アスタリフト cm 歴代。 アスタリフトホワイトCMの女優は誰?「ディープ紫外線」と呟く女性が綺麗!

化粧品CMの女優・モデルは誰?【2019年イメ―ジガール一覧 画像動画あり 資生堂・KOSE・カネボウ】

アスタリフト cm 歴代

フジカラー [ ] 写真プリント・写ルンです [ ] 長く続くロングランCMであり、特にの出演で親しまれていた。 樹木は悠木千帆時代の1970年代から30年以上にわたり富士フイルムのCMに出演してきた。 特に樹木扮する綾小路さゆりと岸本加世子扮する街の写真店の店番(のち店長)とのやり取りを描くシリーズが有名である。 その中でも1980年の「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに写ります」は当時の流行語となるほどの反響だった。 この言葉は樹木の発案による物で、当初は「美しくない方も美しく」だったのが、樹木が言葉に違和感を覚え、「「それなりに写ります」にして欲しい、日本語としてきれい。 「美しくない」という表現も美しくない」と要望したことから、このような表現となった。 樹木が2018年9月に逝去したため、今後のCMは不明。 綾小路さゆり [ ] 演じるCMキャラクター。 フジカラーのプリントショップの常連。 店員や店長役となる出演者が交代するごとに、「あら! 店員さん代わった? 」と言っていることから、長年同じプリントショップに通っていたことがわかる。 2013年度の「お正月を写そう」を最後に一旦降板した。 2015年に復帰したものの、樹木本人が2018年に逝去した。 その為2017年度をもって最後の出番となった。 2018年12月26日に、樹木への感謝を込め、これまでの綾小路さゆりが登場するCMをまとめたスペシャルムービー「樹木希林さん 2018年末特別」編が富士フイルムの公式サイトおよび同社のYouTube公式チャンネルで2019年1月31日まで公開、また12月29日には1回限りのテレビCMとして放送される。 長瀬店長シリーズ [ ] よりのフジカラーデジタルプリントショップを舞台にしたCMが20本以上製作された。 2010年後期からは、毎年年末の「フジカラーの年賀状」CMのみとなり、且つ長瀬は出演しなくなり、樹木と店員役の堀北及び後輩店員役の佐々木希の3人で繰り広げている。 店長役・店員役の変容は下記を参照。 CM デジタルプリント 「プロモーションビデオ」 「綾小路大仏」 「お見合い写真」 「大きなケータイ」 「The Walls of China」 年賀状 「イナバウア」「年賀状のアイデア」 お正月 「綾小路に似ている犬」 「初日の出」 「お庭で遊ぼう」 「お正月競技」 「一緒に撮りたい」 「迫力ある映像」 「マラソンの思い出」 お正月を写そう [ ] 年末年始には「お正月を写そう」というのCMが放送される。 開始初期は正月の写真をフジカラーフィルム撮影し、かつフジカラープリントで現像・焼き付けをしてもらう事を目的に「お正月を写そう、フジカラーで写そう」、三が日を過ぎると「お正月の写真、フジカラーでプリントしましょう」に変わっていたが、の普及により2006年 - 2007年の年末年始からキャッチフレーズが「お正月を写そう、フジカラーで 残そう」に変更され、フジカラーのデジタルプリント・フォトブックの宣伝となった。 2009年からは、も行っている。 七福神シリーズ 「お正月を写そう」シリーズでは、たまにに関連するをモチーフにしたCMを制作することがある。 各年の出演者 下記の出演者のほか、演じる綾小路さゆりも登場していた。 お正月を写そう2000年 1999年末から2000年新春にかけて放映。 上記の七福神シリーズとして、田中麗奈の七福神シリーズとして放送。 のほか、の・・・・・が出演。 お正月を写そう2011年 2010年末から2011年新春にかけて放映。 も参照。 建設中のをテーマにしたCM。 、、、が出演。 お正月を写そう2012年 2011年末から2012年新春にかけて放映。 も参照。 前年同様、松田聖子、佐々木希が出演。 ほか、、も出演。 お正月を写そう2013年 2012年末から2013年新春にかけて放映。 も参照。 前年同様、松田聖子、佐々木希、小泉今日子、本木雅弘が出演。 5バージョン作られ、「心に青空・メタバリア編」のみも出演。 お正月を写そう2014年 2013年末から2014年新春にかけて放映。 も参照。 、、、、が出演。 大久保佳代子は2013年の年賀状CMからの続投となる。 お正月を写そう2015年 2014年末から2015年新春にかけて放映。 も参照。 前年同様、松たか子、笑福亭鶴瓶、ふなっしーが登場。 ほか、、、が出演。 お正月を写そう2016年 2015年末から2016年新春にかけて放映。 とが出演。 五郎丸歩は2014年の年賀状CMからの続投となる。 お正月を写そう2018年 2017年末から2018年新春にかけて放映。 が出演。 出演者一覧 [ ] 店長役・店員役の詳細についてはも参照。 出演者 出演時樹 備考 1980年代 - 2013年 2015年 - 役を参照 1960年代中期 1970年代中期・後期 1980年代 2003年 も参照。 「お正月を写そう2004年」を最後に降板 1986年 - 1988年 も参照。 「似てるかな人形キャンペーン」(1988年)を最後に降板。 1988年 1988年 1989年 1989年 - 1990年 1991年 - 1998年 観月ありさのシリーズにも出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 1992年 - 1994年 1998年 稲垣吾郎の「NAI・NAI 16」編では、として出演。 