そうめん かぼちゃ レシピ。 そうめんかぼちゃとは?収穫時期はいつ?食べ方は?栄養価やカロリーも|Rioの日々、気になるコト。

そうめんかぼちゃのゆで方と食べ方レシピ、面倒な時はレンジでチン

そうめん かぼちゃ レシピ

そうめんかぼちゃ(金糸瓜 ってどんな野菜? となりに置いた卵と比べてわかるように、両手で抱えるほど大きなこのかぼちゃは、「金糸瓜(きんしうり)」といいます。 加熱すると果肉が麺のようにほぐれることから、地域によっては「そうめんかぼちゃ」とか「そうめんうり」と呼ばれています。 全国的に栽培されているものの、量産されていないためあまりなじみのない野菜ですが、夏になると道の駅などでよく見かけます。 また、近頃では宅配野菜のセットに入っていることもあるようです。 見かけたことはあるけれど…とか、野菜セットで届いたけれど…、調理の仕方に戸惑う方もいるかもしれません。 実は簡単!そうめんかぼちゃを茹でてほぐす作業はとてもおもしろく、味わい方もいろいろとあるので、ぜひトライしてみてください。 そうめんかぼちゃの切り方・茹で方・ほぐし方 1.3〜4センチの輪切りにし、種とワタを取る。 2.鍋に湯を沸かし、1を入れて15〜20分茹でる。 3.冷水に取り、柔らかくなった果肉を手で引っ張りながらほぐす。 4.ほぐれにくくなったら、再び鍋に戻して茹で、同様にほぐす。 5.ザルにあげて水を切る。 そうめんかぼちゃの食べ方いろいろ 「そうめんかぼちゃ」の味は淡白なので酢の物、おひたし、サラダなどに向いています。 きゅうりのような感覚で調理すると暑い夏にぴったりの、ひんやり歯ごたえのよい料理が仕上がります。 呼び名の通り、そうめん同様めんつゆにつけて食べても。 また、「そうめんかぼちゃ」は夏に収穫されますが、冬まで冷暗所で保存できるので、天ぷら、しゃぶしゃぶ、鍋物など冬場の料理でも美味しくいただけます。 そうめんかぼちゃの黄金色は食卓を華やかに彩り、「これなあに!?」から始まって…にぎやかな食卓になること間違いなしです! 写真・文:サゴイシオリ/フードコーディネーター.

