サカイ引越センター 不用品。 サカイ引越センターの評判・口コミ~作業内容はピカイチも営業マンはとにかくしつこい

アート引越センターで不用品を処分してもらうときのポイント

サカイ引越センター 不用品

引越しを機に、古くなっていた家電や家具を買い替える人もいるかと思います。 その際、不用品は引越し前に処分することになりますが、引越し業者に引き取ってもらうのが一番効率的です。 サカイ引越センターの場合、不用品を引き取ってもらえるでしょうか。 また、料金はどのくらいかかるでしょうか。 サカイ引越センターには「不用品回収サービス」があり、不用品1点につき3,000~10,000円程度で引き取ってもらえます。 また、サカイ引越センターはリサイクルショップも運営しているため、状態が良いものは買い取ってもらうことも可能です。 このページでは、サカイ引越センターの不用品回収サービスの料金相場と、不用品処分で損をしないためのポイントについて解説します。 この記事のもくじ• サカイ引越センターの不用品処分の料金相場はいくら? はじめに、不用品の回収費用について説明します。 サカイ引越センターに依頼する場合は、 不用品1点につき「3,000~5,000円程度」の処分費用がかかります。 ただし、不用品の種類や大きさで料金は上下する可能性があります。 不用品を引き取ってもらいたい場合は、見積もりの際にそのことを伝え、どれにいくらの処分費用がかかるのか確認しましょう。 さらに、処分費用の詳細が書かれた見積書も提示してもらうようにしてください。 エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機は別途リサイクル料金がかかる なお、 エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機は「家電リサイクル法」の対象品になるため、回収料金は他のものより高くなります。 家電リサイクル法とは エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機の部品や材料をリサイクルして資源を有効活用するとともに、ゴミの減量を推進するための法律 これらの家電の処分を依頼する場合、通常の回収費用に加え、「 リサイクル料金」がかかります。 まだ使える家具や家電、ブランド品などの不用品はサカイのリサイクルショップで買取可能 このように、不用品を処分するには意外とお金がかかります。 そこで、まず意識してほしいのが「 不用品の買取」です。 たとえ不用品でも、まだ使えるものがあるはずです。 その場合は、すぐに処分するのではなく、「売ること」を第一に考えましょう。 もし不用品をリサイクルショップで買い取ってもらえれば、処分費用を負担するどころか、現金を受け取ることになります。 したがって、不用品を処分したいときは、まず売ることを考えるのが得策です。 サカイ引越センターのリサイクルショップで不用品を買取してもらう場合の流れ 実は、サカイ引越センターはリサイクルショップも運営しています。 そのため、引越しのときに出る不用品を、そのままサカイに買い取ってもらうことが可能です。 とはいえ、実店舗を全国に展開しているわけではないので、不用品をリサイクルショップに直接持ち込むのが難しい場合もあります。 ただ、 サカイ引越センターのリサイクルショップでは「出張買取」や「宅配買取」を行っているため、不用品をわざわざショップに持ち込む必要はありません。 サカイのリサイクルショップを利用するときの流れは、以下のとおりです。 【宅配買取の流れ】• リサイクルショップに電話をして買取りが可能か確認する• 可能であれば、そのまま宅配買取を申し込む• 宅配用の梱包キットが届く• 不要品を梱包してリサイクルショップに発送する• 査定が行われ、買取金額が振り込まれる 出張買取と宅配買取はどっちが便利? 宅配買取の場合、宅配キットが送られてきますが、不用品の梱包は自分でやることになります。 とくに大物の家具や家電を梱包するのは、結構大変な作業になると思います。 