セミオトコ。 ドラマ『セミオトコ』を見逃し動画無料フル視聴!

セミオトコとは

セミオトコ

「日」より Hey!Say!JUMP!の 山田涼介主演で、「ファン向けのアイドルドラマか」と侮った人もいるだろう。 あるいは、『 セミオトコ』というタイトルを聞いて「奇をてらったイロモノドラマか」と見切りをつけた人もいるだろう。 そのせいか、ここまで3話が放送されながら、いまいち盛り上がっていない印象のある『セミオトコ』(テレビ朝日系)。 ネット上のコメントも山田がらみのものが圧倒的に多いのだが、なかには山田ファン以外からの「久々に深いドラマ」「この夏一番の傑作!」という称賛も見られる。 実際、当作には批判と称賛を集める、それぞれの理由があった。 山田ファンの願望を叶えるセミオ まずは批判の理由を挙げていこう。 冒頭に書いた通り、「ファン向けのアイドルドラマ」とバッサリ斬り捨てられる要素は、残念ながらかなり色濃いものがある。 山田演じるセミオのキャラクターは、どこまでも純粋無垢で、明るく前向き。 どんな些細なことにも「なんて素晴らしい!」と感動し、地味なアラサーの大川由香(木南晴夏)に「おはよう」「いってらっしゃい」「おやすみ」と笑顔であいさつ。 仕事から帰ってくると、「おかえりなさい。 お仕事お疲れさまでした。 よくがんばったね。 偉い」と頭をなでて抱きしめる。 由香の帰宅に備えて夕食とビールを準備しておき、手をつなぎながら就寝。 さらに、由香の住むアパートの大家姉妹がセミオを見て「天からの贈り物?」「2人で育てましょうよ」と囲い込もうとし、由香が「彼は私の王子様ですから(ダメです)」と奪い返すシーンもあった。 そのほかにもセミオは、キョトン顔で「チューってなんですか?」と尋ねたり、好物のメープルシロップをがぶ飲みしたり、「会いたくなった」と言って由香の職場を見学したり、まるで「山田ファンの願望を叶える」「金曜夜にOLたちの仕事疲れを癒やす」ようなシーンが詰め込まれている。 相手役に美人の印象が強い女優ではなく、演技派バイプレーヤーの木南晴夏を据えたことも含め、ここまで女性層、なかでも山田ファンに向けた脚本・演出にすると、それ以外の人々が白けてしまうのは当然。 作品テーマを伝える前のキャラクター造形で拒絶してしまった人は少なくないだろう。 その作品テーマは後述するが、実に奥深く考えさせられるものだけにもったいない。 セミオとヒロインを見守る優しい人々 次に、称賛を集めている理由について。 由香はつらい過去が原因でコミュニケーションに難があり、扱いにくいタイプであるにもかかわらず、彼女を見る周囲の人々は優しい。 由香の住むアパート「うつせみ荘」の住人には、口ゲンカが絶えない庄野くぎこ・ねじこ姉妹(檀ふみ、阿川佐和子)、偏屈で余命わずかだと思い込んでいる小川邦夫(北村有起哉)、悲しい過去を持つ岩本春・マサ夫妻(山崎静代、やついいちろう)、セミ嫌いで思ったことはなんでも口に出す熊田美奈子(今田美桜)がいるが、いずれも屈折したところがあり根は純粋。 由香とセミオの恋を温かい目で見守っているし、由香のニックネームである「おかゆ」を食べることになったときも、小川は「病人にとっておかゆは主食みたいなものですからね。 おかゆは神だ」、春は「おかゆはすごいよね。 赤ちゃんのときからお年寄りになっても食べる」と純粋に感動していた。

次の

セミオトコ1話の視聴率が低いけど感想は?山田涼介が飲んでいたメイプルシロップのメーカーは?

