日経平均先物 チャート。 初心者でも簡単にわかる!日経平均株価と日経225先物取引

【先物・オプション取引】日経225先物とTOPIX先物でサヤトリ!NT倍率取引のススメ

日経平均先物 チャート

叢雲です。 前回の記事の予想、外れました(笑) まぁ相場の予想なんてするもんじゃないです・・・当たらないので。 それにしてもニューヨークも上海も東京市場も全体的に良くないですね。 どんどん悪いシナリオの方向に進んでいて嫌な感じですが、先物は売りからガンガン入っていけますので気にせずトレードしていきましょう。 最近、外や移動中などに格安SIMを挿した小さめのタブレットでちょくちょくチャートをチェックしているんですが、複数時間軸のチャートを左右の2分割画面で見ると見づらいんですよね。 そこで、1つのチャート画面を見るだけで2つの上位時間軸のトレンドを全て確認できるようにしようと思いつき、平均足クラウドのインジケーターを1画面に2つ表示させてみました。 これがなかなか悪くなかったのでその話が1つ。 あと、日経225先物の2018年の10月23日(火曜日)のトレードを振り返ります。 平均足クラウドと平均足ローソク足(改)とは? まず、平均足クラウドや平均足ローソク足(改)とは一体何なのか?という解説をします。 一般的な平均足は1本前のローソク足の始値と終値を計算に含めますが、平均足(改)では2本前のローソク足の価格データまで計算に含めて平均を算出します。 こうすることでどうなるかというと・・・• 通常の平均足よりもダマシが減る• 通常の平均足よりもトレンド転換が遅くなる メリット、デメリットがありますが、平均足クラウドは大まかなトレンドの方向性を示すことを目的にしているのでダマシが減ることを特に重要視しています。 また、トレンド転換時のシグナルの遅さを補うために、反転の予兆を早めに教えてくれる3本のTRIXオシレーターを使っています。 日経225先物 30分足チャートに平均足クラウドを2つ表示させてみた 上の画像は少し過去のチャート図になりますが日経225先物ミニの12月限、30分足のチャートです。 平均足クラウドは4時間、日足の2つを表示させています。 (見やすくするために4時間と日足で雲のカラーは変えています) 2018年10月4日のナイトセッションに4時間足の平均足クラウドと日足の平均足クラウドが交差しています。 30分足チャートでも日足レベルでの下降トレンド転換が視覚的にわかりやすくなったかなという印象です。 上のチャート図のように30分の平均足ローソク足(改)と、4時間、日足の平均足クラウドのトレンドが一致しているところで売買を行うと、よっぽど下手をうたない限りは負けないトレードができるだろうというアイデアです。 