一方、出張買取の場合は、査定スタッフが不用品をそのまま回収してくれます。 ですから、 楽で手っ取り早いのは「出張買取」です。 しかし、ブランド品や小物であれば、梱包する手間もそこまでかかりません。 とくに、 スタッフが自宅に訪問することに抵抗がある人は、宅配買取のほうが好都合ではないでしょうか。 「出張買取」または「宅配買取」のどちらを依頼するにしても、 手数料や送料などはかかりません。 ですから、「まだ捨てるのはもったいない」と思える物は、まずリサイクルショップで売ることを考えましょう。 買取不可の場合は、サカイ引越センターに不用品回収を依頼する とはいえ、リサイクルショップは再販して利益を得るのが目的です。 そのため、「 型の古い家電」や「 目立った傷や汚れのある家具」などは買い取ってもらえないケースもあります。 その場合は仕方ないので、処分費用を負担してサカイに引き取ってもらいましょう。 そうすれば、引越しのタイミングで不用品を引き取ってもらえるのでスムーズです。 不用品の回収をサカイにお願いする場合は、次のように流れになります。 不用品回収における注意点• 不用品があることを必ず事前に伝える• 不用品回収にかかる料金を含めた見積もりを必ず取る• 不用品と新居に持っていく荷物を仕分けしておく 不用品の引き取りを引越し当日にお願いしても、対応してもらえない可能性があります。 ですから、 見積もりのときに不用品があることを必ず伝えておくことが重要です。 その際、不用品の回収にいくらかかるのか、料金を提示してもらうのも忘れないようにしてください。 引越し当日に不用品は引き取ってもらえます。 ただ、その際に「新居に持っていく荷物」と「不用品」が混ざっていると、作業がスムーズに進みません。 ですから、不用品がどれが分かるように、はっきりと仕分けしておくことが大切です。 しかしながら、大物家電・家具などは動かすのが難しいので、「不用品」と書いた紙を貼っておくか、当日に処分してもらう物をあらためて伝えるようにしましょう。 そうすれば間違いも起きません。 ゴミは引き取ってもらえない ただし、サカイ引越センターにお願いをすれば、どんな物でも引き取ってもらえるわけではありません。 たとえば、以下のように扱いや処分に困るような物は、引き取りを拒否されます。 【回収してもらえない物リスト】 生ゴミ、コピー機、パソコン、金庫、危険物、薬品類、木材関係、仏壇、仏具、土砂類、注射器、コンクリートブロックなど サカイ引越センターでも、これらの処分はお願いできません。 ですから、引き取ってもらいたいものがある場合は、見積もりの際に引き取り可能かどうか必ず確認しておきましょう。 サカイから処分費用込みの見積もりを取るのが重要! 不用品がある場合は、サカイ引越センターなど、引越し業者に引き取ってもらうのが一番楽です。 しかし、処分にかかる費用は決して安くはありません。 また、中には引き取ってもらえない物もあります。 したがって、見積もりの際に「 回収可能か」「 処分費用はいくらか」という点を良く確認することが重要です。 さらに、処分費用などの詳細がきちんと書かれた見積書を必ず提示してもらうようにしてください。 どこの業者を利用するか検討する際に、見積書は非常に役立ちます。 不用品処分を依頼するならサカイ以外の引越し業者からも見積もりを取って比較するのが損をしない秘訣! ここまでは、サカイ引越センターに不用品の買取りや引き取りを依頼するときのポイントについて解説してきました。 ただ、他の大手引越し業者でも不用品回収サービスはあります。 それぞれの料金やサービス内容は異なるので、できれば条件を比較したうえで依頼先を決めるべきです。 できるだけ幅広い選択肢のなかから検討することは、「お得に引っ越すための秘訣」です。 そこで重要になるのが「 見積もりの比較」です。 各社の条件を比較したい場合は、それぞれから見積もりを取るのが一番確実ですし、この方法以外はありません。 とはいえ、自分で1社1社に問い合わせて見積もりを依頼するのは、正直なところ面倒です。 