1995年 高島忠夫ファミリー 1995年 高島忠夫ファミリー 1995年 高島忠夫ファミリー 1995年 高島忠夫ファミリー 1996年 - 1998年 () 沢口靖子の「渚のシンドバッド」編で出演。 () 沢口靖子の「渚のシンドバッド」編で出演。 沢口靖子の「与作」編で出演。 沢口靖子の「あずさ2号」編で出演。 沢口靖子の「UFO」編で出演。 沢口靖子の「Mr. サマータイム」編で出演。 沢口靖子の「2億4千万の瞳」編で出演。 1997年 - 1998年 稲垣吾郎の「失恋レストラン」編で出演。 稲垣吾郎の「ギンギラギンにさりげなく」編で出演。 稲垣吾郎の「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」編で出演。 稲垣吾郎の「おふくろさん」編で出演。 1997年 1998年 - 2003年 も参照。 「お正月を写そう2004年」を最後に降板。 1999年 () 「お正月を写そう2000年」 も参照。 CM放送後に荒井注が逝去。 () () () () () 「お正月を写そう2001年」 2002年 - 2003年 () 「お正月を写そう2003年」 2004年 - 2010年 も参照。 2004年 - 2012年 も参照。 2006年夏 「プリントし忘れ」編の少年役 「お正月を写そう2011年」 も参照。 「お正月を写そう2011年」 「お正月を写そう2012年」 「お正月を写そう2013年」 も参照。 「お正月を写そう2011年」 「お正月を写そう2012年」 「お正月を写そう2013年」 も参照。 も参照。 「お正月を写そう2012年」 「お正月を写そう2013年」 も参照。 「お正月を写そう2012年」 「お正月を写そう2013年」 も参照。 綾小路さゆり役のの義理の息子。 「お正月を写そう2013年」 (心に青空・メタバリア編」のみ出演) も参照。 2012年末年賀状 2012年末年賀状 2013年末年賀状 「お正月を写そう2014年」 も参照。 2013年末年賀状 も参照。 「お正月を写そう2014年」 「お正月を写そう2014年」 「お正月を写そう2015年」 も参照。 「お正月を写そう2015年」 も参照。 2015年7月 - 2015年末年賀状 も参照。 2015年末年賀状 「お正月を写そう2016年」 も参照。 「お正月を写そう2016年」 も参照。 「お正月を写そう2018年」 も参照。 店長役・店員役一覧 [ ] 放映年 店長役 店員役 その他店の関係者 備考 1980年代 1986年 - 1988年 岸本加世子 (店長の娘役) 1998年 - 2003年 岸本加世子 2004年4月 - 2012年 2012年 - 2013年 佐々木希 2015年12月 - デジタルカメラ「FinePix」「FUJIFILM X」シリーズ [ ] 2014年以降(2017年3月現在まで)、特定のキャラクターは設けられていない。 (過去の出演者)• 藤原紀香(1999年 - 2003年)• - FinePix50i(2001年)• - FinePix50i(2001年)• - FinePixF410(2003年6月)• - FinePix420,F700,F710,F440,F450(2003年 - 2004年)• - FinePix F30からF100fdまでのF,Z3からZ250fdまでのZシリーズ(2006年 - 2009年)• - FinePixF200EXR,Z300,F70EXR(2009年)• - FinePixZ700EXRからZ1100EXRまでのZシリーズ,REAL 3D W3(2010年 - 2012年)• - FinePixF550EXRからF900EXRまでのFシリーズ,FUJIFILM X10,X-E1,XF1(2011年 - 2013年)• - FUJIFILM XF1(2012年) instax mini「チェキ」シリーズ [ ] 「AXIA」のCMに出演していたユースケ・サンタマリアや「写ルンです」のCMに出演していた岸本加世子・田中麗奈・樹木希林の3人、「FinePix」のCMに出演していた佐々木希など、同社の別CMに起用していた人物が出演する事が多い。 AXIA [ ] のCM。 - AXIA(1985年 - 1987年)-新ブランドAXIA立ち上げと共にイメージ・キャラクターとして起用された。 彼女の出演したCM効果で20パーセント台のシェアを獲得した。 - AXIAオーディオテープ(1988年)• - AXIAオーディオテープ(1989年 - 1991年)• - AXIA、(1989年 - 1991年)• - AXIAオーディオテープ(1993年 - 1995年)• - AXIAオーディオテープ(1994年 - 1995年)• - AXIAオーディオテープ(1996年 - 1998年)• - AXIA(1998年 - 1999年)• ・ - AXIA(2000年 - 2001年) 化粧品・健康食品 [ ] 写真フィルム研究開発で培ったや技術を生かしから参入。 から一般向けに販路を広げる。 ASTALIFT [ ] スキンケア化粧品「」のCM。 2008年から2011年現在まで。 制作発表当時、同年代の歌手でありながら、あまり共演経験の無いとの共演ということが話題を呼んだ。 2009年年末からは、を行っている。 