正月飾り 飾り方。 お正月の鏡餅の飾り方は?場所はどこ?飾るのはいつがいい?

お正月の鏡餅の飾り方は?場所はどこ?飾るのはいつがいい?

正月飾り 飾り方

鏡餅は神棚があるなら 神棚に、神棚がない時は 床の間に飾るのがよいでしょう。 神棚も床の間もなければ、リビングに飾ってもよいですが、できるだけ高い場所に置くようにして下さい。 いつからいつまで飾るの? 正月飾りを飾るのは、松の内の期間です。 とは門松を飾る時期のことを言います。 昔は12月13日のすす払い(今の大掃除)が終わると、山に行って門松用の松や竹を集めたり、おせちや雑煮を作るための囲炉裏の火にするため薪を拾いに行っていました。 これを正月の準備を始めるという意味で、事始め(正月はじめ)と呼んでいたのですが、正月飾りはこの事始めとなる12月13日以降に飾り始め、翌年の松の内の終わりまで飾ります。 外す時期は地域によって違う? 正月飾りは松の内が終わったら外して処分しますが、実は松の内の終わりは地域によってその日が違い、関東は1月7日、関西は1月15日となっています。 関東と関西で松の内の終わりが違うのは、徳川幕府三代目将軍家光の死去が関係していると言われています。 家光は亡くなる前までは、関東も松の内の終わりは1月15日でした。 しかし、家光が4月20日に亡くなったことを受け、毎月20日が月命日となり、1月20日の鏡開き(お供えしていた鏡餅を下ろし、割って食べる行事)と被ってしまい、縁起がよくないとされました。 そこで、の日程を1月11日に変更することになったのですが、それでは松の内の期間中に鏡開きを行うことになってしまうので、こちらも同様に変更となり、1月7日を松の内の終わりとしました。 ただし、これは徳川幕府のお膝元であった江戸(今の関東地方)にて庶民にも広まったのですが、関西ではほとんど広まらず、そのため松の内は従来通りの1月15日となったままでした。 このようなことから、関東と関西では松の内の終わりが違うため、正月飾りを外す日も違うのです。 正月飾りを飾る意味は? は、正月になると山の高いところから下りて、各家庭にやって来ると言われている歳神様をお迎えし、お祀りするために行うものです。 とは五穀豊穣の神様であり、長らく農耕民族であった日本人にとって、とても大切な存在です。 正月に歳神様をお迎えしお祀りすることで、その年一年幸運に恵まれると言われており、おせち料理もお年玉も元々は歳神様へお供えするものであったり、ご利益を頂くものでした。 正月飾りにおいては、は歳神様が家を間違えないように目印にするもの、しめ飾り(縄)は不浄なものが入り込まないように歳神様のいらっしゃる神域と現世を隔てる結界の役割をしています。 そして、鏡餅は歳神様が家にやって来られた際の依り代となるものです。 松の内が終わると飾っていた鏡餅を割って食べる鏡開きを行いますが、これには歳神様のご利益を頂くという意味があります。 このように、正月飾りは単に正月気分を盛り上げるために飾るものではなく、一つ一つに重要な意味があるのです。 正月飾りを飾ってはいけない日は? 正月飾りは、事始めの12月13日以降に飾りますが、上記でご紹介した通り、歳神様をお迎えお祀りするために飾るもののため、あまりにも年末に近くなってしまうと、少し意味が薄れてしまうかも知れませんね。 しかし、現代は12月下旬にがあり、こちらも一大イベントとなっているので、クリスマスが終わってから正月準備を始めるという人も多いでしょう。 25日以降であっても正月飾りを飾っても問題はありませんが、29日は避けるようにして下さい。 なぜなら、29日は「二重の苦(9)」となり、縁起が悪いからです。 また、31日に飾るのは「一夜飾り」と言って失礼にあたります。 25日以降に正月飾りを飾るなら、おすすめは28日となっています。 8という数字は末広がりに繋がることから、縁起がよいと言われています。 飾った後の処分の方法は? 正月飾りは松の内の終わりに外した後、神社に持って行くとお焚き上げをしてくれます。 正月飾りのお焚き上げはどんど焼き、左義長などと呼ばれ、多くの場合は松の内の終わり(関東なら1月7日、関西なら1月15日)に行われます。 その日に使い終わった正月飾りを持っていくと、くべた火の中に入れて燃やし、処分をしてくれます。 ただし、お焚き上げを行っていない神社もあるため、近くの神社に持参する際は必ず確認をしましょう。 近くに神社がない、神社に行く時間がないなどの場合は、家庭用の一般ゴミとして処分することができますが、歳神様にお供えしたものをそのままゴミとして出すのは気が引けるという方もいますよね。 そのような場合は、塩やお酒で正月飾りを清めた後、紙(半紙など)に包み、さらに新聞紙などに包んでから他のゴミと一緒に捨てるとよいでしょう。 なお、鏡餅は捨てずに鏡開きの際に割って食べるようにしましょう。 歳神様のご利益や力を頂けると言われています。

