カニ 漁船 求人。 報酬1500万円以上? カニ漁について

マグロ漁船の給料・収入や求人・バイト情報まとめ「女性や借金返済の人も乗る」は実話?

カニ 漁船 求人

求人広告に出ない職業って、興味が湧きますよね。 実際に働くのは別次元の話ですけど。 マグロ漁船やカニ漁の話は稼げる裏バイトとして有名です。 噂だけでマグロ漁船やカニ漁で実際に働いた訳ではない。 でも、 なぜか噂が独り歩きしている職業というのは昔から存在したという。 求人広告に出ないからこそ興味が湧く 求人広告に出てるカテゴリーは業務内容や収入のある程度の目安は察しが付きますが? 知人、友人が働いてたり、過去働いたことがあったりで…でも、 マグロ漁船やカニ漁は身近にいないんですよね、 働いた経験のある人が。 「マグロ漁船は半年間船が出たら帰って来ない」 「年収は600万位で船が出てる間は金使わないから貯まり放題」 なんて噂とか。 カニ漁は更に高収入で数千万も夢ではないが、 荒れ狂う海を小さな船でいくので、相当な危険を伴うなど…。 うわさにしては具体的と言うか、興味をそそる内容ですよね。 さっきも言いましたが、やるやらないは別の話ですが。 こういう話って盛り上がりますよね。 特に若いときは話のネタになりますしね。 自分が今抱えている現実ってあるじゃないですか。 ローンを毎月いくら払ってて、家賃はウン万払ってて。 月によっては厳しい支払いの時があったりするんですけど、 なかなか厳しい状況を一変させるような高収入の職業って夢があり ますよね。 でも、 今のようにネットが全く発達していない時代から、 この手の稼げる裏バイト話はありましたので、 みんな興味があったんでしょうね。 そして、口コミの力。 現在はネットで大概の事は調べられるようになりましたが・・・ マグロ漁船乗組員は本当に過酷 一度船を出れば半年~1年帰ってきません。 これが、 どんなに大変なことか知るよしもないですが、半年~ 1年具合が悪くなっても怪我をしても、 引き返す訳にはいきません。 その間病院もありませんので、 適切な医療を受けられません。 しょっちゅう、風邪を引いたり、 ホームシックに掛かるようなヤワな人が務まるわけもなく、 普通の仕事を選んだ方が無難です。 マグロ漁船の乗組員は屈強な肉体と精神力が必要な過酷な仕事にな ります。 過酷さに収入に見合っていない船員 マグロ漁船の乗組員は過酷です。 見習いの乗組員なんか、30万~ 40万程度と言われ、過酷さに見合っているのかは微妙です。 船の上ではお金は使うところがないので、 貯まる一方でそういう意味では数年働けば、 ある程度まとまった貯金は出来るかもしれません。 しかし、サラリーマンのように夕方になれば、 家に帰れるわけではなく、週末、 旅行やゴルフに行けるわけではありません。 彼女と食事にもデートに行けるわけでもありません。 ある意味、乗組員は船が出て帰ってくるまでは、 ずっと仕事してると同じ。 友人にLINEも出来ないし、 電話も出来ないです。 拘束時間を時給換算したら、 コンビニで働くよりも低い計算になります。 スポンサーリンク 船上はプライベートがまったくない世界 船を出せば、そこは男だらけの世界、 プライベートがまったくない空間。 どんな奴がいるかも分からないし、 生理的に受け付けない人がいても不思議ではありません。 こういった男だらけの職場というのは、 独特のしきたりがある場合が多く、 先輩の言うことは絶対という事が多いです。 体育会系の寮生活を経験した人なら耐えられるかも知れません。 船を出してしまえば外部の情報は入ってこないし、 第3者の目というものがありません。 PCはもちろんスマホも使えません。 常に最新の情報を見ないと落ち着かない、 という現代人もマグロ漁船の乗組員は向いていないでしょう。 マグロ漁船乗組員は上下関係重視の体育会系。 情報が遮断され、 昭和初期のような生活が待っています。 長年船員やってるベテランならまだしも、 先日まで普通の仕事をやってた人が耐えられるかどうかは微妙です。 昔は確かに稼げたマグロ漁船乗組員 今は船長クラスで700万程度ですが、 昔はもっと高収入だったそうです。 よく、 借金で首が回らなくなったら「マグロ漁船で働け」 と言われた時代はずっと昔の話のようです。 昔、 日本で食べてたマグロは全てこういったマグロ漁船で取れたものが 、食卓に並んでいましたが、 現在は多くの国からマグロが安く輸入されています。 そういった時代背景からマグロ漁船も減っていき、 今はほとんど乗組員の求人は募集していません。 しかし、 稼げる裏バイトとして噂が独り歩きしてますので、 乗組員の問い合わせが、いまだに多いそうです。 カニ漁は超高収入で一攫千金の可能性も マグロ漁船は衰退していますが、 カニ漁はさらに過酷度は増しますが、 高収入の可能性はグッと上がります。 国内ではありませんが、ベーリング海峡のカニ漁は有名です。 船は小さいので大きく揺れます。 誤って海に落ちれば、 どんな鍛え抜かれた猛者でも3分持たないと言われている最も危険 な場所です。 マグロ漁船は大きいですが、 カニ漁の漁船は小さいので転覆の恐れがあります。 実際、 荒れ狂う海に飲まれ、 転覆して数十名の船員が行方不明や亡くなる事故も毎年起きていま す。 いやいや、過酷過ぎますね。 お金は確かに大事ですけど、 命に関わる仕事ですので慎重に考えるべきだと思います。

次の

カニ漁船の仕事って高収入みたいですけど命の危険はマジであるので...

