もやし サラダ。 【速攻完成】安い、ウマい、簡単!「もやし」を使ったサラダバリエ

もやしレシピ人気1位!つくれぽ1000越え殿堂入りだけ掲載【39選】!サラダ・ナムル・スープ・炒めなど

もやし サラダ

卵とニラが入ると彩りがきれいですね。 ゆでたもやしにタレを和えるだけの簡単レシピ。 忙しい日のおかずにも最適です。 たった5分で完成! つくれぽ1800越えです。 チーズ入りで子供も大好き! つくれぽ4900越え。 辛いのが好きならコチュジャンを増量に! 苦手ならコチュジャンなしでもOK! つくれぽ1900越えです。 つくれぽ1300越えです。 つくれぽ7700越えです。 簡単におつまみを作りたいときにもおすすめです。 つくれぽ2000越え。 パリパリの麺ととろりあんかけがよく合います。 ダイエットにも人気の食材です。 こちらはもやし・卵・まいたけで作るデトックススープ! つくれぽ2100越えです。 2人分でもやしを袋の半分使います。 冷やし中華のたれの作り方がわかります。 つくれぽ1800越え。 2~3人分でもやし1袋使うレシピです。 4人分でもやしは袋の半分を使います。 つくれぽ1400越え。

次の

モヤシ

もやし サラダ

緑豆もやしとは… 『 もやし』とは植物名ではなく、 豆類や殻類などの種子を発芽させて成長させたものを指します。 草木が芽ぐむことを意味する『 萌える』という言葉からこの名前が付きました。 種にはなかった ビタミンCやミネラルが発芽する事によって増えますが、低カロリーで「もやし」は ダイエット野菜として注目されています。 中国では秦の時代から栽培されていたと言われています。 日本では、平安時代(918年頃)に書かれた、日本で最も古い薬草の本「本草和名」に「毛也之 -モヤシ- 」として紹介されています。 奈良時代の天平三年(731年)に中国より伝来した『新修本草』という漢方の史料にも『蘖』として書かれています。 特徴 厳選した種子を使用し、各地区の有名山麓のふもとの工場から毎日新鮮な緑豆もやしを日本全国に直接配送しています。 新潟工場 新潟県南魚沼市、 米どころで有名な南魚沼のきれいな地下水で育てた歯ごたえのよいもやしで、新潟・北陸・東北エリアを中心に関東エリアにも出荷しています。 宇都宮工場 関東エリアをメインに、 日光山系の豊富な地下水で生産供給しております。 信州工場 長野県駒ヶ根市、 信州中央アルプスのきれいな伏流水で育てた歯ごたえのよいもやしです。 農水省の有機JAS認定を取得し、オーガニック緑豆もやしとオーガニック大豆もやしも生産しています。 三木生産センター 関西エリアへは、兵庫県三木市より 六甲のきれいな地下水で生産供給しています。 おいしいのはもやしが健康だからです。 栽培のこだわり 種 サラダコスモは 有機栽培緑豆の開発に、いち早く取り組んでまいりました。 中国において有機栽培緑豆の専用の畑と選別工場を契約しており、毎年、高品質で安定量の種子を確保しております。 もちろん 種子は有機農産物のJAS規格(日本農林規格)に適合しております。 中国・吉林省の内蒙古自治区付近にある緑豆の栽培に適した契約農場で、 化学肥料・農薬等を一切使用せずに栽培した種子を使用しています。 当社では、今まで緑豆もやしの原料は、中国 吉林省、陝西省)の契約農場で有機栽培された緑豆を確保しておりましたが、昨今の日中関係や世界情勢の中で原料が高騰してきています。 