代謝 を あげる 食べ物。 ダイエット中にこそ食べるべき「基礎代謝を上げる朝食」の選び方|Reborn Beautifully

新陳代謝|肌にも影響!新陳代謝をあげるための食べ物や方法まとめ

代謝 を あげる 食べ物

目次で拾い読みしますか?• 痩せられない原因は代謝?ダイエットの悩みは基礎代謝を上げると解消できる! ダイエット中によくある悩みが、中々思うように痩せることができないという事です。 一生懸命頑張って運動し、食事にも気をつけているのに全然痩せない。 そうやって上手く成果がでないので、途中で諦めてダイエットをやめてしまう。 この悩みを抱えているひとは実は多くいます。 体重が中々落ちなくて痩せられない。 この悩みを解決するひとつの方法が、 基礎代謝をあげるというものです。 意外と知らない「基礎代謝」とは ダイエット情報では基礎知識のように、この 「基礎代謝」という言葉が使われています。 では、この基礎代謝というのは、実際にはどのようなものなのでしょうか。 「基礎代謝」という言葉が指すものを、正しく覚えるようにしましょう。 基礎代謝とは、一言で言ってしまうと、 「特に動かなくても消費するエネルギーの量 」の事を指します。 人間は生きていく上で、呼吸をした、内臓を動かしたり、体温を調節したりと無意識に色んな活動をしています。 その活動では身体を動かす事になるので、当然ながらいくらかのエネルギーを消費します。 こういった意識しなくても消費されるエネルギー量が、いわゆる 「基礎代謝量」というものです。 この基礎代謝を上げることで、わざわざ運動などをしなくても、勝手に脂肪燃焼する量が多くなるのです。 筋肉が最重要じゃない!? 基礎代謝の内訳 では、この基礎代謝というのは、具体的には、身体のどの部位で行われているのでしょうか。 それを詳しく知るために、 基礎代謝の体ごとの内訳をまとめてみました。 一般的なイメージでは、筋肉の量=基礎代謝という印象がありますが、これは実は間違いなのですね。 基礎代謝の内訳から言うと、肝臓がダントツで次いで脳と筋肉という割合でした。 この基礎代謝の内訳を見ることで、基礎代謝を効率的に上げるためのポイントが、いくつか見えてくるというわけです。 Sponsored Link 肝臓がカギに!基礎代謝を上げる方法とポイント よくダイエット雑誌などで言われる 「基礎代謝を上げるためには筋肉をつけろ!」という決まり文句があります。 ですが上記の基礎代謝の内訳を見ると、正しくはあるけども、効率的ではないというのが分かるでしょう。 基礎代謝の およそ27%は肝臓が占めており、筋肉の基礎代謝は、18%と大きく目減りします。 ですので基礎代謝を上げるためには、まず最初に 肝臓に対してアプローチする必要があるのです。 肝臓での基礎代謝アップはあまりダイエット誌などでは触れられていないので、情報も不足していることでしょう。 そこで効率的に基礎代謝を上げるために、実践しておきたい肝臓へのアプローチポイントを4つまとめてみました。 内蔵を活性化させる食べ方で基礎代謝を上げる 基礎代謝の多くは、肝臓を始めとする内蔵に大部分を占められています。 それらの内蔵というのは、食事をきちんと食べることで活性化させられます。 内蔵を活性化させて、 基礎代謝を上げる食事の食べ方は、以下のとおりです。 たんぱく質をたくさん摂る• 1日3食を心がける• 野菜や海藻をしっかり摂る• 毎日、果物1個と牛乳1杯を心がける• アルコールを飲み過ぎない• ジュースやお菓子を食べ過ぎない 特にアルコールの飲み過ぎは、肝臓に対して大きな負担をかけてしまいます。 普段からお酒を飲む習慣がある人は、基礎代謝を上げるためにも、少し抑えるようにしましょう。 お酒自体のカロリーも馬鹿にできないので、一石二鳥でダイエット効果が期待できますよ。 サプリメントで肝臓を強化 しっかりと食事を食べて、栄養を摂取することは大切です。 ですが食事だけでは、どうしても十分な栄養を摂ることは難しいでしょう。 忙しさのために、食事をするのが難しいという状況も出てくるでしょう。 そういった際でも栄養を摂れるように、 サプリメントを活用することをオススメします。 特に以下の様な栄養は、肝臓の手助けをしてくれるので、これらのサプリメントを中心に飲むと良いでしょう。 マルチビタミン ビタミン類は、代謝やエネルギーの蓄積・解毒に消化吸収を助けたりなど、様々な内臓の働きを助ける効果があります。 ひとくちにビタミンと言っても、その種類はかなり多く、食事だけで摂るのは一苦労でしょう。 ですので マルチビタミンのサプリメントを活用して栄養を補うと、基礎代謝を上げる手助けになります。 オルニチン オルニチンは、アミノ酸の一種です。 期待できる効果としては、疲労回復や解毒作用など、肝臓の力になってくれる働きをします。 