中島みゆき(2008年 - 2011年)• 松田聖子(2008年 - )• (2011年 - 2013年)• (2013年 - ):当初はアスタリフト ホワイトのCMに出演• (2016年 - ) ルナメア [ ]• (2013年 - ) 絵美里はドリンク剤「ビューティーファイター」のCMにも出演。 メタバリアNEO [ ]• 堀北真希(2010年 - )• (2010年)• (2011年) その他の商品 [ ]• - 8mmムービーカメラ「」(1965年)• CMソングが、扇のセリフも含めて「懐かしのCMソング大全集」等でCD化されており、アーティスト名が扇になっている。 - 110フィルム使用カメラ「」(1975年 - 1976年)• - 135フィルム使用カメラ「」(1975年 - 1976年)• - 135フィルム使用カメラ「」(1977年)• - 一眼レフカメラ「」(1978年)• - 135フィルム使用カメラ「」(1978年 - 1979年)• 、- 135フィルム使用カメラ「」(1980年 - 1982年)• - 一眼レフカメラ「」(1980年)• 、- コンパクトフィルムカメラ「」(1987年)• - EPION(1997年 - 1998年)• (元選手、)- DVD「きれい録り」(2003年)• - DVD「きれい録り」(2004年)• - ケータイプリンタ「Pivi」(2004年)• 南野陽子 - フィルム「フジカラースーパーHR」、プリントサービス「フジカラーLプリント」(1986年 - 1988年)• )されたが、販売は富士フイルムだった。 「フジカセット」という愛称があった。 3種類制作され、主に彼らのライブのテレビ放映時に流された。 に全てのテレビCMが・「Visual YMO : the Best」に収められ、現在も購入すれば見る事が出来る。 CM曲には、「」、「」、「磁性紀-開け心-」が使われた。 - FUJIビデオテープ 「SUPER HG」(1985年)• - FUJIビデオテープ 「SUPER HG」(1988年)• - フィルム「フジカラー400」 (1976年) 企業CM [ ] 商品の他に、コーポレートブランド「FUJIFILM」の企業メッセージCMも制作されており、著名人が一人ずつ出演している。 PHOTO IS [ ] 2005年から展開中。 写真にまつわる思い出を語っている。 BGMはの""のピアノインスト。 樹木希林• 堀北真希• 長瀬智也 あしたに続く写真 [ ] 2004年より1年間展開された。 (、2004年)• (選手、2004年)• (・選手、2005年)• (奏者、2005年)• (選手、2005年) NO PHOTO, NO LIFE. [ ] 2004年 - 2005年。 「NO MUSIC, NO LIFE. 」とのタイアップ。 をはじめ、、、といったが出演した。 「一枚の写真」シリーズ [ ]• (選手)- 2004年 この節のが望まれています。 コラボCM [ ] の「」のCMで、「」のCMに起用されていたを再起用するなどはあったが、CM上のコラボなどは行われることはなかった。 同年(2001年)年末から開始された『お正月を写そう2002年』で、「」とのコラボレーションCMとして、とが出演する。 ただし、これは、サントリー「BOSS」側が行っていたコラボCMの1つとしてのものであり、「BOSS」はこの他、「」や「」などともコラボしている。 暮れには、のCMに「お正月を写そう」のメロディが用いられた。 これは、サトウの鏡餅を買ってチェキやオリジナル写ルンですを当てるというキャンペーンに伴うものである。 には、とのタイアップで・でのロケも行われた。 12月19日から放送を開始した『お正月を写そう2010年』で、「写ルンです」と同時に「メタバリア」「3Dデジタルカメラ」「フォトブック」「ポストカード」「」のCMも行うコラボCMを開始。 『 - 2011年』『 - 2012年』『 - 2013年』でも「メタバリア」「ASTALIFT」「」(2013年はXシリーズ)「フォトブック」とのコラボが行われた。 『お正月を写そう』のコラボCMは原則その年の富士フイルムCM出演者が勢ぞろいするが、一部商品のCMに出演しない人もいる。 堀北は「ASTALIFT」の、佐々木は「ASTALIFT」「メタバリア」のコラボCMには出演していない(特に佐々木は当時化粧品事業に於いてはとCM契約を結んでいた関係で出演しなかった。 かつては堀北もとCM契約を結んでいた)。 その一方、樹木と、松田ら「ASTALIFT」CM出演者は、すべてのコラボCMに出演している。 また2010年版まで出演していた長瀬と、2011年版のゲストキャラクターだったテリー伊藤もすべてのコラボCMに出演していた。 2012年版に出演した本木も「ASTALIFT」と「メタバリア」のコラボCMには出演していない。 ちなみにその2012年版は、樹木と本木の(義理の)親子共演が実現。 CMもそれを意図したシーンがある。 2013年版は各CMの出演者が異なっており、初制作の「企業」編は本木・松田・小泉・佐々木・同社社員約50人が、「ASTALIFT」編は本木・松田・小泉が、「メタバリア」編は松田とゲスト出演の(の役)が、「Xシリーズ」編は本木と樹木が、そして「フォトブック」編は本木・佐々木・樹木が出演している。 本木と樹木の出演パートは・で撮影された。 コラボCMは2013年を最後に制作されなくなり、2014年以降の『お正月を写そう』は写真プリント関連のCMに落ち着いている。 2011年末の「フジカラーの年賀状」CMでは『』とのコラボレーションを行った。 脚注 [ ].

次の

ティーチャーズ(サントリー)のCM女優┃大泉洋と共演のモデルは誰?

