福井 県立 大学 シラバス。 医学部医学科 | 福井大学医学部

教育情報の公表

福井 県立 大学 シラバス

学部長挨拶 生物資源学部長/博士(農学) 日竎 隆雄 (ひび たかお) 一生ものの「生きる力」を育む 大学で身につけるべき「学力」とは、「幸せに生きる力」です。 基礎学力修得は必要ですが、決して、試験で点数を稼ぐことではありません。 生物を研究すると、常識では理解不可能な現象に出会い、驚くことが多々あります。 その仕組みを解明すれば、様々な応用として社会に役立つこともあります。 日頃の学修や研究、課外活動を通じて、アイデアを生みだし、新しい活動に挑戦し、色々な人と出会い互いに競争したり協力していく、こうした活動を通して自分の成長を実感することが、大学レベルの学力の修得につながります。 この力は、社会で生きる力として自分を一生支えてくれます。 こうした体験を皆さんと分かち合えることを楽しみにしています。 生物資源学部では 動植物や微生物等の「生物」について学び、それを利用して社会に役立てる研究を行います。 「生物」は、私たちを健康にする食の生産、自己組織化を介した物質のリサイクル、機械ではまだ不可能な再生可能エネルギーの高効率利用など、多様多彩な驚きの機能を示します。 こうした生物に学び、時に化学を使い、実験室やフィールドで研究を行うことで持続可能な世界の構築に貢献する、皆さんにそのような成長の場を提供します。 生物資源学部を構成する4つの教育研究領域 卒業生voice 丸山 千登勢 さん 勤務先/福井県立大学生物資源学部 准教授、博士(生物資源学) 1996年度生物資源学部生物資源学科卒 1998年度生物資源学研究科生物資源学専攻卒 充実した設備・環境で研究を深め県大を世界に向けて発信したい 今は県大の生物資源学科の教員として応用微生物学を教える傍ら、微生物が作る抗生物質についての研究をし、微生物が持つ機能の解明を目標に学生と一緒に日々励んでいます。 研究成果が得られることは大変嬉しいですが、それ以上に、研究を通して、学生とともに日々成長を感じられることが何よりのやりがいです。 私自身が学生の時は応用微生物学の研究室に所属していました。 今の研究ともまた違う分野の研究でしたが、微生物の機能、能力は本当に多種多様で、微生物について学ぶことで、基礎的な研究から応用研究まで、多くのことを習得できたと感じています。 研究は一度ではうまくいかないものです。 結果が出なくても、繰り返すことでそれ自体がデータとして蓄積されますので、やっていることに意味を見出すポジティブな根性を学生には持ってほしいですね。 それは私のポリシーでもあります。 学生の頃は気付けませんでしたが、教員となった今、県大は本当に充実した設備・環境が整っている大学だと痛感しています。 仕事で様々な大学の研究室を見てきましたが、これほどまでの設備を誇る大学は滅多にありません。 分析機器も豊富で、しかも自由に使えるというのはすごく幸せなことです。 ぜひ一緒に研究し「福井県大ここにあり!」を世界に発信していきましょう。 Profile 福井県出身。 高校時代の生物の先生の面白い授業がきっかけとなり、大学では微生物を研究する道へ。 大学院卒業後に結婚・出産・育児を経て、現在の職へ。

