気分次第です僕は 歌手。 ゆず 濃 歌詞&動画視聴

うたまっぷ歌詞検索/歌手:東京プリン/歌詞一覧

気分次第です僕は 歌手

坂田Said 入学式も終わり、今から部活見学!僕は剣道部と軽音部掛け持ちするんだ! ちなみに、センラは軽音部だけらしい!剣道部は明日だから今日は軽音部へ向かっているよ! センラとね! 「なーにニヤニヤしとんや?坂田。 変な返事がてできてしもうたわ。 絶対笑われる!! うん。 絶対! 「ふぉえってwwwwwwふぉえってwwwwwww腹筋がぁwwwwふぅwww」 「ちょっとセンラ笑いすぎ!」 ま、だいたい予想はできとったけど.... 本格的に泣けてきた... なんかセンラオロオロしとるけど、もう知らん! 「さ、坂田ごめんって!私が悪かったけん!な?泣きやもうや!」 「うぅ... でも耐えろ坂田!サラダチキンのためだ! 耐えるんだ! 「ありがとうな!坂田!」 「ぐはっ... う、うん... 」 しかもあんな満面の笑みを浮かべながら言われたら許すしかないやろ! くそぅ... かわええな! 「坂田ー着いたでー。 」 「おお!着いたー!」 しかし... 防音室かな?全然音が聴こえないや。 僕が開けるー!みたいな表情浮かべたからか、センラは後ろ行ってくれるし。 よし、入るか。 「失礼しま ゴスッ... 僕が軽音部の部室のドアを開けると同時に謎のふさふさのでかい物体が僕の顔にクリーンヒットしたのだ。 なにこれ... たぬき?たぬきなの?可愛いけど... 「やまだぬきちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!」 「「!?!?!?!?!?!?」」 この謎のふさふさたぬき ? は、やまだぬきというのか。 「えっとお前、怪我ない?」 「あーうんえっと大丈夫... 」 男っぽい口調だなー。 それが第一人称。 「お前ら、1年だよな。 軽音部へようこそ。 さ、どうぞ入って〜。 」 「え?は、はい」 先輩だったんだ.... 背ちっちゃいから同級生かと思った... すいません。 「そらるさーん。 1年きたよー」 「ん... zzzZZ」 え!?なんか寝てるんだけど! それはセンラも同じことを考えていたようで。 「なんか変わった人達やなー... 」 「うん... そうだね.... 」 おっと全員集まってきた。 自己紹介でもするんか? 「待たせてごめんね、2人とも。 じゃあ、自己紹介しようか。 」 お、やっぱり僕らもするのかな? 「俺... そらる... よろしく..... zzzZZ」 眠そうですねっと。 ? 「俺。 うらたぬき。 2年、生徒会副会長。 さっきのそらるさんが生徒会長。 よろしく。 あ、あと背の事について触れたら殺す。 」 意外ときっちりしてますねっと。 ふむふむ背の事について触れたら殺されるんだ。 センラなんて苦笑いだし。 ? 「はいはーい。 俺、志麻。 2年生!好みはショートカット美脚美女!よろしく!」 チャラくて不良っぽいですねっと。 まーしぃって呼ぼう。 お次は... ? 「はい!僕は、まふまふ!2年生の、風紀委員副委員長!軽音部の何でも屋って言われてるよ!よろしくね!」 元気ですねっと。 仲良くなれそう。 僕らもするのかな... ? 「私らもしますよね。 えっと、センラです。 坂田の幼馴染です。 作曲などはできませんが、ギターなどは弾けます。 よろしくお願いします。 「初めてだからさ。 なんか歌おうか。 俺から... 」 「おお!そらるさん、珍しいですねー!」 いや部長なんだから当たり前だろ。 と言う思いは心の奥底にしまっておこう。 「じゃ、モザイクロールで。 」 とある言葉が君に突き刺さり 傷口から漏れ出す 液を愛と形容してみた 思いやりの欠如と形だけの交尾は 腐れ縁の君と私によく似ている それでも好きとか 笑 おおおおおーーー!!!すごい!さっきまでの眠気はどこ行ったんだ! 歌上手いなー。 将来歌手にでもなればいいのに! ん、次だ! 「じゃあじゃあ!次はボク!」 まふまふさんかー!普段の声も高いもんなー! さて!どんなもんだい! 「じゃあ、夕暮れ蝉日記で!」 「これはまふ自身が作曲したやつだからなー。 」 蝉の声が聞こえますか? 夢を教えてくれますか? だいたいどれも嘘つきなようで君も何処かへ 虚ろ虚ろ転んでばっか小さな器に溢れて 何処か寂しげな横顔も ただそれだけのことも揺れる涙に濡れてく たっか!サビたっか!あとこれ自分で作曲したんか!すっごい! あと音全然ずれてない!やっべぇぞ! お次は... ? 「志麻くん一緒に歌おう。 」 「ん、ええよー」 おお!うらさんとまーしぃだ!ワクワク!ドキドキ! 「鏡花水月でいいかな?」 「おん。 ええよ。 