小泉道子 離婚。 小泉進次郎の母親の秘密。宮本佳代子(実母)とは違う母親“ママ”がもう一人?

小泉道子は結婚を竹本公輔としたが離婚し独身に。純一郎の元嫁と確執は

小泉道子 離婚

小泉信一郎さんと宮本佳代子さんの離婚理由に政治家一族に嫁ぐことの難しさがみえる?姑以上に恐ろしいのは… 母の話はNG? 俳優の小泉孝太郎さんは 父親は元内閣総理大臣の小泉純一郎さん、 曽祖父から続く政治家一家の長男として生まれながら 芸能界へ飛び込みました。 若いころはビジュアルの合わせたさわやかな役が多い印象でしたが、 最近では政治家もびっくりの腹黒い役柄も板についてきていますね。 弟の小泉進次郎さんは父親の跡を継いで政治家になっていますが、ふたりの兄弟仲が良いことは有名。 小泉進次郎さんのSNSには、 たびたび「おにい」こと小泉孝太郎さんとの写真がアップされています。 小泉孝太郎さんが出演するバラエティ番組やインタビューでも父親と弟の話はよく出てきますが 他方で 母親の話はあまり出てきません。 あまりに話題が出てこないことから死去説まで出るほど。 しかし、そこには悲しい秘密があるようで… 結婚5年での離婚 話は、今から30年以上前にさかのぼります。 小泉孝太郎さんの父・小泉純一郎さんは1978年に結婚。 お相手は エスエス製薬の元会長泰道照山(たいどう しょうざん)氏の孫・宮本佳代子さんでした。 二人の出会いのきっかけは結婚前年(1977年)のお見合い。 当時小泉純一郎さんは30代半ばで既に衆議院議員に当選しており、宮本佳代子さんはまだ青山学院大学に通う学生でしたが 小泉純一郎さんはお見合い当日にプロポーズしたのだそうです。 しかし 、宮本佳代子さんの祖父・泰道照山氏は小泉純一郎さんとの結婚には反対だったそう。 お見合いを受けたにもかかわらず反対した理由は不明ですが、 「出ていくならその身一つ出ていけ」とその態度はかなり強いものだった様子。 泰道家とは絶縁寸前にまでなっていたようです。 しかし小泉純一郎さんは、 「何の心配もいらない、僕たちの結婚には関係ない、白紙のままで来てほしい」 「政治家の世界は何も知らないでいい」 と宮本佳代子さんに伝え、二人は結婚しました。 結婚と同年の1978年7月に長男の小泉孝太郎さんが誕生、 (結婚反対の理由はこのあたりにあるのかも?) 1981年には次男の小泉進次郎さんが誕生し、順調に家庭を築いているように見えました。 しかし、小泉純一郎さんと宮本佳代子さんは結婚から5年後の 1982年に離婚。 長男の孝太郎さん・次男の進次郎さんは小泉純一郎さんが引き取ることになりました。 さらに、 離婚当時佳代子さんのお腹には小泉純一郎さんとの3人目の子供が。 離婚後実家のある鎌倉に戻った佳代子さんは1983年に三男・ 宮本佳長さんを出産。 小泉純一郎さんも親権を主張したようですが、 調停を経て佳代子さんが引き取ることになりました。 sponsored link 離婚の理由 離婚の理由は、 小泉家の実権を握っていた小泉純一郎の姉たちと 佳代子さんの関係がうまくいっていなかったことが一因ではないか、と言われているようです。 女性セブン2014年2月20日号の記事には 「結婚当時、小泉家の長男の嫁であるB子さんは何もさせてもらえず、小泉さんのふたりのお姉さんが家の実権を握り続けました。 そのためB子さんは孤独を感じるようになり、半ば追い出されるようにして家を出たんです」(小泉家関係者) またwikipediaには 関係者の話によれば、「小泉の面倒は姉で秘書をしている信子がみており、系図をみてもわかるように周囲は姉弟の身内で固めている。 離婚の理由は本人がおかしくなり、よほど結婚にはこりたようだ」(参考文献:神一行 『閨閥: 特権階級の盛衰の系譜』 改訂新版 角川書店) と書かれていました。 離婚当時小泉純一郎さんは 「君子、去る者は追わず、来る者は拒まず、だな」 と冷淡に言い放ったそうですが 実権を握る姉たちに逆らってまで奥さんを守ることはできなかった、ということなのかもしれません。 また、後に宮本佳代子さんに引き取られた三男・宮本佳長さんが小泉純一郎さんの事務所に 「父親と二人きりで会いたい」 と涙ながらに電話してきた際、 それを知った小泉純一郎さんの姉・信子さんは 「血はつながっているけど、親子関係はない」と冷たく言い放ち、結局会うことはかなわなかったそう。 小泉純一郎さんの姉と佳代子さんとの関係は良くないのは間違いなさそうです。 1982年の離婚から25年以上、 小泉純一郎さん達は、宮本佳代子さん・宮本佳長さんと会うことがなかったといいます。 しかし、2008年、その関係に変化が訪れました。 政界引退で前進 小泉純一郎さんは2008年、政界を引退し同時に次男の小泉進次郎さんを自身の後継者に指名しました。 その際、小泉純一郎さんは進次郎さんに 「家のことは任せた、お前たち3人は兄弟だから仲良くすればいい」と告げたそう。 それを受けて進次郎さんは初めて末弟・佳長さんに連絡。 その後は孝太郎さんも含めて兄弟3人で会う機会も増えたのだそうです。 また、2010年末には小泉家御用達のレストランで小泉純一郎さんも交えた4人での会食の様子が、 2013年には宮本佳長さんの結婚式に小泉純一郎さん・孝太郎さん・進次郎さんがそろって参加する様子が 週刊誌等で報道されていました。 小泉純一郎さんの政界引退を機に、 家族の関係は進展したようですね。 (もはや姉に気を使う必要がなくなったということかもしれません。 ) ちなみに、一番顔が母親に似ているのは小泉孝太郎さん。 宮本佳代子さんの名前をgoogle等で検索すると、 現在の画像や若かりし日の画像が出てきますが、 パッチリとした目と整った顔立ちはよく似ています。 逆に父親に一番似ているのは三男の宮本佳長さん。 名前を検索すると兄弟のスリーショットが出てきますが 目が細いところは確かに似ています。 それぞれ生き別れた親に似ているというのは何とも皮肉な話ですが、 だからそこ、30年間互いのことが心のどこかに残っていたのかもしれませんね。