次の

これも常識!関東と関西で異なるお正月飾りの飾り付け期間|@DIME アットダイム

正月飾り 飾り方

しめ縄は同じ読み方ですが漢字では「注連縄」「標縄」「七五三縄」「占縄」のような4種類の異なる書き方があり、それぞれには意味があります。 漢字の語源を読み解くことで、しめ縄の意味や語源が理解できますので、ご紹介しましょう。 「標縄」は、高貴な人間の占有した場所に一般者の立入りを禁ずるという意味があります。 「注連縄」は死霊が入らないようにする結界を中国では「注連」ということからあやかった書き方です。 「標縄」と「注連縄」は、しめ縄本来の語源「占める」からきていますが、「七五三縄」の語源だけは2つの語源とは異なります。 では、「七五三縄」と書いてしめ縄と読む語源について注目して見ましょう。 「七五三縄」とは縄の状態を表していることから「七五三縄」と表記されました。 七五三縄は藁を綯って作られますが右から7本、5本、3本となることから「七五三縄」と書かれるようになりました。 日本の節句である七五三とは関係ありません。 しめ飾りの飾り物には「橙」「紙垂」「裏白」「ゆずり葉」などの縁起物が使われており、きちんとした意味があります。 「橙」は葉が付いている柑橘類を使用しますが、これは代々繁栄することを願って用いられます。 「裏白」は鏡餅の敷物に使われているものと同じで、長寿の願掛けを意味します。 稲妻の形で作られた「紙垂」は神様の聖域を表し、「ゆずり葉」は子孫繁栄を意味しています。 お正月飾りについている「紙垂」は自分でつくることが可能です。 紙垂のつくり方や飾り方に興味のある方は、こちらの記事を参考にしましょう。 神社でしめ縄を飾る向きは「入船」の付け方が一般的です。 これには意味があり、右が神様にまつわるものとして「上」と捉え、左が俗物的な「下」という意味から、神社では幸福が訪れることを祈念して入船で飾られていることが多いです。 神棚は飾り方は、神棚の正面の向きが南か東になるように配置すると良いといわれています。 そして、神棚に飾るしめ縄は太陽が強い向きに太い方を飾る風習がありますが、住んでいる場所や間取りよってしめ縄の向きが変わる場合があるでしょう。 商売をしている家庭の場合は、商売繁盛を祈願するためお客さんやお金が入るように「入船」で飾り、サラリーマンのように外で稼いでくる家庭では、外に悪い邪気などを排出するため「出船」で付け方をしましょう。 水回りの付近に飾る場合も、吸盤フックは役に立つでしょう。 しめ縄を支えるように軽く針金で包みこみ、針金の端などを釘を合わせトンカチなどで打ち付けましょう。 この時、しめ縄を傷つけないように注意しましょう。 ご家庭でも紐で結べるような場所があればこの方法も活用できることでしょう。 100円ショップでも紐は売っていますので、紐を買ってきてしめ縄の端と端を紐でくくり柱など、紐で結べるところにしっかりと結びましょう。 しめ縄を飾る時期や処分方法とは? しめ縄は12月13日から12月28日までの間に飾る しめ縄を飾る正式な時期は「すす払い」の後の12月13日から12月28日までの間に飾ると良いといわれています。 そして、反対にしめ縄を飾ってはいけないといわれている日は、9日から「苦」を連想させる「くんち飾り」という29日と、「一夜飾り」になってしまう12月31日には縁起が悪いので飾ってはいけません。 しめ縄は12月13日から1月7日の間に取り外す しめ縄とは外す(交換)する時期が決まっています。 しめ縄を取り外す時期は「松の内」が良いとされていますので「12月13日から1月7日」に行うことが良いでしょう。 しかし、関西の松の内の時期は「12月13日から1月15日」ですので、一般的には、「1月15日」の鏡開きに取り外すと良いといわれています。 しめ縄は神社で処分してもらう 一般的なしめ縄の処分方法は、神社で開催されている「どんど焼き」に持っていく方法で1番のおすすめの処分方法です。 どんど焼きは日にちが指定されていますので、その日に行かれなくても神社では常にお焚き上げをしてくれるので問題ありません。 しめ縄を自宅で処分する場合はお清めをする 自宅でしめ縄を処分しなければならない場合は、しめ縄を丁寧にほどいたあと塩やお酒でしっかりとお清めをしたあとに新聞紙などにくるんで、一般ゴミの日に処分することができます。 お清め方法に不安がある方は神社へ納めるようにしましょう。 1年間の感謝を込めて「しめ縄」を飾ろう 「しめ縄」とは日本の伝統であり文化です。 お正月にはどこのご家庭でも飾られる「しめ縄」の風習は古き良き伝統ですので、1年の終わりには必ず忘れずに「しめ縄」を飾り、1年間の感謝の気持ちを込めて新年を迎えましょう。

