ポケモン 剣 盾 パッチラゴン 育成 論。 【ポケモン剣盾】火力ヤバすぎ!パッチラゴンの育成論まとめ【カセキメラ】

【ポケモン剣盾】火力ヤバすぎ!パッチラゴンの育成論まとめ【カセキメラ】

ポケモン 剣 盾 パッチラゴン 育成 論

パッチラゴン育成論 ポケモン剣盾の化石ポケモン! 今作の化石ポケモンは「キメラ」をテーマに作られており、人間のエゴで合わない上半身と下半身をくっつけられて産まれた可愛そうな生命体です。 パッチラゴン パッチルドン ウオノラゴン ウオチルドン 今回はこの中で「でんき」「ドラゴン」タイプの「パッチラゴン」について書いていきます。 パッチラゴンのタイプ 「でんき」「ドラゴン」 弱点2倍:「じめん」「フェアリー」「ドラゴン」「こおり」 耐性2分の1:「ひこう」「はがね」「ほのお」「くさ」「みず」 耐性4分の1:「でんき」 弱点4つに耐性6つ、「ドラゴン」タイプが入っているので耐性は優秀です。 初登場の「でんき」「ドラゴン」タイプ。 「じめん」タイプがばつぐんで入るドラゴンが登場したのは今作が初めてです。 同じく今作初登場の「ジュラルドン」もそうですね。 パッチラゴンの種族値 種族値 HP 90 攻撃 100 防御 90 特攻 80 特防 70 素早さ 75 合計種族値 505 「ウオノラゴン」と同じく、お世辞にも高いと言える数値ではないです。 「こうげき」数値が高く、技も物理方面が豊富なので物理アタッカーとしての採用になります。 パッチラゴンの強いところ 専用技「でんげきクチバシ」が強い! 「でんげきクチバシ」 でんき技 タイプ一致 威力85 命中100 相手より先に攻撃すると、威力が2倍になる。 ダイマックス中は、技の威力2倍は採用されません。 この「でんげきクチバシ」の威力が、とても強いです。 「でんげきクチバシ」の威力計算 技の威力85ですが。 パッチラゴンの戦い方は、以前紹介したウオノラゴンと同じように、先制の「でんげきクチバシ」で相手を一撃で沈めていくのがオススメの型です。 「パッチラゴン」のとくせい とくせい「はりきり」 全ての技の命中が、0. 8倍になるが技の威力が1. 5倍になる。 基本的に採用されるのは、この「はりきり」型が多い。 命中は下がるが、技の威力が上がる。 ダイマックス中は、技は必中のまま威力上昇のみ、採用されるため、とても強い特性です。 とくせい「ちくでん」 でんき技を受けると、体力を4分の1回復する。 現環境でめちゃくちゃ多いでんきポケモン、草火水ロトムのメインウエポンを全て半減以下に抑えられる為、ロトム対策として採用できます。 パッチラゴンの型 スカーフ「はりきり」型 こだわりスカーフで素早さを1. 5倍にして、上から殴っていく型です。 最速調整しても最速ドラパルトを抜けない為、最速採用ではなく、「インテレオン」抜きまで素早さを調整して、耐久に振っても良いかもしれないですね。 ダイマックスすると、スカーフの効果がなくなってしまいますが、技の打ちかえが出来る様になります。 技構成 「でんげきクチバシ」 「つばめがえし」ダイジェット用 「げきりん」タイプ一致ドラゴン技 「ほのおのキバ」「じしん」などのサブウェポン すばやさをさげていく型 「でんじは」「がんせきふうじ」で素早さを操作をして上から叩いていく型です。 後続ポケモンの起点作りもできるので強い型ですが、「はりきり」で採用した場合、「がんせきふうじ」の命中も0. 8倍になるので少し不安定。 相手の攻撃を一撃耐えるような耐久調整が必要なため、努力値を耐久に振るか、「気合いのタスキ」を持たせるなどする必要がある。 技構成 「でんげきクチバシ」 「がんせきふうじ」 「でんじは」 「げきりん」「じしん」など 他のポケモンにサポートして貰おう。 「ねばねばネット」や「おいかぜ」 「でんじは」「トリックルーム」 などのすばやさ操作技で起点を作ることで「パッチラゴン」が動きやすくなります。 「ツボツボ」 「エルフーン」.

