肌のコラーゲンを変質させて くすみの原因になるともいわれているので スイーツは控えめに! 肌に良い食べ物と栄養素 食品例 栄養素 アセロラ、柚子 ビタミンC アーモンド ビタミンE 牛肩肉、牛モモ 亜鉛 モロヘイヤ、人参 カロテノイド 緑茶 カテキン 4.紫外線を一年中ブロックして光老化を抑制する 光老化とは、紫外線により肌がダメージを受けること。 紫外線に晒されたままの状態では、シミ・しわ・たるみなど肌にとって良いことは1つもありません。 紫外線が強いほど肌へのダメージも強くなるため、日焼け止めクリームや化粧下地を選ぶときはUVカット効果の数値をしっかりチェック! PA50・PA++++と、波長が長い強力なUVまでカット効果があるUVケア商品もあります。 キレイで健康な肌をキープするには、紫外線対策は一年を通して欠かせません。 出勤や通学や買い物など、外出するときには 光老化対策を習慣にしましょう。 5.肌の汚れは丁寧に洗い「必要な皮脂まで落とさない」 肌に汚れた大気がついたまま放置すると メラニンを増加させ、シミやしわの原因にも繋がります。 また、長時間メイクをしたままでは毛穴が詰りやすくなるため、 帰宅後は早めにメイクや外気の汚れを落としましょう。 しかし、クレンジング方法、洗顔方法を間違えないように要注意。 汚れを落とすことに重点を置きすぎて、洗浄力が強すぎる洗顔料やクレンジング料を使うと 潤いに必要な皮脂まで洗い落とし乾燥肌が悪化します。 綺麗な肌になるには、他にも洗顔やクレンジングするときの注意点を守ることが大切です。 洗顔するときの注意 40度を超える熱い湯で洗わない 冷たすぎる水で洗わない 肌を擦りすぎて刺激を与えない 洗顔料は洗い残さない 肌を傷める「保湿時の強すぎるパッティング」はやめる 毛穴を引き締める効果がありそうだからと、洗顔後に化粧水をコットンや手のひらで パンパンと力強くパッティングするスキンケア方法は間違い。 パッティングの他にも強すぎるマッサージは肌を傷め、たるみの原因にもなります。 毛穴の開きを解消するためにパッティングをしていても、 「たるんだ肌」が毛穴をもっと目立たせることになります。 スクラブの使用• マッサージ• パッティング• ファンデを塗るとき 肌のお手入れをするときは、出来るだけ優しくおこなうことを心掛けて 肌に過剰な刺激を与えないようにしましょう。 6.こまめな保湿とホットタオルで潤いのあるキメ肌を保つ シワ、くすみ、たるみの原因になる綺麗な肌の大敵である乾燥。 洗顔後は ハンドプッシュしながら保湿力の高い化粧品でしっかりと肌を潤してください。