次の

福井 一尊(ふくい かずたか)|島根県立大学 松江キャンパス

福井 県立 大学 シラバス

大学名 福井県立大学 設置者名 公立大学法人 福井県立大学 学部・学科等の名称等 認定を受けている免許状の 種類・認定年度 免許状取得状況・就職状況 (平成19年度) 学部 学科等 入学 定員 免許状の種類 認定年度 卒業者数 免許状 取得者数 教員 就職者数 実数 個別 経済学部 経済学科 100人 高一種免(公民) 平成12年度 95人 4人 3人 0人 高一種免(商業) 平成4年度 2人 経営学科 100人 高一種免(公民) 平成12年度 96人 6人 6人 0人 高一種免(商業) 平成4年度 2人 生物資源学部 生物資源学科 40人 高一種免(理科) 平成9年度 40人 8人 7人 0人 高一種免(農業) 平成4年度 2人 海洋生物資源学科 40人 高一種免(理科) 平成9年度 45人 10人 10人 0人 高一種免(水産) 平成4年度 5人 看護福祉学部 看護学科 50人 養教一種免 平成11年度 48人 11人 11人 2人 社会福祉学科 30人 高一種免(公民) 平成11年度 31人 4人 0人 0人 高一種免(福祉) 平成15年度 4人 入学定員合計 360人 合計 355人 43人 52人 2人 経済・経営学研究科 地域・国際経済政策専攻 12人 高専修免(公民) 平成18年度 - - - - 経営学専攻 12人 高専修免(商業) 平成18年度 - - - - 生物資源学部 生物資源学専攻 12人 高専修免(理科) 平成9年度 13人 1人 1人 0人 海洋生物資源学専攻 12人 高専修免(理科) 平成9年度 9人 0人 0人 0人 看護福祉学部 看護学専攻 10人 養教専修免 平成15年度 10人 10人 10人 1人 社会福祉学専攻 6人 高専修免(公民) 平成15年度 2人 0人 0人 0人 入学定員合計 64人 合計 34人 11人 11人 1人 備考 ・「学部・学科等の名称等」欄は、平成20年4月1日現在の名称・定員である。 ・「免許状取得者数」欄の「実数」欄は各学科等の実人数、「個別」欄は各学科等内の教職課程ごとの人数である。 実地視察大学に対する講評 実地視察日:平成20年12月5日(金曜日) 実地視察大学:福井県立大学 実地視察委員:村田博委員、平出彦仁委員 大学の教員養成に対する全般的な状況 状況• 3学部6学科において教員養成を行っている。 大学の教員養成に関する教育課程、教員組織等については、全般的に基準を満たしており、良好に実施されている。 農業・水産・福祉・養護教員のさらなる輩出に努めて欲しい。 教員養成に対する理念、設置の趣旨等の状況 状況• 教員養成にあたっては、第一に十分な専門的学力を前提とした、幅広い教養と確かな人生観に裏付けられた学力に基づく教師の養成を目指している。 第二に、教師という職業に情熱をかたむけ、常に生徒の立場に立って生徒のことを考え、生徒の生活全体を指導育成でき、生徒から敬愛の念をもたれるような教師を育成している。 第三に、めまぐるしく変化する現代社会にあって常に時代の趨勢や養成を的確に読みとり、すすんで新しいことを自ら学習して教育の場に活かせる教師を育成している。 以上の点から、理想とする教師の姿は、• 楽しく充実した授業指導ができる教師• 生徒の立場に立ち、生徒と共感でき、人生の先駆者として誠意ある生活指導の行える教師• 絶えず好奇心を失わず、時代に先駆けて、新しく自身が学び続ける教師 である。 このような教師を育成することを教育職員養成課程での教師養成の目標として、その充実・発展を目指す。 学年全体の委員会として、教育企画推進委員会を設置している。 教育課程(教職に関する科目等)、履修方法及びシラバスの状況 講評• 学校現場の知識を、現場を体験した教員が教授できるようになっていることは評価できる。 シラバスについて、各回ごとに記載し、免許法に定める含めることが必要な事項をシラバス上明記して欲しい。 期末試験は、16回目に行うよう努めて欲しい。 シラバス記載方法については統一的にして欲しい。 教師論について、集中授業で行うことは望ましくないため、改善して欲しい。 総合演習について、幅広い視野をもった教員を養成できるよう、総合演習の設置趣旨に則った授業となるように授業内容の改善を求める。 教育実習の取組状況 講評• 母校実習は出来るだけ避け、大学自身が確保した実習校で学生が実習を受けられるようにして欲しい。 実習記録を残すなど、事後指導の充実を図るように改善を求める。 実習時期を学生側に配慮した時期となるように改善を求める。 学校現場体験・学校ボランティア活動などの取組状況 状況• 県内にある特別支援学校において、3年次の学生が現場体験を積めるようにしている。 小学校に対する出前講習に学生が参加出来るようにしている。 今後とも関係機関と連携しつつ積極的な取組を実施して欲しい。 教職指導及びその指導体制の状況 講評• 学生に対して履修モデルを示すとともに、学生が各科目を履修する時期が適当となるよう指導を行って欲しい。 教員志望者の要望に応える指導体制の検討を行って欲しい。 教員養成カリキュラム委員会などの全学的組織の状況 講評• 教職課程科目の質的向上のため、全学的な教職指導体制の検討を行って欲しい。 施設・設備(図書等を含む。 )の状況 状況• 設備は教員養成をするに十分に備えられている。 地域とマッチングした施設設備等が備えられていることは評価できる。 就職相談室が学校全体の施設と比べ、限られたスペースしか無く、適当ではないと考えられるため、施設の改善の検討を努めて欲しい。 図書等の状況はかなり充実されているが、さらなる充実に努めて欲しい。 お問合せ先.

次の

福井県立大学公開講座 2020年度[前期]のご案内

福井 県立 大学 シラバス

2 専任教員数• 3 校地、校舎等の施設その他の学生の教育研究環境• 4 授業料、入学料その他の大学等が徴収する費用• 5 校舎等の耐震化率• 6 寄付行為、役員名簿• (福井仁愛学園のホームページに移動します。 (福井仁愛学園のホームページに移動します。 2 入学者に関する受入方針、入学者数、収容定員、在学者数、卒業(修了)者数、学位授与者数、進学者数、就職者数等• 受験者数・入学者数• 3 授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業計画• 4 学修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に当たっての基準• 5 学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る支援• 6 教育上の目的に応じ学生が修得すべき知識及び能力に関する情報• 7 授業評価、学修時間に関する情報• 8 「学生生活実態調査」調査概要について• (福井仁愛学園のホームページに移動します。 ( カリフォルニア州立大学フラトン校) 2 社会貢献活動• 3 大学間連携• 福井県大学連携リーグ 福井県の大学、短大、高等専門学校が互い連携してネットワークを強め、全体的な研究の向上と、人材の育成を進めるための組織です。 大学連携センター「Fスクエア」 Fスクエアは、福井県内の全ての大学、短期大学、高等専門学校の学生が集い、学べる拠点として、県がアオッサ7階に整備した共通のサテライトキャンパスです。 (Fスクエアのホームページは)• Fレックス(FUKUI LEARNING COMMUNITY CONSORTIUM) Fレックスは、福井県内の高等教育機関が連携して他機関の学習資源に容易にアクセスできる環境をつくるプロジェクトです。 (Fレックスのホームページは ) 4 産官学連携•

次の