大阪 あいりん 地区 売春。 500円売春に不正入手薬…西成あいりん地区の貧困とカオス(下)

大阪西成区あいりん地区出身者の芸能人や有名人を紹介!

大阪 あいりん 地区 売春

500円宿で知られる「旅館かなめ」。 西成でも500円宿は珍しくなっている 1泊500円。 耳を疑うような激安宿が大阪・西成地区には存在する。 2月の寒いある日、その中の1軒に実際に宿泊してみた。 (取材・文・写真/フリージャーナリスト 秋山謙一郎) 西成の中心地にある 「1泊500円」のドヤ この夏に開催される東京オリンピックを控えてホテル需要はうなぎ上り、宿泊費も高騰し続けている。 ビジネスでの出張、プライベートでの旅行を問わず、宿泊費こそがもっとも懐の痛むところだろう。 今、ホテルといえば、安くても1泊当たり、室内に風呂・トイレ付きのビジネスホテルで7000円から1万円程度、カプセルホテルでも3000円以上といったところか。 近頃、はやりのホステル(宿泊客10名から30名程度を相部屋で収容する小規模の宿泊施設)でも3000円弱というのが相場だ。 カプセルホテル、ホステルといえども、首都圏・京阪神地区といった都市部なら5000円程度といったところもあるくらいだ。 そうしたなか、にわかに注目されているのが木賃宿、いわゆるドヤだ。 ホテルはもちろん、カプセルホテルよりも安価で、しかも広々とした個室が利用できるとあって、静かに深く、人気を集めているという。 今回、そのドヤのなかでも、格安を誇ると話題の「旅館かなめ」(大阪市)に泊まってきた。 大阪の新名所・「あべのハルカス」から、西の方向へ、大人の足で歩くこと、およそ15分あまり。 そこに、今や、古くて新しい観光スポットとして知られる「西成・釜ケ崎あいりん地区」がある。 そのあいりん地区のど真ん中、西成のランドマーク、旧「あいりん労働福祉センター」近くに「1泊500円」と描かれた看板が掲げられていた。 ここが激安宿、「旅館かなめ」である。 天王寺の観光地まで、歩いて5分程度だ 歩いて数分のところには、天王寺公園もある。 そこには大阪市立美術館や天王寺動物園もある。 いわば文教地区だ。 あべのハルカス、天王寺公園…繁華街と文教地区の狭間に、今や「日本一、ディープな場所」というキャッチが定着したあいりん地区があるのだ。 かつてとは違い、治安の悪さはほとんど目立たない。 外国人、日本人を問わず、若い観光客が目立つ。 あいりん地区内には、この「旅館かなめ」の系列店も含めていくつかあるという。 いずれも激安で知られる。 地元民の話によると、西成での宿泊費は、格安価格だと500円から800円、900円といったところだ。 1000円でお釣りがくる。 1000円から1500円くらいになれば標準的な価格帯となる。 2000円以上も出せば「高級ホテル」の部類に属する。 そのなかには「大浴場」の設備を兼ね備えているところもあるくらいだ。 ただし、共同ながらもキッチンが備え付けられている。 そもそもが労働者の長期間宿泊を目的とする施設なので、自炊のためのキッチンは欠かせないのだ。 ここがホテルとの大きな違いである。 今でも、労働者たちは、ドヤ選びで重視するのは、風呂の有無よりも、簡単な自炊ができる設備があるかどうかだという。

