椿 荘 オート キャンプ 場 不明。 今改めて伝えたい椿荘オートキャンプ場の魅力と2人ソロキャンプの醍醐味

小倉美咲ちゃん透視霊視で誘拐の可能性は?父親悲痛の行方不明後の足取り

椿 荘 オート キャンプ 場 不明

昨日に続き、キャンピングカー・キャンプに関わるものとして心配している山梨県道志村の椿荘オートキャンプ場の小学生女児 小倉美咲ちゃん行方不明の現場に微力ながらスタッフ一同で捜索活動ボランティアを実施してきました。 昨日の記事にて多くの方から現場の状況などに関する情報への関心の高さを感じましたので本日はボランティアを優先しながらも取材活動もさせていただき、できる限り現場の状況をお伝えできるよう記事にしていきます。 本日我々の捜索は、自衛隊・消防・警察の方々の邪魔にならないよう現場の椿荘オートキャンプ場から5キロほど離れた林道から開始しました。 この林道は、道志の湯という日帰り温泉がある地域から現場の椿荘オートキャンプ場へ繋がる林道となります。 キャンピングカーはギリギリ通行可能な林道ですが舗装はされており、女児でも歩こうと思えば歩けるかと考え林道際を中心に歩いて捜索活動を行いました。 ただ、この林道は見ていただいた通り山肌に作られており、道を外せば片方は切り立った山、片方は急な崖という状況。 美咲ちゃんの名前を呼びながら歩いていたのですが捜索の難しさを感じました。 林道には稀にこのような砂利道の横道もあり、そちらにも入って捜索活動を実施。 このような砂利道に小学生の女児が入る可能性は極めて低いとは感じていましたが、念の為、安全に注意しながら入ることとしました。 砂利道を進んでいくと、なんとそこには自衛隊の部隊の方々が。 こんなところにまでしっかりと捜索活動で来ていたとは。。。 素人の我々ボランティアがいけないような切り立った崖を下り、沢を中心に捜索されているようです。 捜索の邪魔にならぬよう、我々は2次被害のことも考え舗装された林道に戻ることに。 林道脇にはこのような不法投棄と思われる車や材木なども多く見られることから普段はあまり車などは通らないと思われる地域です。 もちろんこのような車の中なども自衛隊・消防・警察の方々は調査されていました。 林道を進み現場の椿荘オートキャンプ場近くまで来るとその林道沿いに民家も数件ありやはりこの道を女児が歩くことの可能性は低いと考えられます。 もし迷子になったとしてもその民家に助けを求める、もしくは泣いていたら民家の方が気がつくかと思われました。 林道を抜け、捜索にならぬよう車を現場からちょっと離れた場所に駐車し、現場である椿荘オートキャンプ場へ向かうと昨日同様、すでに多くのボランティア・報道の方の車が駐車されていました。 こちらが椿荘オートキャンプ場内からアクセスできる道志川の支流となる沢。 報道の通り川の流れは強いが女児が流されてもどこかに引っかかるような浅瀬ばかりの支流。 確認はできていないが美咲ちゃんのお友達はこの沢で遊んでいたと推測されます。 そのお友達を探しに追いかけていき美咲ちゃんは行方不明に。 沢の上流を見にいくとこのような山深い支流になり、とても小学生が登れるような状況ではないと考えます。 下流の方からはボランティアの方が川の中を登りながら探しています。 もちろんこの場所も自衛隊・消防・警察の方がすでに探していた場所。 みなさん同じ場所でもなんどもなんども探している状況だとのことです。 キャンプ場中心には、報道陣が陣取り一早い情報提供を実施しているようです。 主要メディアは全て現場に入っているようです。 メディアの前には対策本部が。 残念なことに本日を持って自衛隊の皆様は自治体からの要請により捜索中止を決め、明日からは警察・消防が中心となり捜索を続けるとのことです。 切り立った山、沢に阻まれる環境の中、女児がいるであろうと考えられる場所はもちろんそこには大人でも入れないであろう場所まで全て自衛隊・消防・警察・ボランティアの方々で何度も何度もくまなく必死で捜索しているという感想は得ました。 未だ何一つ手がかりが見つからない状況ではありますが、美咲ちゃんの一刻も早い発見と無事を願うばかりです。 コメント:.