」 「これもまふが作曲したやつだからな?」 はぐれないようにとつぶやいてボクの裾をつかんだ 静けさがずっと続いたような あの夏空の下 五月闇が明けて 瞳の映写機の中 走り寄る君の愛しさ もう戻らない おおお!!!うらさん低いのいけるんだ!すごい! てか全員終わったよな?次は僕ら? 「えっと、僕は、キミノヨゾラ哨戒班歌います!」 気分次第です僕は敵を選んで戦う少年 叶えたい未来もなくて夢に描かれるのを待ってた そのくせ未来が怖くて明日を嫌って過去を呪って もうどうしようもなくて叫ぶんだ 明日よ明日よもう来ないでよって そんな僕を置いて月は沈み日は昇る けどその夜は違ったんだ 君は僕の手を 部室が一気に静かになった。 歌い終わった僕が息を整えていると、最初に口を開いたのはうらさんだった。 「坂田!お前すごいじゃん!歌手になれるよ!絶対!それくらいすごい!」 「え?え?ちょ、うらさん?」 部室の中にいるみんなも必死に頷いている。 そんなにうまかったかなぁ... センラはカラオケ行ったら超高得点出すからな。 なに歌うんだろ。 「えっと、じゃあ妄想感傷代償連盟歌いまーす... 」 言っちゃったもうちょっとだけ隣にいたい いやいやまさか延長はうざい ごめんなさい帰ってね 二酸化の炭素君の濃度 はまってたいよ泥沼の夢に 身勝手だって言われてもペロリ 不安じゃない未来はない その顔に生まれ変わりたいな 知っちゃった大嫌いを裏返したとて そこに大好きは隠れてないと 叶えたいこの思い甘えすぎ太る心周り ふぁっと思いスリムを掲げよう 出会った頃と同じようになろう 思い描く理想郷 血走る願いはやがて安堵 もう!全く!相変わらずお歌がお上手ですこと! 「すごいでしょ!センラの歌!」 「何でお前が自慢しとんねん!」 「すっげぇ!本当にすげぇ!センラのビブラート!名付けてセンラート!」 センラート!いいね!これから使お! それにしても、みんな上手いなー... 「はい。 坂田くんとセンラちゃん、入部届け。 」 「「ありがとうございます!そらるさん!」」 さて、これから新しい生活が始まるっ! [newpage] あとがき。 えっと。 長くなってすいませんでした。 みみです。 部活見学終わりましたので、次からは入部後から書いていこうと思います。 最初はさかうらから進めていこうと思います! あと、新しい設定! まふちゃんは風紀委員副委員長です! それだけです!それでは! 〜また次回〜 坂田Said 入学式も終わり、今から部活見学!僕は剣道部と軽音部掛け持ちするんだ! ちなみに、センラは軽音部だけらしい!剣道部は明日だから今日は軽音部へ向かっているよ! センラとね! 「なーにニヤニヤしとんや?坂田。 変な返事がてできてしもうたわ。 絶対笑われる!! うん。 絶対! 「ふぉえってwwwwwwふぉえってwwwwwww腹筋がぁwwwwふぅwww」 「ちょっとセンラ笑いすぎ!」 ま、だいたい予想はできとったけど.... 本格的に泣けてきた... なんかセンラオロオロしとるけど、もう知らん! 「さ、坂田ごめんって!私が悪かったけん!な?泣きやもうや!」 「うぅ... でも耐えろ坂田!サラダチキンのためだ! 耐えるんだ! 「ありがとうな!坂田!」 「ぐはっ... う、うん... 」 しかもあんな満面の笑みを浮かべながら言われたら許すしかないやろ! くそぅ... かわええな! 「坂田ー着いたでー。 」 「おお!着いたー!」 しかし... 防音室かな?全然音が聴こえないや。 僕が開けるー!みたいな表情浮かべたからか、センラは後ろ行ってくれるし。 よし、入るか。 「失礼しま ゴスッ... 僕が軽音部の部室のドアを開けると同時に謎のふさふさのでかい物体が僕の顔にクリーンヒットしたのだ。 なにこれ... たぬき?たぬきなの?可愛いけど... 「やまだぬきちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!」 「「!?!?!?!?!?!?」」 この謎のふさふさたぬき ? は、やまだぬきというのか。 「えっとお前、怪我ない?」 「あーうんえっと大丈夫... 」 男っぽい口調だなー。 それが第一人称。 「お前ら、1年だよな。 軽音部へようこそ。 さ、どうぞ入って〜。 」 「え?は、はい」 先輩だったんだ.... 背ちっちゃいから同級生かと思った... すいません。 「そらるさーん。 1年きたよー」 「ん... zzzZZ」 え!?なんか寝てるんだけど! それはセンラも同じことを考えていたようで。 「なんか変わった人達やなー... 」 「うん... そうだね.... 」 おっと全員集まってきた。 自己紹介でもするんか? 「待たせてごめんね、2人とも。 じゃあ、自己紹介しようか。 