そこで、お値打ち価格で提供し続けるためには、原料価格を少しでも安く・安定的に確保するために、現在では、 ミャンマーやオーストラリア、パラグアイ、アルゼンチン産など産地を広げて確保に努めております。 2011年より弊社の社員を派遣して、緑豆の種子開発に着手しました。 オーストラリア、ミャンマー、ペルー、メキシコ、パラグアイ、アルゼンチンなど適地を求めて、世界中でできるだけ安く種子がつくれる国を探してあちこち見て参りました。 そして、テスト栽培を繰り返し、2014年より、 南米パラグアイとアルゼンチンで1,000ヘクタールの農地を開墾して、 緑豆種子の栽培の挑戦もはじまっています。 中国産の有機栽培の原料においては、収穫後、選別場に集められた種子は1粒1粒熟練した作業員の方の 手作業で傷や未成熟の選別をします。 一人の女工さんが一日に選別する量は約50キロ。 気の遠くなる作業です。 (ちなみに、社員研修で選別体験した際にはあまりの細かさに、3時間で400グラムほどしか選別できなかったひともいました。 )こんなに 大事に育てられ、選ばれた種を使えることに感謝しながらもやし作りをしています。 水 サラダコスモの緑豆もやしは、パリッとした歯ごたえ、みずみずしい甘さが魅力。 その理由は、『 水』にあります。 緑豆もやしの95%は水分でできています。 サラダコスモの4つのもやし工場は、各地区の 有名山麓のきれいな地下水を使用して栽培しています。 衛生管理された工場で365日・24時間もやしと真剣に向きあっています。 緑豆もやしの歴史 1981年 戦後はじめて、 日本で初めて『緑豆』を原料としたもやしを作り始めたのはサラダコスモです。 当時、もやしといえば『 ブラックマッペ』という黒い豆を原料としたものがほとんどでした。 なぜ、緑豆を選んだのか。 まず、 無農薬の種子を確保したいと考えたこと。 当時、ブラックマッペの産地は東南アジアなどの暖かい地域で収穫されていたため、農薬を使用している可能性が高いのが現状でした。 それに比べ、緑豆の産地は中国の寒い地方であり、農薬を使わなくても栽培が可能だと考えたのです。 そして、緑豆はブラックマッペに比べて、 太くて栄養価も高いもやしに栽培できたこと。 ブラックマッペが主流の中に新しく『緑』の風を吹き込みたいとの思いでスタートしました。 今でも、ブラックマッペのもやしは関西地方を中心に"細もやし"という名前で流通していますが、流通されるもやしのほとんどが『緑豆もやし』になりました。 日本で一番食べられているもやしが、緑豆もやしと言っていいでしょう。 現在でも、緑豆もやしが、サラダコスモの主力商品のひとつです。 (ちょっとこぼれ話・・・) もやしをしゃきしゃきおいしく使うコツは 火を通しすぎないこと。 料理の余熱で十分です。 湯がく・炒める共に 30秒程が目安です。 成分表 栄養成分 表示単位 100g 当り エネルギー 19kcal 水分 95. 0g たんぱく質 1. 7g 脂質 0. 1g 炭水化物 3. 1g 炭分 0. 2g ナトリウム 1. 6mg カリウム 68. 7mg カルシウム 9. 0mg マグネシウム 7. 0mg ビタミンB1(チアミン 0. 05mg ビタミンB2 0.