次の

鏡餅|飾り方・意味・いつから・いつまで飾る? | お正月

正月飾り 飾り方

まず 『29日』。 次に 『30日』と 『31日』。 旧暦で30日は『晦日』。 つまり月の最後の日を意味しますね。 そのため31日と同様の扱いになります。 お正月前日ですので、30日、31日は慌ただしい日です。 そんな日に飾るのは、神様に対し礼節を欠きます。 また、31日は『一夜飾り』と言われ忌み嫌われています。 この3日は適さない日として注意しておきましょう。 松の内とは『門松を飾る期間』を意味する言葉です。 しかし、こちらも地域によって異なります。 正月飾りを飾る位置や場所は?飾り方は? 飾りの種類別に飾る位置、場所、飾り方について紹介していきますね。 鏡餅 【飾る場所について】 神様の居場所として、家の中で格の高い場所。 しかし床の間がない場合は神棚、玄関、台所、リビングなどが一般的でしょうか。 家族に大切にされている場所が良いと思われます。 【飾り方について】 飾り方は地域によって異なる場所もありますが、一般的なものをあげるとしたら説明するとこうなります。 まず三方の上に四方紅を置きます。 四方紅の上に裏白の葉を正面に垂れさせた状態で置きます。 鏡餅を置きましょう。 御幣を正面に垂れさせるようにして置きます。 橙を乗せましょう。 末広を置いたら完成です。 しめ縄(注連飾り) 【飾る場所について】 こちらは 玄関に飾るのが一般的ですね。 神様を迎え入れるために玄関の扉(外側)に飾るのが適しています。 【飾り方について】 特に注意事項などはありません。 ただ、玄関は神様をお招きする場所ですので、しめ縄を飾る際に周りを綺麗にすることを忘れずに! 破魔矢 【飾る場所について】 破魔矢は本来、神棚や床の間に飾っていたそうですが、今はどちらもない家が多いですね。 理由は神様を見下さないようにという礼儀の意味からです。 【飾り方について】 方角など気にする方もいらっしゃるようですが、基本的にはどの方角に飾っても大丈夫です。 ただ、 縁起を担ぎたいという方は、 その年の『 凶の方角』に向けるのがおすすめですよ! 2020年の凶方位は南です。 真南でなくてもかまいません(南方面でOK)。 門松 【飾る場所について】 門松は 家の門に飾るのが一般的です。 そもそも門松というものは、歳神様の依代(よりしろ)と言われています。 お正月飾りの中では一番重要で、歳神様が迷わず降りて来るための目印になるのです。 【飾り方について】 門松は 門の両側に設置します。 そしてこの様に、 二番目に長い竹が外側になるように置きましょう。 この門松の竹の長さは地域によっても違いがあり、関東の方が長く関西の方は短くなってます。 Sponsored Link マンションの玄関の飾り方は? マンションまたはアパートの方の場合 『門松』でしたら、玄関扉の両側に飾れる略式の門松が売っていますので、そちらを設置するのがおすすめです。 大きさはどんなものでも大丈夫です。 大きなものから小さなものまでいろいろ売っているので、スペースなどを考慮して決めましょう。 『しめ縄』は玄関の扉や下駄箱の上、もしくはトイレなどの水場が良いですね。 『鏡餅』は玄関の下駄箱の上、テレビ台やサイドボードの上などに飾る方が多いようですよ。 『破魔矢』はこのような破魔矢置きを買って設置する方も多いですね。 専用の台がなくてもよいですが、倒れないようにしておきましょう。 壁に横にかけても良いですよ。 woman. excite. com こちらの 門松は何と全て紙で手作りされたそうです。 門松も小さいものも売ってますが、家の中で飾るならこのように小さな物だと片付けも楽そうですね。 こちらはどうやら玄関に置かれている様子。 こんなに可愛い門松を見たら微笑ましい気分になりそうですね。 もうすぐ年末!正月飾りの準備を始めましょう。 正月飾りは12月13日から飾られるものだと知り、驚いた方もいることでしょう。 周囲の方も大概年末に飾られることが多かったので、正月飾りとはこんなに奥が深いものなんだと再認識できたことと思います。 この記事がこれからのお正月準備に少しでもお役に立てば幸いです。

次の