ミイラ取りがミイラになる。 【ミイラ取りがミイラになる】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

ミイラ取りがミイラになるとは (ミイラトリガミイラニナルとは) [単語記事]

ミイラ取りがミイラになる

知り合いにも 割と、そういう傾向のある 危険な人がいるような気がします。 逆転移っていうのは 心理用語だけど 「支援者がクライエントの影響を受けて 自分のコントロールができなくなる状態」だと 思っていただくとわかりやすいかと。 クライエントからイライラをぶつけられるうちに 自分がイライラしてしまうとか 今の時期なら コロナの支援しているはずが 周りのつらさに飲み込まれて 自分の方が 支援が必要な状態になっているのに気づかずに パニクって大騒ぎしちゃってるような そんな感じでしょうか。 個人相談をしていると 「一緒に泣いてくれたのが、うれしかった!」とか 「真剣に話したのに、素っ気ない返事をされた!」とか クライエントさんは セラピストの受け答えに対して いちいち共感や受容を要求しているけど わかってもらえた感が欲しいのは まあ、素人だから仕方ないけど 「すっごくわかる〜!!」 「それ、ひどいよね〜!」 って、セラピストが興奮していたら 冷静なカウンセリングって成立しないので セラピストは能面みたいな 冷静さと客観性は必要。 あと、スパッと 切り替えできないのも 逆転移現象です。 「あのクライエントさんのことが 気になって眠れなかった」なんて人は 一見すると、とても親身になって クライエントさんのことを思っている 素晴らしいセラピストに見えますが 自己管理できずに 公私の境界線キープできずに クライエントに対して 感情移入しちゃってる状態は すでに、プロとしては外れています。 クライエントのエピソードに 揺さぶられることは 誰だってありますよ。 人間だからね。 そこで、揺さぶられる 自分がいるかどうかを 自覚できるかどうかが セラピストに求められる 自己理解です。 どういうエピソードに 自分は、気持ちを揺さぶられる 傾向があるのか?とか それは、なぜか?とか 自分で自分のことが わかっていない支援者は 対象者さんのことを 結果として傷つけてしまう。 自己制御不能なわけだから。 クライエントさんから 「冷たい!」って言われてもね それが、私たちの仕事。 支援者に自分の話をしたら 支援者の方がメンタルやられて 病院通いするようになったら どう思う? 複雑性PTSDのクライエントなら 「ああ、私が迷惑かけたから!」って また、の学習してしまうわけでしょ? 逆転移っていうのは どんな状況やどんなエピソードと向き合っても でん!と構えていられない状態のことです。 トラウマ被曝すると この逆転移は、非常に起きやすいのです。 トラウマ持ちのセラピストは特に。 わざと逆転移を誘発しようとする タチの悪いクライエント (本人は自覚のない症状だから仕方ないけど) も、いたりするので。。 支援者と対象者は 距離感が必要。 その安全と安心の領域は 相互の関係性の中でしか 確認することはできない。 トラウマ持ちのクライエントは もともと猜疑心や不信感が 半端ない状態で来るから 試されますよね、実際。 ほんっとに 「てめ〜、いい加減にしろ!」って 喚きたくなるくらい、執拗な人もいる。 で、思うわけですよ。 これは、症状であって この人ではないって。 トラウマ支援って エクソシストっぽいところも ある気がしています。 トラウマがその人に 憑依している的な。。 あぶない表現になりそうなので 今日は、この辺で。

次の

ミイラ取りがミイラになるの意味を教えて下さい。

ミイラ取りがミイラになる

ミイラ取りがミイラになる (みいらとりがみいらになる) 人を連れ戻しに行った者が、先方にとどまって帰って来られなくなる。 また、人を説得しようとした者が、かえって相手に説得されてしまう。 ミイラ取り 人を連れ戻しに行った者が相手方にとどまり帰ってこない、説得しに行って逆に説得されてしまうことを「ミイラ取りがミイラになる」と表現する。 ではそもそも「ミイラ取り」とはどんな人?ミイラ収集家? ミイラの近くにある宝飾品目当ての盗掘というのもあるが、この言葉の由来となっているのはミイラ自体の盗掘をする人のこと。 防腐処理用のミルラ 没薬 など多くの薬を使って作られたミイラは、15〜17世紀頃のヨーロッパでは万能薬として人気があった。 それゆえミイラの盗掘が後を絶たず、また現場の事故で帰ってこない人も多かったのである。 江戸時代、この薬やミイラ取りの話は日本にも入ってきた。 ミイラ取りがミイラになるという表現は、何日も遊郭に泊まっている人を 連れ戻しに行った人が一緒にハマってしまう、という状況を表すものとして流行したという。 漢字表記の「木乃伊」は、オランダ語のmummieの音訳と言われている。 ミイラには一種の漢方薬として不老不死の薬効があると信じられ、珍重された。 そのため、ミイラを取ることをなりわいとする者が増えた。 なお、ミイラを取るためには墳墓の中に入ったり、 砂漠を越えたりする必要があることから危険がつきまとい、ミイラを探す人間が行き倒れることもあった。 彼らの死体がどれほどの確率で自然乾燥によりミイラ化したかは不明であるものの、このことを指して ミイラ取りがミイラになるという言葉が生まれた。 これにより数多くの盗掘が行われ、近現代の考古学研究を阻害する要因となった。 また、薬としてのミイラは日本にもかなり輸入されていた。 Wikipediaより.

次の

「ミイラ取りがミイラになる」とは?意味や使い方を解説!

ミイラ取りがミイラになる

息子がゲームセンターにハマりすぎてしまった。 父は息子を連れ戻しに行ったが、父まで ミイラ取りがミイラになったように帰って来なかった。 彼女の悩みを聞いていたはずのあなたが、まさか悩みを相談する側になるなんて。 まるで ミイラ取りがミイラになったようね。 「ミイラ取りがミイラになる」の由来 「ミイラ取りがミイラになる」の由来としては、以下の2つの説があります。 日本国内での出来事が「ミイラ取りがミイラになる」と表現されたという説 ミイラは、戦国時代にはポルトガル貿易船を経て、日本に輸入されていました。 江戸時代には、高価な薬として庶民に知られていました。 しかし、昔の航海は今ほど安全ではなかったので、輸入する途中で事故に遭ってしまうことも少なくありませんでした。 事故に遭うことにより、ミイラを取りに行ったはずの人がミイラのようになって帰ってきたことから「ミイラ取りがミイラになる」と表現したと言われています。 エジプトでの出来事が「ミイラ取りがミイラになる」と表現されたという説 ミイラを作るためには防腐剤が必要でした。 しかし、その防腐剤を作るための薬を手に入れることは非常に難しく、数々の危険が伴っていたと言われています。 ミイラを作る目的なのに、薬を手に入れる前に、砂漠の途中で倒れてしまって自分もミイラになってしまったことが、この言葉の始まりだとされています。 まとめ 以上、この記事では「ミイラ取りがミイラになる」について解説しました。 意味 人を説得しようとしたのに、逆に相手に説得されてしまうことのたとえ 由来 ミイラを取りに行ったはずが自分がミイラのようになって帰ってきたこと 類義語 木菟きが木菟も引かれる、人捕る亀が人に捕られる、懐柔されるなど 英語訳 Many go out for wool and come home shorn. 羊毛を刈りに出かけ、毛を刈られて帰ってくる者が多い。 戦国時代には、洋服や地球儀など様々な文化が日本に伝わっていることから、外国から大きな影響を受けていたことがわかります。 ちなみに、湿度の多い日本では、乾燥するミイラを作ることができませんでした。

次の