次の

【日本のスラム街】あいりん地区ってホントにヤバいの?大阪・釜ヶ崎を歩いて撮影して感じたこと

大阪 あいりん 地区 売春

皆さんは日本にスラム街があるのをご存知だろうか。 日本は比較的平和な国なのだが、実はスラム街に近い形態の街があるのである。 それが大阪の西成に位置する、あいりん地区だ。 大阪は元々治安が悪い地域ではあるが、あいりん地区はその比ではないのだ。 昼は闇市が開かれ、夜は売春や薬物が横行する。 ときたま暴動も起こるような、スラム街を絵に書いたような場所である。 また、西成区出身の芸能人もいるから驚きだ。 あいりん地区という名前はあくまで行政がつけたもので、この地区で暮らしている人は旧名の「釜ヶ崎」か普通に「西成」と呼んでいる。 近年は比較安全といわれているが、現在も危険な場所はあるのか、売春や薬物の販売は行われているのか。 筆者がまとめてみたので、是非西成の現状をご覧いただきたい。 路上生活者が数多く居住しているあいりん地区。 住所がわからない日雇労働者が数多くいて、ときたま喧嘩や窃盗、暴動がおこることもあるという。 これについては、暴力団の事務所が多数あることも影響しているだろう。 また、宗教団体やNPO団体が炊き出しを頻繁に行っていて、炊き出しが行われた時はホームレスの方々が長蛇の列を作る。 また、あいりん地区だけ隣の地区などより物価がかなり低いのが特徴だ(缶ジュース80円・弁当200円)。 諸事情から写真撮影を嫌がる住民も多くいる。 観光客や面白半分できた人が平然とカメラを持ち歩いていたり、許可なく写真を撮っていると、近隣の住民から警告を受ける事もあるという。 また、自分の身分を証明できるもの(免許証や保険証)を所持していなくても、銀行口座を開設できたり賃貸物件を借りることができるような無法地帯です。 1970年頃から、急スピードで単身日雇労働者の町に変わっていった。 また、同年代から行政の対策が、ストレートに始まっていく。 迷路みたいなバラック街(細長い宿舎のこと)から、車がちゃんと走れるような道路整備をおこない、普段は真っ暗だったが、夜でも出歩けるよう街頭を照らした。 また、その時代から暴動が絶ええなかったため、カメラを街のいたるところに設置し、刑務所のような監視体制を築いた。 建物は殆どが木造建てのバラックだったが、2万人収容できるホテルをどんどん作っていった。 ホテルは3〜6階建てで、畳1畳分の小部屋を用意し、窓には鉄格子と金網をとりつけていたという。 こうした都市改革と連動し、府は万博等を代表ととする関西のニュータウン開発に20000人の労働力の必要に迫られていた。 北海道から沖縄までの日本の隅々まで職安を渡り歩き、「大阪に労働者を下さい。 とてもじゃないが人手が足りない」といって、人員を集め続けた。 あいりん地区の闇市は、南海電車 高架の下で行われる事が多い。 闇市とは、簡単にいうと路上に露店をだして、ぶっちゃけ何でも打ってる「泥棒市」だ。 闇市では古本などが多く売られていて、コピー商品や薬物、裏DVDも売られている。 あいりん地区に住んでなくても、わざわざこの闇市のためにあいりん地区に来る客も多い。 また、その半面日用品も売られているようで、薬物や薬品も売られている様子だ。 薬品の場合、注意書きはないという。 効能が書かれた簡単なシールが貼られているだけのものが売られているという。 薬物はおっちゃんに話しかければ打ってくれるという噂だ。 もっとも恐ろしいのは、この闇市では賞味期限が切れている食料品等も売られているのだ。 1個あたり100円のおにぎりが、だいたい30円。 大体200円のサンドイッチが50円程で 、この闇市では毎日必ず並んでいるという。 買う人はもちろん、賞味期限が切れいるのを承知の上で購入している。

次の

大阪市民も足を踏み入れない、ドヤ街・西成区「あいりん地区」で2日間過ごしてみた

大阪 あいりん 地区 売春

「白手帳持ち」たちが泊まるドヤ。 そして西成のメインストリートである「三角公園」や「四角公園」で仲間たちと憩いの一時を過ごす。 その三角公園に集う、路上生活者の1人で「たぶん、今年、65歳やと思う」と語るシゲルさん(仮名・本人によれば鹿児島県出身)に話を聞いた。 「兄弟も多いし家は貧乏やった。 中学出てすぐ大阪に出てきたんや。 ヤクザの使い走りもやったけど、根性のうて続かなんだ。 もうこの年やから体もきつい。 せやから(生活)保護受けよかて思うこともあるんや。 シゲルさんの路上生活者仲間のカズオさん(仮名・70)は言う。 そしたらもう仲間とは会いにくいわな。 それがな…。 辛いんや」 実際、寄る年波に勝てず、路上生活を諦めて生活保護受給を申請、「福祉アパート」を兼ねる簡易宿泊所に住んだはいいが、かつての仲間たちとの連絡を断ち、孤独死に至ったという話は西成ではよく耳にするところだ。 一方、受給したくとも申請できないケースもある。 ひとつは何らかの犯罪に関わり警察から指名手配されているというもの。 そしてもうひとつは、暴力団組織と関わり、そこで下手を打ち(失敗し)、逃げているというケースだ。 「警察、暴力団どちらを問わず、手配がかかっている人は、足がつくことを嫌い生活保護受給を申請することはまずない。 また警察や暴力団の目に付かないよう、西成でもおとなしく暮らしていると聞く。 そういう人が路上で亡くなると、もう家族はその人の行方を探すことはまずできない」(大阪市関係者).

次の