この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります ios12。 iPhone「このアクセサリは使用できない可能性があります」の原因と対処方法まとめ

「このアクセサリは使用できない可能性があります」って何?iphoneが充電できない場合の対処法|あなたの知りたいアレを調べます

この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります ios12

iphonejoshibu. これまでのスマホよろず相談は。 お悩み iPhoneの純正のケーブルを使っているのに、ケーブルにつなぐと、「このアクセサリは使用できない可能性があります」という表示が出ることがあります。 どうしたらいいのでしょうか。 iPhoneをライトニングケーブルにつなげて充電しようとしたのに、エラーメッセージが出て充電ができなかったという経験はありませんか?表示の種類は「このアクセサリは使用できない可能性があります」のほかにも、「このアクセサリは使用できません」「アクセサリはサポートされていません」などと表示される場合もあるようです。 今回は、このような表示が出てしまった時の3つの対処法をご紹介します。 <その1>ケーブルが劣化や故障していないか確認する 充電ケーブルはなるべくApple純正のものを使うようにしましょう。 Apple純正のケーブルを使っているのに、「このアクセサリは使用できない可能性があります」というエラーメッセージが出てしまう場合は、ケーブルの劣化や故障が関係していることがあります。 友達や家族の別のケーブルを使わせてもらって、それで問題なく充電ができれば、ケーブルの問題と断定できます。 もし、被膜が破れて端子部分が断線してしまっているなど、目に見える故障があるときは、すぐに使用を中断して新しいケーブルに交換するようにしましょう。 また、目に見える故障はない場合でも、対処法を試しても全く充電ができなくなってしまった時は、どこかで故障している可能性があります。 ケーブルはアクセサリの中でも壊れやすいアイテムなので、取り扱いには注意が必要。 ケーブルを使い始めてから年数がだいぶ経過している場合も、劣化が原因になっているかもしれません。 例えば、ケーブルを外すときにコード部分を引っ張って抜いてしまうと、端子部分が断線してしまったり、被膜が破れてしまったりする原因となります。 ケーブルを抜く時は、必ずプラスティック部分を持って行なうようにしましょう。 また、ケーブルがねじれた状態で常に充電していたり、充電しながらiPhoneを使用するのも、ケーブルの故障につながるようです。 <その2>接続部分に問題がないかを確認する ケーブルの接続が悪い時は、ライトニング端子の穴を覗いてみましょう。 エラーメッセージが表示されたら、ケーブルを一度外して、再び接続し直します。 これでメッセージが表示されなくなれば問題ありませんが、依然としてメッセージが出る場合は、iPhone本体の接続部分に原因がある場合も考えられます。 iPhoneの下にあるライトニング端子の穴には、気づかないうちに埃がたまってしまったり、異物が入ってしまうこともあります。 その状態でケーブルを差し込むと、正常に充電ができないこともあります。 ライトニング端子を掃除するには、まずはiPhoneの電源を切ります。 そして、穴の中を覗いてみましょう。 ライトを当てると、中がよく見えるようになります。 中に埃や異物が入っている場合は、糸くずが出ない細い棒などで優しく取り除きましょう。 この時、水分などが入らないように気をつけます。

次の

【解決】iOS12のiPhoneで「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示される場合の対処設定方法

この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります ios12

(その他の表示されるメッセージ) ・このアクセサリの充電機能はサポートされていません ・このアクセサリは充電に対応していません ・このアクセサリはこのiphone用に設計されていません 等 理由としては以下の4つが考えられます。 純正のアクセサリは決して安いものではないので、つい安い方に手が出てしまいがちですが、そもそも使えなければ意味がありません。 iPhoneに関しては純正品を購入するのが間違いなさそうです。 また、きちんとiPhoneに対応している製品かどうか見極めるために覚え置きたいのは「Made for iPhone」という表示ステッカー。 このステッカーが製品についている場合は、iPhoneで動作確認が行われている証拠です。 最低限この表示がされている製品を選ぶようにしましょう。 まずは接触不良を確認してみましょう。 他の充電器があれば付け替えてテストしてみましょう。 また、USBハブを使用していると電圧不足で使えない場合もあるようですので、ハブを外して試してみてください。 接触不良となる原因は以下の項目になります。 こうなってしまうとストレスを感じながら充電するよりも、新しいものを買ったほうがいいですね……。 お使いのiPhoneのiOSを確認するには、『設定 > 一般 > 情報 > バージョン』で確認できます。 iPhoneはフル充電から0%になるまで約500回使用すると、80%までしか充電できなくなり、その後はどんどんバッテリーが劣化していきます。 普段は気にしないようなことでも、こういったトラブルは発生するみたいですね。 こうなってしまった場合はバッテリーの交換をするか、長年使っているのであれば、機種変更など視野に入れてみてもいいでしょう。 ・別のデバイスで試してみる お持ちの充電器に対応している他のデバイスがあれば、付け替えて正しく作動するか確認してみましょう。 iPhoneの充電口が汚れている 充電口が汚れていたりホコリが付いている場合、接触が悪くなり充電ができなくなって表示される場合があります。 こういった場合に掃除をしたくなるものですが、金属部分を傷つけてしまったり、エアダスターなどで奥に飛ばしてしまう可能性があります。 またエアダスターを使う除去はAppleが非推奨としている方法となっているので、もしこれを試す場合は自己責任でお願い致します。 まとめ 以上、このアクセサリーは使用できませんを解決する方法のご紹介でした。 私も現在このトラブルに悩まされているのですが、原因は間違いなく「接触不良」とわかっています。 ですが、なかなかこういった周辺機器を購入するのも億劫な感じで、足が向かわないなんてときもありますよね。 Amazon使えばいい話なのですが……(笑) ですが、現在使用しているiPhoneがもうすぐ3年目に突入するので、バッテリーのほうも不安な状態ではあるので、そろそろ機種変更なども視野に入れていきたいと思います。 この記事がお役に立てたのであれば幸いです。

