おんぶ に 抱っこ。 おんぶと抱っこはどっちがいいの?使い分けの仕方は??

おんぶと抱っこはどっちがいいの?使い分けの仕方は??

おんぶ に 抱っこ

Contents• 利用シーンに合わせておんぶと抱っこを上手に使う 昔はコアラ派が圧倒的 家事や赤ちゃんと一緒に外出するとき、あなたはおんぶと抱っこのどちらをしていますか。 一昔前までは、おんぶが圧倒的に多かったようです。 しかし、最近では、おんぶするママを見かけることが少なくなったように感じます。 理由は考えるといくつかありそうです。 おんぶはかっこ悪いから• 生活のスタイルが畳/座布団から、テーブル/椅子/床に変わったから• 世の中のファッションが変わったから おんぶの利点と抱っこの利点 抱っこしているときは、赤ちゃんの全体が見れるから、とっても安心ですね。 でも抱っこすると両手がふさがってしまうので、同時に何かをすることできません。 その点おんぶは両手があくので、何かを同時にするときは便利です。 けど赤ちゃんが、視界から見えなくなってしまうので心配です。 最近人気の抱っこひもを利用すると、赤ちゃんが見れて、両手があくため人気のようです。 いろいろな抱っこ、おんぶツール 最近では1つのアイテムで、抱っこもおんぶもできのが当たり前になっています。 形、色、大きさ、デザイン、耐久力などいろいろなものがあるので、自分の利用しやすいものを選べます。 Amazonや楽天などで販売されているので気になる方はご覧になってみてください。 自転車に乗るときはおんぶがいい 赤ちゃんと自転車で買い物に行ったりするのは、生後6ヶ月過ぎてからぐらいが多いでしょうか。 それぐらいの赤ちゃんを前椅子に座らせて、自転車で走っているお母さんをよく見かけることがあります。 また赤ちゃんをひもで抱っこしながら、自転車に乗っているママも見かけます。 自転車運転中は足元が全く見えないで、運転しているママを見かけると心配してしまいます。 赤ちゃんを自転車に乗せて移動するときは、前椅子に乗せるより、抱っこした方がいいかもしれません。 理由は風が強い日や季節の変わり目、特に冬場は風が冷たいです。 赤ちゃんは正面から直接風を受けて、とても寒く感じます。 それがもしおんぶなら、風を受けることがありません。 おまけに赤ちゃんもママも体をくっつけているから、あったかいですよ。 生後6ヶ月位の赤ちゃんは、まだ体が弱いです。 そのため普段何気なくしている日常生活のケアが、大事になってきます。 おんぶするのは、ちょっと面倒だったり、重かったりしますが、赤ちゃんの健康を第一に考えてみてはいかがでしょうか。

