ハンサム ライブ 2020。 神木隆之介、カッコつけに緊張 15周年『ハンサムライブ』に帰還

ハンサムライブ2020 ディレイビューイング

ハンサム ライブ 2020

2005年から始まり15周年を迎えた『ハンサムライブ』は、歌、ダンス、ミュージカル、フィルム(映像)などを交えた若手俳優によるイベント。 2年ぶりの開催となった今回は、史上最大規模の両国国技館が舞台。 国技館の外には出演者の、、、、、、、藤原大祐、、、(16日夜公演のみ出演)、、のカラフルなのぼりがはためいた。 16日は小雨が降り、冷え込んでいたが、国技館の中は熱気ムンムン。 昼公演の序盤3曲を終えた時点で甲斐の汗だくの顔がモニターに映し出されると笑いが起き、メンバーから「汗テカテカだよ」といじられた甲斐は「汗の量新記録出したいと思います」と気合十分。 昨年から芸能活動を開始したばかりの最年少16歳の藤原は「皆さんの熱気がすごすぎて、さっきマイクを落としちゃいました」と初々しく自己申告し、フレッシュな新人ハンサムに女性ファンはメロメロになっていた。 数人ずつのユニットに分かれたパートでは、田川、福崎、藤原、細田、三船が制服衣装で「キミノリズム」をさわやかに歌い、甲斐と小関はスーツで「桜の街」を熱唱。 メンバーが女装した女子会映像では、鈴木、正木、渡邊、細田、藤原の美しさでファンを悶絶させるなか、中盤からはこれまでの『ハンサム』の歴史を築いてきた先輩ハンサムと現役ハンサムの共演で沸かせた。 「White Serenade」のピアノのイントロが響き、桜田が1人で登場すると大歓声があがり、続いてステージに炎が立ち上るなか「Thrill」で神木がクールに現れると、悲鳴に似た黄色い声が渦巻いた。 ファンのペンライトで真っ赤に染まった会場でクールに歌って踊った神木は「緊張するんですよ、カッコつけなきゃいけないから」と照れ笑い。 「以前『キミノリズム』という曲を同じ世代の吉沢亮たちと一緒に制服を着てやってたんですけど、1回しかやらずに『Thrill』になっちゃった。 でも『Thrill』もかっこいいからうれしいし、頑張りました」と笑顔をみせ、拍手を浴びていた。 現役ハンサム・24歳の小関は「自分がこのハンサムライブに携わらせていただいたのが10代後半で、あこがれから今こうして一番長くやれています。 15周年を迎え、(ハンサムは)次のステップへ歩き出したと信じています。 これからもよろしくお願いします」とあいさつ。 神木は、うちわを作ってきたりペンライトを振りながら応援してくれるファンに感謝しきり。 「すてきな後輩たちを、僕たちと一緒に応援しましょう」と後輩ハンサムたちへの応援も呼びかけていた。 なお、メンバーのうち田川隼嗣、福崎那由他、藤原大祐、細田佳央太、正木郁の5人が7月15〜19日まで、男子高校生の生活を描いた舞台『青春cm3』(脚本・演出:春陽漁介)を東京・新宿村LIVEで上演することが発表され、チケット先行受付がスタートした。 Beautiful Stranger/チーム・ハンサム!2020 02. THIS IS THE TIME/チーム・ハンサム!2020 03. Brand New World/チーム・ハンサム!2020 04. キミノリズム/田川、福崎、藤原、細田、三船 05. 桜の街/甲斐、小関 06. A(C)/石賀、甲斐、田川、福崎、細田 07. MASQUERADE/鈴木、藤原、正木、松岡(夜のみ) 08. Secret Kiss/太田、小関、三船、渡邊 09. ButterFly/鈴木、正木、松岡(夜のみ)、植原、水田 10. 君だけのHERO/田川、藤原、細田、猪塚、風間、松島 11. White Serenade/石賀、甲斐、小関、桜田 12. Thrill/太田、小関、渡邊、青柳、神木 13. Dear My Girl/チーム・ハンサム!2020、チーム・ハンサム! 14. So Free!/チーム・ハンサム!2020 15. 春の花/チーム・ハンサム! 16. Feel The Same/チーム・ハンサム!2020 17. PARTY RIDE/チーム・ハンサム!2020、青柳、猪塚、植原、風間、神木、松島、水田 18. 無礼講!!! /チーム・ハンサム!2020、チーム・ハンサム! 19. 親孝行!!! /チーム・ハンサム!2020、チーム・ハンサム! 【アンコール】 20. 君がいれば/チーム・ハンサム!2020 21. I Treasure You/チーム・ハンサム!2020 22. With You/チーム・ハンサム!2020、チーム・ハンサム!.