次の

【肌糖化の基礎知識】糖化した肌は治らない!?糖化した肌を再生する方法

肌の老化 嫌なら

この記事でわかる事• 基礎化粧のイメージ 化粧水 美容液 クリーム 皆様の基礎化粧のイメージはこんな感じだと思います。 しかしこれは正解で誤解でもあります。 基礎化粧はどれを使っても肌の表面にしかとどまらなくただ保湿しているだけにすぎません。 化粧水・美容液の真実 実は化粧水は肌に浸透しないと言っても一応浸透します。 化粧水の浸透する場所は角質層です。 お肌を簡単に説明しますとお肌は大きく分けて3層に分かれます。 そして化粧水が浸透する角質がある部分は表皮の部分です。 この厚さはわずか0. 2mmです。 表皮部分は4つ層に分かれていますが一番表面の層が角質層です。 この角質層部分に化粧水などの基礎化粧品は浸透します。 で、この角質層は実はもう死んだ肌の細胞で最終的にはアカになる前のお肌です。 この角質層はお肌のバリア機能の役割をはたしているのですが乾燥や過度な洗顔などで剥がれ落ちお肌のトラブルになるのです。 因みにこの角質層の厚みは0. 02mmです。 02mmとはおよそラップぐらい こんな薄い膜に化粧水・美容液・クリームたくさん使用しますがあまり意味がないのです。 むしろ付けすぎているぐらいなのです。 スキンケアをする本当の理由 では、スキンケアをする本当に理由についてお話をしていきます。 そもそもスキンケアとはケアする事ですのでトラブルにが起きないようにする事です。 つまり、正常であれば何もしない事です。 何かトラブルが無いのにスキンケアをする事自体が肌へのダメージになっているのでしない方が一番いいのです。 でも、女性にとって化粧とは身だしなみであり必ず行うので避けては通れません。 ですから化粧をするには必ずスキンケアをする必要があります。 化粧を落とす事が一番肌へのダメージがある まず、化粧をした場合は必ず落とす必要があります。 現在の化粧は昔の化粧より油性が強い為水や汗などに非常に強く化粧崩れする事が減っています。 ですからクレンジングオイルが一番油となじむ力が強いのでよく落ちます。 最近はクレンジングローションとかありますが主にアルコール系の物だったり油を中和する界面活性剤を使用しているので良く落ちます。 こういった商品の場合は化粧だけでなくお肌に必要な油分を取りすぎてしまうので取扱いには注意しなければいけません。 また、クレンジングゲルやジェル・クリームなど乳化する力が弱い物もありますが肌に優しいけれど化粧を落とすという力が弱くなってしまうのが現状です。 メイクが落ちる原理 ファンデーション クレンジング 乳化 化粧品を落とす原理はイメージ図のように化粧品を乳化して落とします。 乳化した後の化粧品はお湯洗いではなかなか落とせないのでこの後に洗顔をする事が多いと思います。 洗顔 洗顔後 次に乳化した化粧を落とすには洗顔が必要です。 油を乳化したところで落とさなければいけないという事です。 つまり油を落とす為には洗浄成分の入った洗剤が必要になります。 この時に 洗浄成分が強すぎる場合はお肌のバリア層の角質部分の油や角質まで取ってしまう事が肌荒れの原因になるのです。 洗顔するという事は大なり小なり必ずダメージがあるという事です。 つまり化粧をすると必ず洗顔するの肌のバリア機能である角質を傷つける要因になり必ず何かで補わなければいけません。 こういった考えが基礎化粧なのです。 肌を保護にはクリームで十分 一時期ニベアの青缶が話題になり入手困難になった事が記憶に新しいですよね。 つまりお肌に塗るのは保湿してくれるクリームだけで良いのです。 LINK この記事よ読んで貰えるとわかると思いますがスキンケアとは保湿して肌のバリア機能を整えるだけで綺麗になるのです。 つまりスキンケアとは肌をこれ以上乾燥させない事であり化粧水や乳液・美容液などはあまり必要ないのです。 必要なのか強力な保湿を持つクリームで肌にトラブルを起こさない物という事です。 そもそも浸透した方が危険 そもそも化粧品が肌に浸透するという事は必ずリスクが付きまといます。 最近ではなんで技術はが流行っていますがこの技術はかなり危険と隣合わせです。 なぜなら本来はいらない成分まで肌に入れてしまう可能性があるのです。 化粧品に使用される防腐剤や添加物まで肌のデリケートな部分に成分が到達してアレルギーを引き起こす場合があるからです。 現に製造メーカーも肌に浸透すべく物以外の化粧品を使用しない事を推奨しています。 このように肌に入る事はかなりリスクがありむしろ入ってはいけないのです。 また、家庭用など同類の器具は使用するとリフトアップしますがこれはリンパの流れが良くなったとかそういう事ではなく筋肉運動によるリフトアップです。 なぜたくさんの商品があるか じゃ~なぜこのようにたくさんの商品があるか答えは簡単です。 