次の

おんぶは抱っこよりもメリットがたくさん!おんぶ紐の選び方も!【看護師が解説】

おんぶ に 抱っこ

おんぶ紐(おんぶもっこ)を使うメリット・デメリットの1つ目は「両手が使える」です。 赤ちゃんを抱っこしたりおんぶすると、両手がふさがってしまうのでそれだけで手いっぱいになってしまいます。 しかし、おんぶ紐があれば両手を使うことが出来ます。 赤ちゃんを連れてのお出かけは大荷物ですから、助かりますよね。 また、おんぶ紐を使用して両手が使えれば赤ちゃんが泣いてぐずってしまった時にも家事を熟せます。 泣いている赤ちゃんを放っておいて家事をするのが忍びない、だから家事が進まない…という悩みを持っているお母さんは大変多く、おんぶ紐はそんなお母さん方にピッタリのグッズです。 赤ちゃんは不安な時でもお母さんのぬくもりがあることで安心できます。 赤ちゃんは密着することで、お母さんの心臓の音が聞こえるそうです。 抱っこであれば赤ちゃんの目線にお母さんの顔があり、さらに安心できますね。 おんぶであっても、振り向けるので、目を合わせることが出来ます。 お母さんが家事をしながらおんぶできて家事が出来なくてイライラすることがありませんし、お母さんが忙しくても、密着した状態でそばにいてくれるぬくもりを感じられるというだけで、赤ちゃんも安心です。 おんぶ紐(おんぶもっこ)は赤ちゃんをすっぽりと包み込んでおんぶします。 プラスお母さんとの密着があるので暖かく、眠たくてぐずっている赤ちゃんもすぐに寝てくれると、NHKの番組あさイチでも、おんぶもっこが紹介されました。 逆に、夏場は暑いというデメリットもあるようですが、それはおんぶ紐がなくても密着すれば同じことですし、育児中のお母さんと赤ちゃんにとっては、きっと乗り越えられる暑さですよ!対策としては、ガーゼ生地などの風通しの良い生地をチョイスしておんぶもっこを作るといいでしょう。 手作りおんぶもっこは、丈夫さを大切にするために、縫う部分は2重、または3重に縫うことをおすすめします。 以下の作り方手順とリンクを参考にして作ってみてください。 おんぶもっこの縫い方・作り方• 背布を中表にして合わせ、縫い代2センチで周りを縫います。 ひもを通す部分は丈夫さ上から8センチのところを返し口として左右とも8センチずつ開けておきましょう。 紐の生地の背布と合わせる部分に、接着芯を貼ります。 紐の生地を中折で4等分に折ります。 紐を中心で折り、左右30センチ(中心60センチ)の部分を縦に縫います。 T字の部分にコットンを詰めます。 菜箸など、長いものを使うと詰めやすいですよ。 肩の部分にクッションが出来ておんぶしやすくなります。 角が詰まってしまう場合は、三角にカットするとごわつきません。 紐を通して、中心を合わせます。 紐の上をグルッと縫います。 背布の周りもぐるっと縫って、ステッチしましょう。 2重に縫うことをおすすめします。 形を整えたら出来上がり! 愛情たっぷりのおんぶ紐を手作りしよう! いかがでしたでしょうか。 便利なおんぶ紐(おんぶもっこ)、赤ちゃんのために作りたくなったのではないでしょうか。 安定感のあるおんぶ紐、おんぶもっこで赤ちゃんに愛情をたっぷりと注いであげてくださいね!•

次の

「おんぶもっこ」はおんぶが楽で抱っこもできる!使い方いろいろでとっても便利!