次の

【緊急拡散】椿荘オートキャンプ場で小倉美咲ちゃんが行方不明!特徴は?

椿 荘 オート キャンプ 場 不明

オートキャンプ場で7歳女児が行方不明、23日は70人体制で捜索再開  山梨県道志村のオートキャンプ場で、21日午後から7歳の女の子の行方がわかっていません。 21日、22日と家族はもちろん、警察や消防でも付近の捜索が行われましたが、22日は雨などもあり、夕方で捜索が打ち切られていました。 23日も、22日と同じく70人体制で女児の発見に全力を挙げています。 早朝6時から、警察や消防が森に入っていきました。 行方不明の女の子は、千葉県成田市から家族と一緒にオートキャンプ場に遊びに来ていたところです。 21日の2泊3日の楽しいキャンプになるはずでしたが、思わぬ事故となってしまい、無事であることを祈るほかありません。 山梨県オートキャンプ場7歳女児不明、黒いシャツにジーパン 山梨県道志村のオートキャンプ場で7歳の女の子が最後に目撃されているのは、21日の午後3時半ごろです。 女の子の家族は、他の家族5組と計6組、30名近くでこのオートキャンプ場を訪れていました。 おやつを先に食べ終え、森に先に遊びに行った上級生を追いかけるということを母親に伝えたのが、最後に目撃された姿です。 女の子が探しに行った上級生たちは戻ってきていますが、7歳の女の子1人は戻らず、現在も行方がわかっていません。 1時間ほど家族が付近を捜索しますが、見つからずに110番通報がなされました。 行方がわからなくなった時の女の子の服装は、黒い長袖のシャツと青いジーパンです。 7歳女児不明の「椿荘オートキャンプ場」とは? 出典: 今回7歳女児が行方不明となっているのは、山梨県の道志村「椿荘オートキャンプ場」。 自然豊かながら、都心から中央自動車道を使い、都留インターチェンジ下車から30分ほどと、アクセスもしやすい場所です。 椿荘は民宿旅館とオートキャンプ場、広いテニスコートを備えた総合レジャー施設となっていて、近所には美しい滝も。 夏休み期間や連休はテント区画料1000円が無料となり、家族連れのレジャーにもってこいの場所です。 山梨県東端の道志村は日本屈指のキャンプ場 出典: 道志村は椿荘オートキャンプ場以外にも、多くのキャンプ場や宿泊施設、レジャー施設が並びます。 特に、キャンプ場の多さは日本屈指となります。 キャンプ場だけで30か所以上が運営されていて、これだけ密集度の高いキャンプ地はかなり珍しいですね。 道志川での渓流釣りや温泉、美しい星空などアウトドアレジャーに適し、特に夏期間は多くのレジャー客でにぎわう場所です。 地理的にも、神奈川県相模原市と接する山梨県最東部の自治体ですから、首都圏から車でそれほど時間をかけずに行くことができるメリットがありますね。 村のほうでも、村営温泉や体験学習施設など、観光・レジャーの分野に非常に力を入れています。

次の

山梨で不明女児を再捜索 キャンプ場や林道:イザ!

椿 荘 オート キャンプ 場 不明

事件性の可能性ももちろんあります。 しかし、全てではありませんが、いいかげんな探し方を している捜索隊 自衛隊・警察etc.. はいるでしょう。 故意か能力不足かは知りませんが。 そんな方々の探していた場所にいるかもね。 ただ、スーパーボランティアの小畑さんの時に行方不明だった 男の子とは体格も年齢も違いますので、 「あの時はこうだったじゃん」みたいな意見は 必ずしも当てはまりません。 どちらかといえば北海道北斗市のケースに近いかも。 ・想像以上に遠くへ行っている ・崖から転落 ・川に転落 流されるような川があるならそのまま流されてしまった ・連れ去り事件 可能性が高い順にこんな感じでしょうか。 ただ災害救助犬は、警察犬のように匂いをたどるのではなく、 匂いで人間を発見する訓練を受けています。 その災害救助犬が探し出せないとなると、彼女が捜索範囲から 大きく外れているという可能性を除けば本当に何らかの事件に 巻き込まれた可能性もあるのかも知れません。 確率は低いですが。

次の