次の

小泉進次郎の母親は宮本佳代子で孝太郎とは母親が違う?現在や離婚理由を調査!|RealVoice

小泉道子 離婚

小泉信一郎さんと宮本佳代子さんの離婚理由に政治家一族に嫁ぐことの難しさがみえる?姑以上に恐ろしいのは… 母の話はNG? 俳優の小泉孝太郎さんは 父親は元内閣総理大臣の小泉純一郎さん、 曽祖父から続く政治家一家の長男として生まれながら 芸能界へ飛び込みました。 若いころはビジュアルの合わせたさわやかな役が多い印象でしたが、 最近では政治家もびっくりの腹黒い役柄も板についてきていますね。 弟の小泉進次郎さんは父親の跡を継いで政治家になっていますが、ふたりの兄弟仲が良いことは有名。 小泉進次郎さんのSNSには、 たびたび「おにい」こと小泉孝太郎さんとの写真がアップされています。 小泉孝太郎さんが出演するバラエティ番組やインタビューでも父親と弟の話はよく出てきますが 他方で 母親の話はあまり出てきません。 あまりに話題が出てこないことから死去説まで出るほど。 しかし、そこには悲しい秘密があるようで… 結婚5年での離婚 話は、今から30年以上前にさかのぼります。 小泉孝太郎さんの父・小泉純一郎さんは1978年に結婚。 お相手は エスエス製薬の元会長泰道照山(たいどう しょうざん)氏の孫・宮本佳代子さんでした。 二人の出会いのきっかけは結婚前年(1977年)のお見合い。 当時小泉純一郎さんは30代半ばで既に衆議院議員に当選しており、宮本佳代子さんはまだ青山学院大学に通う学生でしたが 小泉純一郎さんはお見合い当日にプロポーズしたのだそうです。 しかし 、宮本佳代子さんの祖父・泰道照山氏は小泉純一郎さんとの結婚には反対だったそう。 お見合いを受けたにもかかわらず反対した理由は不明ですが、 「出ていくならその身一つ出ていけ」とその態度はかなり強いものだった様子。 泰道家とは絶縁寸前にまでなっていたようです。 しかし小泉純一郎さんは、 「何の心配もいらない、僕たちの結婚には関係ない、白紙のままで来てほしい」 「政治家の世界は何も知らないでいい」 と宮本佳代子さんに伝え、二人は結婚しました。 結婚と同年の1978年7月に長男の小泉孝太郎さんが誕生、 (結婚反対の理由はこのあたりにあるのかも?) 1981年には次男の小泉進次郎さんが誕生し、順調に家庭を築いているように見えました。 しかし、小泉純一郎さんと宮本佳代子さんは結婚から5年後の 1982年に離婚。 長男の孝太郎さん・次男の進次郎さんは小泉純一郎さんが引き取ることになりました。 さらに、 離婚当時佳代子さんのお腹には小泉純一郎さんとの3人目の子供が。 離婚後実家のある鎌倉に戻った佳代子さんは1983年に三男・ 宮本佳長さんを出産。 小泉純一郎さんも親権を主張したようですが、 調停を経て佳代子さんが引き取ることになりました。 sponsored link 離婚の理由 離婚の理由は、 小泉家の実権を握っていた小泉純一郎の姉たちと 佳代子さんの関係がうまくいっていなかったことが一因ではないか、と言われているようです。 