低気圧 眠気。 低気圧で眠い理由と対策は?もう低気圧に悩むのはやめよう!

梅雨に眠い理由4つ☝この時期特有の眠気の原因を解説します!

低気圧 眠気

気象病の症状は? 台風や低気圧が近づいてきたとき、曇りや雨の日、気温が急激変化した日に限って体調が崩れるのは、気象病の可能性が高いです。 気象病は、気圧の変化の影響で血管が膨張したり収縮したりすることが原因で、様々な症状を引き起こします。 主な症状としては• 頭痛、片頭痛(出やすい症状)• めまいやふらつき(出やすい症状)• 吐き気• むくみ• 咳き込み、喘息悪化• だるい、倦怠感• イライラ、焦燥感、不安感• 腰痛や肩こり、首の痛み• 関節痛や神経痛• じんましん などが挙げられます。 どんな時に症状が出るのか? 症状が出るタイミングは人によって異なります。 これから天気が崩れようとするとき、人によっては雨が降っている間だけということもあります。 気温の大きな変化も伴うと症状がさらに悪化する場合もあります。 台風は、気圧の差が大きく、変化するスピードも速いので、痛みが大きいケースが多いです。 梅雨時期では、ジンワリと長期間体調不良に悩まされる方も。 その他にも、ゲリラ豪雨の時、高層ビルの高層階、飛行機の離着陸時などでも症状が出やすいタイミングです。 まずは体調不良が起きたときに、天気、気圧の変化、症状、痛みの度合いなどをメモしておき、蓄積してみましょう。 だんだんと「どういうときにどんな症状が起こる」という規則性が分かってきて、気象病かどうかが判断しやすくなりますし、対処もしやすくなりますよね。 天気が原因で起きる体調不良は「気象病」 このように、 天候(気圧)や気温の変化が原因で起きる体調不良は「気象病」と呼ばれています。 気象病については、近年ようやく認知され始めてきたので、昔は「気のせいだ」と片付けられていた症状も、気象病と認識され、患者数も増加傾向にあるのです。 気象病の厄介なところは、体調が悪くなるのに、病院に行って採血やレントゲンなどの検査をしても特に異常が見つからないということ。 原因が(気象病だと)特定しにくいから、苦しんでいる本人が悩んでしまうんですね。 スポンサーリンク 低気圧で気象病が起きる原因 気象病の原因はまだすべてが分かっているわけではありませんが、気圧の変化に敏感な体質の方が症状として現れるようです。 自律神経の乱れ 気圧の変化を、耳の奥にある「内耳(ないじ)」がキャッチするのですが、内耳が敏感な人は、そこで過剰反応して体の平衡感覚が錯覚を起こし、そのストレスで自律神経が乱れ、頭痛やめまい、吐き気などにつながるのです。 血管の膨張 気圧が下がると、体の外側から血管への圧力も減少するため、血管から血漿という水分が漏れ出て、あちこちがむくみます。 また、血圧も低下し、全身へくまなく血液が循環しにくくなるので、酸素などの栄養が行き渡らず、肩こりやだるさを感じることがあります。 低気圧による体調不良の対策は? 天候の変化はコントロールできませんので、体調不良の引き金となっている自律神経が乱れないように、普段から自律神経を整えておくことが大切になってきます。 基本方針としては、身体的にも精神的にも自分にストレスをかけない、ためない生活をすることです。 1日3食バランスの良い食事 ストレスに良いビタミンB、ビタミンC、カルシウムを意識した、バランスの良い食事を1日3回摂ること。 食べすぎや、食べなさすぎ、不規則な時間での食事も避けるようにしましょう。 夜更かしせず、規則正しい生活を いつまでも夜更かしせず、「朝起きて夜寝る」のサイクルを守り、体内時計のリズムを整えましょう。 朝、太陽の光をしっかり浴びることで、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップし、脳の覚醒を促すセロトニンの分泌が活発化され、体内時計が整う効果があります。 適切な時間帯にしっかり睡眠をとる 理想の睡眠時間は7時間前後と言われていますね。 また、ただ7時間寝れば良いわけではなく、できれば12時前に就寝し、寝る時刻と起きる時刻を一定に保つこともリズムを作るうえで非常に重要です。 平日と休日で睡眠時間やタイミングが違いすぎるのもあまり良くないようですので、規則正しい睡眠を心がけましょう。 適度な運動を ウォーキングなどの軽い運動は、自律神経を整えるために有効です。 なかなか時間が取れないという方は、通勤時にちょっと多めに歩くようにするだけでもいいですよね。

次の

低気圧で眠い理由と対策は?もう低気圧に悩むのはやめよう!