アスタリフト cm 歴代

アスタリフトホワイトとは? 松田聖子さんのCMでもおなじみのアスタリフト。 赤い色の化粧品としてもおなじみですね。 アスタリフトは、なぜあのような鮮やかな赤い色をしているのでしょうか? それは、アスタキサンチン液が含まれているからです。 アスタキサンチンは、鮭や海老、カニなどの赤い色素を持っている海産物や、ニンジンやトマトなどの赤の野菜に含まれており、強い抗酸化作用があることが分かっています。 「アスタリフトホワイト」はアスタキンサンに美白成分をプラスしたシリーズになります。 まずはアスタリフトホワイトのトライアルキットを試してみることにしました。 アスタリフトホワイト美白トライアルキットが届いた! お昼頃注文してまさかの当日発送。 翌々日には到着しました。 ネコポスでポスト投函なのにこんなに早いのは驚きです。 シミケアをやる気になっているうちにすぐ届くのは嬉しいですね^^ 包装はビニールのフィルムでパックされていて雨でも安心です。 早速開けてみました。 かなりコンパクトに商品とパンフレットがおさめられていて好印象。 無駄に大きな箱だと場所もとりますし捨てるのも大変ですもんね。 つける順序もちゃんとわかるように箱に入っていました。 入っている内容はこちらになります。 ジェリー アクアリスタ(ジェリー状先行美容液)0. ブライトローション(美白化粧水)18mL• エッセンス インフィルト(美白美容液)5mL• クリーム(美白クリーム)5g• パーフェクトUVクリアソリューション(UVクリア美容液・化粧下地)0. 使用方法や商品カタログ、注文ガイドなどが入っていました。 大きさ感はこんな感じ。 朝晩5日間のお試しキットにしては割と大きめなのでもっと持ちそう。 早速お風呂上りに試してみました! アスタリフトホワイトはすべてにおいは甘いローズの香りでアスタキサンチンの赤っぽいオレンジ色をしています。 アスタキサンチンは コエンザイムQ10の1000倍のパワーで抗酸化作用による美容効果、老化防止、紫外線を防ぐ効果があります。 アスタリフト ジェリーアクアリスタ(ジェリー状先行美容液) ゼラチンを水で溶かしたようなぷるぷるした形状です。 ローズの香りみたいですが私にはオレンジなどのフルーツのおいしそうな甘いにおいに感じました。 トマトなどにもはいっている赤色色素のリコピンも配合されているためか赤が強いオレンジ色です。 リコピンも強い抗酸化力を持ち、老化・生活習慣病の原因となる「活性酸素」を除去する働きがあります。 手で少し温めてから肌にのばすといつのまにか肌の上で溶けてなくなってなじみます。 化粧水の浸透がこちらをつけていると全然違ってぐんぐん吸い込んでくれます。 においも美味しそうだし、まさに「肌が食べる」というような感覚です アスタリフトホワイト ブライトローション(美白化粧水) 色はうすい透明のオレンジ色です。 サラサラしていてとろみなどはなくべたつきませんがしっかりと潤います。 浸透力は高く、もっちりとしてキメが整います。 匂いも甘いローズの匂いですが強すぎず心地いいです。 アスタリフトホワイト エッセンス インフィルト(美白美容液) エッセンスインフェルトはオレンジ色で美容液にしては思ったより水っぽくゆるめのテクスチャーです。 ですが仕上がりはしっとりしてもちもちになります。 くすみがとれて肌が明るくなるような感じです。 シミ対策といえばビタミンC誘導体ですがこの美容液にしっかり配合されていますので高いシミ効果も期待できます。 アスタリフトホワイト クリーム(美白クリーム) クリームはオーロラソースのようなオレンジ色です。 柔らかすぎず固すぎずの丁度良い硬さのテクスチャでべたべたしません。 手でおさえるともっちりして保湿されている感じがします。 こちらをつけると肌全体が引き締められてリフトアップされる感じがしました。 パーフェクトUVクリアソリューション 紫外線防止効果はSPF50・PA++++と、高いUV防止効果をもっているのが嬉しいですね。 また、伸縮性のあるD-UVガード膜が肌にぴったりフィットして肌補正を加えてくれる化粧下地効果もあり、頼れるアイテムです。 全部つけ終わってすぐは手が肌にもっちりとくっつきますが暫くするとさらさらになります。 乾燥しているというわけではなくキメが整って 触り心地がさらさらツヤツヤして嬉しくて何度もお肌に触ってしまいました。 もうちょっと油分を感じた方が安心かもしれませんが保湿はしっかりされています。 高い化粧品だとにおいがいい匂いではないものが多いですが、個人的にこちらのラインの美味しそうな香りはかなり気に入りました 翌日の変化 起きてからも手触りはさらさらつるつるで本当にキメが整います。 お肌も柔らかく潤いがあり即効性があると思います。 また、肌にハリがでてリフトアップ効果もあります。 さすがにシミへの効果は一日ではないですが、このくらい肌状態がいいとかなり期待できます。 化粧ののりも良くお肌もいきいきしている気がします^^ 使用5日後のビフォーアフター 数日使ってると全体の顔色は明るくなったような気はします。 美白効果よりもハリ感が戻った効果は感じます。 翌日の朝も化粧のりが良くなった気がします。 夜に化粧水、美容液、クリームを使用し翌朝、水で洗顔したら、お肌がツルツルで何度も触りたくなる肌に! 美白の効果は日が浅いのでまだ分かりませんが、美容液がとくに保湿を感じるタイプだなと感じました。 アスタリフトホワイトの口コミ評判をチェック! 悪い口コミ べたつく ホワイトニングといってもアスタリフトのホワイトニングを使っていてシミが薄くなったとか日焼けした肌が早く沈静されたといった印象は残念ならがらありません。 べたつく 特に油性肌の人はべたつきが気になることがあるようです。 その場合は先行美容液のジェリーを外すといいです。 私はべたつきは全く気にならず、乾燥肌なのでしっかり保湿感もあって使用感は良かったです。 美白効果を感じない アスタリフトホワイトはシミを予防する美白成分は豊富ですが既に出来たシミを改善する効果はありません。 ですが長期間使用することでお肌を整えてシミを排出することは可能ですので、効果を確かめるには1~3ヶ月の使用を目安にするといいです。 肌荒れ、乾燥する どんな化粧品でもお肌に合う合わないがあるので肌トラブルが起こる可能性はあります。 心配ならトライアルを試してみるのがおすすめです。 良い口コミ 肌が綺麗になった 急な肌荒れに見舞われ、それまで調子が良かった肌が急転直下の勢いで荒れに荒れ、 色々なものを試しては撃沈する中、やっと鎮静してくれたのがこちらのセットでした。 こちらは同僚から頂いたので、せっかくの厚意だからと使ったのですが本当に感謝。 良い口コミは、お肌への浸透力が高くモチモチになったという声が多かったです。 アスタリフトホワイトと、アスタリフトの違いとは? 女性にはアンチエイジング対策は必須ですよね。 そのためにも重要なのが「保湿」です。 