アッキのみ ばけのかわ。 【剣盾S5シングル】環境適応型カバルドンサイクル【最終547位】

【ポケモン剣盾S3】天然要塞鎧ピクシー【最終341位】

アッキのみ ばけのかわ

こんばんは。 ドンと申します。 今シーズンは割と頑張って、100位代まで上げることができました。 また、 にしかマウントをとれない を解雇し、 , , などのに広く対応できる マジガ 命の珠に変更。 また環境的に格闘技の通りがいいので当てれば強い気合玉を積極的に採用。 以上6匹にまとまりました。 使用率ランキングトップである、ズキュントス には8割勝てるような構築になりました。 , をメタった、HD 弱点保険なども考案したが、DMを強要されるような盤面が多く、正直弱かったので、今の型に収まった。 展開した , などのストッパー。 詰め役として最後まで温存しておくのが強い。 シャドクロはじゃれつくとの選択だが、相手のBを下げるダイホロウを打てるシャドクロの方が個人的に好み。 構築的に誘いやすい を起点に一貫性のあるボディプレで や に負荷をかけていく。 また相手の物理枠である , に後投げし、怠けるを見せることで、後から出てくる を無警戒Dスチルで削り H4 に69. また、 の身代わりは警戒されないため、鉄壁のない , にも立ち回り次第では勝てることもしばしば。 低いH, Bに目をつむれば、そこそこのC, D, Sを持つため、 今回はHに振り残飯を持たせることでサイクルに組み込むことにしました。 疑似的に耐久と火力を上げることが可能なため、 , 対面では「じゅうでん」を押すことで、相手がDMしてもしなくても有利な択を取ることが出来ます。 悪だくみを積んだも対面からであれば勝てます 10万ボルトは安定技。 は裏から投げてくる , , への安定打点。 気合玉は , , への勝ち筋として採用。 HPが少しでも残っていれば , , には有利を取れる。 構築的に不利とも言えない特殊ATを相手にすることが多く、初手に来やすい をメタってHD振りに。 相手のチョッキ対策として、を採用。 アッキのみを発動させないので、瞑想を積んでくる天然 への安定打点にもなっていた。 勝てるかは正直微妙 また、気合玉の火力が半端なく、H252振り が確定2発。 ゴースト環境であるのに目をつむれば、もっと活躍してよいだと感じた。 火力upアイテムなしの , のDM技は基本耐えるので、安定感しかない。 や に広く打ち合える優秀な。 は採用している意味が一ミリもないので、に戻しましょう。 結局面倒でもどしていない 3. 先発は or が多く感じたので、 安定です。 ・受けループ +他2体 の負担が減るように選出してあげていた。 重い アーマーガア : が選出が歪まされる。 : でしか対面で勝てない。 : の選出を強要される。 てんねんピクシー :降参ボタンを押してもいいんだよ? 5. 所感 誰も使ってないような型の や を組み込んだ構築を組め、さらにレート2000を大幅に超えることができて大満足でした! 来シーズンはマイナー構築を組みたい・・・けど忙しくてできんかも ここまで読んでいただき、ありがとうございました! 記事の書き方はこれからも勉強していきます。 mizinko7622.

次の

【ポケモン剣盾】PWT#12 優勝!欠伸カビゴンコントロール(寄稿:澤村)【レンタルチームあり】

アッキのみ ばけのかわ

ミミッキュの概要 基本情報 HP 55 攻撃 90 特攻 50 合計 476 防御 80 特防 105 素早 96 特性 タイプ相性 4倍 なし 2倍 0. 5倍 なし 0. 25倍 無効 解説 攻撃を一回無効に出来るという強力な特性「ばけのかわ」と そこそこの素早さを利用した積みアタッカーや、ダイマックスアタッカーの足止め、「のろい」「おにび」「でんじは」などでの起点づくりや「いたみわけ」などを利用した削り要員など様々な役割をこなせるポケモンです。 アタッカーとしては攻撃範囲も広く多くの相手に等倍を取れるので止まりづらく「ダイホロウ」によって数値受けを、「ダイフェアリー」によって状態異常による弱体化を崩す事が出来るのでより 有用性が高まりました。 また、ばけのかわを利用して「トリックルーム」を使用し素早さ関係を逆転させる、「みがわり」を使用する隙を無理やり作る、などして 相手のダイマックスアタッカーをやり過ごす役割も担えるようになったのでまずはどのような運用をしたいかという方針を決めておきましょう。 ばけのかわの攻撃を1回無効は連続技の場合最初の1発しか無効にならないので連続技持ちには弱い点、特性を無効にして攻撃出来る特性「かたやぶり」相手には強みがほとんど失われてしまう点には注意が必要です。 ばけのかわを利用するとつるぎのまいを使用しやすく、ダイマックスで耐久も上昇するのでアタッカーとして非常に扱いやすく強力になります。 「ダイフェアリー」によって展開されるミストフィールドで火傷や麻痺などの状態異常を防ぎ、「ダイホロウ」の防御ダウンを利用する事で本来突破が難しい高耐久のポケモン相手も突破出来る可能性が高くなります。 相手にミミッキュよりも遅いポケモンがどれくらいいるか、突破可能なポケモンがどれくらいいるかなどを確認しつつ運用していきましょう。 物理耐久は低く、ばけのかわ発動後は非常に脆いので受けだしタイミングなどには注意が必要です。 技を1つ削って 「のろい」を入れると耐久ポケモン相手に非常に大きな圧力をかけられ、相手のアタッカーミミッキュ対策を潰せる可能性があるので少し変化をつけたアタッカーにしたいという方にはおすすめです。 また、「link アッキのみ」を持たせる事でダイマックス適性が更に上昇し、様々な物理アタッカーと殴り合えるようになる「アッキミミッキュ」としての運用も可能な構成です。 のろいのダメージを嫌って相手が交代をしてきた場合は「いたみわけ」でこちらのHPを回復しつつ相手を削ったり、再び「のろい」でダメージを保証しつつ後続アタッカーに繋げたりと相手の動きにも柔軟に対応が可能です。 ただし相手が後攻で使用する 「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」などの交代技はのろいダメージを稼げずに無償降臨を許してしまう点、ばけのかわを無効にして攻撃可能な 「かたやぶり」やみがわりを無効にして攻撃出来る「すりぬけ」、音系統の技を使う相手には注意が必要です。 攻撃技の候補はターンを稼ぎやすいゴーストダイブが有力ですが、相手に自由に動ける隙を与えてしまう事から即時動けて威力が高い「じゃれつく」命中が安定している「シャドークロー」なども候補に挙がります。 ここは使用感や、ミミッキュに特にどのような役割を担って欲しいかで決定しましょう。 みがわりのHP消費は32です。