カニ 漁船 求人

カニ漁船漁師になるには? かに漁船漁師になるには、特別な資格をとったり特別な学校に行く必要はありません。 学校であれば水産学校などを出ていると漁師の道に進みやすいといえば進みやすいのですが、必須の学歴であるというわけではないですね。 カニ漁船漁師になるには、学歴よりもやる気と能力と体力が大切です。 漁師というのはそれなりに危険が伴う仕事。 海というのはいつ何が起こるのかわからない場所です。 人間があまり踏み入れることのできない場所である海にこぎ出し、かにをとる。 簡単なことではありませんし、漁師は体力仕事です。 年に数ヶ月の期間だけ漁に出るとはいっても、その数ヶ月は動きっぱなしです。 実際に漁をするときであっても、それまでの航海時でも船員としての仕事・漁師としての仕事があります。 それぞれ何かしらの役割を持って動くことになり、その役割を果たすために日夜働き続けなければなりません。 漁船は一人抜けてしまったら全体の機能に影響が出てしまうもの。 かなり過酷な仕事ですから、体力と能力が高いことは必須。 なりたいのであればまずは体力づくりから始めてみましょう。 カニ漁船漁師の求人ってどこで探すの? カニ漁船漁師の求人は、普通に探してもあまり出てきません。 毎年律儀に新卒者を採用しているということでもないので、各漁船の求人募集はかなり不定期的。 確実に求人を探す方法はあまりありませんが、全国漁業就業者確保育成センター主催の就業支援フェアに参加するのが一番の近道でしょう。 毎年行われるその就業支援フェアでは、全国の漁師と漁師になりたい人が集まって交流をします。 就業支援や相談を行っていたり、大きなイベントです。 そこに参加すると、実際にカニ漁師として仕事をしている人たちと直接面談ができる、交流ができる。 そこでとんとん拍子に拾われるということもあります。 就業支援フェアと銘打っていますが、各漁船の漁師からしたら貴重な人材確保の場所ともなっているイベント。 カニ漁船漁師の求人は探すものではなく、直接出向いて掴み取るものということです。 カニ漁船ってどのくらい船に滞在するの?危険度はどのくらい? カニ漁船の船に滞在する期間は、大体2ヶ月から3ヶ月。 長くても3ヶ月でそれ以上船に滞在して漁を行うということはありません。 短いと1ヶ月程度で終わってしまいます。 2013年のセイコガニ漁は11月6日から12月31の漁期間でかなり短めになっていました。 もちろん、どこにどんなカニをとりに行くのかによっても異なりますが、平均的に2ヶ月から3ヶ月の期間です。 危険度は繰り出す海によって変わります。 例えば石川県のカニ漁や越前のズワイガニ漁なんかだとそこまで危険なものでもありません。 カニ漁師が危険だと言われているのは、ひとえにベーリング海のかに漁師のイメージによるものです。 ベーリング海のかに漁師は儲けてるの? ベーリング海のかに漁師は、驚くほどに儲けているという噂があります。 稼いでいる人は3ヶ月の漁で年収1億円ほど儲けてる。 それ以外の人でも数千万円儲けているそうです。 ただ、そんな一攫千金な仕事ですが、その年収の高さには理由があります。 ベーリング海のカニ漁師について少し調べると「世界一過酷な仕事」という言葉が出てくる。 つまりは世界一過酷な仕事であるとさまざまな人に認められているくらい、過酷なんです。 実際死亡者は毎年かなりの数あがっています。 年間3ヶ月の漁で、30人以上は死亡しているという話がある。 実際のベーリング海のカニ漁師の現場の画像や動画なんかを見るとわかるのですが、船がすごい角度に傾いていたり、四方大波に囲まれていたり・・・。 ベーリング海はかなり荒れる海として知られています。 漁師にとって、ベーリング海はまさに戦場。 毎年何隻もの船が沈んでいます。 常に命の危険にさらされているので、船員たちもイラだったりしていて、船内のケンカで命を落とす人もいると言われています。 カニ漁に危険だというイメージがついたのは、ベーリング海漁師の話が有名になったからです。 甲板に出るときは命がけ。 でも漁をするには甲板にいなければいけない。 命の危険と隣り合わせ。 そういう状況と引き換えに、カニと大金をつかむのがベーリング海へ繰り出すカニ漁師です。 世界のカニ漁師がカニをとるために、大金を得るために、ロマンを求めるためにベーリング海へ繰り出しています。 カニ漁師業界ではかなりのエリート集団です。 カニ漁船漁師の口コミお給料 給料:80万円 カニ漁師しています。 かなり荒れますよ。 もうそろそろ引退かな 給料:90万円 3年目。 歩合によってかわりますが100万超えることが多いですよ.

次の

遠洋マグロ・カニ漁船

カニ 漁船 求人

より、短期間で、高額なバイトが存在します。 それは、 カニ漁船です。 カニ漁は、外洋に小型の船で漁にでますので、大型の船で行くマグロ漁船と違い、かなり揺れますし、 危険度も高いです。 漁ができる 約1500万円になるとのこと。 もちろん、大漁であれば、 それ以上の収入になるとのことでした。 しかしながら、重労働に加え、海に落ちる・怪我をする等リスクは、マグロ漁船以上ともいえ、年間で数十人がかに漁が原因で命を落としているともいわれています。 また、たまにですが、国境線ぎりぎりで漁をしていると、海外の警察に逮捕されてしまいます。 過去に、ロシアに拿捕されたり、北朝鮮に拿捕されたりして、しばらく帰ってこれなくなったりした漁船が存在するそうです。 カニ漁の求人については、もちろん合法ですので、 「船員情報求人」等に掲載されています。 高額が魅力ですが、危険度満載のカニ漁船。 あなたは乗ってみますか?.

次の