おんぶ に 抱っこ

おんぶ紐はここがいい!使うべきメリット5つ 1.赤ちゃんの視界が広がる 抱っこ紐だとママの顔はよく見えて赤ちゃんが安心するメリットがありますが、周囲がよく見えず視野が狭まりがち。 おんぶならママ目線で視野が広がるので、脳に刺激をもたらすことができます。 2.ママの両手が空く おんぶの最大の特徴である、 ママの前方を邪魔しないというメリット。 何か作業をしたい時はとっても重宝しますよ。 3.抱っこよりも楽! 登山する時を思い浮かべてください。 あの重量のある荷物の詰まったリュック、背中で背負いますよね。 それは背負ったほうが体の中心で重さを支えることができるから。 正に人間の理にかなった運ぶ手段と言うわけです。 子供が大きくなるとわかりやすいですが、だっこよりもおんぶの方が確実に負担が少なくラクですよ。 4.子供二人を同時にあやせる 双子や年子など泣き止まない2人のベビーを同時にあやしたい時、抱っこだけでは足りないですよね。 そんな時にもおんぶ紐は活躍。 前と後ろで赤ちゃんを待たすことなく、同時に笑顔にすることができます。 5.購入しやすい価格 抱っこ紐は 10,000~20,000円未満なのが相場に対し、おんぶ紐は 3,000〜6,000円と平均相場が安い傾向にあります。 抱っこ&おんぶの2way仕様だと 約10,000円〜とお値段が上がりますが、おんぶだけのシンプルタイプならリーズナブルで経済的に優しいです。 実は充実のおんぶ紐の種類 おんぶ紐と言うと、たすき掛けする紐を思い浮かべるママも多いのではないでしょうか。 もちろん昔ながらのおんぶ紐もありますが、実は昨今のおんぶ紐はとてもバリエーション豊か!活用すると便利なシーンごとに種類をまとめました。 使う際の参考にしてください。 外出する時 抱っこにもおんぶにも使えるマルチタイプが使い回しできて楽!抱っこ紐よりもかさばらないおんぶ紐は、外出時にも持っていきやすいスマートさです。 家事する時 おんぶ紐の良さが最大限に発揮される場面、それは家の中。 家事をしたいのに赤ちゃんが泣き止まない…なんてことありますよね。 そんな時簡単装着のシンプル設計のおんぶ紐ならば手軽!前が空いて自由に手を動かせるので、お皿洗いだって掃除機をかける時だって視界を遮らずストレスフリー。 料理をするときも赤ちゃんに油が跳ねたりすることがないので安心して家事に集中できますよ。 おんぶ紐はいつから使える? ママから見えない分、赤ちゃんの様子が不安なデメリットがあるおんぶ紐。 ズバリ使用目安は 首が座ってから。 具体的には首が座って、自分で首を動かせるようになってからが安心です。 いきなり長時間の使用は避けて短時間から徐々に慣らしてくださいね。 しっかり首を動かせるようになっても、長時間の使用はやめて必要な時のみに留めておく方がベターです。 おんぶ紐の説明書もよく読んで使用方法に従いましょう。 抱っこもおんぶもお任せ!両方の顔を併せ持つ多機能おんぶ紐6選 毎日の生活に必要な機能が備わった様々な抱き方ができるおんぶ紐は、ママの味方になること間違いなし。 根強い人気を持つ抱っこ紐をご紹介します。 1.buddybuddy(バディバディ)昔ながらのおんぶひも 抱っこ紐の老舗メーカーの ラッキー工業が手がけるベビー用品ブランド。 老舗ならではのノウハウを活かして、日本全国あらゆるショップで取り扱われている信頼の バディバディのおんぶひもは、紐で結ぶタイプのおんぶ紐。 幅が広く重量を拡散させるワイド肩パッドが肩の負担を軽減してくれます。 頭当てつきなので寝てしまった時の首カックンを防止。 取り外しができるのでしっかり首が座って成長した頃には外してもいいですね。 胸の高い位置でひもを結ぶ結び方があるので、胸が強調されるのに抵抗のあるママでも安心して使うことができます。 2.napnap(ナップナップ)ベビーキャリー「UKIUKI」 遊び心満載の ナップナップのUKIUKIシリーズは、他にはない楽しくなるような目を引くデザインで大人気!まさにウキウキするような見た目です。 近所のちょっとしたお出かけなら、かばんいらずで出かけられますよ。 寝かせ抱きは新生児から、おんぶは約3歳までと長く使えるのにお値段はなんと 5,480円。 出産後の退院からキッズ時代はこのおんぶひもに任せられる安心感ですね。 首がすわる前の縦抱き抱っこにはベビーの首を優しくホールドする、付属の専用ピロー付き。 オプション品を買い足さなくていい配慮には感服です。 他の人とかぶらないおしゃれなデザインで装着が簡単と購入者の満足度も高い、ギフトにも人気のあるアイテムです。 4.kerata(ケラッタ) ヒップシート おんぶひも パッと目につく、腰の太いベルト。 