ウィルスバスター インストール。 ウイルスバスター クラウド 月額版|光ファイバー、インターネット接続サービスのメガ・エッグ(MEGA EGG)

ウイルスバスター クラウド 月額版|光ファイバー、インターネット接続サービスのメガ・エッグ(MEGA EGG)

ウィルスバスター インストール

インストールしていたウイルスバスターを入れ直すことにしました。 ちなみにこのウィンドウズ8のPCは、 シリアル番号登録3番目のマシンだったので、 3番目に登録したPCの情報を消して、 新しく情報を入れなおすという手順になるようです。 やり方をメモ代わりに記載しておきます。 このURLによると、 「2台目、3台目のコンピュータにウイルスバスター クラウドをインストールした後、 識別用ニックネームの設定を行うことで、ご使用いただけます。 」 とのことなので、 まずはウイルスバスタークラウドのインストールをしますが ウイルスバスター クラウドの動作要件をチェックしておきましょう。 動作要件がOKなら、インストールです。 各OSごとのダウンロード画面を確認し、 まずは、DL開始します。 ダウンロードフォルダに、「TrendMicroのDownloader」のアプリケーションが入ったので、 そのままだダブルクリックすると、自動インストールが開始されます。 PCを買ったときに、3か月お試しの、ウイルスバスタークラウドが入ってたので、 「変更されるすべての初期設定にもどるけどいいですか?」 ときいてきました。 とくに例外設定もなかったので、 「はい」をクリック。 そのまま、インストール準備が実行されるので、 その間他の作業をして待ちます。 しばらくすると、 「インストールを完了するために、 PCを再起動して、システムの変更を有効にしてください。 」 という画面がでてくるので、 「今すぐ再起動」をクリック。 ウインドウズ8の場合には、 PC再起動後に「デスクトップ画面」の表示してください とのことです。 無事起動ができたら、 今度は取得済みのシリアル番号を記入。 ちょっとインストール中は時間かかるので、 他の作業をして待ちます。 使用許諾契約の確認事項で 「脅威情報をトレンドマイクロへ送信する」にチェックを入れて、 「同意してインストール」をクリックしますが。。。 前にいれたウィンドウズ8の登録情報が残っていたので、 「登録できる台数の上限を超えています。 」 とでてきたので、 登録情報の変更を行わなければなりません。 ここで前に登録するときに設定したパスワードをいれて、 「コンピュータのへ情報の変更」の画面へ。 (パスワード忘れたときは、登録メールアドレスを用いて再発行ができます。

次の

ウイルスバスター クラウド 月額版|光ファイバー、インターネット接続サービスのメガ・エッグ(MEGA EGG)

ウィルスバスター インストール

ウイルスバスター Corp. クライアントをインストールするには、複数の方法が用意されています。 ここで紹介するインストール方法は、ウイルスバスター Corp. サーバへネットワーク接続できるクライアントコンピュータに対して、インストールしたいクライアントコンピュータ側で操作が可能な場合にお勧めのインストール方法です。 AutoPcc. exeの実行によるインストールの特徴• インストールしたいコンピュータ側から、ネットワーク越しにサーバ内のファイル(AutoPcc. exe)を実行するだけですので、インストール作業が簡単です。 インストールしたいクライアントコンピュータ側からの操作でインストールできます。 サーバ側から一括で多数のコンピュータにインストールしたい場合は 以下の方法をお勧めします。 インストールしたいコンピュータが、ウイルスバスター Corp. サーバとネットワーク接続できる必要があります。 ネットワーク接続環境のないスタンドアロンのコンピュータにインストールする場合は、 の方法をお勧めします。 インストール時の注意事項• サーバとインストール対象のクライアントコンピュータ間の双方向間で、NetBIOS セッション 初期設定137~139、445ポート が使用可能である必要があります。 ウイルスバスターCorp. 操作方法 インストール対象のコンピュータから、ウイルスバスター Corp. サーバのコンピュータへアクセスします。 Windowsの[スタート]メニューから[ ファイル名を指定して実行 ]をクリックし、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開きます。 ヒント お客様の環境でサーバとクライアントコンピュータ間のアクセスに認証の制限を設けている場合は、下記のようなユーザ名やパスワードを入力画面が表示されることがあります。 その際は、ネットワーク管理者にご相談の上、認証に必要なユーザ名とパスワードを確認し、入力してください。 サーバへアクセスできたら、「ofcscan」フォルダが見えている事を確認します。 「 ofcscan 」フォルダ内の「AutoPcc. exe」をそのままダブルクリックし実行します。 " Windows Vista ", " Windows 7 "の場合は、「AutoPcc. exe」を右クリックし、表示されたメニューから「管理者として実行」をダブルクリックします。

次の

「ウイルスバスター(TM)2007」インストールする方法: images.munchpunch.comサポート情報

ウィルスバスター インストール

インストールしていたウイルスバスターを入れ直すことにしました。 ちなみにこのウィンドウズ8のPCは、 シリアル番号登録3番目のマシンだったので、 3番目に登録したPCの情報を消して、 新しく情報を入れなおすという手順になるようです。 やり方をメモ代わりに記載しておきます。 このURLによると、 「2台目、3台目のコンピュータにウイルスバスター クラウドをインストールした後、 識別用ニックネームの設定を行うことで、ご使用いただけます。 」 とのことなので、 まずはウイルスバスタークラウドのインストールをしますが ウイルスバスター クラウドの動作要件をチェックしておきましょう。 動作要件がOKなら、インストールです。 各OSごとのダウンロード画面を確認し、 まずは、DL開始します。 ダウンロードフォルダに、「TrendMicroのDownloader」のアプリケーションが入ったので、 そのままだダブルクリックすると、自動インストールが開始されます。 PCを買ったときに、3か月お試しの、ウイルスバスタークラウドが入ってたので、 「変更されるすべての初期設定にもどるけどいいですか?」 ときいてきました。 とくに例外設定もなかったので、 「はい」をクリック。 そのまま、インストール準備が実行されるので、 その間他の作業をして待ちます。 しばらくすると、 「インストールを完了するために、 PCを再起動して、システムの変更を有効にしてください。 」 という画面がでてくるので、 「今すぐ再起動」をクリック。 ウインドウズ8の場合には、 PC再起動後に「デスクトップ画面」の表示してください とのことです。 無事起動ができたら、 今度は取得済みのシリアル番号を記入。 ちょっとインストール中は時間かかるので、 他の作業をして待ちます。 使用許諾契約の確認事項で 「脅威情報をトレンドマイクロへ送信する」にチェックを入れて、 「同意してインストール」をクリックしますが。。。 前にいれたウィンドウズ8の登録情報が残っていたので、 「登録できる台数の上限を超えています。 」 とでてきたので、 登録情報の変更を行わなければなりません。 ここで前に登録するときに設定したパスワードをいれて、 「コンピュータのへ情報の変更」の画面へ。 (パスワード忘れたときは、登録メールアドレスを用いて再発行ができます。

次の