次の

甲斐翔真、小関裕太、神木隆之介、三浦春馬ら出演!15周年記念“ハンサムライブ”のBlu

ハンサム ライブ 2020

アルバムに収録される、杉本雄治(WEAVER)が作曲、植原卓也が作詞を手掛けたコラボ楽曲「春の花」には、青柳塁斗、猪塚健太 、植原卓也、風間由次郎、神木隆之介、桜田通、佐藤健、平間壮一、松島庄汰、三浦春馬、水田航生、吉村卓也が参加する。 佐藤健と三浦春馬は2013年以来のハンサムプロジェクト参加となる。 出演者は石賀和輝、太田将熙、甲斐翔真、小関裕太、鈴木仁、田川隼嗣、福崎那由他、藤原大祐、細田佳央太、正木郁、松岡広大(16日18:00公演のみ出演)、三船海斗、渡邊圭祐の13名だ。 また、15日(土)には青柳塁斗、植原卓也、風間由次郎、平間壮一、水田航生、吉村卓也(19:00公演のみ出演)が、16日(日)には青柳塁斗、猪塚健太、植原卓也、風間由次郎、神木隆之介、桜田通、松島庄汰、水田航生がゲスト出演する。 チケットの先行発売は、アミューズモバイルにて受付中となっている。 さらに、15周年記念写真展<15 th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM>の開催も決定した。 こちらは11月30日(土)からの東京会場を皮切りに、12月13日(金)より仙台、その後、札幌・名古屋・大阪・福岡の4会場でも順次開催予定となっている。 amob. ご了承下さい。 asmart. ご来店、お問い合わせの際は、お間違えのないようご注意ください。 hmv. 小学生以上は入場料が必要になります。 その際は、 現場スタッフよりご案内させて頂きます。

次の

神木隆之介、カッコつけに緊張 15周年『ハンサムライブ』に帰還

ハンサム ライブ 2020

イベントには、ハンサムメンバーの 、 、 、 、 、そして新しく加入した 、 、 、 、 、 、 が参加。 は16日の18時公演のみ出演する。 さらにアニバーサリーゲストとして先輩ハンサムメンバーである桜田、神木、 、 、 、 、 、 、 、 も駆け付けることが決定。 ゲストの出演回は以下を確認してほしい。 チケットは、アミューズモバイルにて本日10月30日22時から先行受付がスタートする。 さらにこのたび、ハンサム初となる15周年写真展「15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM」の開催も決定。 なおこの出演者決定にあたり、小関、松岡、甲斐から映画ナタリーにコメントが到着。 全文は以下に掲載している。 そのほか愛知、大阪、福岡、北海道でも開催予定 小関裕太 コメント ハンサムライブ出演にあたって 僕はハンサムライブを始めの頃に観に行って、先輩方に憧れていました。 そして僕は2012年に、ようやくハンサムライブへ出演することができました。 僕にとってハンサムライブは、14年前からずっと憧れの場所であり続けているので、今年も出演できてうれしいです。 歌って踊って、ファンの皆さんに感謝を伝えるのがハンサムライブ。 そういう先輩方が作ってくださった伝統を引き継いでいきたいです。 今年のメンバーは、歌に特化しているのかなと思います。 なのでそれにプラスして、みんなで結束してダンスをがんばりたいです。 毎年みんな忙しく、稽古終わりにごはんへ行く機会が少なかったので、今年はプライベートから仲良くして「いいもの作ろうぜ!」という空気を作れたらと思っています。 注目の新人について 今回最年少の藤原大祐くん。 先日一緒にレッスンを受けたとき、自分に似てるところがあると思いました。 僕は好奇心の操縦が効かない方だったのですが、彼も「なんでもやります!」みたいな好奇心で溢れていて、感情が身振り手振りに出てしまうところがあるので(笑)。 「一番歳下だけど誰よりもいいものを見せるぞ、誰よりも練習するぞ」という雰囲気を感じるので、僕も楽しみにしています。 松岡広大 コメント ハンサムライブ出演にあたって まずハンサム内での現場の過ごし方や、仕事に望む姿勢を、言葉ではなく背中で伝えられたらと思っています。 また、先輩たちの意志、継承すべきもの、継承していかなければならないものを先ずは個人で理解し、全体で共有していきたいです。 引っ張っていく立場なので、柔軟に対応出来たらと思います。 ファンの皆様に応援して頂けるのは当たり前ではなく、だからこそ僕らは感謝の気持ちを丁寧に伝えていかなければならないと考えています。 なので、当日は僕らも来て下さったお客様のために全身全霊で感謝を伝えます。 過去最高の自分を魅せます。 会場でお待ちしております! 注目の新人について みんな新しい風を吹き込んでくれるとは思っていますが、特に言うと渡邊圭祐くん。 人気の波に乗っている彼が、どんな風に歌い踊るのか(笑)、そしてこれは真面目に考えて思うのが、圭祐くんは自分の魅せ方を非常にわかっているので、ステージでもそれを遺憾なく発揮してくれるんだろうなと思っています。 ハードルかなり上げておきます(笑)。 でも、そつなくこなすだろうなあ。 甲斐翔真 コメント ハンサムライブ出演にあたって 初めて参加させてもらった2016年のハンサムライブは、メンバーが多く、先輩もたくさんいらっしゃったので、歌えるパートが多くはなくて……。 それからずっと「もっと歌いたいな」と思っていたのですが、今回は歌のパートも少し増えたように思います! 2020年2月はミュージカル版「デスノート」の本番中なのですが、その勢いのままハンサムライブに挑みたいです。 後輩に伝えたいこととしては、ステージにいる瞬間は自分が俳優だということを忘れて、1人のエンタテイナー的な気持ちになってパフォーマンスに徹してほしい。 普段とは違う姿を見せたほうが、お客さんもうれしいと思うので。 こういったイベントを15年もやっているアミューズの歴史を崩しちゃいけないし、守り続けていくべきだと思っています。 注目の新人について もちろんみんなに注目していますが、1人挙げるなら最年少の藤原大祐くん。 レッスンで一緒になることが多いのですが、若いからこその勢いを感じます。 両国国技館に来てくれた全員、彼に持っていかれるんじゃないかな(笑)。

次の