女性セブン2014年2月20日号の記事には 「結婚当時、小泉家の長男の嫁であるB子さんは何もさせてもらえず、小泉さんのふたりのお姉さんが家の実権を握り続けました。 そのためB子さんは孤独を感じるようになり、半ば追い出されるようにして家を出たんです」(小泉家関係者) またwikipediaには 関係者の話によれば、「小泉の面倒は姉で秘書をしている信子がみており、系図をみてもわかるように周囲は姉弟の身内で固めている。 離婚の理由は本人がおかしくなり、よほど結婚にはこりたようだ」(参考文献:神一行 『閨閥: 特権階級の盛衰の系譜』 改訂新版 角川書店) と書かれていました。 離婚当時小泉純一郎さんは 「君子、去る者は追わず、来る者は拒まず、だな」 と冷淡に言い放ったそうですが 実権を握る姉たちに逆らってまで奥さんを守ることはできなかった、ということなのかもしれません。 また、後に宮本佳代子さんに引き取られた三男・宮本佳長さんが小泉純一郎さんの事務所に 「父親と二人きりで会いたい」 と涙ながらに電話してきた際、 それを知った小泉純一郎さんの姉・信子さんは 「血はつながっているけど、親子関係はない」と冷たく言い放ち、結局会うことはかなわなかったそう。 小泉純一郎さんの姉と佳代子さんとの関係は良くないのは間違いなさそうです。 1982年の離婚から25年以上、 小泉純一郎さん達は、宮本佳代子さん・宮本佳長さんと会うことがなかったといいます。 しかし、2008年、その関係に変化が訪れました。 政界引退で前進 小泉純一郎さんは2008年、政界を引退し同時に次男の小泉進次郎さんを自身の後継者に指名しました。 その際、小泉純一郎さんは進次郎さんに 「家のことは任せた、お前たち3人は兄弟だから仲良くすればいい」と告げたそう。 それを受けて進次郎さんは初めて末弟・佳長さんに連絡。 その後は孝太郎さんも含めて兄弟3人で会う機会も増えたのだそうです。 また、2010年末には小泉家御用達のレストランで小泉純一郎さんも交えた4人での会食の様子が、 2013年には宮本佳長さんの結婚式に小泉純一郎さん・孝太郎さん・進次郎さんがそろって参加する様子が 週刊誌等で報道されていました。 小泉純一郎さんの政界引退を機に、 家族の関係は進展したようですね。 (もはや姉に気を使う必要がなくなったということかもしれません。 ) ちなみに、一番顔が母親に似ているのは小泉孝太郎さん。 宮本佳代子さんの名前をgoogle等で検索すると、 現在の画像や若かりし日の画像が出てきますが、 パッチリとした目と整った顔立ちはよく似ています。 逆に父親に一番似ているのは三男の宮本佳長さん。 名前を検索すると兄弟のスリーショットが出てきますが 目が細いところは確かに似ています。 それぞれ生き別れた親に似ているというのは何とも皮肉な話ですが、 だからそこ、30年間互いのことが心のどこかに残っていたのかもしれませんね。

次の

小泉進次郎の母親(宮本佳代子)は孝太郎の母親違う?母親の秘密は?