」 お、やっぱり僕らもするのかな? 「俺... そらる... よろしく..... zzzZZ」 眠そうですねっと。 ? 「俺。 うらたぬき。 2年、生徒会副会長。 さっきのそらるさんが生徒会長。 よろしく。 あ、あと背の事について触れたら殺す。 」 意外ときっちりしてますねっと。 ふむふむ背の事について触れたら殺されるんだ。 センラなんて苦笑いだし。 ? 「はいはーい。 俺、志麻。 2年生!好みはショートカット美脚美女!よろしく!」 チャラくて不良っぽいですねっと。 まーしぃって呼ぼう。 お次は... ? 「はい!僕は、まふまふ!2年生の、風紀委員副委員長!軽音部の何でも屋って言われてるよ!よろしくね!」 元気ですねっと。 仲良くなれそう。 僕らもするのかな... ? 「私らもしますよね。 えっと、センラです。 坂田の幼馴染です。 作曲などはできませんが、ギターなどは弾けます。 よろしくお願いします。 「初めてだからさ。 なんか歌おうか。 俺から... 」 「おお!そらるさん、珍しいですねー!」 いや部長なんだから当たり前だろ。 と言う思いは心の奥底にしまっておこう。 「じゃ、モザイクロールで。 」 とある言葉が君に突き刺さり 傷口から漏れ出す 液を愛と形容してみた 思いやりの欠如と形だけの交尾は 腐れ縁の君と私によく似ている それでも好きとか 笑 おおおおおーーー!!!すごい!さっきまでの眠気はどこ行ったんだ! 歌上手いなー。 将来歌手にでもなればいいのに! ん、次だ! 「じゃあじゃあ!次はボク!」 まふまふさんかー!普段の声も高いもんなー! さて!どんなもんだい! 「じゃあ、夕暮れ蝉日記で!」 「これはまふ自身が作曲したやつだからなー。 」 蝉の声が聞こえますか? 夢を教えてくれますか? だいたいどれも嘘つきなようで君も何処かへ 虚ろ虚ろ転んでばっか小さな器に溢れて 何処か寂しげな横顔も ただそれだけのことも揺れる涙に濡れてく たっか!サビたっか!あとこれ自分で作曲したんか!すっごい! あと音全然ずれてない!やっべぇぞ! お次は... ? 「志麻くん一緒に歌おう。 」 「ん、ええよー」 おお!うらさんとまーしぃだ!ワクワク!ドキドキ! 「鏡花水月でいいかな?」 「おん。 ええよ。 」 「これもまふが作曲したやつだからな?」 はぐれないようにとつぶやいてボクの裾をつかんだ 静けさがずっと続いたような あの夏空の下 五月闇が明けて 瞳の映写機の中 走り寄る君の愛しさ もう戻らない おおお!!!うらさん低いのいけるんだ!すごい! てか全員終わったよな?次は僕ら? 「えっと、僕は、キミノヨゾラ哨戒班歌います!」 気分次第です僕は敵を選んで戦う少年 叶えたい未来もなくて夢に描かれるのを待ってた そのくせ未来が怖くて明日を嫌って過去を呪って もうどうしようもなくて叫ぶんだ 明日よ明日よもう来ないでよって そんな僕を置いて月は沈み日は昇る けどその夜は違ったんだ 君は僕の手を 部室が一気に静かになった。 歌い終わった僕が息を整えていると、最初に口を開いたのはうらさんだった。 「坂田!お前すごいじゃん!歌手になれるよ!絶対!それくらいすごい!」 「え?え?ちょ、うらさん?」 部室の中にいるみんなも必死に頷いている。 そんなにうまかったかなぁ... センラはカラオケ行ったら超高得点出すからな。 なに歌うんだろ。 「えっと、じゃあ妄想感傷代償連盟歌いまーす... 」 言っちゃったもうちょっとだけ隣にいたい いやいやまさか延長はうざい ごめんなさい帰ってね 二酸化の炭素君の濃度 はまってたいよ泥沼の夢に 身勝手だって言われてもペロリ 不安じゃない未来はない その顔に生まれ変わりたいな 知っちゃった大嫌いを裏返したとて そこに大好きは隠れてないと 叶えたいこの思い甘えすぎ太る心周り ふぁっと思いスリムを掲げよう 出会った頃と同じようになろう 思い描く理想郷 血走る願いはやがて安堵 もう!全く!相変わらずお歌がお上手ですこと! 「すごいでしょ!センラの歌!」 「何でお前が自慢しとんねん!」 「すっげぇ!本当にすげぇ!センラのビブラート!名付けてセンラート!」 センラート!いいね!これから使お! それにしても、みんな上手いなー... 「はい。 坂田くんとセンラちゃん、入部届け。 」 「「ありがとうございます!そらるさん!」」 さて、これから新しい生活が始まるっ![newpage] あとがき。 えっと。 長くなってすいませんでした。 みみです。 部活見学終わりましたので、次からは入部後から書いていこうと思います。 最初はさかうらから進めていこうと思います! あと、新しい設定! まふちゃんは風紀委員副委員長です! それだけです!それでは! 〜また次回〜.