kerataのおんぶ紐は見た目の特徴から想像できる通り椅子代わりにできるヒップシートとしても使える 4way仕様。 「対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ・ヒップシート」として活用することができます。 ちょっと近所の公園までの道のりや病院の待ち時間など、ベビーを抱っこしたり降ろしたりが煩わしい時ありますよね。 フードとカバー付きで寒い冬でも快適に使える防寒仕様!背中のチャックを開ければメッシュ仕様に早変わりするので、真夏でも使えてとっても便利! 5.【元祖】昔ながらのおんぶひも 昔ながらの設計を継承しつつ、現代的なデザインに人気集中のこちらのおんぶ紐は、 信頼のSGマーク付きで安心の日本製品。 自社工場にて1点1点手作りで生産されている徹底したこだわりぶりです。 ママに触れる肩部分と赤ちゃんに触れる部分全てにクッションが入っているので柔らかで快適な着け心地を実現。 抱っことおんぶ両方対応しています。 6.【mon bebe モンベベ】セブンスタイル 4way・5wayと先にご紹介してきましたが、 モンべべのセブンスタイルは名の通り 7way仕様! 横抱っこ・対面しっかり抱っこ・前向きしっかり抱っこ・しっかりおんぶ・対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶであらゆるシーンを徹底サポート。 ブランド名はモンべべですが、製造メーカーは老舗の ラッキー工業なので日本の赤ちゃんの体型やママに合うサイズ感を知り尽くしていて安心して購入できますよ。 赤ちゃんのねんね、外出、家事と日々の生活に必須の育児・ルーティンワークに全てに対応できる万能型おんぶ紐! 税込5,020円(!)と大変リーズナブルなところも嬉しいです。 1.北極しろくま堂 昔ながらのおんぶひもドットシリーズ 「昔ながら」だからいい! 北極しろくま堂のおんぶ紐は、昭和の型紙を使用して作られたリバイバル品。 昭和の良さをそのままに、よりママの負担を減らす工夫がプラスされています。 最大の特徴は 子供を高く背負えるという点。 大人の肩越しに目線が来るよう設計されているので、背負い手はとっても楽!おんぶ紐の絶対条件とも言える高さ問題を難なくクリアしているので、負担がかかりやすい小柄なママにもおすすめですよ。 2.ローズマダム おんぶ子守帯 マタニティ専門メーカーの老舗、 ローズマダム。 懐かしいネーミングが逆に新鮮な子守帯は、簡単装着ですぐにおんぶが可能。 ワイドな幅広肩パッドで肩への負担を軽減してくれます。 ひもを結んで留める仕組みなのでママの体型に合わせて柔軟にフィット!シンプルな作りですぐに子供を背負って家事に取りかかれる、疲れづらいとママやおばあちゃんから嬉しい声が届いていますよ。 3.【ラッキー工業】 昔ながらのおんぶ紐 一本帯 ザ・おんぶ紐といえばこちら。 1本の帯でおんぶするという究極にシンプルな、昔から伝えられてきた伝統の育児方法です。 便利な商品があふれる現代でも、これからも昔ながらのよさを伝えていきたいとの想いから 「一本帯」で日本で一番長い歴史を持つ、ラッキー工業が丁寧に生産し続けて作り上げた商品です。 素材はシルク100%を使用。 赤ちゃんの柔肌にしっとりとフィットします。 簡単に背負えるようになるまで少々練習が必要ですが、慣れてしまえば難なくおんぶできますよ! 収納に場所を取らないので防災アイテムとして忍ばせておくなど近年一本帯の良さが見直されています。 万一の時に備えあれば憂いなし。 持っていて損はない伝統のおんぶ紐です。 これもおんぶ紐!?ピギーバックライダーの直立型キャリア 日本独自のおんぶ「紐」の概念からは少し外れてしまいますが、おまけでご紹介させてください。 調査中に見つけた ビギーバックライダーのおんぶ紐は 直立型のパパ専用アイテム(パパが推奨されていますが、ママも可です)。 2歳半〜6歳までとその使用年数は長く、活動的になるキッズのお出かけをもっと楽しく便利なものに変えてくれる、 全く新しい発想のおんぶ革命。 一見危なそうに見えますが、安全ハーネスとストラップで落下を防止してくれますよ。 ママの強い味方のおんぶ紐で家事を効率よくこなそう! いかがでしたか?お出かけに使える多機能タイプから昔ながらのシンプル設計まで、現代のおんぶ紐は多様性に富んでいました。 筆者自身、我が子の赤ちゃん時代にはおんぶしたまま料理や掃除機をかけたりと、それはそれはとても家事が捗りました。 上手に生活に取り入れると日々の生活が捗りますよ。 家事の重荷を背負わず、赤ちゃんを背負って家事・育児の負担から解放されましょう!.

次の