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧まとめ|全ポケモンの育成論を掲載!【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 パッチラゴン 育成 論

はじめに 初投稿です。 よろしくお願いします。 この育成論ではHABCDSなどの略称を使用します。 ダメージ計算などは全て理想個体前提で話させていただきます。 パッチラゴンについて パッチラゴンは剣盾で登場した化石ポケモンでガラル地方ではドラゴン電気の固有タイプです。 ぱっと見はあまり特徴の無い種族値をしていますが、専用技であるでんきくちばしやダイマックスと相性の良いはりきりの特性によってぶっ飛んだ火力を見せてくれる優れたポケモンです。 性格 少しでも火力を上げる いじっぱりを採用しています。 しいて言うなら準速スカーフ を抜けますがメタでスカーフ持たせるなら最速なのかなという判断でどうせ抜けないのでいじっぱり推奨です。 特性 ダイマ前提の育成論でもあるので はりきりで確定です。 努力値振り H:余り A:252 S:252 火力にぶっぱ、でんげきくちばしの効果をなるべく発揮させたいのでSにもぶっぱです。 ダイマックスすればある程度の耐久は補えます。 後は他のポケモンで全力でこいつをサポートしてやってください。 持ち物 いのちのたま推奨です。 玉はが持ってんだよ!っていう方はこだわり鉢巻などの火力アップアイテムなども無しではないですが、基本的には通常時、ダイマ時でも相性の良いいのちのたまが良いかと思います。 技構成 でんげきくちばし ダイジェット用。 素で撃つことはほぼ無いが、必中なので何かしら殴れば勝ちという時にも使えるかも。 わざわざ命中不安のついばむにする理由も特にない。 基本的にはこの4つがメインですが、他にも候補だけ載せておきます。 じしん がんせきふうじ アイアンテール なお、はりきり採用なので特殊技の採用は無いです。 相性の良い味方 アーマーガア タイプ補完が完璧です。 苦手な地面タイプを透かせて、パッチラゴンより速いドラゴンやフェアリーを全部受けてくれます。 とんぼがえりがあるとサイクルで有利に立ち回れます。 壁張りオーロンゲ 壁張ってからのダイマックスでパッチラゴンが止まらなくなる。 でんじは持ちナットレイ 隙見てパッチラゴンより速いポケモンにでんじはを撒ければパッチラゴンでの全抜きが見える。 その他においかぜ、でんじは、ねばねばネットなどのS操作ができるポケモンや壁を張れるポケモンにサポートしてもらいましょう。 運用方法 壁張りやS操作ポケモンを投げます。 おすすめは脱出ボタンオーロンゲ。 それからパッチラゴンに繋いで相手を轢き殺します。 相手のパーティを見てパッチラゴンでは相手しにくいポケモン、特に地面タイプが居るかどうかを確認し、電気の通りやすさを見ておくと良いです。 通りやすい相手ならばでんきくちばし撃ってダイマしてれば勝てます。 並みの耐久ではパッチラゴンの攻撃を受けることはできません。 有利対面したらしっかり相手の交代先に負担をかけるようにしましょう。 後続が出てきて不利になってもアーマーガア後出しで何とでもなります。 現環境でパッチラゴンで相手するのが厳しいポケモンはとにかくです。 有利対面で相手にドリュウズが居る場合は必ず投げてくるのでほのおのキバを撃つなどの読みが必要です。 対面してしまった場合は素直に裏のアーマーガアに引きましょう。 ドリルは避けてください。 終わりに パッチラゴンは使ってみると本当に見れる範囲が広く、抜き性能の高いポケモンです。 特にほのおのキバ ダイバーン の役割破壊性能がすごく高く、こいつで3タテできる試合が3試合に1回ぐらいあります。 でんきくちばしを2、3回連続で外される時もありますが、それでもこいつの火力に惚れる人も多いかと思います。 ぜひみなさんも使ってみてはどうでしょうか。 つたない文章でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。 ダイマックス相手に体重技(ヘビボン、ヒートスタンプ、くさむすび等)は無効です。 けたぐりも例外なく無効なのでそれは机上論にしかなりません。 申し訳ないです。 基本的にロトム、アーマーガア、ドヒドイデ、リザードン辺りに強い印象です。 ダイマックスすればタスキドリュ、トゲキッス、ニンフィアなどにも勝てるほど対面性能が高く使いやすいです。 反対に重いポケモンは蓄えるヌオー、カバルドン、ヒヒダルマ辺りに弱いのでここら辺の対策が裏のポケモンに必要に感じました.