1つの商品よりも3つの商品を買ってもらった方が儲かるからです。 一番いいスキンケアは何もしない事です。 それが一番いいスキンケアです。 でもそれだと肌のバリア機能が無いのでワセリンぐらいの油で保護した方がいいのが答えです。 ですからエステに行けば化粧水・乳液・クリームを進められますが実はあまり意味はありません。 『そんな事ないよ肌の調子がいいよ』っていう方も見えるかもしれませんが 角質層がただ保湿されているだけです。 ですからエステに行く事で肌が綺麗になる感じがするのは マッサージをしてお肌の血行が良くなり調子の良いお肌になるのです。 しかし、ここまで語ってきたようにワセリンやにニベヤクリームを使用するととてもべたつきなんだか嫌な気分になります。 ですから、多くのエステで使用される化粧品はは べたつきのなくお肌の質感がいい感じになるように設計されているので何となくお肌の調子がいい感じがするのです。 個人的な基礎化粧のあり方 ここまでいろいろ書いてきましたが私なりの基礎化粧品のあり方を書いておきます。 ます、一 番肌にダメージを与えている洗顔をなるべく洗浄力の弱い物にする事が最重要です。 洗浄力の弱い物だと化粧が落ちなくなりますがかえって落としすぎる事の方が問題です。 ですから落ちにくい化粧品を使わない事も大切ですが洗顔を見直す事をおすすめします。 次に化粧水です。 化粧水は水分を肌に与える物と言う誤解は捨てましょう。 化粧水はお肌のPH(酸性値)を正常化してくれる物と言う認識で使用しましょう。 製品によっては医薬部外品のものであれば殺菌作用がありお肌に雑菌を繁殖させないようにする効果や血行をよくするものもあります。 つまり 化粧水とはお肌の水分補給ではなくお肌を酸性にしてくれたり雑菌の繁殖を抑えるという物と言う感覚でお肌のベースを作るという物だと考えておきましょう。 そして、美容液です。 美容液は成分が凝縮された物と言うイメージですが少し違います。 美容液の多くはナノコラーゲンやナノヒアルロン酸が配合されている物が多いです。 ここまで話してきたとおり化粧品は肌の表面の部分にしか浸透しません。 また、化粧水などで水分補給をしてもお肌に水分のとどまる場所がありません。 そこで水分のとどまる場所を確保してあげるのです。 入った成分はまた抜けますがそれでいいのです。 肌の表面部分が一時的に保湿されるだけでも水分量が増え肌がふっくらします。 疑似的に乾燥したお肌がうるおいを保てるのです。 そんな疑似的な役割だと思って使用しましょう。 最後にクリームです。 クリームは最終的にお肌の乾燥を防ぎ外からの刺激から守ってくれる物だと思って使用しましょう。 また、クリームは油分の多い物や水分の多い物で質感が異なるので自分の好みの質感の物を使用しましょう。 おすすめなスキンケア商品 と言う記事でもお話しているように私はイオニート商品が好きで我が家の奥様も長年使用しております。 なぜイオニート商品がいいのかと言いますとトラブルが少なく肌の本来のあり方へと導いてくれるのです。 どんな化粧品も使用している時はお肌の調子が良いのですがやめてしまえばまた元に戻るという感じではなく。 本来あるべき方向へと導いてくれるのです。 おすすめの洗顔&クレンジング 最後にクリームです。 これが無いと始まりません。 最後にクリームをする事によってお肌を保湿してくれてお肌を守ってくれます。 また、この クリームは合成乳化剤を使用していないのでお肌に非常に優しくなっています。 CQ10配合ナノクリームって書いてありますが個人的にコエンザイムQ10の配合している化粧品はお肌を再生してくれる物とかではなく。 抗酸化作用が強い成分で全く肌が再生されるとかそういう物ではありません。 使い方のポイント 通常の使い方と少し違う所はまずはじめに乾燥やシワが気になるところの美容液を使用します。 そうする事によってお肌に水分を保持する場所が生まれます。 そのあとに化粧水です。 化粧水は水分補給と言うよりお肌を正常な酸性値にしてくれ雑菌が繁殖しにくくしてくれます。 そして最後にクリームです、クリームはお肌のバリア機能を強化してくれるだけでなくお肌の水分を保湿してくれるので乾燥を防ぎます。 使い方はたったこれだけです。 間違えてはいけないのは肌が再生する訳でもありません。 お肌の状態を健康的にするものでもありません。 ただ、お肌に優しい物を使用してこれから産まれてくるお肌がトラブルのなく成長してくれる手助けをする事と外からの刺激などからお肌を守ってくれる物と言う事です。 まとめ スキンケアで一番重要な事はお肌を清潔にして保湿するという事です。 使用する化粧水やクリームは肌に刺激の少ない物を使用する事が一番大切です。 あとは肌がターンオーバーで健康な状態で細胞分裂して表面に出てくる事を待つだけなのです。