一括見積もりサービスを利用するべき理由 複数の引越し業者の条件を比べるときに、ぜひ使ってほしいのが「 一括見積もりサービス」です。 一括見積もりサービスは、 各社の料金やサービス内容をウェブ上ですぐに比較できるので、依頼先の目星をつけるのに便利です。 また、気になる複数社へまとめて見積もりを依頼できるので、引越し業者を選ぶ際には欠かせないサービスです。 さらに、一括見積もりを使うことで業者同士がライバルになり、 自然と値下げ競争が起こります。 したがって、引越し費用を安くするうえでも、一括見積もりサービスは非常に有効です。 なお、一括見積もりは 無料のサービスです。 「料金重視だけど、サービス内容も比較したい!」という人は、ぜひ活用することをおすすめします。 あらためて重要なポイントをまとめます。 引越しに伴う不用品処分のポイント• まだ使えそうな物は「買取」を検討しよう• 買取不可の場合は、不用品を引き取りしてもらえる引越し業者を探す• 不用品の回収費用も含めて見積もりを取る• できるだけ多くの業者から見積もりを取って比較する(もちろんサカイも有力な選択肢になります)• お得な引越し業者を見つけるなら一括見積もりサービスが便利 まずはリサイクルショップで買い取ってもらうことを考えましょう。 買値がつけば、費用を負担して引き取ってもらうどころか、不用品を現金化できます。 ただ、もちろん買い取ってもらえない物もあります。 その場合は、不用品回収を行っている引越し業者にすべて任せるのが効率的です。 しかし、業者によって処分費用などの条件は大きく異なります。 したがって、「少しでもお得に引っ越したい!」という場合は、各社の見積もりを比較することが欠かせません。 その際、一括見積もりサービスを使えば、各社の見積もりを簡単に集めることができます。 引越し業者を選ぶときは、できるだけ手間はかけずに効率よく進めてほしいと思います。 引越し料金をできるだけ安く抑えたくても、どの業者を選べばいいか迷いますよね。 そこでオススメなのが 『 一括見積もりサービス』です。 一括見積もりとは、複数社にまとめて見積もりの依頼ができるサービスのこと。 カンタンな情報を入力するだけで、 各社の概算料金をWeb上ですぐにチェックできます。 ですので、「少しでも安い業者を選びたい!」という方にはとても便利なサービスです。 実際に私もサービスを利用したことがありますが、一人暮らしの引っ越しでも、一番高い業者と一番安い業者の差は 5万3,000円にもなりました! 依頼内容はいっしょなのに、引越し業者によって料金がこんなに違うなんて・・・。 もちろん、サービス内容にも納得した上で、一番安い業者を選びました。 一括見積もりは無料のサービスです。 引越し業者を選ぶ際は、ぜひ気軽に利用してみてくださいね。 一番安い業者がすぐに見つかる! サカイやアート、アークなど、有名会社からまとめて見積もりを取れるのが 『 引越し達人』です。 〈引越し達人の特徴〉• 大手から地域密着まで全国210社以上と提携• 最短30秒のカンタン入力で、各社の料金をWeb上で比較• 引越し料金が最大55%OFF• サービス内容や口コミもその場でチェック• お得な限定特典が豊富• 見積もりだけでもOK• 完全無料 『引越し達人』は各社の料金をウェブ上ですぐにチェックできるので、1番安い引越し業者が一発で見つかります。 引っ越し費用をできるだけ抑えたい方は、最大55%オフになる『引越し達人』で料金を比較してみてくださいね。 一番安い引越し業者が見つかる! SUUMO(スーモ) 電話登録ナシで一括見積もりできる! こちらは、リクルートが運営する 『 スーモ』の一括見積もりサービスです。 『スーモ』の特徴は、電話番号の登録が【任意】になっていること。 引越し業者とのやりとりをメールで済ませることができます。 「引越し業者からの営業電話に対応したくない!」という方には、スーモの一括見積もりサービスをおすすめします。 電話登録ナシで一括見積もりをゲットする.

