アベノマスク残り 1 社。 不良品続出のアベのマスクの受注額と予算の差額375億はどこへ?矛盾だらけの安倍政権に不安感の声

アベノマスクの残り1社を公表しない理由は?麻生太郎の利権と関係?

アベノマスク残り 1 社

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。 アベノマスクと揶揄された政府配布の布マスク。 4月21日の夜にマスク製造元(発注先)の会社名が以下の通り公表されました。 政府配布の布マスク、受注3社が判明 計90億円で契約 受注は の3社で金額は約54. 8億円、約28. 5億円、約7. 6億円の計約90. 9億円。 具体的な中身は示されず。 マスク予算は466億円で契約金額との差額について福島議員はさらに追及。 今回は、政府が意地でも隠し通すアベノマスク製造会社4社目について、詳しく取り上げていきます。 アベノマスク予算との差額375億円はどこに消えた? 差額は誰のふところへ — ねこまる p3Lgg853gebendl アベノマスクの全世帯に対する配布にかかる予算は、当初予定されていた200億円を大幅に超え、466億円と報道されました。 しかし、21日に発表された発注先3社の合計金額を見てみると、約91億円。 興和 約54・8億円 伊藤忠商事 約28・5億円 マツオカコーポレーション 約7・6億円 計約90・9億円だった。 (カビ等不良品込み) 466億円-91億(マスク代)=375億 375億かぁ — 午後の聖歌 BhrxC9gIoNEqxe2 そうなると、上記の通り差額375億円の行方が分からないということになります。 もちろん郵送料などもかかっているため、この金額すべてが残り1社への発注金額というわけではありません。 ただ、送料を考えたとしても、少なくとも200億円以上は使途不明となっているわけです。 この一連の疑念については、社民党の福島瑞穂氏も以下のようにTwitterで言及しています。 厚生労働省マスク班から今日4月21日、布マスクの全戸配布にかかる企業名、契約内容についての回答がきました。 3企業を合わせても90• 9億円で少ないのだが。 また、4企業と言っていたのに3企業という疑問はあるが、3企業と契約金額が出てきました。 — 福島みずほ mizuhofukushima アベノマスク4社目 製造会社残り1社 はどこで特定? 妊婦向けに配布する布マスクに汚れなどが相次いで見つかった問題。 厚生労働省は受注企業について「興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社プラス1社」とし、残る1社を公表していません。 かたくなに拒む担当者。 かえって疑念が広がっています。 — 毎日新聞 mainichi この4社目については、デイリーなども以下のように報じています。 466億円を投じて行われる事業を巡っては、立憲民主党の蓮舫副代表がツイッターで発注元を「何度も厚労省に確認していますが、いまだに返事が来ません」と明かしていた。 最近になって3社が明かされたが、残り1社はなぜか非公表。 ネット上では「あと1社を頑なに隠す意味はわからん」「4社目がなかなか公表されないのもおかしい」「何故公表しないのか」といぶかしがる投稿が相次いだ。 最も受注額が多いのではないかとの指摘もあり、「もーっとも怪しい幻の1社」「残り1社は余程公開出来なかったんだな」「利権絡みでは?」「怪しすぎる」「残り1社の名前も言えない胡散臭いマスク」と、疑念は深まるばかりとなっている。 4月25日までに、残り1社の実態についてはさまざまな説が語られています。 そのなかには、『架空の会社だから公表できないのでは?』という説もあり、国民の疑念はさらに深まるばかり。 今のところ、4社目の具体的な会社名は特定されていませんが、ミャンマーでの謎の動きが話題になっており、麻生財務大臣をはじめとする大物政治家の利権がらみである可能性が高いとされています。 興和ミャンマー工場に政府からの要請 利権がらみが話題となったのは、ミャンマージャポンが以下のような記事を公開したことに端を発します。 ミャンマーで日本向けガーゼマスクを1か月に5,000万枚生産へ ミャンマーで日本向けのガーゼマスクが4月から1か月あたり5,000万枚生産されることがわかった。 7Day Dailyが伝えたもの。 マスクを生産するのは、名古屋市に本社がある医薬品・繊維事業の興和で、3月中に1,500万枚を生産し4月には5,000万枚に増産する予定。 日本政府・経済産業省からの要請に応えたもので、既に第1便は日本に到着済み。 使い捨ての不織布マスクに対し、ガーゼマスクは洗濯して何度も使うことができる。 公表された3社のなかでも最も大きな受注額である興和はミャンマーに工場を置いています。 そして、このミャンマーは財務大臣を務める麻生太郎氏と深い関係が。 これが、残り1社についても利権がらみなのではないか?と噂される大きな理由の一つです。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 安倍さんそろそろ年貢の納め時ですね。 マスク配布不評につづきマスク納入会社の未公表、きわめつけはそのマスクが不良品・・・本当に残念なお方だ。 なんであと1社公表できないのですか?まさかこの状況下で何か利権絡みですか?今まではなんとか誤魔化してきましたがもうそうはいきませんよ。 国民全員があなたの挙動に注目しています。 早く公表お願いしますよ。 中国共産党といっしょでやましいことがあるから隠してるんだよ。 そんなことがまかり通るのは安部が総理大臣になってから。 こんな横暴を許してはならない。 これは公表しないとフェアじゃないでしょ。 公表された三社は不良品納入について散々言われるだろうし、残り一社が不良品を納入してない確証もない。 非公表にするなら国民になに言われようが全社非公表で押し通すべきでしたね。 対応が中途半端。

