受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に。 NHKが放送した3分動画「受信料と公共放送についてご理解いただくために」が意味するもの

「年1万5千円」NHK受信料の存廃、国民的議論免れず…N国党への支持高まりで

受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に

NHKは、10月1日から受信料の実質値下げを開始。 上田良一会長が、9月5日の会見で説明した。 2020年10月からは、地上契約と衛星契約の受信料額をさらに2. 加えて、負担軽減策として既に実施している「社会福祉施設への免除拡大」、「奨学金受給対象などの学生への免除」、「多数支払いにおける割引」に加え、4つ目の「設置月の無料化」が'19年10月から始まる。 上田会長は「こうした取り組みを含め、公共放送の役割や受信料制度の意義を視聴者・国民の皆さまに丁寧に説明していく」とコメントしている。 一方で「このところ、受信料制度について正確な理解に基づかない発言、たとえば、テレビを設置していても『NHKを見なければ受信契約はしなくてもいい、受信料は支払わなくてもよい』などの発言が聞かれること、また、視聴者の皆さまからも受信料制度についての問い合わせがある」と説明。 そのため、「公共放送の役割やそれを支える受信料制度の意義について、NHKとしての見解をきちんと説明する必要があると考え、様々な取り組みを進めている」という。 その一つとして、NHKの公式サイトで「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題した専用のコーナーを用意。 NHKの考え方をまとめた文書と動画を掲載している。 また、8月には経営広報スポット番組を集中的に放送。 この中で、「受信料制度や公共放送だからこそ実施できる様々な取り組みを通じて、信頼される『情報の社会的基盤』の役割を果たし、健全な民主主義の発達や文化水準の向上に資するよう努めていることなどを説明した」とし、今後も視聴者に対して公平に受信料を支払うことを求める意向を改めて示した。

次の

受信料契約問題を巡ってNHKの公式サイトに掲載された文章について

受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に

30日、NHKが公式サイトで受信料徴収について声明文を掲載。 その内容が物議を醸している。 NHKは「受信料と公共放送についてご理解いただくために」という文書の中で、受信料を徴収する意味について、「いつでも、どこでも、誰にでも、確かな情報や豊かな文化を津々浦々あまねく伝えていくという使命を果たすため」と説明し、「公共放送ならではのさまざまな放送事業を行なっています」と意義を主張する。 続けて、「このところ『NHKを見なければ受信契約はしなくていい。 受信料は支払わなくてもいい』と発言する人たちがいます」「放送法や受信規約ではNHKの放送を受信できる設備をお持ちの方は受信契約を結び、受信料をお支払いいただくことが定められています」「『受信料を支払わなくてもいい』と公然に言うことは法律違反を勧めることになる」と、名指しはしなかったものの、参議院選挙で議席を獲得した「」の活動を批判する。 そして、「不公平感を解消するためにも、 中略 誤った認識を広めるような行為や発言はきちんと対応する」「NHKは放送法や受信規約にのっとって適切に業務を行っており」などと主張し、最後に「公平負担の徹底に全力で取り組んでいく」と、これからも未契約者に対し受信料を徴収していく方針を明確にした。 今回の文書発表は「NHKから国民を守る党」が参議院選挙で議席を獲得し、丸山穂高衆議院議員の入党、渡辺喜美参議院議員と統一会派を結成するなど、意欲的な活動をしていることに、脅威を覚えているためであると思われる。 異例の文書発表となったが、ネットユーザーからは「結局自分たちの主張を繰り返しただけ」「放送法そのものがおかしく、契約の自由に反していると主張していることには全く触れられていない」「テレビを設置しただけで、見ていなくとも受信料を取られることに不公平感を覚えている。 全くの時代錯誤な主張だ」と厳しい言葉が並んだ。 また、「押し売りのような契約手法を止めてもらいたい」「夜に押しかけ契約を迫られた。 まるで借金取りのようだった。 これからさらにそれが強まりそう」など、強引な「取り立て」に不安を覚えるネットユーザーも多かった。 NHKの受信料については、松井一郎大阪府市長が30日の記者会見で、「現職国会議員の未払いを認めるなら一般にも認めなあかんよ」「これがまかり通るなら大阪市も止めさせてもらう」と話しており、今後、この論理が企業や市町村に広がっていく可能性も否定できない。 受信料制度に不満を持つ声はこれまでにも上げられており、遂にNHKに影響を与えた様子。 ただし、NHK側は現状これまでのやり方を変える予定はないようだ。 NHKの番組を視聴している人間が、受信料を支払うのは当然のことだが、見てもいない人間にまで、テレビを設置しているというだけで支払いを迫っている現状は、おかしいと言わざるを得ない。 それでも、「放送法に定められているから」という理由で金を取り、私腹を肥やすNHKに、厳しい目が向けられている。 nhk. pdf 外部サイト.