セミオトコ

イントロダクション 大人気アイドルグループ・Hey! S ay! JUMPのメンバーとして2007年にデビュー以来、歌やバラエティーのみならず、数々のドラマ・映画で活躍を見せてきた山田涼介。 近年では、主演ドラマや映画が大きな話題を呼び、その高い演技力にもますます注目が集まっています。 そんな山田がテレビ朝日のドラマ作品に満を持して初登場! 初出演にして初主演に挑みます。 山田が今作で演じるのは…セミ。 何年もの間、地中で羽化するときを待ち続け、ようやく迎えたそのとき、頭上から落下してきた女性の下敷きになりそうになる、という波乱万丈な人(セミ)生の幕開けを迎えるセミです。 落下してきた女性・由香の機転により、ぺしゃんこの難は逃れたものの、彼女の寂しそうな雰囲気が気になってしまうセミ。 「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願ううちに、なんと人間の姿になってしまうのです! 由香の前に人間として現れ、命を救ってもらったお礼を伝えたセミは、「恩返しに何でもしますから、7日間一緒にいましょう」と持ちかけ、ふたりの7日間限定の生活がスタートするわけですが…? なにせ長年地中に潜っていた上、人間界のことはまだよくわかっていないセミ。 そして、彼の口癖は「なんて素晴らしい世界なんだ!」。 この一言で、地上世界の良いことも煩わしいことも、私たちの全てを肯定してくれるのです。 そんな岡田氏が紡ぎ出す、切なくて温かい、でもクスッと笑えるような世界で、山田演じるセミがどのように躍動するのか、楽しみにお待ち下さい! あらすじ 物語の舞台は、都心からはちょっと離れた郊外にあるアパート『うつせみ荘』。 古いけれど、趣と気品がある英国風の建物には個性豊かな住人たちが暮らしています。 山田演じるセミは、そのアパートにつながる庭の地中で誕生。 長い地中生活を経て、ついにこの夏、羽化のときを迎えました。 「ついに!憧れていた地上へ!」——高まる期待とみなぎる気合いで地上へとはい出たその時! 頭上からひとりの女性が落ちてくる予感が…。 「ようやく地上に出られたのに飛べないまま終わるのか…」と死を覚悟した瞬間、女性は鮮やかにセミを避け、ちょっと離れた地面に落下。 セミは九死に一生を得ることとなったのです。 その女性とは、『うつせみ荘』に住む女性・由香。 食品会社に勤務し、たいしていいこともないまま毎日を過ごすアラサー女子・由香の寂しそうな表情が気になったセミは、命を救ってくれたお礼をするため、人間の姿となって、由香の望みを叶える約束をします! わけも分からぬまま、セミと7日間だけ一緒に暮らすことになった由香。 セミの浮世離れした言動に驚いたり、振り回されたりしながらも、自分を一生懸命幸せにしてくれようとする王子様のようなセミとたった一週間だけの、淡い恋に落ちるのです。 羽化したセミが、地上で生きることを許される最期の7日間——美しい姿となって人間界に降り立ったセミと、さえないアラサー女子の、奇跡のようなラブストーリーを一緒に覗いてみませんか?.

次の

セミオトコ1話の視聴率が低いけど感想は?山田涼介が飲んでいたメイプルシロップのメーカーは?