何も考えずに買っていける楽なチャートですね。 途中で振るい落としの動きがありますが、日足のクラウドが上昇を示しているので、リバウンドの過程でビビらずに買いエントリーをしていけます。 W平均足クラウドの5分足バージョンも作ってみた W平均足クラウドの5分足チャートバージョンも作成してみました。 短期の雲は45分の平均足クラウド• 長期の雲は6時間の平均足クラウド これもデイトレで十分使えそうな感触ですが、5分のように短い時間軸になるとやっぱりダマシが増えますね。 日経225先物12月限 30分足トレード-2018年10月23日(火) 早速、W平均足クラウドを実戦投入してみました。 チャート図は2018年10月23日の日経225先物ミニ12月限、30分足チャートです。 一番最初の緑の四角枠の部分がエントリーポイントです。 エントリーの直前に安値に引いたサポートラインをブレイクして下に行きました。 30分、日足、4時間足の平均足の色が揃った• デイリーピボットのS1を下抜け• TRIXが弱気のパーフェクトオーダー形成 上記の3つの条件が揃ったので22,310円で売りエントリーしました。 平均足クラウドのサインとTRIXオシレーターのサインの一致のみだともっと早いエントリーができたのですが、エントリーポイントのすぐ下にデイリーピボットのS1(青いライン)が控えていたため、ピボットラインでの反発警戒でラインを下抜けるまで様子を見ました。 ロスカットは4時間足の平均足クラウドの上限22,560円(250円幅) 第1ターゲットはピボットのS2ラインの少し上、22,105円で指値決済(+205円) 第1ターゲット利食いでロスカットを建値に移動。 第2ターゲットはピボットのS3ラインの少し上、21940円に指値決済(+370円) チャートに張り付いていたら利益を最後まで引っ張れたのでしょうが、買っても負けても指値注文の放置で決着がつく楽なトレードをしたいのでこれで十分です。 10月23~24日の日経225先物チャートはピボットが恐ろしく効いている件 チャート図の水色の四角枠部分に注目してください。 全体的に大きく崩れた10月23日の225先物相場でしたがナイトセッションに入っても下げ止まりません。 結局デイリーピボットのS1で下げ止まり反発。 10月24日の225先物チャートは寄り付き天井のような形でしたが、戻しの動きもデイリーピボットでことごとくビタッと止められ反落。 後で振り返ってみれば戻り売りの好機でしたがTRIXオシレーターが上昇のパーフェクトオーダーを形成しておりエントリーできず。 ピボットは効くときはこのように高精度で効きますが、抜ける時はあっさり抜けるので、決め打ちの逆張りをする時はロスカットは浅めにしないと痛い目を見ます。 くれぐれもご注意ください。