そんな女性にぴったりのシリーズは、抗酸化作用の強いアスタキサンチン、ナノリコピン、そして保湿に効果のあるヒト型セラミドを配合したアスタリフト。 アスタリフトには色々なシリーズがありますが、アスタリフトとアスタリフトホワイト、どのような違いがあるのでしょうか? それぞれ美容液を比較してみると、コラーゲンの配合は同等程度。 アスタキサンチンの配合量はアスタリフトの方が多く、 抗酸化やハリについてはアスタリフトのほうが効果がありそうです。 一方、アスタリフトホワイトにしか配合されていない成分もあります。 アスタリフトホワイトには、 ナノAMA、美白有効成分アルブチンとビタミンC誘導体という美白効果の高い成分が贅沢にプラスされています。 これらの有効な成分が一体となって肌に浸透し、真皮の奥からメラニンを抑制してくれます。 さらに、アスタリフトは肌のターンオーバーを正常化することによって、メラニンを排出してくれます。 以上の点から、潤いやハリ感を重視したい方に向いているのはアスタリフト、 日焼けによってシミが気になる・肌の透明感やくすみが気になる、という方は迷わずアスタリフトホワイトを選ぶのが良いといえるでしょう。 アスタリフトホワイトに含まれる注目の美容成分 アスタリフトホワイトは、化粧水・美容液・乳液すべてが「医薬部外品」となっています。 これは「美白効果が認められている」ということですので、安心して使うことができますね。 では、アスタリフトホワイトには、どのような美容成分が入っているのでしょうか? ビタミンC誘導体 まず1つめの成分が、ビタミンC誘導体。 こちらは、 厚生労働省に許可された美白有効成分となっています。 メラニン色素が発生する原因であるチロシナーゼの働きを抑制し、シミやくすみの予防効果が期待できます。 アルブチン シミ消しとして有名な成分といえばハイドロキノンがありますが、そのハイドロキノンの一部を誘導化した成分が、アルブチンです。 アルブチンの長所として、 ハイドロキノンより低刺激で安全性が高いという点が上げられます。 また、ナノAMA+、ナノオリザノール、D-UVガードと独自処方によって、美白効果もより高くなります。 そもそも、シミというものはメラニンがメラノソームの中で生成、蓄積され、肌表面に浮き出てあらわれます。 このメラノソームの中では、シミの元・メラニンががっちりと骨組みを形成してしまい、根付いてしまっています。 この 頑固なシミの元凶・メラノソームに働きかけるのが、オリザノールです。 同じくシミに効果のある「ナノAMA」のさらに10倍のパワーを持っており、シミの骨に働きかけて改善していくのです。 ただ、このオリザノールは、もともと水にも油にも馴染みにくい成分で、化粧品に配合しても、肌への浸透性が悪い、という性質がありました。 この点に注目したアスタリフトホワイトは、オリザノールをナノ化し、浸透性を高め、肌の奥まで効かせることができるのだそうです。 ナノAMA+は、「センテラアジアチカ」という植物に含まれる「アジア酸」「マデカッソ酸」「アジアチコシド」という抗酸化力の高い成分、「AMA」を世界最小クラスまでナノ化した成分です。 今までのAMAは、肌の奥まで浸透させることが難しく、本来の美白効果を発揮することができませんでした。 しかし、AMAをナノ化した独自処方により、肌の深いところに出来てしまったシミにも有効成分が届くようになり、 シミの原因・メラニンを抑制する効果が、通常のAMAの約2倍となっています。 しっかりと日焼け止めクリームでブロックしていたつもりが、うっかり日焼けしていた…という経験がどなたでもあると思います。 実は、 従来の日焼け止めクリームなどに入っている紫外線吸収剤では防ぎきれない紫外線が存在します。 紫外線はUVC波・UVB波・UVA波の3つに分けられます。 そのひとつ、UVA波のなかに、他の紫外線と比べて肌の奥深くまで入り込んで、ダメージを与える紫外線があるのです。 それを、フジフィフムは「Deep UVA波』と名付けました。 そして「Deep UVA波」を防ぐ紫外線防御材「D-UVガード」をフジフィフムが世界で初めて開発したのだそうです。 この画期的な新成分 「D-UVガード」を配合した美白シリーズが、「アスタリフトホワイト」です。 アスタリフトホワイトは富士フィルムの独自の視点と技術力から美白を追求してるんですね アスタリフトホワイトのトライアルの最安値は楽天?アマゾン? アスタリフトホワイトはどうやって買うのが最安値なのでしょうか。 まずはトライアルと本品価格をまとめてみました。 容量 価格 トライアルキット 1,000円 5日間 単品 導入液40g 9720円 化粧水130ml4104円 美容液30ml 7560円 クリーム30g 5400円 UVクリーム30g 4212円 1~2ヶ月 いきなり本品を試すのはちょっと高いですよね(^^; 返金保障もないので肌に合わない場合はかなり無駄にしてしまします。 トライアルセットは 楽天やアマゾンでは取り扱いはなく公式サイトのみになっています。 継続したい場合は25%オフのクーポンもついてくるので まずは公式のトライアルでお試しするといいと思います。 アスタリフトホワイトをトライアル後に買うならどれ? アスタリフトホワイトのトライアルシリーズを使い継続したいと感じた場合、もちろんライン使いするのがベストなのですが中々高くて揃えるのは大変ですよね。 そこで 一番おすすめのアイテムをひとつ選ぶなら美白美容液の「エッセンス インフィルト」です。 「エッセンスインフィルト」の特徴としては、美白美容液にもかかわらずほんのり赤い点です。 これは、アスタリフトのアンチエイジングシリーズに配合されている「アスタキサンチン」も入っているからです。 さらに、アスタリフトホワイト独自の成分「ナノAMA」と「ナノオリザノール」ももちろんたっぷり配合されていて、根強く頑固なシミへの効果も期待できる製品です。 化粧水同様、潤い成分の「ツボクサエキス」が配合され、潤いも十分です。 もし可能であれば、化粧水と美容液をセット使いするのがさらにおすすめ。 頑固な「シミの骨」への効果をより実感しやすくなるはずです アスタリフトホワイトのよくある質問 20代からでもアスタリフトホワイトは使えますか? 愛用者は30代以降が多いですが紫外線のダメージは蓄積されるものなので20代から美白ケアをしておくことはおすすめです。 アスタリフトホワイトは美容液だけでも効果がある? 美容液だけでも効果はありますがライン使いすることでより美白効果が実感できます。 アスタリフトは毛穴に効果がある? 乾燥による毛穴の開きの場合はお肌のきめが整うことにより毛穴は目立ちにくくなります アスタリフトホワイトの成分に危険はない? アスタリフトホワイトには配合実績が長く肌に安全な成分のみが配合されています。 アスタリフトホワイト口コミまとめ 以上、アスタリフトホワイトの効果口コミについて詳しく紹介してきました。 アスタリフトホワイトは、.