セミオトコ

デートからかえって来て、花火をしながら最後の夜をおかゆさんとセミオ君は過ごした。 朝起きて何時ものように窓から木に上りそのまま落ちて行くセミオ君をうつせみ荘の皆はおはようと出迎え、おかゆさんはその姿を目に焼き付けるように見ていた。 皆でご飯を食べ、セミオ君は皆に自分がいなくなった後のお話をして、おかゆさんと一緒に工場に行って仕事をして、帰り道二人で話しているとセミオ君が消えかけセミオ君は好きと言って消えた。 セミオ君の姿を探し、亡骸を見つけ、おかゆさんは皆の元にセミオ君の亡骸を持って死んだ話をした。 それから六年の月日が達、それぞれ思い思いに過ごしていた。 皆が作ってくれた白いドレスを眺めていると、窓際にセミオ君が現れ、喜ぶおかゆさんの声で皆が部屋にやって来てセミオ君と再会し、喜んだ。 セミオとの時間も残り2日。 セミオの体調の悪さを心配し由香はとても不安になってしまう。 うつせみ荘の住人達はそんな由香の姿を見て心配になり、由香のために美奈子は皆から服を集め一着の服を、春は絵本を作ろうと動き出す。 そんな頃由香とセミオは人目もはばからずダンスをしていた。 そんな様子を由香の家族達が見ていてそれを由香は発見する。 由香は家族達と噛み合わない会話をしたのち、産んでくれてありがとうございますと感謝を口にする。 うつせみ荘に帰ってきた由香とセミオ。 セミオは由香の気持ちに気付いており由香が死んでしまおうと思っていることを許さないと告げる。 由香は泣き出してしまうがセミオは自分の死は幸せな死なんだと由香に言うが、由香はセミオに生きて欲しいと何度も強く訴える。 そんな由香にセミオは幸せな思い出を抱いて生きていって欲しいと、なかなか頷かない由香に突然キスをして返事をさせてしまう。 機嫌を直した由香とうつせみ荘の住人達の前でイチャイチャし、その夜皆でカレーを作る。 小川に話があると呼び出されたセミオは小川が重い病気で余命が短いことを知る。 小川はセミオに影響され人を好きになっていた。 うつせみ荘へと戻ったセミオはカレーを食べていると消えかけていた。 眠れずにカフェへ行ったおかゆさんは、プロポーズの仕方を聞いていて、しょうこさんは旦那さんが死んでしまったという理由でシングルマザーだった。 その内容を聞いて号泣するおかゆ。 次の日みんなで朝ごはんでパンケーキを食べ、楽しく過ごしていた。 でも、体に変化が出てきたセミオにみんな悲しくなるのを隠し、2人は都会へ出かける。 キャンディーやソフトクリームを食べたり、景色を見たりと楽しんでいた中でおかゆの家族はヨーロッパ旅行が当たったが、東京に行きたいとただをこねる。 モグラ叩きゲームをすると、天敵だから叩こうとしたが人間の気持ちを分かった以上出来ないと考え方を変えると楽しく出来てパーフェクトをとり、2人で記念撮影をした。 ハルが倒れ、いち早く駆けつけて助けたセミオだったが、自分も死ぬことを思いだし怖くなる。 由香と別れて死んでしまうのかと思うと怖く、泣き出してしまう。 ハルの夫があわてて帰ってきた。 大きな物音を聞き、ハルの部屋にまた集まった住人たちは、ハルが赤ちゃんを抱いて撮られた写真が飾ってあったことに気がついたが、今はそっとしておこうと話し合い、二人には何も聞かなかった。 しかし、うつせみ荘の住人たちでピザのデリバリーを頼み、みんなで食べ終わったときにハルの夫から「皆さんに聞いて欲しいことがあるんです。 」と言い、ハルとの間に子供がいたが直ぐに亡くなってしまった悲しい過去を話し出した。 そしてハルはセミオを見ていると、亡くなった子供のことを思いだし、「きっとセミオ君みたいになっていたのだろうなぁ。 」と胸が締め付けられて、過呼吸になってしまったと話すのだった。 辛いことをみんなで共感しあって最終的には笑顔になっているうつせみ荘のみんながとてもいい人達で憧れてしまいます。 美奈子が言っていたようななんでも言い合えるホッとする空間が素敵だなと思いました。 セミオがいることでみんなが癒されているのが分かるのでセミオを家にも欲しいなと思ってしまいます。 由香のぶっ飛んだ思考が次から次へと溢れ出てきてそれを隠そうともせず空気を読まずドン引きされていても突き進んでいるのが面白いです。 そんな由香に唯一ドン引きすることなく同調してくれるセミオとのコンビネーションがとても好きです。 小川がなんだかんだてるてる坊主を作るほどバーベキューを楽しみにしていて憎めない奴だなと思いました。 セミオとの別れが遂にあと4日となり涙を流す由香。 セミオもまた由香への恋心を自覚する。 由香は美奈子と手作りのメープルシロップケースを作るが喜んでもらった経験が無い為不安になってしまう。 美奈子のエールで勇気を得た由香はセミオにケースを渡すと想像以上に喜んでくれ由香も嬉しくなる。 セミオへの思いが止まらない由香は今までのことを思い出し今を楽しもうと決める。 そう決めた瞬間に起き上がったセミオから由香に恋をしているとの突然の告白。 翌日セミオとのやりとりを楽しむ由香。 うつせみ荘の住人たちとお粥に合うおかずを持ち寄り朝食を楽しんでいると仕事に行く時間を告げる鐘が鳴る。 