次の

アベノマスクは3社と90億円で契約と回答も残りの1社は未公表、ミャンマーでの謎の動きも判明

アベノマスク残り 1 社

「アベノマスク」受注先 興和、伊藤忠など3社 契約額計90億円 厚労省マスク班公表 厚生労働省は21日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて政府が全世帯に2枚ずつ配布する布マスクの受注企業3社と契約額を明らかにした。 興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社で、契約額はそれぞれ約54・8億円、約28・5億円、約7・6億円で計約90・9億円だった。 野党が受注先を公表するよう求めていた。 社民党の福島瑞穂党首の質問に対し、厚労省マスク班が書面で回答した。 3社に発注したマスクの枚数については「マスク単価を計算できることになり、今後の布マスク調達や企業活動への影響を及ぼす恐れがあり、回答は差し控える」としている。 政府は布マスク配布に充てられる予算額は約466億円で、内訳は配達費128億円、マスク調達費338億円と説明している。 福島氏はツイッターに「3企業を合わせても90・9億円で少ない。 また、4企業と言っていたのに3企業という疑問はある」と書き込んだ。 引用:毎日新聞 記事のポイントを要約すると、• 厚生労働省は、布マスクの発注企業3社と契約額を公表。 それぞれ、• 興和:約54. 8億円• 伊藤忠商事:約28. 5億円• マツオカコーポレーション:約7. 6億円• 発注したマスクの枚数については回答は差し控える• 布マスク配布の予算額は約466億円• 内訳は配達費128億円、マスク調達費338億円 ということです。 発表内容に疑問が… 厚労省の発表内容からは、社民党の福島議員が指摘しているように、• 3企業を合わせても、契約額は約91億円• 発注先4企業のうち、3企業しか発表していない ということに疑問が生じてきます。 マスクの調達費は338億円。 3社の合計は91億円ですから、 残りの247億円の内訳はどうなっているんでしょうか? 残りの1社は、一体どこなんでしょうか? また、マスクの発注枚数についても、「マスク単価を計算できることになり、今後の布マスク調達や企業活動への影響を及ぼす恐れがあり、回答は差し控える」ということで未公表でした。 なぜ上記の3社が受注決定に至ったのか、各社の単価がわかると明らかに不都合なことがあるのか、さらなる疑問が湧いてきます。 不良品のアベノマスク。 — 鯉優省 打倒安倍政権 反緊縮、猫の生活が第一 肉球新党 れいわ新選組 carpyoushow マスクが90億円 日本の世帯数が 5699万6,515世帯 2019. 07 1世帯数2枚で158円 1枚は79円? 466億円で 1世帯数2枚で 818円 1枚は409円? 466億円の は いろんな経費? 1枚409円に。 なぜ今回配布されたマスクに汚れの付着や虫が混入しているのか、その原因も含めて、不明な247億円の行方を野党は引き続き、厳しく追及してもらいたいと思います。