次の

富士フイルムのコマーシャルメッセージ

アスタリフト cm 歴代

フジカラー [ ] 写真プリント・写ルンです [ ] 長く続くロングランCMであり、特にの出演で親しまれていた。 樹木は悠木千帆時代の1970年代から30年以上にわたり富士フイルムのCMに出演してきた。 特に樹木扮する綾小路さゆりと岸本加世子扮する街の写真店の店番(のち店長)とのやり取りを描くシリーズが有名である。 その中でも1980年の「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに写ります」は当時の流行語となるほどの反響だった。 この言葉は樹木の発案による物で、当初は「美しくない方も美しく」だったのが、樹木が言葉に違和感を覚え、「「それなりに写ります」にして欲しい、日本語としてきれい。 「美しくない」という表現も美しくない」と要望したことから、このような表現となった。 樹木が2018年9月に逝去したため、今後のCMは不明。 綾小路さゆり [ ] 演じるCMキャラクター。 フジカラーのプリントショップの常連。 店員や店長役となる出演者が交代するごとに、「あら! 店員さん代わった? 」と言っていることから、長年同じプリントショップに通っていたことがわかる。 2013年度の「お正月を写そう」を最後に一旦降板した。 2015年に復帰したものの、樹木本人が2018年に逝去した。 その為2017年度をもって最後の出番となった。 2018年12月26日に、樹木への感謝を込め、これまでの綾小路さゆりが登場するCMをまとめたスペシャルムービー「樹木希林さん 2018年末特別」編が富士フイルムの公式サイトおよび同社のYouTube公式チャンネルで2019年1月31日まで公開、また12月29日には1回限りのテレビCMとして放送される。 長瀬店長シリーズ [ ] よりのフジカラーデジタルプリントショップを舞台にしたCMが20本以上製作された。 2010年後期からは、毎年年末の「フジカラーの年賀状」CMのみとなり、且つ長瀬は出演しなくなり、樹木と店員役の堀北及び後輩店員役の佐々木希の3人で繰り広げている。 店長役・店員役の変容は下記を参照。 CM デジタルプリント 「プロモーションビデオ」 「綾小路大仏」 「お見合い写真」 「大きなケータイ」 「The Walls of China」 年賀状 「イナバウア」「年賀状のアイデア」 お正月 「綾小路に似ている犬」 「初日の出」 「お庭で遊ぼう」 「お正月競技」 「一緒に撮りたい」 「迫力ある映像」 「マラソンの思い出」 お正月を写そう [ ] 年末年始には「お正月を写そう」というのCMが放送される。 開始初期は正月の写真をフジカラーフィルム撮影し、かつフジカラープリントで現像・焼き付けをしてもらう事を目的に「お正月を写そう、フジカラーで写そう」、三が日を過ぎると「お正月の写真、フジカラーでプリントしましょう」に変わっていたが、の普及により2006年 - 2007年の年末年始からキャッチフレーズが「お正月を写そう、フジカラーで 残そう」に変更され、フジカラーのデジタルプリント・フォトブックの宣伝となった。 2009年からは、も行っている。 七福神シリーズ 「お正月を写そう」シリーズでは、たまにに関連するをモチーフにしたCMを制作することがある。 各年の出演者 下記の出演者のほか、演じる綾小路さゆりも登場していた。 お正月を写そう2000年 1999年末から2000年新春にかけて放映。 上記の七福神シリーズとして、田中麗奈の七福神シリーズとして放送。 のほか、の・・・・・が出演。 お正月を写そう2011年 2010年末から2011年新春にかけて放映。 も参照。 建設中のをテーマにしたCM。 、、、が出演。 お正月を写そう2012年 2011年末から2012年新春にかけて放映。 も参照。 前年同様、松田聖子、佐々木希が出演。 ほか、、も出演。 お正月を写そう2013年 2012年末から2013年新春にかけて放映。 も参照。 前年同様、松田聖子、佐々木希、小泉今日子、本木雅弘が出演。 5バージョン作られ、「心に青空・メタバリア編」のみも出演。 お正月を写そう2014年 2013年末から2014年新春にかけて放映。 も参照。 、、、、が出演。 大久保佳代子は2013年の年賀状CMからの続投となる。 お正月を写そう2015年 2014年末から2015年新春にかけて放映。 も参照。 前年同様、松たか子、笑福亭鶴瓶、ふなっしーが登場。 ほか、、、が出演。 お正月を写そう2016年 2015年末から2016年新春にかけて放映。 とが出演。 五郎丸歩は2014年の年賀状CMからの続投となる。 お正月を写そう2018年 2017年末から2018年新春にかけて放映。 が出演。 出演者一覧 [ ] 店長役・店員役の詳細についてはも参照。 出演者 出演時樹 備考 1980年代 - 2013年 2015年 - 役を参照 1960年代中期 1970年代中期・後期 1980年代 2003年 も参照。 「お正月を写そう2004年」を最後に降板 1986年 - 1988年 も参照。 「似てるかな人形キャンペーン」(1988年)を最後に降板。 1988年 1988年 1989年 1989年 - 1990年 1991年 - 1998年 観月ありさのシリーズにも出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 七福神シリーズ 観月ありさの七福神シリーズで出演。 