道端 アンジェリカ 美人局。 道端アンジェリカ 離婚協議中がヤバい!理由は?夫逮捕の美人局?

道端アンジェリカに危険な噂!男性問題以外にも問題あり。美人局疑惑も浮上

道端 アンジェリカ 美人局

「」より タレント・モデルの 道端アンジェリカの夫で韓国籍のキム・ジョンヒ容疑者が、恐喝容疑で警視庁組織犯罪対策2課に逮捕された件が波紋を呼んでいる。 逮捕容疑は、8月7日、東京・渋谷で道端の知人で会社役員の40代男性の職場に押しかけ、「お前の家族をメチャクチャにしてやる」「嘘をついたら鉛筆で目を刺す」などと脅し、現金35万円を振り込ませたというものだ。 その場には道端も同席していたため任意で事情聴取されていたことも報じられており、衝撃を呼んでいる。 10月5日に、道端は所属事務所の公式サイトで謝罪コメントを発表した。 「私が夫の発言の現場に居合わせねばならないような状況を作り出してしまったことに対しても、深く反省しております」「今回の夫の発言は、私が知人の男性と身体を密着させ飲酒していたことを夫が疑い、そのことで夫がお相手の方を責めた結果、なされたものでした」と、自身の行動がきっかけだったことを明かしている。 また、事件後も道端は インスタグラムで投稿を続けており、事件が報道された後にはコメント欄に批判が殺到していた。 さらに、7日までにコメント欄が削除され、さまざまな臆測を呼んでいる。 「自身の不貞まがいの行動が発端であったことを認めたためイメージ急落は避けられず、女性タレントとしては致命的です。 道端と被害者の男性が飲んでいたのは夫が経営する会員制バーであると報じられていますが、美人局でないとしたら、なぜそんなバレやすい店で飲んでいたのかも解せない。 逮捕された夫が脅し取ったとされる35万円という金額も中途半端ですし、現時点では不可解な点が多すぎる印象です。 また、今やタレントのイメージ戦略を左右するSNSで虚偽投稿を行っていたことも大きなマイナスです。 堂々と嘘をついていたことを認めたわけですから、今後は言動に信憑性を持たせるのは難しい。 いずれにしろ、一連の黒いイメージが拭えない以上は、CMはもちろんテレビ露出も望めないでしょう。 芸能界から事実上の引退……という状態を余儀なくされるのではないでしょうか」(週刊誌記者) 道端は2017年12月にキム容疑者と結婚し、昨年7月には第1子となる男児が誕生しているが、前述の謝罪文では「今回の件により、夫婦の形が少しずつ変わってきています」「今回の件は、今後の事を考える一つのきっかけと思います」という表現もあり、一部では離婚の可能性も取り沙汰されている。