次の

アベノマスクは3社と90億円で契約と回答も残りの1社は未公表、ミャンマーでの謎の動きも判明

アベノマスク残り 1 社

Contents• 【アベノマスク】製造会社の残り1社 令和元年度予備費から今年3月に高齢者施設等用に2000万枚を調達、その内、50万枚を妊婦さん用に配布。 その中にカビや不良品が混じっていて回収となりました。 興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションにもう一社の4社が受注したと言いますが、厚労省はこの1社の社名を明らかにしません。 3億枚で338億円、日本郵政配達費・パッケージ代・メーカーから日本郵政運送費・問合せコールセンター費用等で128億。 さらに233億円が必要なので補正予算案にも計上。 計466億円。 が、調達したところ91億円で済んだと菅官房長官。 新型コロナウイルス感染防止対策で政府が配布を進める布マスクについて、厚生労働省が1社の社名を明らかにしないと指摘した。 蓮舫氏は「令和元年度予備費から今年3月に高齢者施設等用に2000万枚を調達、その内、50万枚を妊婦さん用に配布。 その中にカビや不良品が混じっていて回収となりました」と投稿。 さらに蓮舫氏はマスクの受注元について言及。 「興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションにもう一社の4社が受注したと言いますが、厚労省はこの1社の社名を明らかにしません」と記した。 出典元: スポンサーリンク アベノマスク製造会社の残り1社(4社目)をなぜ公表できない理由は何? 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、政府が配布する布マスク(俗称アベノマスク)の調達先に関して、ようやく厚生労働省が興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社を公表したが、残りもう1社が頑なに明かされないとして、ネット上では「残り1社」「4社目」に関して、「怪しい」「利権がらみ?」などと疑う投稿が殺到している。 安倍晋三首相が「極めて有効」とドヤ顔で繰り出すも、すこぶる評判が悪いアベノマスク。 小さいために使い勝手の悪さが指摘され、配布が始まると汚れや異物混入などの苦情が相次ぎ、2社が未配布分を全回収する騒ぎに。 税金を投じて行われる事業を巡っては、立憲民主党の蓮舫副代表がツイッターで発注元を「何度も厚労省に確認していますが、いまだに返事が来ません」と明かしていた。 最近になって3社が明かされたが、残り1社はなぜか非公表。 ネット上では「あと1社を頑なに隠す意味はわからん」「4社目がなかなか公表されないのもおかしい」「何故公表しないのか」といぶかしがる投稿が相次いだ。 最も受注額が多いのではないかとの指摘もあり、「もーっとも怪しい幻の1社」「残り1社は余程公開出来なかったんだな」「利権絡みでは?」「怪しすぎる」「残り1社の名前も言えない胡散臭いマスク」と、疑念は深まるばかりとなっている。 アベノマスク製造会社の残り1社(4社目)を公表せず!に様々なネットの声 アベノオトモダチマスクだろうな。 発注4社のうち3社に合計約90億。 配送料約128億。 汚職のニオイがぷんぷんする。 — さよなら昨日の私 SaYoNaRaKiNo 代表者不明 電話番号不明でどうやって 発注したのでしょうか? 教えてください、バーコードさん。 【アベノマスク】4社目は「ユースビオ」代表者名も事業内容も不明 所在地は福島市西中央 : まとめダネ! さんから — いのうえ ゆきひろ osakayukihiro 政府発注の布マスクを供給した4社目の会社である「株式会社ユースビオ」は、福島市西中央5丁目54-6にある長屋状の建物の左端から2軒目にあった。 公明党の選挙ポスターが貼ってある。 若松かねしげ議員は現在参議院総務委員長を務める。

次の