口内炎 早く 治す に は。 歯医者が教える自宅で口内炎を早く治す方法と歯医者に行くべきケース

歯医者が教える自宅で口内炎を早く治す方法と歯医者に行くべきケース

口内炎 早く 治す に は

噛んだときにできるアレに名前が? はぅあ!? 酸っぱい罰ゲームやねんな… ほっぺたの内側やベロ 舌 、唇などを噛んだときにできる白い跡。 ううむ、見るからに腫れていて痛そうだ! 実は噛んだらできる口内炎には名前があり、なんでも 「カタル性口内炎」と呼ばれているらしい。 歯の噛み合わせが悪かったり、銀歯などが当たってほっぺたをかんでしまうとできる口内炎のことです。 そして、傷になってしまうとそこから細菌が侵入し、見た目も痛そうなカタル性口内炎になってしまうのである。 唇や唇の裏を噛んだ時の悲しみといったらもう絶望の一言に尽きます。 歯の噛み合わせの矯正は歯医者さんに相談するのが一番良いでしょうね。 ちなみに、 ストレスが原因で口内炎になる場合もありますが、これはまた別の呼び名があるようです。 ストレスや口の中の切り傷などから発生する口内炎は アフタ性口内炎と呼ばれ、カタル性口内炎と症状が似てるので見た目にはわかりづらい面があります。 アフタ性口内炎とは? アフタ性口内炎は、だ円形で白くてつやつやしているのが特徴です。 なるほど、あの白くてテカテカしてるやつはアフタっていうのか~。 詳しくは…もご確認くださいね どれくらいで治るの? 一般的に普通に噛んでできた口内炎は 1週間から2週間ほどで治るといわれています。 しかし、口の中を刺激したり、仕事や勉強などで疲れがたまっているとそのぶん治りは遅くなります。 また、口の中や唇が衛生的でないと細菌が繁殖しやすくなる上に口臭もひどくなってしまいます。 転んで怪我したらまずは消毒しますよね。 口の中だって同じ。 まずは衛生面を見直しましょう。 具体的にどうすれば早く治せるのかを考えます。 早く治すにはどうしたらいいの? 早く治す方法は単純に言ってしまえば 消毒して口の中を清潔に保つ です。 当然、ビタミンや栄養面も重要ではありますが何と言っても口の中をキレイにすることが前提なのです。 衛生プラスアルファで口内炎を早く治していきたい。 早く治す方法を順番に見ていきましょう。 マウスウォッシュ 低刺激 を使う 痛くてつらい噛んでできた口内炎を治すには、まずは口の中を衛生的にするべきです。 リステリンやモンダミンなどのマウスウォッシュを使い口の中の細菌を無くしキレイにしましょう。 成分が強いマウスウォッシュを使うと患部に刺激を与えてしまうので、低刺激のものをえらぶべきでしょう。 うがい薬 イソジンなど で患部を消毒する方法もあります。 てっとり早く消毒するなら、のどスプレーが良いでしょう。 患部にダイレクトに届きます。 歯間ブラシを使う 歯ブラシだけではなかなか落としきれない歯の間の汚れ。 デンタルフロス等の歯間ブラシを使って小さな汚れも除去しましょう。 ビタミンを摂る ビタミンB群 ビタミンB2、B6、B12、ナイアシン は皮膚や粘膜の再生に働きかける効果が期待されます。 一番手っ取り早く、そして安くビタミンを摂取するなら マルチビタミンのサプリが良いと思います。 一粒の大きさがそら豆(の粒)くらい大きいので飲みにくい点は良くないと思いますが、一粒で済ませられることを考えるとガマンできる範囲かと。 真ん中に切れ目?があるので飲みにくい人は2つに割って飲むと良いかもしれません。 まあ、せっかく一粒ですばやく飲めるのに割る手間が加わったらなんのための1粒なのかわかりませんが。 ちなみに私はAmazonの 定期購入を利用しています。 口内炎に限らず、ビタミンは健康維持に欠かせないですからね〜。 それに、Amazonならドラッグストアで買うよりも安い場合が多いんです。 送料無料商品も多いし、定期購入はさらに割引きされるので便利ですね。 ビタミン系サプリの効果はなかなか実感しにくいものですが、健康維持の面でも取り入れていきたいものです。 取り過ぎは腹痛や吐き気などが起こる可能性があるので摂取量には気をつけましょう。 触れない 食べ物でも手でも口内炎に触れれば痛いだけでなく細菌も繁殖してしまいます。 一番良いのは傷口に触れさせないように食べる。 …ですが、そうは言っても毎回毎回うまいこと触れないようにするなんてほぼ無理ですよね。 出来る人がいたら教えてほしい…。 パッチタイプの 貼る口内炎薬を使うと傷口に触れず衛生的です。 ばんそうこうを貼るのと原理は一緒ですよね。 結局、細菌を増やさないことが大事なんですよね。 私の場合は飲み薬タイプの口内炎薬はあまり効果を感じられませんでした。 即効性を求めていたから効果を実感できなかったんだと思います。 人によって判断は変わりますね。 また、は粘膜への付着力に優れていたので、患部に触れにくくするという面では選んで良かったと思いました。 舌に触れたときに少しずつ取れてしまうようなあせり感もありましたが、痛みの面では「塗ったほうが塗らないよりはまし」といった感じです。 休養をとる 口内炎はストレスが原因の可能性もあるので、ゆっくりと体を休めるのも効果的ですね。 睡眠時間を充分とり、心も体もリフレッシュしましょう。 また、軽い運動 ジョギングなど で適度な体調管理も必要ですね。 運動を継続できる人は心身共に自信が持てるようになり、 精神的ストレスも抑えられるでしょう。 口内炎 噛んだとき の治し方 まとめ 噛んだときにできる口内炎って 「やっちまった感」ハンパないですよね。 でも、やってしまったものは仕方ないです。 実は噛んでできたものではないかもしれませんし、ほかの理由 糖尿病等で治りが遅い で治らない可能性もあるからです。 噛んで口内炎になってしまうのは当然です。 噛んでしまったらまずは口の中を衛生に保ち、栄養面、睡眠などの生活リズムの正常化を行いましょう。