次の

日曜日を

気分次第です僕は 歌手

指原莉乃の熱愛!元彼氏写真!文春記事より 何と記事の内容は「ファンとの熱愛」です! アイドルがファンと・・・ファンの方からすれば夢のような話ですね笑 「AKB48指原莉乃は 超肉食系でした」 2012年6月号の週刊文春で、元カレとされる男性が指原莉乃との熱愛を暴露。 指原莉乃が研究生時代に付き合っていたことが公になりました。 文春より• 「冗談半分ですけど、『 結婚しよう』なんて話したこともあった」• 「お泊まりはたった一回、東新宿駅前のビジネスホテルだった」• 「デートのペースは二、三週間に一度。 毎日、平均七時間は電話をしたという」• 関係が終わったのは09年秋、Aさんのほうから別れを告げたという」 研究生時代の話とはいえ、衝撃です。 毎日7時間ってすごいですね! まさに熱愛です! これだけでもなかなか衝撃的な内容ですが、 加えて 業界関係者とも関係があったと噂されて居ます! 「その時期は僕と付き合ってたはず……」 話題になっている指原さんの元カレと付き合っていた当時と時期が被っているということで、別の男性が週刊文春に暴露しています。 「でも、い、言われてみれば、メールも電話も彼女の気分次第でした…… 二股だったんですね」 「(指原が)気が多いというのは、内部では有名な話でした。 いろんな人に『好きです』って粉かけてたし、つられて十字架のネックレスを贈ったスタッフもいた」 「僕に順番が回ってきたのは09年の春。 仕事中に、彼女が『アドレス教えてください』って。 何度か断ったんですけどね負けしてメアドを書いた紙を彼女の私物に紛れ込ませたんです」 「ろくにデートもできなかったけど、現場で顔を合わせると、周りに人がいないのを確認して 『好きだよ』って耳打ちしてきたり。 そういうのが楽しかった。 毎晩のようにウィルコムで長電話もしました。 AKBの先輩の愚痴とか、劇場にくるオタクの話とか……」 内容がリアルです。 これが本当ならば、相当な肉食系ですね! さっしーの恋愛観!文春報道で暴露 では、実際に掲載された記事を見ていきましょう 指原莉乃のスキャンダルが発覚したのは、2012年6月のAKB48総選挙4位になった直後、週刊文春にファンとの交際をしていた内容が掲載された。 がっつり特集されてますね! 以下が記事内容です。 元カレのAさんは都内に住むジャニーズ系のイケメン学生 Aさんは月8万円のバイト代をつぎ込み、劇場に頻繁に通い、名前を覚えてもらうためにファンレターを何通も書いた その後、Aさんは 指原のメアドをゲット、メル友になった そこから付き合うのはあっという間だった デート場所は原則、指原の自宅 Aさんは朝5時に起き、学校を休んで電車で2時間かけて指原のマンションに向かった Aさんの携帯には、指原の部屋で撮られた 彼女の胸元や脚のアップなど、かなりセクシーな写真の数々が保存されている 元カレにとっては、今でも甘酸っぱい思い出 だが、指原本人に聞くと、「Aさんは友達」と言って譲らない元カレ発言 彼女は超肉食系でしたよ(笑) 初めて彼女の家に遊びに行ったとき、指原は僕より一つ年下なのにマセていて、『何でずっと下見てるの?』『もっとこっち来なよ』って 僕の手を自分の太ももの上におきました。 