ダイエット中は疲労も溜まりやすくなるので、基礎代謝を上げるのと相乗効果を期待して、オルニチンはできるだけ飲んでおきたいところ。 亜鉛 亜鉛には様々な効果が期待できますが、基礎代謝を上げるという点で着目すると、 アルコールの分解に関係すると言えます。 亜鉛はお酒を飲んだ後に、アルコールを分解するために大量に必要とされます。 そのため体内の亜鉛が不足してしまうと、肝臓に大きな負担をかけてしまうことになるのです。 お酒をどうしても飲まなければいけない時には、飲酒後に亜鉛のサプリメントを飲んで、身体の中に亜鉛を補給しましょう。 タウリン タウリンはアミノ酸に似た物質で、心臓や肝臓・脳に肺など、重要な臓器に多く含まれています。 生きていく上で非常に重要な成分と言われているため、内蔵を活性化させるためにも、ぜひとも積極的に補給していきたい成分のひとつです。 クルクミン クルクミンとはウコンに含まれる事で、有名な黄色い色の成分です。 その効果としては肝臓の働きを助けたり、胆汁を出やすくしてくれるなど、特に 肝臓の助けになる働きが多いです。 そのため、肝臓強化から基礎代謝を上げるには、しっかりと摂りたい栄養のひとつです。 血行促進を目的とした運動を 基礎代謝を上げるためには、筋肉量を増やす必要があると考えられてきました。 そのため運動はハードなものが必要で、筋肉がつきやすい事をしなければいけませんでした。 ですが肝臓を強化するという基礎代謝を上げる方法であれば、その限りではありません。 肝臓の働きを強化するには、 血行が良くなる程度の運動量で十分なのです。 体内の栄養や酸素は、血液に乗ってそれぞれの内蔵に運ばれていきます。 ですので 軽い有酸素運動などを取り入れて、血行を促進するようにすれば、肝臓の働きも向上するというわけです。 過度なダイエットをしない ダイエットのために基礎代謝を上げるわけですが、逆に基礎代謝を上げるためには、 過度なダイエットは禁物です。 特に即効性が期待できるダイエットとして、注目を集めている炭水化物ダイエット。 あのやり方で炭水化物を極端に摂らないようにすると、 肝機能が低下する原因になる可能性があります。 また糖質の制限のし過ぎは、 脂肪肝の原因になることもあります。 基礎代謝を上げながら、ダイエットをするためには、程々のダイエットに抑えておくのがベストです。 摂取カロリーや炭水化物などを極端に制限するのではなく、ほどほどのラインに収まるようにしてみましょう。 肝臓以外も大切!あらゆる方法で基礎代謝をあげよう 冒頭でも紹介しましたが、確かに基礎代謝の大半は肝臓によって賄われています。 とはいえ、基礎代謝を上げるために肝臓だけにこだわるのは勿体ないですよ。 肝臓以外の内蔵や筋肉も無視できない量の基礎代謝を賄っていますし、これらの基礎代謝も活用することができれば、肝臓だけのときと比べて最大で3倍もの効果を得ることも可能です。 そこで、あらゆる基礎代謝を上げる方法を以下で紹介していきます。 この中で自分にもできそうなものを、取捨選択して取り入れてみてください。 できるものだけでも、やった分だけ基礎代謝を上げられるので、より痩せやすい体質に近づけることができますよ。 漢方薬で基礎代謝をあげる 栄養という面で考えた際、効果の高さから注目したいのが 漢方薬の存在です。 歴史が古く、あらゆる効果を持つ漢方薬には、 代謝をあげる効果を持つものもあります。 その中でも、特に代謝をあげる効果が高いのが 防風通聖散という漢方薬です。 防風通聖散は昔から肥満症の治療に用いられてきており、歴史的にダイエットに効果のある漢方薬として有名です。 どんな漢方薬かというと、18種類の生薬を配合し 代謝をあげる・便通を良くする・胃熱を冷ますなど 総合的に痩せる効果を発揮してくれます。 特に代謝をあげて痩せる効果に特化しており、皮下脂肪の除去にも効果が見込めます。 その他にも脂肪に対して総合的にアプローチしてくれて、具体的には以下の3つの効果で脂肪を減らす手伝いをしてくれます。 脂肪の合成を抑制• 脂肪の分解を促進• 脂肪の燃焼を促進 食べ物から栄養を摂るのとは違い、毎回決まった漢方を飲むだけなので、手間もかからず便利な方法ですね。 防風通聖散の中でも、 生漢煎 防風通聖散は飲みやすさを最大にまで重視しており、漢方独特のニオイや苦味を感じることなく飲む事ができます。 漢方薬という事で 医薬品の扱いですので、サプリよりも効果が高く、安全基準も高いのでより安心してダイエットに使う事ができます。 漢方薬を活用して楽に代謝をあげるのであれば、生漢煎 防風通聖散をぜひ活用してみてください。 代謝を上げる栄養素を摂る 普段、食べ物を通して摂取している栄養の中には、カプサイシンのような 基礎代謝をあげる効果を持つものもいくつかあります。 