次の

道端アンジェリカ、被害者だった可能性…夫の恐喝事件で“新証言”、崩れる事件の構図

道端 アンジェリカ 美人局

道端アンジェリカ 離婚協議中理由は? 「夫とは離婚協議中で、離婚届は1カ月前に判を押して送ってます。 小さい子供がいるので生活していかなきゃならない。 私一人で育てていくので仕事を再開したいと思うようになったんです」 メディアへの登場は8カ月ぶり。 この間に新型コロナの感染拡大もあり「芸能人の友達がSNSでメッセージを出して社会貢献している中、それをやっちゃいけないような存在になっている自分がつらかった」と明かした。 事件があったのは昨年8月。 飲食店経営の夫(38)が会社役員の知人男性を「おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる」などと脅し、指定口座に35万円を振り込ませた疑い。 2カ月後に夫は逮捕されたが、恐喝現場に道端も同席していたことが判明。 道端アンジェリカ 美人局疑惑 「あれは全くの誤解で事実ではありません」と、疑惑の当事者である道端が初めて真相を明かす。 「友人女性を含めた4人でランチに行き、その後カラオケに行こうとなり、夫のお店に4人全員で行ったんです。 だから部屋には夫も何度も来たし、密会なんかしていない」と強調。 男性とイチャついていたことは「イチャついていたのではなく子供を産んでからほとんどお酒を飲んでいなかったので、はっちゃけ過ぎてしまった。 夫はそんな私の姿を初めて見たので怒ったんです。 その場で夫婦ゲンカになり、それを見てみんな帰っちゃったんです。 その一部始終が写った部屋の防犯カメラを警察に提出したので、私は事件に一切関係がないとして不起訴になりました」。 その場では、お金を請求する場面は一切なかったそうで「録音が全部残っていたので、夫も不起訴になったのだと思います。 でも、私が夫を怒らせたことが原因であることに変わりはないです」と反省。 ただ、離婚にまで発展したことには「夫にケータイを取られ、連絡先も全部消され、彼が逮捕されるまでの2カ月間は夫の怒りで大変でした。 詳しいことは協議中なので…」と声を震わせ、涙がこぼれ出た。 既に出版社から仕事の依頼が来ているという。 その言葉を胸に歩んでいきたい」と話した。 涙ぐむ意味もあまり分かりません。 芸能人のお友達がSNSなどで社会貢献している中自分はしてはいけないようで辛かったのもよく分かりません。 芸能人としてではなくてイチ個人の人間として社会貢献はすれば良かったんじゃないんですかね。 社会に貢献する人間を誰も否定なんかしないと思います。 そこに芸能人として社会貢献したいと思うところがまたズレてるんだと思います。 被害男性や旦那の証言や言い分は?こいつの都合でしか話が進んでない。 信用ならないし、すでにこいつの居場所は芸能界にない。 代わりはたくさんいるし。 別の道を探してもいいように思う。 それぐらいしか楽しみは無い。 どういう男がタイプなのかも分かってしまったし、セレブ感は拭い切れないだろう。 別にファッション界や芸能界にこだわらなくても普通の会社員として働けば良いと思う。

次の

道端アンジェリカが美人局疑惑めぐり謝罪 不起訴となったことを報告

道端 アンジェリカ 美人局

さらに事務所からの独立も明かした。 アンジェリカはメッセージと動画を投稿。 メッセージでは「お久しぶりです。 昨年は関係者の方、ならびにファンの方へご迷惑とご心配おかけしたこと心より深くお詫び申し上げます」とまずは謝罪。 「このたびモデル活動を再開するにあたって、まずは自分の言葉でちゃんとみなさまに伝えられたらと思い、動画を撮りました」と動画撮影の意図をつづった。 「あれからたくさんの時間をかけ自分自身と向き合い、私なりにこれから先どう生きていくか、どう生きていきたいか考えました」としつつ、「私はこのお仕事が心から好きです。 このお仕事に出会え、みなさまの支えのおかげで今までの私がありました」と振り返った。 これからは今まで私を支えてくださっていた方々に恩返しをするつもりで、モデル活動のみならず、社会貢献につながるお仕事をしていきたいと思います」と決意を記した。 「これから先のことですが、私は今まで所属していた事務所を辞め、独立することにしました」と報告。 「これからは一人の女性として母として、そしてモデル道端アンジェリカとして、一人でゼロからスタートしていきたいと思います。 微力ではありますが、少しでもみなさまのお役にたてるよう、そしてモデル活動や社会貢献活動を通してまたみなさまを幸せにできますように努力いたします。 動画では「こんにちは、道端アンジェリカです。 活動再開するにあたって、まず今の気持ちを伝えたいと思います」と前置きしたうえで「私は昨年10月23日に恐喝容疑で書類送検されました。 事件になるようなことは一切何もなく、隠すことも何もなかったので、映像など出せるデータをすべて出し、捜査に全面協力いたしました。 そして、昨年10月25日、東京地検が不起訴とし、事件がなかったことを認めていただいております」と昨年世間を騒がせた騒動について報告。 「関係者の皆様には多大なるご迷惑をおかけし、ファンの皆様にはご心配おかけしたことを深くお詫び申し上げたいと思います」と謝罪した。 続けて「今回のことを真摯に受け止め、1人の女性として、母として、そしてモデルとして再スタートを切りたいと思います。 そして、モデルである私にとって大切で大きなチャレンジが1つ決まっておりますので、もう少しでお知らせできると思います。 楽しみにしていてください」とファンに呼びかけた。 外部サイト.

次の