1992年 - 1994年 1998年 稲垣吾郎の「NAI・NAI 16」編では、として出演。 1995年 高島忠夫ファミリー 1995年 高島忠夫ファミリー 1995年 高島忠夫ファミリー 1995年 高島忠夫ファミリー 1996年 - 1998年 () 沢口靖子の「渚のシンドバッド」編で出演。 () 沢口靖子の「渚のシンドバッド」編で出演。 沢口靖子の「与作」編で出演。 沢口靖子の「あずさ2号」編で出演。 沢口靖子の「UFO」編で出演。 沢口靖子の「Mr. サマータイム」編で出演。 沢口靖子の「2億4千万の瞳」編で出演。 1997年 - 1998年 稲垣吾郎の「失恋レストラン」編で出演。 稲垣吾郎の「ギンギラギンにさりげなく」編で出演。 稲垣吾郎の「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」編で出演。 稲垣吾郎の「おふくろさん」編で出演。 1997年 1998年 - 2003年 も参照。 「お正月を写そう2004年」を最後に降板。 1999年 () 「お正月を写そう2000年」 も参照。 CM放送後に荒井注が逝去。 () () () () () 「お正月を写そう2001年」 2002年 - 2003年 () 「お正月を写そう2003年」 2004年 - 2010年 も参照。 2004年 - 2012年 も参照。 2006年夏 「プリントし忘れ」編の少年役 「お正月を写そう2011年」 も参照。 「お正月を写そう2011年」 「お正月を写そう2012年」 「お正月を写そう2013年」 も参照。 「お正月を写そう2011年」 「お正月を写そう2012年」 「お正月を写そう2013年」 も参照。 も参照。 「お正月を写そう2012年」 「お正月を写そう2013年」 も参照。 「お正月を写そう2012年」 「お正月を写そう2013年」 も参照。 綾小路さゆり役のの義理の息子。 「お正月を写そう2013年」 (心に青空・メタバリア編」のみ出演) も参照。 2012年末年賀状 2012年末年賀状 2013年末年賀状 「お正月を写そう2014年」 も参照。 2013年末年賀状 も参照。 「お正月を写そう2014年」 「お正月を写そう2014年」 「お正月を写そう2015年」 も参照。 「お正月を写そう2015年」 も参照。 2015年7月 - 2015年末年賀状 も参照。 2015年末年賀状 「お正月を写そう2016年」 も参照。 「お正月を写そう2016年」 も参照。 「お正月を写そう2018年」 も参照。 店長役・店員役一覧 [ ] 放映年 店長役 店員役 その他店の関係者 備考 1980年代 1986年 - 1988年 岸本加世子 (店長の娘役) 1998年 - 2003年 岸本加世子 2004年4月 - 2012年 2012年 - 2013年 佐々木希 2015年12月 - デジタルカメラ「FinePix」「FUJIFILM X」シリーズ [ ] 2014年以降(2017年3月現在まで)、特定のキャラクターは設けられていない。 (過去の出演者)• 藤原紀香(1999年 - 2003年)• - FinePix50i(2001年)• - FinePix50i(2001年)• - FinePixF410(2003年6月)• - FinePix420,F700,F710,F440,F450(2003年 - 2004年)• - FinePix F30からF100fdまでのF,Z3からZ250fdまでのZシリーズ(2006年 - 2009年)• - FinePixF200EXR,Z300,F70EXR(2009年)• - FinePixZ700EXRからZ1100EXRまでのZシリーズ,REAL 3D W3(2010年 - 2012年)• - FinePixF550EXRからF900EXRまでのFシリーズ,FUJIFILM X10,X-E1,XF1(2011年 - 2013年)• - FUJIFILM XF1(2012年) instax mini「チェキ」シリーズ [ ] 「AXIA」のCMに出演していたユースケ・サンタマリアや「写ルンです」のCMに出演していた岸本加世子・田中麗奈・樹木希林の3人、「FinePix」のCMに出演していた佐々木希など、同社の別CMに起用していた人物が出演する事が多い。 AXIA [ ] のCM。 - AXIA(1985年 - 1987年)-新ブランドAXIA立ち上げと共にイメージ・キャラクターとして起用された。 彼女の出演したCM効果で20パーセント台のシェアを獲得した。 - AXIAオーディオテープ(1988年)• - AXIAオーディオテープ(1989年 - 1991年)• - AXIA、(1989年 - 1991年)• - AXIAオーディオテープ(1993年 - 1995年)• - AXIAオーディオテープ(1994年 - 1995年)• - AXIAオーディオテープ(1996年 - 1998年)• - AXIA(1998年 - 1999年)• ・ - AXIA(2000年 - 2001年) 化粧品・健康食品 [ ] 写真フィルム研究開発で培ったや技術を生かしから参入。 から一般向けに販路を広げる。 ASTALIFT [ ] スキンケア化粧品「」のCM。 2008年から2011年現在まで。 制作発表当時、同年代の歌手でありながら、あまり共演経験の無いとの共演ということが話題を呼んだ。 2009年年末からは、を行っている。 