次の

日経平均先物(日経225先物):チャート | 投資の森

日経平均先物 チャート

毎日、ニュースで報道される 「日経平均株価」という単語は、誰もが知る日本の株式市場を代表する株価指数です。 米国であれば、「NYダウ平均」というというのがありますね。 厳密には違いはあるものの、イメージとしては、日経平均株価=NYダウ平均、東証TOPIX=S&P500指数という感じになると思います。 「日経平均株価」はある意味、経済のバローメータ的な使われ方をされており、「日経平均株価が上がる」と景気が良くなってきたように感じられ、下がると、景気が悪くなったような感じになるのが一般的なようです。 では、そもそも 「日経平均株価」とは?と聞かれて、答えられる人はほとんどいません。 ということで、まずは「日経平均株価」とはいったい何者なのか?ということについてお伝えしたいと思います。 『日経平均株価』は、日本経済新聞が所有!? 繰り返しになりますが、 「日経平均株価」とは、日本の株式市場の代表的な株価指数のひとつです。 単に「日経平均」と呼ばれたり、「日経225(ニッケイ、ニーニーゴ」)、または業界人などであれば、「225(ニーニーゴ)」などと呼ばれます。 現在、日本の市場で株式を公開している企業数は、約3400社、東証1部に上場しているのは約1950社に上ります。 「日経225」と言われているだけあって、「日経平均株価」は、東証一部に上場する約1950社の株式のうちの、日本を代表する銘柄、取引が活発な流動性の高い を対象にしています。 意外と知られていないんですが、「日経平均株価」の 知的財産は日本経済新聞社が所有しているのです。 なので「日経平均株価」という名前になっているんですね。 世界的にも「Nikkei」は、知名度の高い株価指数です。 しかし民間企業が知的財産を保有しているため、NHKの報道はでは一民間企業の宣伝にあたるとされ、「日経平均株価」ではなく東証TOPIXで報道がなされます。 日経平均株価の計算方法は、基本的には平均値であるものの、株式分割による株価修正や配当による権利落ちなど、通常の需給によらない株価変動があるので、単純平均ではなく、 「除数」というものを用いて、15秒ごとに算出されます。 ただし225銘柄の中でも、それぞれ株価が200円~3万円程度と非常に幅があります。 ファーストリテイリング、ファナックなどは日経平均株価に対する「寄与度」(影響度)が大きく、これらの銘柄の動きが日経平均株価に過度に影響されることが起こります。 したがって、これらの銘柄を意図的に動かすことで、日経平均株価が大きく動くことになるためしばしば問題視されることがあります。 いずれにせよ「日経平均株価」は、全世界的に注目される株価指数の代表格であることに違いはありません。 個人投資家が日経平均株価を売買するには? 「日経平均株価」のことを一通り説明させていただきました。 「日経平均株価」が日本経済新聞が知的所有権を保有しているとか、ファーストリテイリング、ファナックなど、一部の銘柄が日経平均株価の動きにかなりの影響があるなど、意外と知らない方が多いようです。 ただですね、日経平均株価の中身を知っているからと言って、投資で儲かるわけではありませんし、また知らないかと言って、儲からないわけではありません。 大事なのは「日経平均株価」という株価指数を使って、いかに利益を上げるかということだと思います。 しかし一般の個人投資家が、225銘柄をいっぺんに取引することは現実的に不可能です。 そこで、一般個人投資家が日経平均株価を売買する場合は・・・ ・ ・日経 を使うことになります。 今回は、「日経225先物」について、実際に私が使っているチャート画面や、売買動画を使って説明したいと思います。 日経225先物取引とは 『日経225先物』は、日経平均株価を原資産として、大阪証券取引所で売買されています。 基本的には、日経平均株価という 「現物指数」に、金利、配当分が加わりますので、通常であれば、日経平均株価より多少、高い価格で取引されます。 これを 「順ザヤ」といいます。 しかし先々の相場が下落基調が強まると、先物市場に対して売り圧力が強まることから、時に現物指数より安い価格で売買されることがあります。 これを 「逆ザヤ」といいます。 日経225先物の取引時間 日経225先物の取引時間は、 08 :45~15:10、16:30~翌5:25まで取引されています。 08:45~15:10までは、日本株の取引時間で、日経平均株価も動いているので、基本的には日経平均株価と同じような動きになります。 16:30~翌5:25までは、日経平均株価は動いていないため、先物独自の動きになります。 また、大阪証券取引所とは別に、米国のシカゴ・マーカンタイル取引所でも、日経225先物が取引されており、 「シカゴ日経先物」と呼ばれます。 いずれも機関投資家、プロ投資家メインの市場ですが、翌日の日本株の動向に影響を及ぼすことも多く、シカゴ日経先物の動きを見て、翌日の売買を考えることも多く、重要な指標といえるでしょう。 日経225先物の取引限月 先物市場は「限月取引」で、3月物、6月物、9月物、12月物の売買が行われます。 