こういった栄養を食べ物やサプリから摂取することで、今以上に代謝をあげることができるのです。 もちろん代謝をあげる成分が入っているからといって、 カロリーが高すぎる料理を食べては意味がありません。 料理自体のカロリーも少なく、かつ代謝をあげる成分を多く含む食材を使った食べ物を食べるようにしましょう。 代謝を上げる栄養素を含む食べ物 代謝をあげる成分にはどんなものがあるのでしょうか。 まずこれを知らないと、栄養素を摂るうえでも話しになりません。 下記に例を挙げておきますので、名前をなんとなくでも覚えておいてください。 カプサイシン• ショウガオール• 硫化アリル• ビタミンE これらは唐辛子やショウガ、ニラにネギ、かぼちゃなどに含まれています。 どれも汁物や鍋物に相性の良い食材ですので、身体を温めるのも兼ねて、これらを入れた料理を作ってみると良いでしょう。 ストレッチで身体を柔らかくする 身体が固いということは、それだけ全身の筋肉が凝り固まっているということです。 そうすると何が問題かというと、血液やリンパ液がうまく流れてくれなくなります。 血液やリンパ液は身体の代謝を助けているので、これが上手く流れないと太りやすくなる一方です。 身体が固い自覚がある方は、 柔らかくすることで基礎代謝をあげることができますよ。 筋肉をやわらかくしてあげることで、血液を体中に巡らせるためのポンプのような働きをしてくれます。 ここで身体を柔らかくすると、基礎代謝があがるだけでなく 手足の先の冷え性も解消できるかもしれませんよ。 Sponsored Link 身体を柔らかくする方法 当然ですが、身体を柔らかくしたいのであれば ストレッチが一番です。 毎日欠かさずにストレッチをすることで、徐々にではありますがじわじわと身体が柔らかくなります。 特にオススメしたいのが、お風呂あがりのストレッチですね。 普通の時にストレッチをするよりも、より身体を柔らかくする効果が期待できます。 その他にも、運動前や後にストレッチをすることでケガの予防ができたり、運動本番の前に身体を慣らすことで、いきなり脂肪が燃えやすい状態でスタートできますよ。 肺活量を増やす あまり知られていませんが、 肺活量を増やすことで基礎代謝をあげることができます。 肺活量をアップさせると、同時に心肺機能も強化されることになります。 すると心臓などから血液や酸素がしっかりと送り出されて、 体中が活性化されて基礎代謝があがるのです。 基礎代謝をあげようとすると体温や筋肉に目が行きがちですが、この呼吸も基礎代謝をあげるためには非常に大切な要素のひとつです。 肺活量を増やせるように、努力してみてください。 肺活量を増やす方法 肺活量を増やす方法ですが、これも 運動が有効です。 とくに有酸素運動を重点的にやることで、心肺機能が強化されるので、有酸素運動の脂肪燃焼効果と相まってダイエットに効くのです。 また有酸素運動以外にも、 腹筋を鍛えることで横隔膜も強くなるので、これも肺活量を強くすることにも繋がりますよ。 あとは一部のひとにしか関係ないかもしれませんが、タバコを吸っているのなら止めましょう。 タバコは肺活量を大きく損ねてしまうので、基礎代謝を大きくするうえでは邪魔になります。 もちろん健康にもお財布にも優しくないので、この機会に禁煙することをオススメしますよ。 褐色脂肪細胞を活性化させる 背中の肩甲骨辺りに集中して存在する 褐色脂肪細胞は、基礎代謝に大きな影響をもたらします。 この褐色脂肪細胞を刺激して活性化させることで、今まで以上の基礎代謝を得る事ができるのです。 あまり聞いたことがない細胞なので馴染みがないかもしれませんが、エステ業界やトレーナー業界などでは有名な話です。 特に普段、肩周りをあまり動かさずに凝りやすい人は、褐色脂肪細胞が眠っているので刺激しちゃいましょう。 褐色脂肪細胞を活性化させる方法 褐色脂肪細胞を活性化させるためには、 肩甲骨まわりを積極的に動かして刺激するのが一番です。 普段あまり動かさない部位なので細胞も眠っていたりしますが、これは筋肉を動かすことで、褐色脂肪細胞を刺激して働かせることができるのです。 具体的な褐色脂肪細胞の刺激の仕方については、がありますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。 腸の働きを活発化させる 特に女性は便秘気味の方も多いはずですが、 腸の働きを活性化させることで基礎代謝をあげることができますよ。 便秘などの時には腸を含めた内臓がしっかりと働いておらず、必要な栄養を吸収しなくなっていたり、逆に吸収し過ぎたりすることがあります。 その結果、内蔵脂肪を増やしてしまったり、血液がドロドロになったりと、ダイエットにとっても良くない事が多く出てくるのですね。 こういった事態を起こさないためにも、腸の働きを活性化させて、 健康で正常な腸を取り戻す必要があります。 