中島みゆき(2008年 - 2011年)• 松田聖子(2008年 - )• (2011年 - 2013年)• (2013年 - ):当初はアスタリフト ホワイトのCMに出演• (2016年 - ) ルナメア [ ]• (2013年 - ) 絵美里はドリンク剤「ビューティーファイター」のCMにも出演。 メタバリアNEO [ ]• 堀北真希(2010年 - )• (2010年)• (2011年) その他の商品 [ ]• - 8mmムービーカメラ「」(1965年)• CMソングが、扇のセリフも含めて「懐かしのCMソング大全集」等でCD化されており、アーティスト名が扇になっている。 - 110フィルム使用カメラ「」(1975年 - 1976年)• - 135フィルム使用カメラ「」(1975年 - 1976年)• - 135フィルム使用カメラ「」(1977年)• - 一眼レフカメラ「」(1978年)• - 135フィルム使用カメラ「」(1978年 - 1979年)• 、- 135フィルム使用カメラ「」(1980年 - 1982年)• - 一眼レフカメラ「」(1980年)• 、- コンパクトフィルムカメラ「」(1987年)• - EPION(1997年 - 1998年)• (元選手、)- DVD「きれい録り」(2003年)• - DVD「きれい録り」(2004年)• - ケータイプリンタ「Pivi」(2004年)• 南野陽子 - フィルム「フジカラースーパーHR」、プリントサービス「フジカラーLプリント」(1986年 - 1988年)• )されたが、販売は富士フイルムだった。 「フジカセット」という愛称があった。 3種類制作され、主に彼らのライブのテレビ放映時に流された。 に全てのテレビCMが・「Visual YMO : the Best」に収められ、現在も購入すれば見る事が出来る。 CM曲には、「」、「」、「磁性紀-開け心-」が使われた。 - FUJIビデオテープ 「SUPER HG」(1985年)• - FUJIビデオテープ 「SUPER HG」(1988年)• - フィルム「フジカラー400」 (1976年) 企業CM [ ] 商品の他に、コーポレートブランド「FUJIFILM」の企業メッセージCMも制作されており、著名人が一人ずつ出演している。 PHOTO IS [ ] 2005年から展開中。 写真にまつわる思い出を語っている。 BGMはの""のピアノインスト。 樹木希林• 堀北真希• 長瀬智也 あしたに続く写真 [ ] 2004年より1年間展開された。 (、2004年)• (選手、2004年)• (・選手、2005年)• (奏者、2005年)• (選手、2005年) NO PHOTO, NO LIFE. [ ] 2004年 - 2005年。 「NO MUSIC, NO LIFE. 」とのタイアップ。 をはじめ、、、といったが出演した。 「一枚の写真」シリーズ [ ]• (選手)- 2004年 この節のが望まれています。 コラボCM [ ] の「」のCMで、「」のCMに起用されていたを再起用するなどはあったが、CM上のコラボなどは行われることはなかった。 同年(2001年)年末から開始された『お正月を写そう2002年』で、「」とのコラボレーションCMとして、とが出演する。 ただし、これは、サントリー「BOSS」側が行っていたコラボCMの1つとしてのものであり、「BOSS」はこの他、「」や「」などともコラボしている。 暮れには、のCMに「お正月を写そう」のメロディが用いられた。 これは、サトウの鏡餅を買ってチェキやオリジナル写ルンですを当てるというキャンペーンに伴うものである。 には、とのタイアップで・でのロケも行われた。 12月19日から放送を開始した『お正月を写そう2010年』で、「写ルンです」と同時に「メタバリア」「3Dデジタルカメラ」「フォトブック」「ポストカード」「」のCMも行うコラボCMを開始。 『 - 2011年』『 - 2012年』『 - 2013年』でも「メタバリア」「ASTALIFT」「」(2013年はXシリーズ)「フォトブック」とのコラボが行われた。 『お正月を写そう』のコラボCMは原則その年の富士フイルムCM出演者が勢ぞろいするが、一部商品のCMに出演しない人もいる。 堀北は「ASTALIFT」の、佐々木は「ASTALIFT」「メタバリア」のコラボCMには出演していない(特に佐々木は当時化粧品事業に於いてはとCM契約を結んでいた関係で出演しなかった。 かつては堀北もとCM契約を結んでいた)。 その一方、樹木と、松田ら「ASTALIFT」CM出演者は、すべてのコラボCMに出演している。 また2010年版まで出演していた長瀬と、2011年版のゲストキャラクターだったテリー伊藤もすべてのコラボCMに出演していた。 2012年版に出演した本木も「ASTALIFT」と「メタバリア」のコラボCMには出演していない。 ちなみにその2012年版は、樹木と本木の(義理の)親子共演が実現。 CMもそれを意図したシーンがある。 2013年版は各CMの出演者が異なっており、初制作の「企業」編は本木・松田・小泉・佐々木・同社社員約50人が、「ASTALIFT」編は本木・松田・小泉が、「メタバリア」編は松田とゲスト出演の(の役)が、「Xシリーズ」編は本木と樹木が、そして「フォトブック」編は本木・佐々木・樹木が出演している。 本木と樹木の出演パートは・で撮影された。 コラボCMは2013年を最後に制作されなくなり、2014年以降の『お正月を写そう』は写真プリント関連のCMに落ち着いている。 2011年末の「フジカラーの年賀状」CMでは『』とのコラボレーションを行った。 脚注 [ ].

次の