こんな感じで迫られたらたまりません 涙 かなり積極的でいかにも肉食女子って感じですが。 こんな迫られ方をされて我慢できる男性はっているんでしょうか?笑 同時に彼への愛も感じます。 さしこの「鼻」をドアップしてみた! 僕は、そんな「鼻」さえ愛してみせる!! 詳しくは以下のリンクをクリック! ベッドでキスシーン写真が流出 実際に掲載された写真も見ていきましょう。 これは指原さんの身分証明書の一部ですね。 記事になった元カレさんが提供したようです。 名前もあっており、顔も一致しています。 以前テレビで紹介されていた学生証と全く同じものなので 本物と考えて良いと思います。 身分証の画像なんて、 相当仲が良くないと入手できないですよね笑 さらに、キスプリクラも提供されています。 横顔なので本人である確証はもてませんが、 もう本人にしか見えないです(涙) 羨ましいことこの上ないです。 顔が写っていて本人とほぼ確定的にわかる画像は他にも提供されています。 これは 完全に本人ですね笑 それにしても可愛い・・・ 指原莉乃はこんな感じで自撮り写真を彼氏に何枚か送っていたようです。 指原莉乃は自ら自撮り写真を送ったというように記事に書かれていたんですが、アイドルがそんな自ら積極的に写真を送ることってありえるのかは疑問が残ります。。。。 あとで危険がいっぱいですよね! (案の定、スキャンダルになっちゃったけど) 実際は 彼氏にねだられて写真を送ってしまったんだろう いう憶測が飛び交っています。 そして、もっともインパクトがあった画像がこちら。 指原莉乃と彼氏との ベッドでの写真としてネットで広まったものです。 週刊実話には「衝撃写真」として載って話題になりました。 例を見ないほど問い合わせや苦情が殺到したと関係者は語っています。 スキャンダルには気をつけて、これからもみんなのアイドルでいて欲しいですね!.

次の

アスノヨゾラ哨戒班の歌詞を教えてください

気分次第です僕は 歌手

愛妙、、、など 有名どころの重唱をしっかり歌ってくださってます。 偉そうに講師として行かせて頂いてますが この前向きの気合いはこちらの良い刺激になってます。 4月の末に発表会も。 僕も助演で何曲か歌わせて頂きます。 皆様謙虚で歌う事が好きで そして元気。 僕が歌で関わっている人生の先輩方は 共通してみんな元気。 そしてその後、息子を奥さんの実家にお迎えに。 合流すると今JRとでやっているのスタンプラリー! 丁度、迎えに行った駅がスポットで 始まってました。 お迎えに行ったら スタンプラリー始まってた🤣 — 岡坂弘毅 boccadelmonte 朝一、元気な人生の先輩方と そして昼過ぎからずっと高いテンションと 尽きない体力を持つ息子と その後そんな息子と変わらず元気な 子供達と稽古。 毎年この時期にある子供創作コンサート。 オブミュージックですが セリフは演出の境先生オリジナル。 歌もたくさんの挿入歌、そしてオリジナルの歌詞。 僕も少し出演させて頂きます。 息子は2歳半から稽古に参加、 翌年には出演しました。 子供の覚えるスピードが早く セリフも歌も踊りも凄い量なのに あっさり覚えていきます。 毎年楽しんでるし感動してます。 今年もすでに感動中。 これが始まると今年も始まった感じがしますねー! okasakahiroki.

次の