腸の働きを活発化させる方法 腸を活発化させるためには、整腸作用がある食べ物を食べることがオススメです。 特に ヨーグルトのような栄養素が豊富で、かつ太りづらい整腸作用を持つ食べ物は、ダイエットをする上ではうってつけの食品と言えるでしょう。 また、食べ物に頼るだけでなく マッサージによって腸を活性化させることもできます。 この効果を活用したのが と呼ばれる方法ですので、こちらの記事を読んで実践してみてください。 体温を上げる 基礎代謝をあげることを考えるのであれば、まずは 体温をあげることから考えると良いでしょう。 体温をあげれば血液やリンパが流れやすくなり、ホルモンなどの動きも活発化していきます。 こうして体内の活動を活発化してあげることで 基礎代謝が高まるようになるのです。 逆に体温が低くなってしまうと、身体の中でカロリーがうまく消費されずに内臓脂肪が溜まってしまいます。 実際に研究をした結果、同じような体型の同い年の人の基礎代謝を比較してみたところ、体温が1度高くなると基礎代謝が13%高くなっていたというデータがあります。 ダイエットをする上で、体温が高いに越したことはないわけですね。 体温をあげる方法 それでは基礎代謝をあげるために、体温を上げるにはどうしたら良いでしょうか。 ポイントとしては2つあります。 筋肉量を増やすか、 血行を良くするかです。 実は筋肉はあればあるほど体温が高くなります。 それが筋肉がある方が基礎代謝が高くなるという理由のひとつでもありますからね。 ですので、トレーニングやエクササイズで筋肉を増やすというのがひとつの方法ですね。 また血行を良くすることで、内蔵をしっかりと働かせられるので代謝をあげることに繋がるのです。 こちらの改善をしたい場合は、ショウガなどの身体を温める食べ物を食べたり、半身浴などで身体を芯から温めるという方法が有効ですね。 ホットヨガで体温をあげる ちなみに、最も効率よく体温を高めて身体を温かい状態に保ち続けるなら ホットヨガがおすすめです。 岩盤浴の中で身体を動かすような感じですので、 筋力を増やす、血行を良くするという2つを同時に促進できます。 これによって、基礎代謝が一気にあげる事ができるので、ダイエットを考えるならぜひ一度ホットヨガを試してみてください。 とはいえ、ホットヨガを始めるにあたって一番ネックになるのが、 ホットヨガ教室が見つからない、という点でしょう。 その点も、 国内最大規模のLAVAなら心配ありません。 全国展開していますので、きっとお住まいの近くにもLAVAの教室が見つかるはず。 今なら体験レッスンが926円で受けられ、 入会手数料も無料になるというキャンペーンが行われています。 ぜひこの機会にホットヨガを始めて、代謝をしっかりとあげてみてください。 基礎代謝を上げるのは難しくない ここまででご紹介してきた内容を踏まえると、基礎代謝を上げる事は、以前考えられてきた事よりも簡単なはずです。 無理に筋肉量を増やす必要はありませんし、キツい炭水化物ダイエットなどをする必要もありません。 肝臓の機能を高める事を中心に、 内蔵を健康的にする取り組みをしていけば、基礎代謝を上げることは可能なのです。 もちろん肝臓の機能を高めた上で、さらに筋トレなどをして筋肉量を増やせば、その分 より基礎代謝を上げることはできます。 ですがその前に、今の生活習慣などを見直して、内蔵面から、基礎代謝を上げるようにしたほうが、より楽でより早く痩せる事ができるはずですよ。 まとめ 基礎代謝を高めるための7つの方法は参考になりましたでしょうか。 こうして知ってみると、基礎代謝をあげるのに必要なことはどれも難しくはありません。 意外と手軽にできることが多いので、ぜひとも実践してみてください。 一度に全てを実践するのは難しいと思いますので、1つ2つから始めてみると良いでしょう。 お勧めは、 漢方薬の摂取からです。 毎日、漢方薬を飲むだけと非常に簡単ながら、その効果は高く 皮下脂肪にまで効果が見込めます。 必要な栄養を摂るために今日はどの食材を食べよう、など考える必要が無いのも嬉しいところ。 代謝を上げるのに効果の高い漢方薬、防風通聖散を飲むことでスッキリした身体を手に入れられるでしょう。 漢方薬というとハードルが高く感じるかもしれませんが、 新開発のEGタイトピュアであれば味やニオイを気にせずに手軽に飲むことができますよ。 しかもいまなら 980円でお試しすることが可能です! 代謝アップと皮下脂肪の除去。 この2つの効果を活用してぜひ、理想の身体を手に入れてください。 基礎代謝さえあげることができれば、 運動などをお休みしていてもある程度は痩せる事ができます。 運動をした時にもダイエットの効果が向上しますので、基礎代謝をあげて損はないですよ。

次の