次の

[シーズン6使用構築] ガルドラプラスミミッキュ 最終964位 最終レート1949

アッキのみ ばけのかわ

こだわりメガネエーフィの調整 性格 ひかえめ 持ち物 こだわりメガネ 特性 マジックミラー 実数値 149-*-108-188-118-135 H68 B220 C164 D20 S36 確定技 、、 選択技 、ワイドフォース、 火力調整 ・無振り で136〜162 88. 受け構築のパーティに滅法強く、「」を打っているだけで半壊させることができたり、「」交換読みで「」を打つことで高乱数2発で倒すことができるのが良かったです。 Sを最速70族抜きまで落としましたがそこまでSを削ったことによる弊害は感じず、その分Bにを割いた分ある程度の耐久値を確保することができました。 対面性能は上がったので良かったですが、受け出しするには少し厳しいです。 また、「マジックミラー」により補助技である「」、「あくび」等を跳ね返すことができるので「」が辛いパーと組み合わせるのも良いと思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 何か質問等ありましたら、コメント、へお願いします。 5倍になる代わりに、命中率が0. 8倍になってしまいますが、「はりきり」とックスの相性も良く、技を当てることが出来れば先行「でんげきくちばし」の火力は目を見張るものでした。 火力はキョックス時の「」を「でんげきくちばし」で高乱数で倒せるラインで設定しましたが、耐久面が若干もろく感じたので、「」を意識しないのであればAのをB,Dに振り分けるのもありだと思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 何か質問等ありましたら、コメント、へお願いします。 また、キョックス時に「ダイウォール」が欲しい場面が多かったので、補助技を入れたり、持ち物を「ラムのみ」にして「ねむる」を入れるのも面白いと思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 何か質問等ありましたら、コメント、へお願いします。 「あくび」により相手のを流したり、裏のの起点を作りながら、「じわれ」で相手に圧力をかけることもできます。 また、「みがわり」を採用することで「ボディプレス」を覚えていない「」や、「」を覚えていない「」などに「みがわり」を残すことができ、「じわれ」の試行回数をかせぐことができる点が強みです。 しかし、「かみなりパンチ」を覚えていない場合は、「ちょうはつ」持ちの「」の起点になってしまう等、逆に起点にされてしまう可能性がありますので、PT内で相談し技構成を組むことが必要かと思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 何か質問等ありましたら、コメント、へお願いします。 まとめ 「するどいくちばし」を持たせることによりノーリスクで飛行技の威力を上げることができます。 さらに、ある程度の耐久確保と最速を両立することでとても使いやすくなった印象でした。 しかし、火力は飛行技頼みになるのがネックです。。。 また、「」はサポート技も豊富に覚えるため、カスタマイズ性能が高い点も評価が高く、さすが使用率上位だなといった印象でした。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 何か質問等ありましたら、コメント、へお願いします。 また、「」を覚えていれば「」や「」など「」を受けにくる高耐久のにワンチャンが狙えます。 さらに、「」を持たせることで使用率の高い「」に強くでることができます。 しかしながら、「キョックス」をしても「」自身の火力がたりないと感じることがあるので、「」と組み合わせると「」も相性の良いアイテムですので、PT内で相談し持たせるのもアリかと思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 何か質問等ありましたら、コメント、へお願いします。 また、今作では「ダイジェット」で自身の素早さを上げるや「ダイストリーム」などで天候を変え、「すいすい」などの特性で自身の素早さを上げるが増え、それらのを上から攻撃できる点も強みです。 さらに、「とんぼがえり」を覚えていれば初手に選出しやすくサイクル戦でも活躍できます。 しかし、火力面ではC252振りをしてもギリギリ落とせないことが多く火力不足と感じたので、「スカーフドラパルト」を運用する場合、「」等を絡めながらサイクル戦をすることをオススメします。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 何か質問等ありましたら、コメント、へお願いします。

次の