次の

歯医者が教える自宅で口内炎を早く治す方法と歯医者に行くべきケース

口内炎 早く 治す に は

Contents• 口内炎を早く治す!おすすめの市販薬 先日いつの間にか口内炎ができてしまい、食べたり飲んだりするのが難しい状況に陥ってしまいました。 個人差はあれど、 口内炎が治るのはおおよそ7~14日ほどかかるそうなのですが、私の場合は 5日で治りました。 (直径4mmくらいの大きさ) 放置せずに、薬で治療したのがよかったのだと認識しています。 経験上、口内炎の自然治癒は時間がかかります。 やはり薬に頼ったほうが治りが早いです。 そして一種類だけでなく、 数種類の薬を併用するということが早く治すためのポイントになります。 今回、私が口内炎を早く治すために使用した市販薬をひとつずつご紹介したいと思います。 口内炎のおすすめ市販薬(1) チョコラBB口内炎リペアショット チョコラBB口内炎リペアショットは、 スプレータイプの治療薬になります。 口内炎だけでなく、のどの痛みや炎症に効果的です。 殺菌作用と口内の粘膜を修復するというW効果で、口内炎に直接効果を発揮します。 スプレー式なので患部に向かって、プシュッと一吹き。 口内炎の程度にもよると思いますが、私の場合は 患部に若干しみました。 お子さんだと泣いてしまうかも?それなりに刺激は感じます。 薬の味は『別にまずくはない』という感想です。 美味しくもありませんが吐き出すほどの不味さもなく、うがい薬のような味がしました。 こちらを1日に数回ほど使用していました。 口内炎のおすすめ市販薬(2) トラフルダイレクト こちらは、 パッチタイプの貼る治療薬です。 名前にダイレクトという言葉があるとおり、口内炎に直接貼って使用します。 先程の『チョコラBB口内炎リペアショット』は液体だったので患部にしみましたが、 『トラフルダイレクト』の場合は 絆創膏のようなものでしみるということはなく、特に傷みもありませんでした。 『トラフルダイレクト』は口の中に入れていると、自然に溶けて消えてしまいます。 そのため食事のときに貼っていると、 飲食物の水分でみるみる溶けてしまうため、 就寝前に貼るのが適しています。 トラフルダイレクトの説明書によると、どろどろに溶けてきたら故意に飲み込まず取り除くのがいいようです。 私もティッシュで拭くようにして取り除きました。 口内炎のおすすめ市販薬(3) ハイチオールBクリア 口内炎にはビタミンB2が効くとされており、実際にハイチオールBクリアの瓶裏に書かれている[効果・効能]には『口内炎』の表記があります。 よく似たお薬でチョコラBBがあるのですが、 成分がほぼ同じなのに値段が安いという理由で、ハイチオールBクリアをチョイスしました。 1日に飲む回数もチョコラBBは2回飲む必要があるのに対し、ハイチオールBクリアは1回で済みます。 忘れっぽい私にはぴったりです。 しかし経験上、 ビタミンB2だけを摂取していても口内炎はすぐによくなりません。 上記で紹介したような、患部に直接働きかけるお薬と併用したほうが、ぐんと早く治ると思います。 スポンサーリンク そして歯磨きのときにも注意が必要です。 うっかり歯ブラシで触れてしまうと刺激になってしまうので、おそるおそるゆっくりブラッシングしましょう。 可能なら歯磨き粉を使わずに、水だけでブラッシングするといいかもしれません。 そしていくら気になるからといって、指や舌でむやみに口内炎に触れないこと! 知らない間に菌が付着して、治るのが遅くなってしまうようです。 薬を塗るとき以外は、口内炎をそっとしておきましょう。 口内炎の薬でおすすめはどれ?早く治すための市販薬3選!まとめ 前述しましたが、 口内炎は治るまで1週間~2週間がかかるのが普通なようです。 場合によっては繰り返しできることもあるようなので、いつでも治療できるように市販薬を傍に用意しておくと安心できるのではないでしょうか。 いつ治るかわからない口内炎と無理して付きあうよりも、少しでも早く治したいなら薬で治療することをおすすめします。