代謝を上げる食べ物飲み物をご紹介!代謝を上げる方法はある?代謝を上げる野菜やフルーツ、代謝を上げる食べ物レシピも

代謝 を あげる 食べ物

体の代謝を上げるには筋トレなどの運動で、というのがいわば、常識。 でも、じつは食べ物でだってしっかり代謝を上げることはできるんです。 代謝アップ食材を用いたレシピを中心に、運動前におすすめの代謝を促す飲み物やサプリメントも合わせて紹介。 また、日常生活の中で無理なく代謝を上げる、ちょっとしたコツも。 代謝を上げて、年齢に関係なく、太りにくい&やせやすい体を手に入れて! 【目次】 ・ ・ ケッパーやカレーのスパイスなど代謝を上げる食べ物 サラダだけではやせない。 そのためには体を温める必要があります。 食事をすることで消費するエネルギーにも、体を温める作用がありますが、食べ物によって体温の上がり方が違います。 そして、野菜はなかなか体温が上がりづらい食べ物のひとつなのです。 逆に、もっとも体温が上がるのがタンパク質です。 またタンパク質にはビタミンB群や鉄、亜鉛など、ビタミンやミネラルが多く含まれています。 これらは代謝を高めるほか、筋肉や酵素を作る働きにも関与していますので、ダイエット中も積極的に摂取した方が良い食材です」(浅野先生・以下「」内同) 【ダイエット中に食べたいタンパク質の食材は?】 「卵や豆腐などは、脂質も少なく、ダイエット中におすすめのタンパク質です。 野菜を食べる場合には肉、魚、卵、大豆製品などのタンパク質と合わせて食べるとよいでしょう。 サラダに市販のハンバーグやゆで卵、豆腐をトッピングするだけでも大丈夫です。 また、赤みの肉、レバー、魚の血合いの部分などには不足しがちな鉄分も豊富にふくまれるので、積極的に取り入れてください」 【ダイエット中のサラダの野菜の選び方は?】 「野菜は、ほとんどが水分です。 生の野菜ばかりでは、この水分で体を冷やしてしまいます。 できれば、温野菜にすると良いでしょう。 また、葉野菜だけでなく、カラフルな野菜を加えることもポイントです。 ボリュームもアップして食事の満足度も上がります。 栄養バランスも良くなるので一石二鳥ですね。 ぜひ参考にしてみて下さいね。 ダイエッターおすすめ!体ぽかぽか代謝アップフード 教えてくれたのは・・・料理研究家・編集者 柳澤英子さん 【 ホットサワー】肉料理との相性は最高! 「カプサイシンの温め効果や脂肪燃焼効果のある唐辛子を瓶に入れ、黒酢を注いでつけたもの。 辛みが出る1週間目からが食べ頃。 辛みが続く間(3〜6か月程)は黒酢をつぎ足して使います。 料理を薄味にして、かけて食べれば減塩にも」 【 にらソース】万能トッピングを作り置き! 「血行を良くし、体を芯から温めるツートップ、にらとしょうがを切って和えるだけ。 肉料理や豆腐にのっけて食べます。 あえて味つけはせず、料理に合わせてしょうゆやポン酢をかける方が使いやすい!」 【 ケッパー】塩漬けケッバーで冷え予防 「イタリアで買ったシチリア産の塩漬けケッパー。 脂肪燃焼を促進するカプリン酸などを含むのでダイエット効果も期待できます。 枝つきのケッパーベリーは肉料理やサラダに添えたり、つぼみの塩漬けはトマトと合わせてソースにするとうまみが出ておいしい!」 カレーのスパイスは代謝を上げる 教えてくれたのは・・・スパイスライフアドバイザー 大平美弥さん 【ホントにすごいキレイに効くスパイス】 1.オールスパイス <肉、魚、シチュー、洋菓子、なんにでも合う万能スパイス> 食欲増進効果があり、また神経痛緩和にいいともいわれている。 シナモン、クローブ、ナツメグを混ぜ合わせたような香り。 いろいろな料理に合う応用範囲の広いスパイス。 お菓子にもよく使われる。 2.ブラックペッパー <どんな料理にも合う辛みのある香りと味> 香りも味もピリリと刺激的で、ひけばひく程香りが出てくる。 完成している料理への辛みづけや、変化を楽しむことができる。 意外な所では、豆腐やバニラアイスにも合う。 健胃効果があり消化を助けてくれる。 3.レッドペッパー <食欲の落ちる夏場にピッタリ。 刺激的な辛みのもと> 唐辛子の種が原料。 七味唐辛子などにも含まれて、日本でも昔から使われる。 胃腸を整え、食欲を増進させる効果がある。 また代謝アップ効果も高い。 チョコレートなどとの相性も良い。 4.カルダモン <香りの王様と称される程の爽やかな香りが魅力!> 芳香性健胃効果があり、消化を助けてくれる。 また口内の清涼剤にもなる。 味も爽快でソーセージやハンバーグなどの肉料理に使われるほか、フレンチなどで柑橘類と組み合わせてソースに合わせる。 5.コリアンダー <味に深みをプラス! 爽やかな香りが特徴> 健胃、去きょ痰たん、解毒の効果があり、血栓予防などにもなるといわれている。 レモンを連想させる爽快な香りが特徴。 