次の

【速攻完成】安い、ウマい、簡単!「もやし」を使ったサラダバリエ

もやし サラダ

緑豆もやしとは… 『 もやし』とは植物名ではなく、 豆類や殻類などの種子を発芽させて成長させたものを指します。 草木が芽ぐむことを意味する『 萌える』という言葉からこの名前が付きました。 種にはなかった ビタミンCやミネラルが発芽する事によって増えますが、低カロリーで「もやし」は ダイエット野菜として注目されています。 中国では秦の時代から栽培されていたと言われています。 日本では、平安時代(918年頃)に書かれた、日本で最も古い薬草の本「本草和名」に「毛也之 -モヤシ- 」として紹介されています。 奈良時代の天平三年(731年)に中国より伝来した『新修本草』という漢方の史料にも『蘖』として書かれています。 特徴 厳選した種子を使用し、各地区の有名山麓のふもとの工場から毎日新鮮な緑豆もやしを日本全国に直接配送しています。 新潟工場 新潟県南魚沼市、 米どころで有名な南魚沼のきれいな地下水で育てた歯ごたえのよいもやしで、新潟・北陸・東北エリアを中心に関東エリアにも出荷しています。 宇都宮工場 関東エリアをメインに、 日光山系の豊富な地下水で生産供給しております。 信州工場 長野県駒ヶ根市、 信州中央アルプスのきれいな伏流水で育てた歯ごたえのよいもやしです。 農水省の有機JAS認定を取得し、オーガニック緑豆もやしとオーガニック大豆もやしも生産しています。 三木生産センター 関西エリアへは、兵庫県三木市より 六甲のきれいな地下水で生産供給しています。 おいしいのはもやしが健康だからです。 栽培のこだわり 種 サラダコスモは 有機栽培緑豆の開発に、いち早く取り組んでまいりました。 中国において有機栽培緑豆の専用の畑と選別工場を契約しており、毎年、高品質で安定量の種子を確保しております。 もちろん 種子は有機農産物のJAS規格(日本農林規格)に適合しております。 中国・吉林省の内蒙古自治区付近にある緑豆の栽培に適した契約農場で、 化学肥料・農薬等を一切使用せずに栽培した種子を使用しています。 当社では、今まで緑豆もやしの原料は、中国 吉林省、陝西省)の契約農場で有機栽培された緑豆を確保しておりましたが、昨今の日中関係や世界情勢の中で原料が高騰してきています。 そこで、お値打ち価格で提供し続けるためには、原料価格を少しでも安く・安定的に確保するために、現在では、 ミャンマーやオーストラリア、パラグアイ、アルゼンチン産など産地を広げて確保に努めております。 2011年より弊社の社員を派遣して、緑豆の種子開発に着手しました。 オーストラリア、ミャンマー、ペルー、メキシコ、パラグアイ、アルゼンチンなど適地を求めて、世界中でできるだけ安く種子がつくれる国を探してあちこち見て参りました。 そして、テスト栽培を繰り返し、2014年より、 南米パラグアイとアルゼンチンで1,000ヘクタールの農地を開墾して、 緑豆種子の栽培の挑戦もはじまっています。 中国産の有機栽培の原料においては、収穫後、選別場に集められた種子は1粒1粒熟練した作業員の方の 手作業で傷や未成熟の選別をします。 一人の女工さんが一日に選別する量は約50キロ。 気の遠くなる作業です。 (ちなみに、社員研修で選別体験した際にはあまりの細かさに、3時間で400グラムほどしか選別できなかったひともいました。 )こんなに 大事に育てられ、選ばれた種を使えることに感謝しながらもやし作りをしています。 水 サラダコスモの緑豆もやしは、パリッとした歯ごたえ、みずみずしい甘さが魅力。 その理由は、『 水』にあります。 緑豆もやしの95%は水分でできています。 サラダコスモの4つのもやし工場は、各地区の 有名山麓のきれいな地下水を使用して栽培しています。 衛生管理された工場で365日・24時間もやしと真剣に向きあっています。 緑豆もやしの歴史 1981年 戦後はじめて、 日本で初めて『緑豆』を原料としたもやしを作り始めたのはサラダコスモです。 当時、もやしといえば『 ブラックマッペ』という黒い豆を原料としたものがほとんどでした。 なぜ、緑豆を選んだのか。 まず、 無農薬の種子を確保したいと考えたこと。 当時、ブラックマッペの産地は東南アジアなどの暖かい地域で収穫されていたため、農薬を使用している可能性が高いのが現状でした。 それに比べ、緑豆の産地は中国の寒い地方であり、農薬を使わなくても栽培が可能だと考えたのです。 そして、緑豆はブラックマッペに比べて、 太くて栄養価も高いもやしに栽培できたこと。 ブラックマッペが主流の中に新しく『緑』の風を吹き込みたいとの思いでスタートしました。 今でも、ブラックマッペのもやしは関西地方を中心に"細もやし"という名前で流通していますが、流通されるもやしのほとんどが『緑豆もやし』になりました。 日本で一番食べられているもやしが、緑豆もやしと言っていいでしょう。 現在でも、緑豆もやしが、サラダコスモの主力商品のひとつです。 (ちょっとこぼれ話・・・) もやしをしゃきしゃきおいしく使うコツは 火を通しすぎないこと。 料理の余熱で十分です。 湯がく・炒める共に 30秒程が目安です。 成分表 栄養成分 表示単位 100g 当り エネルギー 19kcal 水分 95. 0g たんぱく質 1. 7g 脂質 0. 1g 炭水化物 3. 1g 炭分 0. 2g ナトリウム 1. 6mg カリウム 68. 7mg カルシウム 9. 0mg マグネシウム 7. 0mg ビタミンB1(チアミン 0. 05mg ビタミンB2 0.

次の