次の

iOS「このアクセサリは使用できません」→簡単な対処法はあるので試してみて

この アクセサリ は 使用 できない 可能 性 が あります ios12

しかし、このエラーがそんなに大したエラーではないので、本文で紹介する複数のヒントに従って、このエラーを完璧に解決することが可能です。 なぜ「このアクセサリは使用できない可能性があります。 」 ダイソーなどの百円ショップとかで購入したlightingケーブルはアップル純正のものではありませんから、そのケーブルを使うときに「 このアクセサリは使用できません。 」「 このアクセサリは使用できない可能性があります。 」というエラーが発生する場合があります。 また、アップル純正のケーブルを使用していても、ケーブルには少し破損があるなら、このエラーも出てくる場合もあります。 それでは、「このアクセサリは使用できない可能性があります」エラーが発生すると、このエラーを修復して、正確に充電するために、下記のヒントを読んでください。 この記事もおすすめ 対処法:iPhone「このアクセサリが使用できない可能性があります。 」 iPhone「 このアクセサリが使用できない可能性があります。 」、または「 このアクセサリは使用できません。 」エラーに対して、異なる場面に応じて、数多くのヒントを紹介します。 上記に触れたように、アップル純正のケーブルを使っていない場合、決して使用できないわけでもありません。 ただし、ほかのところで購入したケーブルは、アップル純正のものと比べて破損しやすいので、「このアクセサリは使用できない可能性があります」エラーが発生する可能性も高くなります。 ヒント1. ケーブルコネクタを覆して反面を使って充電する 「このアクセサリは使用できない可能性があります」エラーが発生したら、最もの場合、接触不良が引き起こしてしまったので、ひとまず接続を取り外して再度接続してみましょう。 また、lightingケーブルは両面使いのケーブルなので、エラーが発生したら、ケーブルコネクタを覆して、反面を使って端末に接続してみましょう。 自らの経験から見れば、エラーを発生する多くの場合、反面を使って充電を行えますよ。 ヒント2. iPhoneのケーブルを交換する 上記のように、「 このアクセサリは使用できない可能性があります。 」エラーが出てくる原因は、アップル純正のケーブルではないことにある可能性もあるので、ヒント1に従って、依然として充電できない場合は、新しい純正のケーブルに変えることがオススメです。 場合は、リンクページをクリックしてください。 ヒント3. iPhone端末のUSBポートをクリーニングする USBポートにほこりがたまっている場合、接触不良問題が起こるので、「このアクセサリは使用できない可能性があります」エラーが発生してきます。 このような場合、下記の画像のように、綿棒など細長く柔らかなものを使って、USBポートを掃除する必要があります。 ヒント4. iPhoneを機内モードにして再起動 また、iPhone自体の不具合は、iPhoneが充電できない原因にもなりますので、充電しようとした場合、「このアクセサリは使用できない可能性があります。 」エラーが出てきたら、機内モードにしてiPhoneをシャットダウンします。 そして2分以上経たら再起動してください。 ヒント5. iPhoneの充電環境を変更 もし以上の対策が役に立たなかった場合、充電の環境を変えてはみてはどうですか。 例えば、もし充電器で充電する時にエラーが発生する場合、パソコンに接続して充電したら、障害が出ないこともあります。 本文を借りて完全無料なー を皆さんにおすすめします。 このソフトを使用することで、古い端末から最新のiPhoneXへデータを簡単に移行することができます。 それに、iPhoneとPCの間でお互いにファイルを移行することもできます。 ぜひ試してみてください。

次の