特に肉料理との相性が良く、お肉を焼く前に下味としてつけるとコクがアップする。 6.ターメリック <美肌にも効果大! 毎日とりたい最強スパイス> 抗酸化作用が高く、医療分野でもさまざまな効果データが検証されている、健康効果がたくさんあるスパイス。 含まれるクルクミンは美肌にも効果大! 味はほとんどなく、土っぽい香りが特徴的。 着色にもよく使われる。 7.シナモン <毛細血管を刺激して、シミ、シワ、たるみに効果あり> 腹痛や下痢を和らげ、発汗、解熱作用があるといわれている。 また血液循環に効果があり、冷え症やむくみなどの防止にも。 8.クミン <カレーのあの香りのもと! カレーのコク感をアップさせるほか、しょうゆ味との相性も良く、金平ごぼうなどに加えてもおいしい。 【インドに美人が多いのは、スパイスの美容効果が高いから】 「世界的に美人が多いとされているインド。 そのキレイの秘密はスパイスのおかげだといわれています。 まずインドの女性は髪がキレイ。 洗髪の回数はそれ程多くないのになぜ美髪かというと、昔から、スパイスで煎じたお湯で頭皮をキレイにして、髪に潤いをもたせる習慣があるからなんです。 またスパイスはどれも胃腸に良い効果があるので、インドの女性は内臓がキレイ。 それが美肌につながるのです」。 「日本は国土が狭いこともあって、あまりスパイスの文化が進まなかったといわれていますが、近年食生活の変化もあって、スパイスの役割は大きくなってきています。 スパイスを活用することによって、塩分や砂糖を減らすことができダイエットにつながるし、ターメリックやペッパー類などは代謝を上げる効果が高い。 また抗酸化作用、抗炎症作用もあるから、これからの季節は日焼けや夏バテの予防にも。 特にカレーにはさまざまなスパイスがブレンドされているのでさらに相乗効果が期待でき、冷え症や末梢循環に効果があったり、食欲増進、整腸作用、発汗作用など、いいことだらけ。 さらに香りにはストレス抑制、モチベーションの維持効果も認められているので、現代女性にはまさにピッタリなのです。 夏こそカレーでもっとキレイになりましょう」。 香辛料を使ったスープなど代謝を上げる食材を使ったレシピ 香味野菜や香辛料入りスープ 【体温&代謝アップスープ】 体温が上がると基礎代謝も上がってやせやすい体に。 長ねぎやしょうが、ガラムマサラといった香辛料は体を温めます。 カボチャに含まれるビタミンEも代謝をUP。 (2)にんにくはみじん切り、しょうがはすり下ろす。 (3)鍋にオリーブオイルを入れて熱し、にんにくとしょうが、小口切りにした長ねぎを炒めてしんなりしたら、カボチャを加えて約3分炒める。 (4)ガラムマサラ、ターメリック、塩麹を加えてさらに炒める。 (5)豆乳50ccを加えて温めたら、ミキサーでなめらかにする。 (6)(5)を鍋にもどし、一口大に切った鶏肉と残りの豆乳を加え、鶏肉に火が通るまで煮込む。 夏におすすめ!代謝を上げる麺レシピ3種 【たんぱく質などで夏の代謝低下を阻止!】 夏は1年で最も代謝が下がる季節。 春雨をベースに、低脂肪のたんぱく源である白身魚とエビをミックス。 クエン酸を含むグレープフルーツやすだち、唐辛子を含むタバスコで味つけして代謝をアップ。 5㎝角に切り、塩をして5分程おく。 紫玉ねぎは繊維に沿って薄切りにし、流水でさっと洗う。 おかひじきは沸騰した湯でゆで、三ッ葉と共に4~5㎝長さに切る。 グレープフルーツは表皮と薄皮をむいて身を取り出す。 (2)春雨は沸騰した湯で3分程ゆで、流水で洗い水気をしっかりきる。 (3)ボウルに合わせたたれ、ゆでエビ、(1)、(2)を入れて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。 器に盛り、好みですだちを添える。 低脂肪で、冷してもかたくなりにくい鶏肉でたんぱく質も補えます。 鶏肉はそぎ切りにする。 なすは皮をストライプ状にむいて輪切り、とうもろこしは芯ごと4つ割にする。 つるむらさきはゆでて4~5㎝長さに切る。 ミニトマトは半分に切る。 (2)フッ素樹脂加工のフライパンにオリーブオイルを引いて中火にかけ、しょうが、グリーンカレーペーストを入れて炒める。 香りが立ってきたら弱火にし、ココナッツミルクを大さじ1ずつ加え、グリーンカレーペーストをのばす。 これを3回(大さじ3杯分まで)繰り返す。 (3)(2)の表面に油が浮いてきたら、鶏肉を加えて炒める。 鶏肉の色が変わったら、なす、とうもろこし、ココナッツミルク、水、ナンプラー、砂糖を加え、なすがやわらかくなるまで煮て、冷蔵庫で冷やしておく。 (4)冷凍うどんは沸騰した湯で1分程ゆで、氷水にとって締め水気をよくきる。 器に盛り、香菜、レモンを添える。 (5)別の器に(3)を盛り、つるむらさき、ミニトマトを加える。 