「日経225mini」と呼ばれる小口取引は、毎月限月がありますが、やはりメインの取引になるのは、 3月物、6月物、9月物、12月物になります。 その中で、もっとも売買が活発なのは「期近物」の取引です。 先物は、3月、6月、9月、12月の 第二金曜日で清算(SQ)されますので、仮に今が4月19日であれば、「6月物」が一番売買が活発になります。 6月の第二金曜日からは、9月物にメインの取引がシフトされます。 レバレッジ 日経225先物取引は、証拠金取引で、すべては 「差金決済」で取引が行われます。 「差金決済」とは、ポジションを清算したときに、損益が確定され、決済されます。 FX取引も証拠金取引なので差金決済です。 日経225先物は、 SPAN証拠金システムが採用されているので、値動きの変動幅によって、レバレッジ率が変化します。 通常、17倍から20倍くらいのレバレッジがかけられます。 当然ですが、レバレッジをかけた取引は、儲けも大きくなりますが、損失も拡大する可能性があるため、リスク管理には細心の注意が必要です。 日経225先物のチャートの見方 ではこれから、日経平均先物を売買する上において、私が売買している際の、 日経225先物のチャート設定についてお伝えしたいと思います。 基本的なは別の機会にまたブログでお伝えしたいと思います。 基本的に、日経225先物では、 デイトレード、または数日には決済する短期トレードをメインの取引手法にしているため、 日足を含め、を同時に見るようにしています。 理由は、細かい動きに対応するためです。 下のチャート図をご覧ください。 左は「日足」、右が、その日の「5分足」です。 「日足」は、1日の動きを1本のローソク足で表しますが、「5分足」は1日の動きでもジクザグに上げ下げしながら動いているのが分かります。 日経225先物は、ちょっとした変化に気付くことが大切な取引であるため、 時間軸の違う「チャート」を同時に見て、売買判断を行っていくのがプロ投資家のやり方です。 このチャートは、松井証券のネットストックハイスピードというチャートソフトを使っています。 松井証券に口座があれば、無料で使えるソフトです。 かなりカスタマイズがしやすいため、私はこのソフトを好んで使っています。 初心者のための「日経225先物」の取引手法とは・・・ 日経225先物取引で、初心者が安定した利益を得るには、どうすればいいのでしょうか? さまざまな取引手法がある中で、私の経験等から考えますと、やはり 短期の取引をすべきだと思います。 なぜなら、取引にはある一定のレバレッジがかかっているため、上手くいけば利益が大きくなりますが、逆に含み損を放置してしまうと、思った以上の損失を被る可能性があるからです。 そこで今回は、 『日経225先物のデイトレードを極める』という動画を用意しました。 リスク管理上から考えると、初心者であれば「デイトレード」の売買が望ましいと思います。 まずは以下の動画をご覧いただき、感覚的なことを養っていただきたいと思います。 『日経225先物のデイトレードを極める』 もし、あなたが人生を楽しむどころか、今の生活を維持するためだけに、 お金を稼いでいるとしたら、これから来る「インフレ経済」を乗り切れないでしょう。 銘柄選択における具体的手法• 受講者さまから、• 「無料なので期待はしていなかったが、有料以上の内容に驚きました!」• 「無料講座で学んで、2週間で60万円の利益を確定しました」• 「無料で実際の売買動画で学んだのは初めてでした。 テキストもすごいボリュームでびっくり!」 といったお声を多くいただいています。 登録はすぐに完了しますので、以下のボタンをクリックしてください。 日本の中小企業は、いまだに給与が上がらない状況が続いています。 しかし長期間に渡る金融緩和によって、今後はインフレ経済による物価高騰が予想されています。 2017年度「総務省家計調査報告」での、勤労世帯の平均貯蓄額中央値は、792万円といわれています。 もし、あなたの貯蓄額が、上記より少ないのなら、今のうちに手を打っておく必要があるのではないでしょうか。 【この無料通信講座で学べること】• 私がデイトレードで使っているソフトを教えます!• 「時間軸戦略」が、デイトレードでもっとも重要!• デイトレードで負けなくなる瞬間とは• 有効なデイトレード戦略1• 1964年大阪生まれ。 甲子園出場経験者。 大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。 証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。 証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。 著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。 投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社 オープンエデュケーション株 式会社 は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。 また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