セミオはずっと一緒に居たいから由香の職場に着いていきたいと由香にお願いをし由香はそれを喜び承諾する。 セミオを職場に連れて行くと真っ先に女性従業員達がセミオに群がり由香は脳内でその従業員達を殺してしまうほどの嫉妬を覚える。 セミオはセミ達と会話をしていると春がうつせみ荘で一人苦しんでいることを知り急いで駆けつける。 小川の処置により落ち着いた春に安堵したセミオだったが春の苦しんでいる姿を見て死ぬのが怖くなり由香と離れたくないと涙を流す。 そんなセミオを由香は強く抱きしめる。 ケースをもらったセミオの喜び方が尋常じゃないほど可愛らしく、セミに自慢している様子は子供のようで最高でした。 とても笑顔が眩しいです。 あんなに喜んでくれる人はなかなかいないのでさすがセミオだなと感じました。 心の声が全部声に出ていて由香も可愛いなと思います。 2人のやりとりが微笑ましくてこちらまで幸せな気持ちになります。 ロミジュリのパロディーが可愛らしかったです。 あのセミオがちゃんと恋を理解していて嬉しかったですし、他の女性からのキスをちゃんと断っていることにも安心しました。 職場に着いて行くほど由香のことを好きでずっと一緒にいたいだなんて純粋過ぎて怖いくらいです。 どんどんいろんな感情を2人とも覚えていき想いも強くなって行くのにあと4日でお別れしなくてはいけないのがとても悲しいです。 セミオとの生活も残り5日になり、また木に捕まって落ちたところを大家さんたちに囲まれて、大川さんがひどいことを要求しているのではないかと言われるセミオ。 大川さんは、勝手にファーストキスをしてしまったことが頭の中から離れない。 この日の朝もうつせみ荘のみんなで朝食を食べることになり、小川さんがパンケーキや果物を調理して、セミオのことについて話しながらパンケーキを楽しんでいた。 小川さんはキスをした唇を汚したくない気持ちで、パンケーキを食べようとせず、その様子がおかしいと思い、大川さんにカマをかける住民のみんなは大川さんがセミオにチュウしたことを知り、セミオは寝ている時にしましたよねと分かっていたことに大川さんは大慌てしていた。 「夜はちゃんと寝ないと日中に大きな声で鳴けませんよ。 」と言って、コテンと熟睡してしまうセミ。 由香はセミの美しい寝顔に吸い寄せられ、キスしそうになるが、なんとか自分の欲望を抑えるのだ。 朝、目覚めるとセミの姿が無く、不安に思った由香が庭を見ると大きな木にしがみつくセミの姿があった。 セミは人間になったことを忘れていたのだ。 由香に見られてドサッと落ちて、ウツセミ荘の中に入ると、大家さんと鉢合わせする。 大家さんに由香はセミのことを「私の王子様です。 」と紹介するのだ。 そのうちにワラワラとリビングに集まった住人たち。 由香はセミをセミオと名付けて皆に紹介する。 しかし、紹介の仕方がたどたどしくてすっかり由香とセミオは夕べのうちにナニかがあったと勘違いされてしまうのだった。 「セミオトコ」第1話では、『ウツセミ荘』に続く庭の地中、1匹のセミが羽化のときを待っていた。 いよいよ最期の7日間をいきるため、地上へと上がる瞬間を待ちわびるセミ。 セミは住人たちの姿を目で見ることが楽しみであった。 食品工場で働く由香に出会うのである。 由香は家庭には恵まれていないと感じていた。 ヤンキーの家族であった。 地方から東京に出てきたのである。 食品工場では、職場の人から、何の為に生きているのか、何が楽しくて生きているのかを問い詰められてしまう。 由香は、学生時代を含め、27年間、いいことがなく寂しい人生を送っていたのである。 そんな中で、セミが現れ、人間の姿になり7日間一緒に過ごすことになる。 望みを叶えてあげることにした。 由香に生きてていいんだよと言い、抱きしめてあげたのである。 設定が少しファンタジーですが、楽しめました。 庄野姉妹の感じが可愛らしくて面白かったです。 おかゆさんのお兄ちゃんが三宅くんで、まだまだ若い役が通用する無邪気さでした。 セミの一生は「たった7日間の地上の生活」ではなくて「7日間も」になるのが新鮮でした。 セミオとの生活も残り5日になり、また木に捕まって落ちたところを大家さんたちに囲まれて、大川さんがひどいことを要求しているのではないかと言われるセミオ。 大川さんは、勝手にファーストキスをしてしまったことが頭の中から離れない。 この日の朝もうつせみ荘のみんなで朝食を食べることになり、小川さんがパンケーキや果物を調理して、セミオのことについて話しながらパンケーキを楽しんでいた。 小川さんはキスをした唇を汚したくない気持ちで、パンケーキを食べようとせず、その様子がおかしいと思い、大川さんにカマをかける住民のみんなは大川さんがセミオにチュウしたことを知り、セミオは寝ている時にしましたよねと分かっていたことに大川さんは大慌てしていた。 Introduction いいことなんてまったくない…さえないアラサー女子の前に、突然ちょっと変わった、でもすごく美しい年下の(セミの)王子様が現れ、こう言った。 この夏、もっとも切なくて、だけどほんわか笑えるセミとアラサー女子の7日間だけのキセキのラブストーリーが幕を開ける…。 Say!

次の