たんぱく質と共に脂肪の燃焼を促すカルニチンもとれ、低脂肪の赤身の牛肉を使用。 シナモンパウダーや鷹の爪、にんにくと代謝を上げるスパイスも使い、ライムでクエン酸もプラス。 (2)フライパンを火にかけ、牛肉の色が変わって汁気がとぶまでしっかり炒める。 (3)なますの材料を合わせ、にんじんがしんなりするまでもむ。 (4)たれの材料を合わせる。 (5)フォーは沸騰した湯でゆで、 氷水で締めて水気をよくきる。 (6)器にサニーレタスを敷いてフォーを盛り、(2)、(3)、ピーマン、ミント、ピーナッツをのせ、たれを回しかける。 「サーフ&ターフ」食とは? 【食べてやせるの最新キーワードはサーフ&ターフ】 魚介(海のもの)と肉(陸のもの)をひと皿に盛り合わせた「サーフ&ターフ」は、代謝を上げるために必要なたんぱく質がしっかりとれるのが魅力です。 魚介類からは血中の中性脂肪を下げる働きがあるオメガ3のオイルが摂取でき、牛の赤身肉やラム肉には脂肪燃焼を促進するL-カルニチンが含まれるため、同時にとることで燃えやすくやせやすい体に。 カジキマグロに塩・こしょうを振り、フライパンにオリーブオイルを引き中火で焼く。 両面がこんがり焼けたら火を止め、ミックススパイスのデュカを振りかける。 (2)ワカメは3cm幅に切り、薄切りにした玉ねぎと共にAで和える。 (3)ステーキを作る。 フライパンにオリーブオイルを引き、室温にして塩・こしょうを振った牛もも肉を入れ、中火で両面を2分ずつ焼く。 火を止めて取り出してアルミ箔で包み、布巾をかけて10分程休ませる。 (4)マッシュルームを薄切りにする。 フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、マッシュルームを加え、しんなりするまで炒める。 ブイヨンを注ぎ、塩・こしょうを振り4分煮る。 生クリームを加え、ひと煮立ちしたら火を止めて粒マスタードを加え混ぜる。 (5)器に1~4を盛る。 好みでクレソン、オリーブオイル、レモン(すべて分量外)を。 ピーマンのマリネ 【ビタミンC豊富な3色のピーマンで主役級の華やかさ】 砂糖を使わないマリネは、程よい塩気のさっぱり味。 代謝を上げる酢のダイエット効果もうれしい。 ざるに上げて水気をきる。 (2)耐熱の保存容器にAを入れて混ぜ、ラップをせずに電子レンジで1分加熱。 (3)(2)に(1)を入れ、オリーブオイルを加え混ぜる。 キレイになりたいなら、積極的にとりたい食材です。 栄養素を余すところなく取り入れたいなら、やっぱり生食=サラダにするのがおすすめ。 今回は、むくみを改善するキュウリ、抗酸化効果があるといわれているオリーブ、ギリシャ名産の塩っ気が特徴的なフェタチーズとともに、ギリシャ風のサラダにアレンジしました。 野菜そのものの味とチーズの塩っ気を感じたいので、味付けはシンプルに。 【材料】 ・ミニトマト…10個程度 ・キュウリ…1本 ・黒オリーブ…10~15粒程度 ・フェタチーズ…70g程度 ・オリーブオイル…大さじ2 ・レモン汁…大さじ2 ・ハチミツ…小さじ1 ・塩こしょう…適宜 ・ディル(飾り用)…少々 【作り方】 (1)キュウリは食べやすい大きさに乱切りにして、塩をひとつまみふって、10分ほど置いて少ししんなりさせ、味がしみ込みやすいようにしておく。 (2)ミニトマトは半分にカット。 (3)フェタチーズはダイス状にカット。 (4)ボウルに水を軽く切ったキュウリ、ミニトマト、オリーブと、オリーブオイル、レモン汁、ハチミツ、塩こしょうを入れてざっくり混ぜる。 (5)フェタチーズはボウルで混ぜるとくずれがちなので、(4)と一緒に適宜お皿に盛りつけていく。 最後にボウルに残ったドレッシングを回しかけ、ディルを飾り付けて完成。 <教えてくれた人 美容エディター/門司紀子さん> ラム肉のサラダ 脂肪燃焼効果のあるカプサイシンなどを含むドレッシングを、代謝に必要となるたんぱく質やビタミンB群豊富な料理に合わせて! 今回は、色鮮やかなキャベツとビーツの紫ドレッシングをご紹介! ラムを使ったボリュームサラダで効果的なダイエットを! 【キャベツとビーツで紫のドレッシング】 脂肪燃焼に必須なビタミンCが緑よりも豊富な紫キャベツとビーツで色鮮やかに。 カプサイシンを含むタバスコの辛さがアクセント。 \こんな料理にも/ グリーンサラダやヨーグルトにかけても。 【ラムと豆のサラダ】 基礎代謝を上げるには赤身肉。 脂肪を燃やすカルニチンを含むラムは、体を温める作用もあるので夏冷えを救済。 ドレッシングをお花みたいに散らして。 【材料(1~2人分)】 ・ラム薄切り肉…150g ・レンズ豆(水煮)…100g ・にんにく…1片 ・クミンシード…小さじ1 ・塩麹…大さじ1(または塩適量) ・こしょう・オリーブオイル・レタスやクレソンなど好みの葉野菜…各適量 ・紫のドレッシング…好みの量 【作り方】 (1)にんにくを薄切りにする。 