次の

アート引越センターの不用品処分サービスと回収費用を安くするコツ

サカイ引越センター 不用品

引越しのタイミングで、家具や家電を買い替える人もいるかと思います。 そこで、必要となるのが「不用品の処分」です。 不用品は事前に処分し、物を少しでも減らしてから引っ越したいものです。 不用品を処分する方法はいくつかありますが、引越し業者が引き取ってくれるのであれば越したことはありません。 そのほうが手間もかかりませんし、引越しもスムーズです。 ただ、アート引越センターの場合、不用品を引き取ってくれるのでしょうか。 アート引越センターが回収してくれるのは、家電リサイクル法の対象品であるエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目のみです。 それ以外の家電や家具などの粗大ゴミは引き取ってもらえません。 ここでは、アート引越センターを含め、不用品を処分するベストな方法について検討したいと思います。 家電リサイクル法の対象品である エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機の5品目のみは、アート引越センターでも引き取ってもらうことができます。 しかし、アート引越センターのなかでも、不用品の回収における対応の仕方は営業所によって異なるようです。 ですから、アート引越しセンターに不用品を引き取ってもらいたい場合は、直接問い合わせて確認しておくと良いです。 アート引越センターの不用品回収費用 それでは、アート引越センターにリサイクル家電を回収してもらう場合、費用はいくらかかるのでしょうか。 家電リサイクル法の対象品を処分する場合、主に以下の費用がかかります。 リサイクル料金• 収集・運搬料金• 取り外し工賃(エアコンのみ) それぞれ家電の種類によって、金額は異なります。 家電ごとに処分費用の目安を詳しく見てみましょう。 エアコンの料金目安 費用項目 費用目安 取り外し工賃 4,000~6,000円程度 リサイクル料金 900円+税~ 収集・運搬料金 500~3,000円程度 エアコンは取り外しの工事が必要になるため、費用は少し高めになります。 アートの手数料を含めると、エアコン回収にかかる費用は「 5,000~12,000円程度」が目安になります。 テレビの料金目安 テレビの場合、画面サイズによってリサイクル料金が異なります。 費用項目 費用目安 リサイクル料金• 【15型以下】1,700円+税• 【16型以上】2,700円+税 収集・運搬料金 500~3,000円程度 アートの手数料を含めると、テレビの回収にかかる費用は「 4,000~8,000円程度」が目安になります。 冷蔵庫の料金目安 冷蔵庫の場合も、容量によってリサイクル料金が異なります。 費用項目 費用目安 リサイクル料金• 【170L以下】3,400円+税• 【171L以上】4,300円+税 収集・運搬料金 500~3,000円程度 冷蔵庫はリサイクル料金が少し高いです。 アートの手数料を含めると、冷蔵庫の回収にかかる費用は「 5,000~10,000円程度」が目安になります。 洗濯機の料金目安 洗濯機の場合、メーカーによってリサイクル料金が異なります。 費用項目 費用目安 リサイクル料金• 【国内主要メーカー】2,300円+税• 【海外メーカー】 2,900円程度 収集・運搬料金 1,000~3,000円程度 アートの手数料を含めると、洗濯機の回収にかかる費用は「 5,000~8,000円程度」が目安になります。 このように、家電1つを引き取ってもらうにも、数千円の費用がかかります。 ただ、手間を考えると、引越し業者にお願いするのが一番ラクです。 それに、家電リサイクル法の対象品は「粗大ゴミ」として捨てることができませんし、リサイクル料金がかかるので、処分費用が高くなるのは仕方のないことです。 しかし、リサイクル家電を処分するには他にも方法があります。 引越し業者に処分をお願いすると、費用はやや高くなってしまいます。 少しでも費用の節約をしたい人は、以下の記事で処分方法を検討してみましょう。 アート引越センターに不用品回収を依頼する前にリサイクルショップでの買取を検討しよう ただ、大前提として、「使えるものは売る」ことを考えるべきです。 アートでは引き取ってもらえない家具などでも、まだ使えるものであれば売れるかもしれません。 そうすれば、 数千円の処分費用を負担せずに、少しでも現金に換えることができます。 家具や家電の買取を行っているのは、主にリサイクルショップなどです。 