ディスカバリー 新型。 価格差3倍!? レンジローバーとディスカバリーはどれほど違うのか?

ディスカバリーチャンネルによる新型コロナウイルス感染症ドキュメンタリー番組「COVID

ディスカバリー 新型

ランドローバーが、SUV「ディスカバリースポーツ」のマイナーチェンジ日本発売を発表しました。 最新モデルになって魅力を伸ばした新型ディスカバリースポーツのスペックや価格などについて、最新情報からご紹介します。 ランドローバー・ディスカバリースポーツは、ブランドのコンパクトSUVとしてラインナップされ、上位モデルの「ディスカバリー」と同じく3列シート7人乗りの使いやすさと高い走行性能が人気になっています。 マイナーチェンジした新型ディスカバリースポーツは、最新のデザインや装備を採用し、魅力をアップしています。 最新のエクステリア、インテリアデザインを採用• 「シグネチャーLEDヘッドライト」を装備• スポーティさを際立たせた「R-DYNAMIC」を設定• ヘッドライトはこれまでより薄型の「シグネチャーLEDヘッドライト」とされ、デザインを変更したフロントグリルや前後バンパーと組み合わせることでよりワイドなスタンスに。 リアもフロントにあわせ、ランプには四角形のモチーフを採用することで、力強さを表現。 足元にも専用デザインのホイールが装備され、ベースモデルと差別化されています。 前モデルではライトに丸型を採用することでブランドのコンパクトSUVとしての軽快さが表現されていましたが、新型ディスカバリースポーツでは上位モデルからくる質感の高さが重視されています。 ホイールベース:2740mm• しかし、同じくコンパクトSUVとしてラインナップされているレンジローバー・イヴォークと比較すると、全長とホイールベース、全高が大きくなっており、3列シート7人乗りに対応する室内空間が確保されています。 新装備!新型ディスカバリースポーツの内装(インテリア)デザイン 新型ディスカバリースポーツの内装は、新しいデザインと技術により質感と使い勝手が高められました。 新設計されたステアリングホイールの前にはデジタルメーターが配置され、リフレッシュされたセンターコンソールには新世代の10インチTouch Proインフォテインメントシステムを装備。 バックミラーには新たに「ClearSight Rear View」を採用。 スイッチを押すだけでミラーをHDディスプレイに変更し、リアウィンドウの上に取り付けられたカメラからの映像を表示。 リアに荷物を積みこんだ時や外の光が弱い場合でも、より見やすく広い視野で安全確認をすることができるようになっています。 シートレイアウトには3列シート7人乗りが設定され、高い使い勝手を確保。 改良で3列目シートには、カップホルダーが設けられました。 ラゲッジスペースは、5人乗り時に981L、2列シートまで収納することで最大1698Lを使用することができるようになっています。 2kgm• 8kgm• トランスミッション:9速AT• 駆動方式:FF or 4WD 新型ディスカバリースポーツのパワートレインには、ジャガー・ランドローバーが設計から生産まで手がけた「INGENIUM(インジニウム)エンジン」が搭載されています。 ガソリンエンジンは直列4気筒2Lターボとされ、200psを発揮する「P200」と249psの「P250」を設定。 8kgmの大きなトルクにより走りを楽しむことができるようになっています。 トランスミッションには全車9速ATが搭載され、定評あるランドローバーの4WDシステムにより力強い走りを発揮します。 最大渡河水深:600mm• 最低地上高:212mm• アプローチアングル:23. ブレイクオーバーアングル:20度• デパーチャーアングル:31度 ランドローバー新型ディスカバリースポーツの悪路走破性能は、オフロード走行に最適化した車体設計により、最大渡河水深600mmが確保されています。 最低地上高も212mmと高くとり、コンパクトな車体により対障害角度も拡大。 走行システムには、エンジン、トランスミッション、ディファレンシャル、シャシーなどを走行状況に応じて最適化する「テレインレスポンス2」を装備。 その他、過酷な走行状況でも設定した速度を維持する「オールテレインプログレスコントロール」や、ドアミラー下部のセンサーが水深を検知しリアルタイムで表示する「ウェイドセンシング」などが搭載されています。 チャレンジでは2Lディーゼルエンジンを搭載するモデルが使用され、搭載される走行システムを活かし客車を牽引。 車重2トンほどのディスカバリースポーツで、108トンの客車の牽引に成功しています。 2Lディーゼル:14. 2Lガソリン:10. 軽快な走りを楽しむガソリンエンジンでも10. 最新システム!新型ディスカバリースポーツの安全装備は? 新型ディスカバリースポーツの安全装備には、レーンデパーチャーワーニング、自動緊急ブレーキ、360度ビュー&パーキングガイド機能付きサラウンドカメラシステムなど、最新システムが採用されています。 その他、ブラインドスポットアシスト、レーンキープアシストなども搭載し、安全性が高められました。 DISCOVERY SPORT D180:5,130,000円• DISCOVERY SPORT S D180:5,760,000円• DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC S D180:6,090,000円• DISCOVERY SPORT P200:4,500,000円• DISCOVERY SPORT S P200:5,130,000円• DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC S P250:5,890,000円• DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC SE P250:6,390,000円• DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC HSE P250:7,010,000円 ランドローバー新型ディスカバリースポーツの価格は、前モデルからほぼ維持されています。 グレード展開は、200psのガソリンモデルがエントリーグレードとなり、180psディーゼルモデルを主力としてラインナップ充実。 250psのガソリンモデルが最上位に設定されています。 新型ディスカバリースポーツの発売日は? 2020年モデルとしてマイナーチェンジしたランドローバー新型ディスカバリースポーツは、2019年11月29日から日本での受注が開始されました。 ランドローバーは、7人乗りコンパクトSUVとして人気になっているディスカバリースポーツ初となる大規模改良を実施することで、さらなるユーザーにアピールしていきたい考えです。 1997年から2世代が販売されたコンパクトSUV「フリーランダー」の後継モデルとして企画。 モデル名は同社のフルサイズSUV「ディスカバリー」の小型モデルとして、「レンジローバー」シリーズと同じく「スポーツ」のモデル名がプラスされました。 車体は、同じくコンパクトSUVとしてラインナップされている「レンジローバー・イヴォーク」をベースに制作され、全長とホイールベースを延長。 これにより上位の「ディスカバリー」と同じく、3列シートに対応する室内空間が確保されました。 ディスカバリースポーツの発売時には、フェイスブックに30秒の動画か静止画を投稿し冒険心をアピールする全世界を対象としたコンテストを開催。 優勝者には米国ヴァージン・ギャラクティック社が企画する宇宙旅行(1組4名)がプレゼントされました。 新型ランドローバー・ディスカバリースポーツについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