フライパンにオリーブオイルと共に入れて中火にかけ、きつね色になるまで炒める。 (2)(1)のフライパンに食べやすい大きさに切ったラム肉とクミンシードを入れてしっかり炒める。 火が通ったら、塩麹・こしょうを入れて混ぜる。 (3)器にちぎった葉野菜を盛り、上に(2)とレンズ豆をのせ、ドレッシングをかける。 <教えてくれた人 料理家/真藤舞衣子さん> ホタテのサラダ 【本日のビューティ食材:帆立】 鍋の季節もそろそろ終わり!? 具材を切って煮るだけと簡単、野菜がいっぱいとれる鍋はもはや年中無休ですよね。 鍋をして白菜や水菜が余ったら、翌日はぜひサラダに。 白菜はとくに、生で食べるイメージがないかもしれませんが、生で食べてもほんのり甘くて美味しいです。 白菜はビタミンやカリウム、カルシウムなどがバランスよく含まれ、水菜はビタミンCが比較的豊富。 疲労回復やむくみ予防、不眠改善、代謝を上げる効果もある低カロリー・高たんぱくの帆立を加え、ヘルシーに美しさを引き上げてくれるサラダに。 長さ3~4cm、芯の白い部分は小さめに。 (2)水菜も食べやすい大きさにカット。 長さ4cmくらいに。 (3)帆立もひとつを薄くカットして、5等分くらいに。 (4)ちりめんじゃこはテフロンのフライパンで油を敷かずに炒めてカリカリに。 (5)ボウルに白菜と水菜を入れて、胡麻油とポン酢を加えてあえる。 (6)皿に(5)を盛り、カリカリのちりめんじゃこと帆立をトッピング。

次の

新陳代謝を上げる食べ物!意識して、食べていますか?

代謝 を あげる 食べ物

代謝を上げる食べ物飲み物とはどんなものがあるかご存知ですか?健康的かつ美しいボディを目指すためには代謝を上げることがカギとなります。 そこで、代謝を上げる食べ物飲み物や、代謝を上げる方法を知りたいですよね?今回は代謝を上げる食べ物や飲み物、さらには代謝を上げる食べ方やレシピなどをご紹介します! まさに身体の基礎!「代謝」とは? ダイエット、健康に気を使われている方々にとってはもう常識ではと思うくらい、健康な身体の基礎となる「代謝」は、身体の生命活動において行われる一連の合成や化学反応のことです。 「新陳代謝」は肌や髪の毛など古い組織が新しいものに入れ替わることを言います。 「基礎代謝」とは人が生きていくうえで必要な最低限の消費エネルギーのことを言います。 新陳代謝を活発にすることで、体の中にたまった古い組織を汗や尿などで外に出すことができます。 よりこの代謝機能を上げるために、基礎代謝を上げることが重要になるのです。 代謝を上げる方法は?代謝を上げる食べ物飲み物をご紹介! まずは「代謝を上げる方法」をご紹介します。 ちなみに代謝を上げれば痩せるというわけではなく、あくまでも「太りにくくなるため」に代謝を上げることが大切なのです。 では、どうやって代謝を上げるのかを説明いたします。 代謝を上げる食べ物、野菜やフルーツ 健康な身体のために大切な、代謝を上げる食べ物は何でしょうか? 代謝を上げる食べ物:豚肉 代謝に欠かせない「ビタミンB1」を多く含んでいます。 ダイエットにはビタミンB1が特に多く含まれかつ低脂質の豚ヒレ肉が良いでしょう。 代謝を上げる食べ物:納豆 特有の成分「ナットウキナーゼ」は血管を詰まらせる原因の一つである、血栓を防いでくれる上に、既にできてしまった血栓をも溶かすそうです。 血流をよくし、代謝を上げてくれます。 代謝を上げる野菜:トマト 含まれる成分で特に有名な「リコピン」は血中の悪玉コレステロールを減少させる作用があります。 またトマトの抗酸化作用は血管の硬化を防ぐため、リコピンとの相乗効果で血流アップ、代謝アップに繋がります。 代謝を上げる野菜:タマネギ 代謝を上げてくれるのは「アリシン」と「硫化アリル」です。 アリシンは消化液の分泌を促し、消化活動を活発にします。 また、タマネギの目に染みる成分である硫化アリルは身体を温めてくれます。 目に入らなければとても嬉しい成分です。 代謝を上げる野菜:ニンニク タマネギ同様、アリシンを含みます。 他にも「アホエン」という成分は血液をきれいにする作用があるためアリシンとともにスムーズな血流を助けてくれます。 代謝を上げるフルーツ:グレープフルーツ 代謝を上げる果物であることが2015年に研究結果として証明されています。 水分と繊維質が豊富で低カロリー、さらに香り成分の「リモネン」や「ヌートカトン」には交感神経を刺激し身体の熱生産を促してくれる作用があります。 代謝を上げるフルーツ:リンゴ 「リンゴポリフェノール」と呼ばれる「プロシアニジン」「フラボノイド」「カテキン」 などは血液や内臓脂肪に良い効果を発揮してくれます。 特に多く含まれるプロシアニジンは強力な抗酸化作用を持っています。

次の