次の

パッチラゴン育成論 : 【ダイマエース】パッチラゴン基本型|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 パッチラゴン 育成 論

はじめに 初投稿です。 よろしくお願いします。 この育成論ではHABCDSなどの略称を使用します。 ダメージ計算などは全て理想個体前提で話させていただきます。 パッチラゴンについて パッチラゴンは剣盾で登場した化石ポケモンでガラル地方ではドラゴン電気の固有タイプです。 ぱっと見はあまり特徴の無い種族値をしていますが、専用技であるでんきくちばしやダイマックスと相性の良いはりきりの特性によってぶっ飛んだ火力を見せてくれる優れたポケモンです。 性格 少しでも火力を上げる いじっぱりを採用しています。 しいて言うなら準速スカーフ を抜けますがメタでスカーフ持たせるなら最速なのかなという判断でどうせ抜けないのでいじっぱり推奨です。 特性 ダイマ前提の育成論でもあるので はりきりで確定です。 努力値振り H:余り A:252 S:252 火力にぶっぱ、でんげきくちばしの効果をなるべく発揮させたいのでSにもぶっぱです。 ダイマックスすればある程度の耐久は補えます。 後は他のポケモンで全力でこいつをサポートしてやってください。 持ち物 いのちのたま推奨です。 玉はが持ってんだよ!っていう方はこだわり鉢巻などの火力アップアイテムなども無しではないですが、基本的には通常時、ダイマ時でも相性の良いいのちのたまが良いかと思います。 技構成 でんげきくちばし ダイジェット用。 素で撃つことはほぼ無いが、必中なので何かしら殴れば勝ちという時にも使えるかも。 わざわざ命中不安のついばむにする理由も特にない。 基本的にはこの4つがメインですが、他にも候補だけ載せておきます。 じしん がんせきふうじ アイアンテール なお、はりきり採用なので特殊技の採用は無いです。 相性の良い味方 アーマーガア タイプ補完が完璧です。 苦手な地面タイプを透かせて、パッチラゴンより速いドラゴンやフェアリーを全部受けてくれます。 とんぼがえりがあるとサイクルで有利に立ち回れます。 壁張りオーロンゲ 壁張ってからのダイマックスでパッチラゴンが止まらなくなる。 でんじは持ちナットレイ 隙見てパッチラゴンより速いポケモンにでんじはを撒ければパッチラゴンでの全抜きが見える。 その他においかぜ、でんじは、ねばねばネットなどのS操作ができるポケモンや壁を張れるポケモンにサポートしてもらいましょう。 運用方法 壁張りやS操作ポケモンを投げます。 おすすめは脱出ボタンオーロンゲ。 それからパッチラゴンに繋いで相手を轢き殺します。 相手のパーティを見てパッチラゴンでは相手しにくいポケモン、特に地面タイプが居るかどうかを確認し、電気の通りやすさを見ておくと良いです。 通りやすい相手ならばでんきくちばし撃ってダイマしてれば勝てます。 並みの耐久ではパッチラゴンの攻撃を受けることはできません。 有利対面したらしっかり相手の交代先に負担をかけるようにしましょう。 後続が出てきて不利になってもアーマーガア後出しで何とでもなります。 現環境でパッチラゴンで相手するのが厳しいポケモンはとにかくです。 有利対面で相手にドリュウズが居る場合は必ず投げてくるのでほのおのキバを撃つなどの読みが必要です。 対面してしまった場合は素直に裏のアーマーガアに引きましょう。 ドリルは避けてください。 終わりに パッチラゴンは使ってみると本当に見れる範囲が広く、抜き性能の高いポケモンです。 特にほのおのキバ ダイバーン の役割破壊性能がすごく高く、こいつで3タテできる試合が3試合に1回ぐらいあります。 でんきくちばしを2、3回連続で外される時もありますが、それでもこいつの火力に惚れる人も多いかと思います。 ぜひみなさんも使ってみてはどうでしょうか。 つたない文章でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。 ダイマックス相手に体重技(ヘビボン、ヒートスタンプ、くさむすび等)は無効です。 けたぐりも例外なく無効なのでそれは机上論にしかなりません。 申し訳ないです。 基本的にロトム、アーマーガア、ドヒドイデ、リザードン辺りに強い印象です。 ダイマックスすればタスキドリュ、トゲキッス、ニンフィアなどにも勝てるほど対面性能が高く使いやすいです。 反対に重いポケモンは蓄えるヌオー、カバルドン、ヒヒダルマ辺りに弱いのでここら辺の対策が裏のポケモンに必要に感じました.

次の