ランドローバー ディスカバリー 改良新型、中身を一新!? 電動化&タッチプロデュオ採用か

ディスカバリー 新型

【HSE LUXURY 3. 0L D258】9,417,000円 【関連記事】 サイズ 全長:4,970mm 全幅:1,990mm 全高:1,846mm ホイールベース:2,923mm エンジンラインアップ 2. 0リッターV8エンジンは、518馬力を発揮。 SVXの動画 ランドローバー 新型ディスカバリー 2018 情報(2017年9月20日):• Twitter でフォロー• カテゴリー• アーカイブ アーカイブ• 最近のコメント• に より• に 管理人 より• に 管理人 より• に Schumacher より• に 匿名 より• 関連サイト.

次の

モデル概要

ディスカバリー 新型

ランドローバーが、SUV「ディスカバリースポーツ」のマイナーチェンジ日本発売を発表しました。 最新モデルになって魅力を伸ばした新型ディスカバリースポーツのスペックや価格などについて、最新情報からご紹介します。 ランドローバー・ディスカバリースポーツは、ブランドのコンパクトSUVとしてラインナップされ、上位モデルの「ディスカバリー」と同じく3列シート7人乗りの使いやすさと高い走行性能が人気になっています。 マイナーチェンジした新型ディスカバリースポーツは、最新のデザインや装備を採用し、魅力をアップしています。 最新のエクステリア、インテリアデザインを採用• 「シグネチャーLEDヘッドライト」を装備• スポーティさを際立たせた「R-DYNAMIC」を設定• ヘッドライトはこれまでより薄型の「シグネチャーLEDヘッドライト」とされ、デザインを変更したフロントグリルや前後バンパーと組み合わせることでよりワイドなスタンスに。 リアもフロントにあわせ、ランプには四角形のモチーフを採用することで、力強さを表現。 足元にも専用デザインのホイールが装備され、ベースモデルと差別化されています。 前モデルではライトに丸型を採用することでブランドのコンパクトSUVとしての軽快さが表現されていましたが、新型ディスカバリースポーツでは上位モデルからくる質感の高さが重視されています。 ホイールベース:2740mm• しかし、同じくコンパクトSUVとしてラインナップされているレンジローバー・イヴォークと比較すると、全長とホイールベース、全高が大きくなっており、3列シート7人乗りに対応する室内空間が確保されています。 新装備!新型ディスカバリースポーツの内装(インテリア)デザイン 新型ディスカバリースポーツの内装は、新しいデザインと技術により質感と使い勝手が高められました。 新設計されたステアリングホイールの前にはデジタルメーターが配置され、リフレッシュされたセンターコンソールには新世代の10インチTouch Proインフォテインメントシステムを装備。 バックミラーには新たに「ClearSight Rear View」を採用。 スイッチを押すだけでミラーをHDディスプレイに変更し、リアウィンドウの上に取り付けられたカメラからの映像を表示。 リアに荷物を積みこんだ時や外の光が弱い場合でも、より見やすく広い視野で安全確認をすることができるようになっています。 シートレイアウトには3列シート7人乗りが設定され、高い使い勝手を確保。 改良で3列目シートには、カップホルダーが設けられました。 ラゲッジスペースは、5人乗り時に981L、2列シートまで収納することで最大1698Lを使用することができるようになっています。 2kgm• 8kgm• トランスミッション:9速AT• 駆動方式:FF or 4WD 新型ディスカバリースポーツのパワートレインには、ジャガー・ランドローバーが設計から生産まで手がけた「INGENIUM(インジニウム)エンジン」が搭載されています。 ガソリンエンジンは直列4気筒2Lターボとされ、200psを発揮する「P200」と249psの「P250」を設定。 8kgmの大きなトルクにより走りを楽しむことができるようになっています。 トランスミッションには全車9速ATが搭載され、定評あるランドローバーの4WDシステムにより力強い走りを発揮します。 