リサイクルショップで買取りしてもらうときは、以下の手順で進めてください。 【不用品をリサイクルショップに売るときの手順】• 近くのリサイクルショップを検索する• 電話をして、買取可能か聞いてみる• 出張査定を依頼する• そのまま不用品を引き取ってもらう• 買取金額を受け取る 【不用品の買取り風景】 ただし、物によっては買値がつかないケースもあります。 ですから、あらかじめ電話で「買取可能か」を確認しておくと良いです。 また、お店によって査定基準も異なります。 ですから、候補となるお店をネットで何店舗かピックアップしておくことも重要です。 アートの場合、家具など粗大ゴミは引き取りしてもらえない ただし、リサイクルショップで売れるのは、「まだ使えるもの」「状態がある程度きれいなもの」が条件です。 ですから、必ずしも売れないことは理解しておきましょう。 また、アート引越センターに依頼するにしても、引き取ってもらえるのは「家電リサイクル法の対象品」のみです。 それでは、買値がつかない家具などは、どのように処分すれば良いのでしょうか。 家具などの粗大ゴミを処分するなら自治体に回収してもらうのが一番安上がり 最も確実なのは、粗大ゴミとして自治体に回収してもらう方法です。 この方法であれば、処分にかかる費用も一番安いです。 ただし、大きな家具などを収集してもらうには、事前に予約が必要になります。 収集日は月に1~2回程度しかないため、早めに申し込むことが肝心です。 依頼が遅れると、引越しまでに回収が間に合わないこともあるので注意してください。 粗大ゴミの処分方法については、以下の記事に詳しくまとめています。 リサイクルショップに売れず、処分に困っている場合は、ぜひ参考にしてください。 とくに サカイ引越センターは、他社に比べ、対応してくれる不用品の種類が多いです。 また、サカイ引越センターは、リサイクルショップも運営しています。 ですから、不用品の「買取り」と「処分」をいっしょに検討することができます。 引越しの準備は何かと忙しいですから、手間が省けるのは助かります。 詳しくは、以下の記事にまとめています。 ただ、不用品の回収においては、やや不便な面もあります。 ですから、引越しで不用品の処分をお願いした場合は、サカイ引越センターも候補に入れておいたほうが良いです。 不用品回収が安い引越し業者はどこ? ただし、不用品回収に対応してくれる引越し業者はあるものの、それにかかる費用はもちろん一律ではありません。 各社のホームページを見ても、処分費用については書かれていません。 つまり、処分費用がいくらか知るには、見積もりを取る必要があります。 しかし、当然ながら、「引越し費用」と「不用品の処分費用」は業者によって差が生じます。 ですから、 複数社から見積もりを取り、料金を比べることが非常に重要です。 ただ、すべての引越し業者が不用品の回収に対応してくれるわけではありません。 それでは、不用品回収に対応してくれる引越し業者をどのように見つければ良いでしょうか。 不用品回収の対応可能な引越し業者を簡単に見つける方法 その際に便利なのが「 引越し一括見積もり」です。 一括見積もりを申し込む際に、「不用品回収」を希望する条件に加えます。 そうすると、対応可能な業者がいくつか自動でピックアップされます。 ですから、わざわざ自分で探さなくても、 対応可能な業者がすぐに見つかります。 さらに、一括見積もりサービスは、各社の概算料金を一覧ですぐに確認することができます。 見積もりの予約もまとめてできるため、 比較して安い業者を探すのに便利です。 引越し一括見積もりは 無料のサービスです。 引越し業者を選ぶ際は、ぜひ活用してみてください。 アート引越センターの場合、基本的に不用品の引き取りは行っていませんが、家電リサイクル法の対象品であるエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機であれば対応してもらえます。 ただし、その前に、リサイクルショップで売ることも検討してみてください。 買取ってもらえれば、処分費用を負担せずに現金化できます。 リサイクルショップでも売れず、アートでも引き取ってもらえないものは、粗大ゴミとして自治体に回収してもらうのもオススメです。 しかし、運搬や予約のことを考えると、必ずしも最適な方法とは言えません。 どうしても処分に困った場合は、やはり不用品回収に対応してくれる引越し業者にお願いするのが一番です。 ただし、業者によって料金に大きな差が生じるので、検討するときは必ず各社の見積もりを比較するようにしてください。