次の

口内炎の予防法や早く治す方法はあるの?

口内炎 早く 治す に は

飲み薬…口内炎の場所や数に関わらず使用できます。 貼り薬…炎症が小さく、少ない場合に使用をお勧めします。 軟膏…範囲が広い、複数口内炎が認められる場合に適しています(塗った後は30分くらい飲食は避けてください)。 スプレー…直接手の届かない部位に薬を塗れます。 うがい薬…主に口腔内を殺菌する際に使用します(上記の薬と併用して使用する場合が多いです)。 口内炎の 痛みが強い場合は、鎮痛剤の使用も痛みを和らげます。 複数の薬を一度に使用したい場合は、医師や薬剤師のアドバイスを受けてください。 また、 口内炎の薬にはステロイド入りのものもあります。 妊娠や授乳中は薬を自己判断で使用せず、 医師の指示に従ってください。 ビタミンを多く摂る 口内炎に作用するビタミンは、ビタミンB群の「 ビタミンB2とビタミンB6」です。 症状によってはビタミンB2、B6製剤が処方されることもあります。 豚肉や緑黄色野菜を積極的に摂る ビタミンB2とビタミンB6が含まれる、 豚肉、緑黄色野菜、きのこ、大豆や納豆などを積極的に摂取します。 普段からビタミンB群が不足しないような食事を心がけましょう。 栄養ドリンクの効果 栄養ドリンクでもビタミンの補給は出来ます。 しかし、栄養ドリンクだけでは、栄養素は上手に体に吸収されません。 食事にプラスして補給するようにしてください。 塩やはちみつでよくなるって本当? 口内炎は、 いじらない、触らないようにしてください。 また、 疲れ、睡眠不足があると口内炎が長引いてしまいます。 タバコやカフェイン、アルコールの摂取は控え、食事を見直し、生活リズムを整えましょう。 改善されない場合は病院へ 受診するのは何科? 歯科、口腔外科、耳鼻咽喉科を受診してください。 病院での治療法 診察の後、 症状にあった薬が処方されます。 薬は症状が改善されない場合見直され、 状態によっては詳しい検査を実施する場合もあります。 まとめ 口内炎は自然に快方に向かいますが、いつまでも治らない、繰り返す場合は、何らかの病気の症状である場合もあります。 市販薬を使っても2週間以上改善されない場合は、早めに病院へ行きましょう。

次の