次の

<NHK異例放送の裏>N国立花と上念司がNHKの呆れた金満体質を暴露?(2019年8月15日)|BIGLOBEニュース

受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に

N国党の活動を始めとする「反NHKの動き」を受けてか、NHKが 「受信料と公共放送についてご理解いただくために」という3分動画を放送したようです。 少し前にNHKの公式サイト上でも、同タイトルの文書を公開していたわけですが、今回は動画にして、更に公共の電波に乗せて視聴者に発信したということで、何かの思惑を感じずにはいられません。 普通に考えたら「ここでわざわざ動画を作って放送するわけだから、何か重要な情報を発信するんだろうな」と思っていたわけですが、実際には今までと何も変わっていませんでした。 というわけで今回は、 NHKが放送した3分動画「受信料と公共放送についてご理解いただくために」が意味するものについて考察していきたいと思います。 世論を受けて緊急放送した特別番組 N国党の活動や反響を見て、NHKが危機感を抱いたのか「受信料と公共放送についてご理解いただくために」という3分間の特別番組が放送されました。 どんな動画なのかが分からないという方は、YouTubeで「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と検索すれば、アップロードされた物が出てくると思います。 NHKが「テレビを持っていたらNHKと契約をしなくてはならない」というルールは、法的な根拠があると解説しています。 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。 これは手垢が付くほど語り尽くされている部分ですが、確かに放送法では上記のように定められており、簡単に言うと 「テレビを設置したら、NHKと契約しなくてはならない」という意味です。 これまでにも「NHKの放送だけを受信できない環境だったら?」とか「設置という言葉の本質」について裁判をしたケースがあり、現代にはそぐわない非常に曖昧な法律というイメージが強い放送法ですが、これがNHKの拠り所となっています。 さて、これ自体に文句はないのですが、NHKは毎回これを「放送法第64条第1項」として報道しているんですよね。 実は、放送法第64条第1項には続きがあります。 ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。 第百二十六条第一項において同じ。 )若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。 難しいことが書かれていますが、重要なのは1点です。 放送の受信を目的としない受信設備を設置した者については、この限りではない。 これを放送しないのは、私は 「NHKに有利な偏向報道なのでは?」と思いましたが、どうなのでしょうか。 公共の福祉?公正・中立? ちなみにNHKは毎回そうなんですが、この但し書きを無視し続けています。 こんな態度を見せられ続けたら「NHKにとって都合の悪い但し書きだから、ここを省略している」というように捉えられても仕方ないと思いますけど。 ちなみに「放送の受信を目的としていない受信設備」についての解説はこちらです。 個人的には「放送法と同列にして語ることで、視聴者を欺こうとしているのではないか?」と常々感じているのですが、この放送受信規約というのは法律ではありません。 「放送受信契約者は、放送受信料を支払わなければならない」なんてものは、NHKが勝手に決めたルールです。 放送受信料支払いの義務なんて謳ってますが、ここに 法的な拘束力はないんです。 NHKの言い分としては「契約してるんだから、契約内容に従うのは当然だろう?」という考えなんでしょうが、そもそもNHKとの契約自体が通常の契約とは概念がかけ離れているので、そこだけに一般論を持ってこられても違和感しか感じません。 受信料制度は合憲である これ自体は事実なのですが、やはり「契約と支払いを同列に語ることで、視聴者を欺こうとしている感」が拭い切れていないように思います。 ちなみに受信料制度が合憲だと判断された裁判についてですが、捕捉させてください。 これは 「テレビを所有していることを認めている人物が、NHKと契約しなかったことに対する裁判」であり、放送法に基づいて「テレビを持っているなら契約しなさい」と言われただけの話です。 そして実際には「テレビがあるから即契約とはならず、所有者に納得して契約してもらえるようにするのはNHKの努め」という判断も下っています。 支払いまでが法的な義務なんだとすれば「テレビがあれば即契約=即支払い」になるはずですから、NHKは受信料制度が合憲だということを報道するうえで、このような部分も包み隠さずに報道すべきではないでしょうか。 結論:今まで通りの主張で目新しさは無い• テレビを設置したら、NHKと契約をしてください• ワンセグ機能付き携帯電話やスマホ、カーナビも、同様にNHKとの契約が必要です• テレビがあるのにNHKと契約をしないということは法律違反になります• NHKと契約をしたら、契約内容にそって受信料をお支払いください• 契約してくれない人、契約しているのに受信料を支払ってくれない人に対しては、誠心誠意、受信料に対して理解してもらえるように努力しますが、それでも理解してもらえないなら法的手段を取ります 結局はこれです。 こんな横暴がまかり通っているのは、今より遥か前に作られた放送法を、時代に合わせてカタチを変えてこなかった怠慢だと思います。 もちろん国会がNHKとWin-Winな部分があって、あえて議論してこなかった可能性もありますが、1番は私たちが泣き寝入りに近い態度しか取ってこなかったことにあるのではないでしょうか。 NHKのスクランブル放送が実現すれば、テレビを持っているだけでNHKと契約することがルールではなくなります。 契約するかどうかが、選べるようになるんです。 テレビを持っているだけで契約させられ、NHKを見ない権利を奪われるのはおかしいと思いませんか?今こそ、NHKのスクランブル放送の実現を切に願います。

次の