次の

メタトレーダー4(MT4)で日経平均やNYダウ等のチャートを表示させるには?

日経平均先物 チャート

叢雲です。 前回の記事の予想、外れました(笑) まぁ相場の予想なんてするもんじゃないです・・・当たらないので。 それにしてもニューヨークも上海も東京市場も全体的に良くないですね。 どんどん悪いシナリオの方向に進んでいて嫌な感じですが、先物は売りからガンガン入っていけますので気にせずトレードしていきましょう。 最近、外や移動中などに格安SIMを挿した小さめのタブレットでちょくちょくチャートをチェックしているんですが、複数時間軸のチャートを左右の2分割画面で見ると見づらいんですよね。 そこで、1つのチャート画面を見るだけで2つの上位時間軸のトレンドを全て確認できるようにしようと思いつき、平均足クラウドのインジケーターを1画面に2つ表示させてみました。 これがなかなか悪くなかったのでその話が1つ。 あと、日経225先物の2018年の10月23日(火曜日)のトレードを振り返ります。 平均足クラウドと平均足ローソク足(改)とは? まず、平均足クラウドや平均足ローソク足(改)とは一体何なのか?という解説をします。 一般的な平均足は1本前のローソク足の始値と終値を計算に含めますが、平均足(改)では2本前のローソク足の価格データまで計算に含めて平均を算出します。 こうすることでどうなるかというと・・・• 通常の平均足よりもダマシが減る• 通常の平均足よりもトレンド転換が遅くなる メリット、デメリットがありますが、平均足クラウドは大まかなトレンドの方向性を示すことを目的にしているのでダマシが減ることを特に重要視しています。 また、トレンド転換時のシグナルの遅さを補うために、反転の予兆を早めに教えてくれる3本のTRIXオシレーターを使っています。 日経225先物 30分足チャートに平均足クラウドを2つ表示させてみた 上の画像は少し過去のチャート図になりますが日経225先物ミニの12月限、30分足のチャートです。 平均足クラウドは4時間、日足の2つを表示させています。 (見やすくするために4時間と日足で雲のカラーは変えています) 2018年10月4日のナイトセッションに4時間足の平均足クラウドと日足の平均足クラウドが交差しています。 30分足チャートでも日足レベルでの下降トレンド転換が視覚的にわかりやすくなったかなという印象です。 上のチャート図のように30分の平均足ローソク足(改)と、4時間、日足の平均足クラウドのトレンドが一致しているところで売買を行うと、よっぽど下手をうたない限りは負けないトレードができるだろうというアイデアです。 何も考えずに買っていける楽なチャートですね。 途中で振るい落としの動きがありますが、日足のクラウドが上昇を示しているので、リバウンドの過程でビビらずに買いエントリーをしていけます。 W平均足クラウドの5分足バージョンも作ってみた W平均足クラウドの5分足チャートバージョンも作成してみました。 短期の雲は45分の平均足クラウド• 長期の雲は6時間の平均足クラウド これもデイトレで十分使えそうな感触ですが、5分のように短い時間軸になるとやっぱりダマシが増えますね。 日経225先物12月限 30分足トレード-2018年10月23日(火) 早速、W平均足クラウドを実戦投入してみました。 チャート図は2018年10月23日の日経225先物ミニ12月限、30分足チャートです。 一番最初の緑の四角枠の部分がエントリーポイントです。 エントリーの直前に安値に引いたサポートラインをブレイクして下に行きました。 30分、日足、4時間足の平均足の色が揃った• デイリーピボットのS1を下抜け• TRIXが弱気のパーフェクトオーダー形成 上記の3つの条件が揃ったので22,310円で売りエントリーしました。 平均足クラウドのサインとTRIXオシレーターのサインの一致のみだともっと早いエントリーができたのですが、エントリーポイントのすぐ下にデイリーピボットのS1(青いライン)が控えていたため、ピボットラインでの反発警戒でラインを下抜けるまで様子を見ました。 ロスカットは4時間足の平均足クラウドの上限22,560円(250円幅) 第1ターゲットはピボットのS2ラインの少し上、22,105円で指値決済(+205円) 第1ターゲット利食いでロスカットを建値に移動。 第2ターゲットはピボットのS3ラインの少し上、21940円に指値決済(+370円) チャートに張り付いていたら利益を最後まで引っ張れたのでしょうが、買っても負けても指値注文の放置で決着がつく楽なトレードをしたいのでこれで十分です。 10月23~24日の日経225先物チャートはピボットが恐ろしく効いている件 チャート図の水色の四角枠部分に注目してください。 全体的に大きく崩れた10月23日の225先物相場でしたがナイトセッションに入っても下げ止まりません。 結局デイリーピボットのS1で下げ止まり反発。 10月24日の225先物チャートは寄り付き天井のような形でしたが、戻しの動きもデイリーピボットでことごとくビタッと止められ反落。 後で振り返ってみれば戻り売りの好機でしたがTRIXオシレーターが上昇のパーフェクトオーダーを形成しておりエントリーできず。 ピボットは効くときはこのように高精度で効きますが、抜ける時はあっさり抜けるので、決め打ちの逆張りをする時はロスカットは浅めにしないと痛い目を見ます。 くれぐれもご注意ください。

次の