次の

引っ越しで不用品を処分する方法・6選~大手引越会社・7社の費用相場も解説~

サカイ引越センター 不用品

「 サカイ引越センターは不用品を回収してくれるのかな?」 「 不用品の処分には、いくらかかるだろう?」 サカイ引越センターでは、一部家電製品の処分(有料)や、不用品の買取サービスを行っています。 また、千葉県柏市と大阪府吹田市には、持ち込みできる「サカイ引越センターリサイクルショップ」があります。 引っ越しと同時に不要品を処分したい人は、見積もり時に相談してみるとよいでしょう。 ただし、パソコンなど個人情報が入っているものなど、一部の品物は回収できません。 この記事では、サカイ引越しセンターの不用品回収・買取サービスについて説明します。 なお、サカイ引越センターと他社の引っ越し料金を比べたければ、一括見積もりサービスを利用すると便利です。 サカイ引越センターの不用品処分・買取サービスについて• サカイ引越センターにエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機の処分を依頼すると、リサイクル料金+収集運搬料金3,000円(税抜)がかかる• 衣類や家電、ブランド品など不用品の買取サービスも行っている• 引越し前に「」を利用してプランと料金を確認しよう 不用品回収の流れ(家電リサイクル品)• 見積もり時にサカイ引越センターへ家電リサイクルを依頼する• 引っ越し当日に「リサイクル券」を受け取り、対象の家財に貼り付ける• スタッフにリサイクル料金と収集運搬料金3,000円(税抜)を支払う リサイクルショップに持ち込む手間が省けるので便利ですね。 サカイ引越センターの不用品回収サービス料金相場 サカイ引越センターで回収してもらえる家電は、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機です。 これらは、家電リサイクル法の対象製品となっています。 家電リサイクル法の対象製品は、家電リサイクル券センター(RKC)でリサイクル料金を確かめることが可能です。 RKCによる各対象家電の料金をまとめました(2020年4月更新情報)。 対象家電 リサイクル料金/1台(税込) エアコン 990円~ テレビ(ブラウン管式) 1,320円~ テレビ(液晶・プラズマ式) 1,870円~ 冷蔵庫 3,740円~ 洗濯機・衣類乾燥機 2,530円~ 参考:一般社団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター 料金は、家電のサイズやメーカーによって異なります。 また、実際にはリサイクル料金に加え、収集運搬料金3,000円(税抜)も支払う必要があるので注意が必要です。 出費を正確に把握したいなら、サカイ引越センターの見積もり時に、丁寧に確認しましょう。 なお、サカイ引越センター以外にも、家電を処分してくれる引越業者があります。 より安い引越業者を探したいなら一括見積もりサイトを利用しましょう。 サカイ引越センターでは回収できない粗大ゴミ サカイ引越センターでは幅広く不用品を回収していますが、なかには回収できないものもあります。 回収不可なもの(一例)は、以下の通りです。 不用品として回収できないもの(例)• パソコン、コピー機• タンスやソファーなどの粗大ゴミ• 生活ゴミ• 仏壇・仏具• 金庫 パソコンやコピー機には個人情報が含まれている可能性があります。 ハードディスクのデータを消去してくれる家電量販店や専門店で処分するといいですね。 サカイ引越センターで不用品処分の対象外となっているものは、各自治体が指定する方法で正しく処分しましょう。 サカイ引越センターの不用品買取の流れ サカイ引越センターでは、 リサイクル可能な家電・家具などの無料見積もり、買取サービスを展開しています。 衣類から家電まで、さまざまなものを買い取ってもらえます。 不用品回収では取り扱ってもらえないパソコンも、買取サービスであれば回収してもらえる可能性があります。 買取の流れ 買取の申し込みは、Webもしくは電話から行います。 申し込み後、段ボール箱と着払い伝票などの必要書類がセットになった「宅配キット」が自宅に届きます。 段ボール箱は小・中・大・特大の4サイズが用意されており、小物類から大型家電まで、品物に合わせたサイズを選ぶことができます。 品物を梱包したら、サカイ引越センターまで送ります。 無事に到着したら、電話やメールで査定額の連絡が入ります。 査定額に不満があれば、返送してもらうことも可能です。 査定に納得すれば、最短翌日、指定した銀行口座に入金され、買取完了となります。 宅配キットは無料で取り寄せられますし、品物も発送には着払い伝票を使うため送料はかかりません。 サカイ引越センターの不用品回収サービスを利用するなら せっかく不用品買取サービスを利用するなら、なるべく高値で買い取ってもらいたいですよね。 査定額を上げるためにも、査定前に品物の状態をきれいにしておくといいでしょう。 ホコリや汚れなどを落として、可能な限り状態をよくしておくことです。 また、家電であれば説明書や付属品、ブランド品ならギャランティカードや保存袋などがあれば買取額が上がります。 さらに、季節ものの衣類や暖房器具などは、シーズン前だと買取額が上がります。 その他にも、まとめてたくさんの商品を出すことで、買取額が上がる可能性があります。 サカイ引越センターはピアノも買取してくれるの? 引越しの際、運ぶのに苦戦するのがピアノです。 大きく高価なものなので、運送費用もかさんでしまいます。 これを機会にピアノを処分するなら、サカイ引越センターが提携しているヤマハピアノサービスで 無料で査定してもらえます。 無料査定をしてもらい、査定額に納得できれば、ピアノ買取業者に引き取ってもらうとよいでしょう。 ただし、銀行口座に振り込まれるまでに1週間から10日ほどかかります。 サカイ引越センターにはリサイクルショップもある サカイ引越センターは、千葉県柏市、大阪府吹田市にリサイクルショップを展開しています。 リサイクルショップでは、家具、家電、日用品などを査定してもらえます。 廃棄処分するほど古くない製品であれば、一度買取りを相談してみるといいでしょう。 買取だけでなく販売もしています。 引っ越し先で、予算を抑えて家電や家具をそろえたい場合にも利用するといいですね。 サカイ引越センターで安く不用品を処分する方法 不用品回収サービスは、サカイ引越センター以外にもクロネコヤマトや日通なども行っています。 引越しと同時に不用品の処分を検討している人は、一括見積もりサービスを利用するとお得になる可能性があります。 一括見積りで複数の引越業者に見積もり依頼をすることで、自分に合った引越業者を探すことができますよ。 【サカイ引越センターの不用品処分・買取サービスについて】• サカイ引越センターにエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機の処分を依頼すると、リサイクル料金+収集運搬料金3,000円(税抜)がかかる• 衣類や家電、ブランド品など不用品の買取サービスも行っている• 引越し前に「」を利用してプランと料金を確認しよう.

次の