次の

そうめんかぼちゃとは?収穫時期はいつ?食べ方は?栄養価やカロリーも|Rioの日々、気になるコト。

そうめん かぼちゃ レシピ

スポンサーリンク そうめんかぼちゃの茹で方 1. まずそうめんかぼちゃの両端を2センチほど切り落としてから、3~5センチの輪切りにします。 スプーンなどで中のワタと種を取り除いて水から茹でましょう。 沸騰してからおよそ15分ほど茹でます。 そうめんかぼちゃに箸がスーッと刺さるようになったら冷水にさらして冷ましてください。 祖熱が取れたら冷水にさらしながらほぐしていきましょう。 半分に切るのも硬くて無理な場合は、切る前に電子レンジで3分ほど加熱しましょう。 すると少し柔らかくなるので半分に切ることができると思います。 ただやわらかくなりすぎるとそうめんかぼちゃのシャキシャキ感が失われてしまうので、茹でる時間は短くしてくださいね。 半分には切れたけど輪切りにするのは無理そうかも…というときは、半分のまま茹でちゃいましょう。 この場合は様子を見ながら茹でる時間を少し長めにしてくださいね。 保存方法と保存期間について そうめんかぼちゃは非常に長持ちする野菜なんですよ。 カットせずに丸ごと風通しの良い冷暗所へ保存する場合は2か月ほど持ちます。 長持ちしすぎて入れたことを忘れないようにしたいですね(よくやってしまう…)^^; カットしたもの(種やワタを取り除いたもの)はラップで包んだあと更に新聞紙で包んで冷蔵庫へ保存しましょう。 丸ごと保存する場合と違って長くは持たないので早めに食べることをオススメします。 遅くとも1週間経つまでには食べきるようにしましょうね。 また茹でてほぐした状態のそうめんかぼちゃなら冷凍保存もできますよ。 水気を切ったらジッパー袋など密閉袋に入れて冷凍しましょう。 このときしっかりと空気を抜いて冷凍するのがポイントです。 食べるときは自然解凍もしくは流水で解凍してくださいね。 そうめんかぼちゃのおいしいレシピを7つご紹介! そうめんかぼちゃはシャキシャキとした食感が特徴的な野菜です。 そのまま食べてもあまり味がしませんが、クセがない野菜なので様々な料理法で食べることができるのが魅力ですね^^ 食感を活かせるサラダや酢の物にして食べる方が多い印象です。 海外では砂糖を加えてジャム状にしたり、ソースをかけてパスタのように食べられているみたいですよ。 ちょっと甘いかなぁと感じるくらいの甘さひかえめですよ。 そうめんかぼちゃって本当いろいろ使えるんですね。 金糸瓜は茹でるなど加熱することで果肉の線維がほぐれて糸状になり、まるでそうめんみたいな形状になることから「そうめんかぼちゃ」とも呼ばれるようになったんですね^^ そうめんかぼちゃの旬はいつからいつまで? そうめんかぼちゃは7月~8月にかけて収穫します。 なのでスーパーなどで販売される期間が限られてしまうんですね。 そうめんかぼちゃを知らない・見たことがない人がいるのも納得の販売時期の短さです^^; しかしそうめんかぼちゃは長持ちする野菜なので、風通しの良い冷暗所に保存すれば9~10月の秋ごろまでおいしく食べることができるので助かりますね。 シャキシャキとした食感のそうめんかぼちゃは夏に食べたくなる野菜 以上そうめんかぼちゃの茹で方や保存方法などをご紹介しました。 いかがでしたでしょうか? そうめんかぼちゃはこれからドンドン暑くなる季節にピッタリな野菜ですよ^^ スーパーなどで並ぶ時期が短いのでこの機会にそうめんかぼちゃを食べてみてくださいね!.

次の

金糸瓜 きんしうり そうめんかぼちゃ:旬の野菜百科

そうめん かぼちゃ レシピ

そうめんかぼちゃ(金糸瓜 ってどんな野菜? となりに置いた卵と比べてわかるように、両手で抱えるほど大きなこのかぼちゃは、「金糸瓜(きんしうり)」といいます。 加熱すると果肉が麺のようにほぐれることから、地域によっては「そうめんかぼちゃ」とか「そうめんうり」と呼ばれています。 全国的に栽培されているものの、量産されていないためあまりなじみのない野菜ですが、夏になると道の駅などでよく見かけます。 また、近頃では宅配野菜のセットに入っていることもあるようです。 見かけたことはあるけれど…とか、野菜セットで届いたけれど…、調理の仕方に戸惑う方もいるかもしれません。 実は簡単!そうめんかぼちゃを茹でてほぐす作業はとてもおもしろく、味わい方もいろいろとあるので、ぜひトライしてみてください。 そうめんかぼちゃの切り方・茹で方・ほぐし方 1.3〜4センチの輪切りにし、種とワタを取る。 2.鍋に湯を沸かし、1を入れて15〜20分茹でる。 3.冷水に取り、柔らかくなった果肉を手で引っ張りながらほぐす。 4.ほぐれにくくなったら、再び鍋に戻して茹で、同様にほぐす。 5.ザルにあげて水を切る。 そうめんかぼちゃの食べ方いろいろ 「そうめんかぼちゃ」の味は淡白なので酢の物、おひたし、サラダなどに向いています。 きゅうりのような感覚で調理すると暑い夏にぴったりの、ひんやり歯ごたえのよい料理が仕上がります。 呼び名の通り、そうめん同様めんつゆにつけて食べても。 また、「そうめんかぼちゃ」は夏に収穫されますが、冬まで冷暗所で保存できるので、天ぷら、しゃぶしゃぶ、鍋物など冬場の料理でも美味しくいただけます。 そうめんかぼちゃの黄金色は食卓を華やかに彩り、「これなあに!?」から始まって…にぎやかな食卓になること間違いなしです! 写真・文:サゴイシオリ/フードコーディネーター.

次の