低気圧 眠気

でも、なぜ低気圧になると体調不良が起こりやすくなるのでしょうか。 そのカギは耳の奥にあるようです。 できれば体調は、気圧に左右される事無くいつも万全にしておきたいところですよね。 そこで、低気圧が近づいても体調不良になり辛くなる方法もご紹介していきます。 低気圧で体調不良になる原因 台風が来たり、ゲリラ豪雨などの時は気圧が激しく変化しています。 そんな時に決まって体調不良を起こす場合、それは気性病と呼ばれている病気かもしれません。 気性病は年齢に関係無く、誰にでも起こり得る病気なのです。 気性病は、特に低気圧が近づく事で起こりやすいと感じている人が多いはずで、その原因は耳にあるという事が分かっています。 ここでは低気圧でどんな体調不良が起こりやすくなるのか、何故そのような症状が現れるのかを詳しくご説明していきます。 低気圧の影響で起こる体調不良の症状 低気圧の影響により起こる体調不良には、古傷が痛むなどと昔から言われていますが、実は他にも様々なものがあります。 一例として挙げてみると…• 耳鳴り• 吐き気• 関節痛• めまい• 低血圧• 狭心症• うつ病• これらの症状は、低気圧が近づいてくるタイミングで起こる場合が多いので、「これから雨が降る」と先の天気が分かるようになるほど確実に症状が現れる人もいます。 原因が気圧の変化であるという事に気が付いていないと、いつ襲い掛かるかもしれない不快な症状をストレスに感じている人も多いのでは無いでしょうか。 耳の一番奥に「内耳」というところがあります。 内耳の前庭・半規管には気圧に敏感なセンサーのような役割を果たしている部分があり、その部分が気圧の変化に反応する事で体調不良が起こりやすくなると考えられています。 センサーが気圧の変化を察知すると交感神経が昂り、緊張した時や強いストレスがかかった時と同じような負担が体にかかるのです。 これが原因で、体には色々な症状が起こり始めると考えられています。 交感神経が昂ると上記で紹介した諸症状を始め、それ以外にも何かしらの体調不良が出ても不思議ではありません。 低気圧で古傷が痛む原因 気圧の変化により、例えば昔受けた手術跡が疼いたり関節痛が始まるというのは、「内耳」とは関係無いところが原因になっている場合があると考えられています。 気圧の変化で起こる痛みは「天気痛」と呼ばれていて、頭痛や肩こり、腰痛などもその中に入るのです。 天気痛の原因は、低気圧によりヒスタミンの分泌が増えるからではないかと言われています。 ヒスタミンは蕁麻疹などの痒みを起こす事で知られていますが、分泌量が増えると痛みの原因になるのです。 また、古傷が痛むだけでなく腫れてしまう場合もあります。 ヒスタミンが増えると炎症を促進させてしまうという厄介な働きがあるので、体調不良と共に注意が必要です。 低気圧で体に影響が出やすい人 気圧の変化を内耳の前庭・半規管で察知し、交感神経の昂ぶりによって体調不良が起こりやすくなりますが、全ての人がそうなるという訳では無いですよね。 なぜ、症状が出やすい人とそうでない人がいるのでしょうか。 実は、残念ながらその理由ははっきり分かっていません。 ただ、このような体調不良を訴える人の多くには「乗り物酔いをしやすい」という共通点があるようです。 そして乗り物酔いをしやすい人にはこのような特徴があります。 耳の奥が敏感• 睡眠不足• 睡眠過多• 疲労が溜っている• 自律神経のバランスが崩れやすい• ストレスを感じやすい これらの特徴に心当たりがある人は、低気圧で体に影響が出やすい人であるとも言えるでしょう。 あなたにも当てはまっているところがあるのでは無いでしょうか? 低気圧による体調不良の対処法 低気圧による体調不良は、いつ何時始まるか分かりません。 自然の力により体調が左右されるのは、とても迷惑な話ですよね。 また、国内海外関係無く旅行先でも当然起こり得るので、影響を受けやすい人は常に注意していなくてはなりません。 低気圧で体調不良にならないように、日頃から注意したり工夫する事は意外にたくさんあります。 これからご紹介する方法を体調不良を起こしやすい人は参考にして、低気圧に負けない体づくりをしてみましょう。 生活のリズムを整える 毎日の生活リズムが一定でない人は、自律神経が乱れやすくなり気圧の影響を受けやすくなります。 決まった時間に食事をして体を動かし睡眠を取ると言うのは、なかなか難しいかもしれませんが、生活のリズムを整えると低気圧により体調不良になるのを軽減させることができます。 気圧に影響されない体になるばかりか、健康的な生活を送る事にも繋がるので、生活のリズムが崩れていると自覚しているのであれば、整える事をおすすめします。 また、睡眠時間は多すぎても頭痛を誘発する原因になります。 程よい睡眠時間を取り、毎日同じリズムで生活できるように工夫してみましょう。 気圧を簡単にチェックできるツール 気圧の変化がありそうな時がいつか分かれば、予め心の準備や外出を避けるなど対策をしておく事ができますよね。 そのために、気圧の変動を予測してくれているアプリが無料でダインロードできるのでおすすめです。 「頭痛ーる」というアプリは6日後までの気圧の予測をしてくれて、注意しなくてはならない時や、警戒する必要がある時などが一目で分かるようになっています。 時間ごとの天気と気圧がグラフで分かりやすく表示されていて、全国の気圧の予報も見る事ができます。 名前のごとく気圧のせいで頭痛が起こりやすい人に作られたアプリではありますが、その他の症状を持っている人にも十分役立ちます。 気圧が激しく下がる時には、事前にお知らせしてくれる機能もあるのでおすすめです。 薬を用意しておく 低気圧による体調不良には、予め薬を用意しておきたいところです。 症状が出る前に飲んでおいたり、悪化しないように症状が出始めたらすぐに飲むという対策も必要です。 頭痛の場合は、偏頭痛の薬を処方される事が多いでしょう。 偏頭痛の薬は、予兆があった時点で直ぐに飲めば酷くならずに済みます。 めまいや吐き気に関しては、市販の乗り物酔いを抑える薬やめまい薬で効果が得られる場合が多い様です。 ジフェニドールが配合されていると、内耳のはたらきを改善してくれるので薬を探す際の参考にしてください。 例えば乗り物の酔い止め薬として昔から人気の、エーザイの「トラベルミンR」には含まれています。 耳のマッサージをする 低気圧の影響を受けて、内耳から体調不良を起こしていると考えられる場合は乗り物酔いと似たような症状が起こります。 その場合、日頃から耳のマッサージをする事で症状が軽減される可能性があります。 耳たぶを優しく折り曲げてゆっくり5回数えます• 耳を横に引っ張って後方に向かって大きく5回回します• 耳を真横に引っ張ってゆっくり5回数え、上下も同じように引っ張って5回ずつ数えます• 耳に手のひらを当てて後方に向かって5回ゆっくりと回します このマッサージを朝昼晩、時間を決めて1回ずつ行いましょう。 ゆっくり5回数える事と、耳が痛くならないように注意してください。 このマッサージは耳周辺の血流を良くするために行います。 毎日続けていく事で、低気圧による体調不良が軽減される効果が期待できるのです。 軽度の運動をする 日々の生活の中で軽度の運動をする事も、気圧に負けない体づくりに効果的です。 全身の血流を良くしたり、ストレス解消にもなるので低気圧による体調不良が起こりづらくなります。 寝る前に軽くストレッチをする習慣を付けましょう。 特に肩回りをゆっくりストレッチするとリンパ液の循環が良くなり、めまいや頭痛が起こりづらくなります。 前後左右にゆっくり10数える間倒します。 片手を添えてあげるとなお一層効果的です。 ストレッチは無理に行うものでは無く、気持ちが良いところでキープする事がポイントです。 首周りには細かい神経がたくさんあるので、力を入れて乱暴に倒すと痛めてしまうので注意しましょう。 また、有酸素運動も習慣にしたいところです。 ウォーキングやジョギング、スイミングも良いでしょう。 有酸素運動は自律神経のバランスを安定させる効果があります。 楽しく続けられる有酸素運動を一つ決めて始めてみてはいかがでしょうか。 低気圧に負けない体づくりをしましょう 天気のせいで気圧が下がるのは、対処の仕様がありません。 気圧の下がらないところにずっといられる訳でもありませんよね。 地球上で生活している限りは、どこの国へ行こうとも気圧の変化は起こります。