最大渡河水深:600mm• 最低地上高:212mm• アプローチアングル:23. ブレイクオーバーアングル:20度• デパーチャーアングル:31度 ランドローバー新型ディスカバリースポーツの悪路走破性能は、オフロード走行に最適化した車体設計により、最大渡河水深600mmが確保されています。 最低地上高も212mmと高くとり、コンパクトな車体により対障害角度も拡大。 走行システムには、エンジン、トランスミッション、ディファレンシャル、シャシーなどを走行状況に応じて最適化する「テレインレスポンス2」を装備。 その他、過酷な走行状況でも設定した速度を維持する「オールテレインプログレスコントロール」や、ドアミラー下部のセンサーが水深を検知しリアルタイムで表示する「ウェイドセンシング」などが搭載されています。 チャレンジでは2Lディーゼルエンジンを搭載するモデルが使用され、搭載される走行システムを活かし客車を牽引。 車重2トンほどのディスカバリースポーツで、108トンの客車の牽引に成功しています。 2Lディーゼル:14. 2Lガソリン:10. 軽快な走りを楽しむガソリンエンジンでも10. 最新システム!新型ディスカバリースポーツの安全装備は? 新型ディスカバリースポーツの安全装備には、レーンデパーチャーワーニング、自動緊急ブレーキ、360度ビュー&パーキングガイド機能付きサラウンドカメラシステムなど、最新システムが採用されています。 その他、ブラインドスポットアシスト、レーンキープアシストなども搭載し、安全性が高められました。 DISCOVERY SPORT D180:5,130,000円• DISCOVERY SPORT S D180:5,760,000円• DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC S D180:6,090,000円• DISCOVERY SPORT P200:4,500,000円• DISCOVERY SPORT S P200:5,130,000円• DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC S P250:5,890,000円• DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC SE P250:6,390,000円• DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC HSE P250:7,010,000円 ランドローバー新型ディスカバリースポーツの価格は、前モデルからほぼ維持されています。 グレード展開は、200psのガソリンモデルがエントリーグレードとなり、180psディーゼルモデルを主力としてラインナップ充実。 250psのガソリンモデルが最上位に設定されています。 新型ディスカバリースポーツの発売日は? 2020年モデルとしてマイナーチェンジしたランドローバー新型ディスカバリースポーツは、2019年11月29日から日本での受注が開始されました。 ランドローバーは、7人乗りコンパクトSUVとして人気になっているディスカバリースポーツ初となる大規模改良を実施することで、さらなるユーザーにアピールしていきたい考えです。 1997年から2世代が販売されたコンパクトSUV「フリーランダー」の後継モデルとして企画。 モデル名は同社のフルサイズSUV「ディスカバリー」の小型モデルとして、「レンジローバー」シリーズと同じく「スポーツ」のモデル名がプラスされました。 車体は、同じくコンパクトSUVとしてラインナップされている「レンジローバー・イヴォーク」をベースに制作され、全長とホイールベースを延長。 これにより上位の「ディスカバリー」と同じく、3列シートに対応する室内空間が確保されました。 ディスカバリースポーツの発売時には、フェイスブックに30秒の動画か静止画を投稿し冒険心をアピールする全世界を対象としたコンテストを開催。 優勝者には米国ヴァージン・ギャラクティック社が企画する宇宙旅行(1組4名)がプレゼントされました。 新型ランドローバー・ディスカバリースポーツについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の