小泉道子 離婚

泰道照山の反対を押切り結婚 宮本佳代子さんの祖父である泰道照山さんは、孫の結婚に大反対をしていたそうです。 「出ていくなら、その身体一つでいけ」という、縁を切るまでの厳しい態度だったとも伝わっています。 お見合いの時、宮本佳代子さんは青山学院に在学中、対する小泉純一郎さんは30代ですでに衆議院議員として活動していました。 小泉純一郎さんはお見合い当日に佳代子さんにプロポーズをされたということですから、一目惚れだったのかもしれませんね。 しかし、お二人は結婚から4年後に離婚。 長男・孝太郎さんと次男・進次郎さんの親権は小泉純一郎さんが、三男・佳長さんの親権は宮本佳代子さんが持つこととなりました。 小泉進次郎と小泉孝太郎は母親が違う? 小泉進次郎さんのお兄さんが小泉孝太郎さんであることは有名です。 進次郎さんは孝太郎さんを「おにい」と慕い、仲が良い兄弟としても知られているお二人ですが、ネットでは「母親が違う」という噂があるようです。 結論から言いますと、お二人の母親は宮本佳代子さんなので母親が違うということはありません。 ちなみに、実の母親である佳代子さんが家を出て行ったあとは、孝太郎さんと進次郎さんの親権は小泉純一郎さんが持つこととなりました。 当時小泉純一郎さんは政治家としての活動をしていたので、息子二人の世話は姉の 小泉道子さんが行なっていたそうです。 両親離婚時の年齢は、孝太郎さんは4歳、進次郎さんは1歳でした。 お二人にとっては道子さんが育ての親といったところでしょう。 そのため「母親が違う」というイメージがついたのかもしれませんね。 母親代わりであった小泉道子さんは、2016年8月に84歳でなくなっています。 小泉純一郎さんは弔辞の中でこんなことを語っていました。 小泉純一郎と宮本佳代子の離婚理由 祖父の反対を押し切り結婚をした小泉純一郎さんと宮本佳代子さん。 しかしながら、結婚期間はわずか4年で終わりを迎えることとなりました。 しかも、離婚当時、佳代子さんは第三子を妊娠中。 これは相当強い離婚意志があったことが伺えます。 離婚理由を探ってみると、どうやら 小泉純一郎さんの姉・信子さんとの不仲が原因だったようです。 結婚当時、小泉家の実験は姉の信子さんが握っていたとされていました。 小泉信子さんは小泉純一郎さんの 秘書も務めていました。 小泉純一郎さんは仕事面でも家庭面でもお姉さんに逆らうことはない状態だったのでしょう。 夫の家族と嫁がうまくやっていくのに大事なことは、夫が嫁の味方をしてあげることでもあります。 おそらく、小泉純一郎さんは宮本佳代子さんよりも自分の家族を信頼し、佳代子さんを庇うことなどができなかったのでしょう。 大学在学中に結婚に踏み切った佳代子さんには、政治家一家という特殊な家庭、10歳年上の夫が味方でいてくれない現状は厳しすぎる環境だったことは容易に想像がつきます。 小泉純一郎さんは離婚の際に 「君子、去るものは追わず、来るものは拒まずだな」と発言しています。 小泉進次郎の母親・宮本佳代子の現在 宮本佳代子さんは、離婚から半年後に三井不動産関連会社に入社しました。 宅地見物取引士に一発合格し、女手一つで宮本佳長さんを育て上げました。 現在も同社に勤務し、富裕層ビジネス担当として活躍しています。 現在は出身地である 神奈川県鎌倉市に住んでいるようです。 小泉進次郎の弟・宮本佳長の現在 第三子をお腹に宿したまま離婚を決断した宮本佳代子さん。 離婚の翌年に三男となる佳長さんを出産しています。 出産前に離婚をしているため、孝太郎さんや進次郎さんに取っては顔も知らない弟でした。 宮本佳長さんは、父親が小泉純一郎と知りながらも、父や兄たちに会うことは叶わずに育っていったと言います。 父親に会いたがった佳長さんに対して、純一郎さんは 「血は繋がっているが親子関係はない」と厳しく言い放ったと言われています。 実の息子に対して、冷たすぎる… しかし、その後2008年に小泉純一郎さんが政界を引退したことがきっかけで家族関係に変化が起こり始めました。 純一郎さんは進次郎さんを後継者に指名すると 「家のことは任せた。 お前たちは3人兄弟だから仲良くすればいい。 」と発言。 これを機に進次郎さんが弟である佳長さんへ連絡をとり、兄弟3人での対面が実現しました。 2010年には父親の純一郎さんも交えて4人で食事をしたり、2013年に行われた佳長さんの結婚式には3人が参加したりと現在は良い関係を築くことができているようです。 宮本佳代子さんも、息子が兄たちとの関係を取り戻すことができて、さぞ安心していることでしょう。 小泉進次郎の母親情報まとめ 小泉進次郎さんの母親である、宮本佳代子さんの情報をお届けしました。 大学在学中にお見合い結婚をした宮本佳代子さんでしたが、政治家一家という特殊な家庭や、夫の姉との関係に頭を悩ませていたようです。 その中で夫が自分を庇ってくれず、離婚を決意したものとみられています。 祖父の泰道照山さんが離婚に反対したのは、これを見越していたのかもしれませんね。 つらい離婚を経験しながらも女手一つで佳長さんを育てた宮本佳代子さん。 産まれた頃から父親や兄に会ったことがなかった佳長さんも、小泉純一郎さんの政界引退を機に顔を合わすことができて、ようやく家族の時間を取り戻せているように見えます。 おそらく、宮本佳代子さんも孝太郎さんや進次郎さんとの対面も果たせていることでしょう。

次の