次の

台風や雨の日に眠くなるのはなぜ?低気圧による眠気を吹き飛ばす方法

低気圧 眠気

なぜ、天気が体調にも影響するのでしょうか。 天気が原因で起きる体調不良は、医療現場では昔から「気象病」と呼ばれていました。 長年気象病について研究を行い、日本で初めて「天気痛外来」を開設した、愛知医科大学の佐藤純教授は、こうした症状を「天気痛」と呼びます。 気象病として最も多くの人が挙げる症状が頭痛。 ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども気象病の症状のひとつです。 佐藤先生によると現在、気象病で悩む人は日本で約1000万人にも上る推定されています。 気圧変化で自律神経が活性化 昔から、天気と体調には深い関係があることはわかっていました。 ただ、現代の生活習慣によって気象病になりやすい体質になったり、局地的大雨(俗にいうゲリラ豪雨)などの極端な気象現象が目立つようになってきたりすることで、年々気象病の患者数は増加傾向にあると思われます。 また、気象病についての研究が進んだのは最近のことなので、近年気象病が一般に認知されるにつれて、「今までなんとなく感じていたあの不調は、天気によるものだったのか!」と自分の気象病に気づくことも、患者数が増えている原因のひとつといえます。 気象病の主な原因は、気圧の変化。 変化は急なほど症状が強くなります。 主に不調を訴えるのは気圧が低下するときですが、なかには気圧が上昇するときに不調を訴える人もいます。 気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。 自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。 一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。 この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまうのです。

次の