次の

50歳女性の老化について

肌の老化 嫌なら

肌がサビるのはなぜか?老化の原因を突き止めよう 老化の原因は「サビ」と「コゲ」 「肌がサビる」アンチエイジングなどで良く聞く言葉ですが、これは 肌の酸化反応をさしています。 酸化反応というと難しそうですが、普段の呼吸で吸っている酸素の数%は活性酸素というものに変化します。 その活性酸素が細胞を酸化させる反応を「サビる」と表現しているのですが、この反応は自然に起きるので自分でコントロールすることができません。 これを読んだ人は、じゃあどうにもならないのでは?と思ったかもしれません。 しかし老化の原因には「サビ」の他に「コゲ」という現象があるのです。 サビは酸化でしたが、 コゲとは肌の糖化反応です。 糖化と名のつくだけあり、この反応には砂糖が関係しています。 砂糖は生きるために必要なエネルギーですが、取りすぎれば糖尿病などさまざまな病気を引き起こします。 さらには糖化反応によって作られる AGEs(エージーイーエス)は、肌の酸化反応を促進させることがわかっています。 まとめると 老化の原因は砂糖ということ。 砂糖をいかに控えるかで老化の進行は変わってくるといえるのです。 甘い物がやめられない人には、こちらの記事をご覧ください。 参考記事 老化の原因が砂糖にあることがわかったところで、次は糖化について詳しくみていきましょう。 糖化反応とは何か~AGEs産生まで~ 糖化反応を利用したものはコーヒー、照り焼き、ホットケーキなどのきつね色で「メイラード反応」とも言われています。 きつね色は照りともいい食欲をそそりますが、砂糖のコゲであるため老化に関して言えば避けるべきものでしょう。 下の図をみていただきたいのですが、糖化したタンパク質は時間がたつと AGEs(終末糖化産物)という老化や病気の原因物質に変化します。 AGEsは体内で分解されにくく、年齢と共にどんどん蓄積されていくのです。 次はAGEsがお肌以外に与える悪影響をみていきます。 砂糖が身体に悪い理由「AGEs」と老化の関係 AGEsと肌の老化 老化についてのまとめです。 さきほどの内容と重複しますので、必要のない方は次の血管まで読みとばして下さい。 ここで伝えておきたいのは「コラーゲン=タンパク質」ということです。 <図1>より タンパク質は通常ヒモのような形ですが、糖と結びつくとヒモが結ばれ硬くなる架橋(かきょう)という状態を起こします。 水飴をイメージするとわかりやすいと思いますが、ベタベタになって固まります。 肌のコラーゲン(タンパク質)が架橋をおこせば、当然硬くなり肌の弾力は失われます。 いわゆるハリがない、という状態です。 ハリがなければシワにもなります。 そして時間がたつと体温や紫外線で茶色く変色。 これが肌のくすみ、シミの原因でした。 ということは、もちろん血管もタンパク質です。 大量に摂取された砂糖は肌だけでなく、タンパク質である血管にも糖化反応を起こします。 タンパク質が糖と結びつくと架橋反応を起こし、硬くなることは理解いただけたと思います。 (わからない方は1つ上のブロックへ!) するとどうなるでしょうか? 血管が硬くなる=動脈硬化です。 さらに硬くなった血管は血圧を上昇させ、心筋梗塞や脳出血などのリスクも高まるのです。 AGEsとその他の臓器 繰り返しますが人の身体のすべての細胞はタンパク質でできています。 老化物質であるAGEsは、肌や血管だけでなく髪や骨、内臓にも影響を与えます。 内臓にAGEsが蓄積されたらどうなるでしょう? 糖尿病だけでなく、肝炎、白内障、骨粗しょう症など様々な病気を引き起こすこともわかっています。 糖化を防ぐ「老化」の予防法 糖の吸収を抑える食品 1. つまりAGEsの含まれる量の少ない食事をとるのであれば焼肉よりも牛丼、牛丼よりもしゃぶしゃぶ、それよりもユッケということになるでしょう。 どうしても揚げ物を食べたいときには、レモン汁をかけるなど工夫をすることが大切です。 最後に 砂糖には老化を促進する作用があることがわかりました。 とはいえ砂糖は人が生きていくうえで必ず必要な栄養素、摂取しないことは不可能です。 老化は誰にでも訪れ逃れる事はできませんが、老化を遅らせることができるよう、バランスのよい食事やストレスを溜めない生活を心掛け糖分の過剰摂取に気を付けていきましょう。 いつまでも若々しくいる秘訣は、糖分を控えることなのかもしれません。 追記:蓄積されたAGEsを除去できるかもしれません 老化タンパク質は年齢とともに蓄積されていき、予防するしか方法はないと思っていたのですが、HIITという運動によりシミが消える可能性がみえてきました。 参考記事.

次の